今季公式戦初勝利のユベントス、指揮官もチームに手応え 「ポジティブな要素があった」

2021.09.15 13:27 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)で今季公式戦初勝利を挙げたことを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。

ユベントスは14日に行われたCLグループH第1節でマルメと対戦。チームはセリエA開幕からの3試合で未勝利と苦しい状況が続いているが、この日は23分にDFアレックス・サンドロのゴールで先制すると、前半だけで3点を奪取。後半は追加点を奪えなかったものの終始試合を支配し、3-0で勝利した。

この結果、ユベントスは今季の公式戦で初勝利。29日に行われる第2節チェルシー戦を前に、重要な白星となっている。

試合後のインタビューに臨んだアッレグリ監督は、選手たちのパフォーマンスを称賛。そのうえで、週末のセリエA第4節で行われるミランとのビッグマッチに備えたいと語った。

「CLの開幕戦は決して一筋縄ではいかないものだ。我々は決して楽ではない時期を経て、この試合に臨むことになった。今日もポゼッションという点では改善の余地があったが、ポジティブな要素もあったと思う」

「今夜はこれまで一緒にプレーしたことのない3人が中盤でプレーした。選手たちには、お互いをよく知るための時間が必要だ。(アドリアン・)ラビオについては、彼自身も自分がどれだけポテンシャルを持っているかわかっていないかもしれないね。彼は成長しており、いい試合をした。(ヴォイチェフ・)シュチェスニーもよくやった。先週の土曜の試合より難しいセーブをいくつか見せてくれたと思う。誰にでも、物事がうまくいかないときはある」

「今夜は結局最後まで失点を許さなかった。(パオロ・)ディバラや(アルバロ・)モラタもいいプレーをしていたと思う。ただ、今はあまり先走りせず日曜日の試合を考えているよ。ミランは好調であり、クラブを取り巻く環境は興奮に満ちているからね」

関連ニュース
thumb

デ・リフトが練習復帰、ゼニト戦出場へ

ユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトが19日の練習から合流したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 デ・リフトは内転筋を痛め、直近のローマ戦を欠場していた。 ユベントスは20日にチャンピオンズリーグ・グループH第3節でゼニトとのアウェイ戦を控えるが、『カルチョメルカート』によればデ・リフトはこの試合に帯同するとのことだ。 ユベントスは公式戦ここ3試合クリーンシートを達成。デ・リフトの復帰で守備陣の更なる強化が期待される。 2021.10.19 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 1-0 ローマ《セリエA》

セリエA第8節、ユベントスvsローマが17日にアリアンツ・スタジアムで行われ、ホームのユベントスが1-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽ユベントス採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211018_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 シュチェスニー 6.5 味方のミスの煽りを受けてのPK献上も、古巣相手に値千金のPKストップ。   DF 6 ダニーロ 6.0 クアドラードを後方支援しつつ、ビルドアップ、リスク管理を徹底。粘りの守備で最後の局面では相手攻撃陣に仕事をさせず   19 ボヌッチ 6.5 安定した配球に加え、セットした守備ではエイブラハムに危なげなく対応。相棒キエッリーニがややバタついていた中で守備ラインを統率した   3 キエッリーニ 6.0 不用意な持ち出しでPK献上に繋がるボールロスト。オープンスペースでの守備では後手を踏んだが、押し込まれた場面でのシュートブロックは流石の一言   2 デ・シリオ 6.5 先制点に繋がる好クロスを供給。攻撃時はウイングバックの役割を担い、比較的浮くことが多かった中で起点に。守備では軽率なプレーもあったが、概ね安定 (→アレックス・サンドロ -)   MF 11 クアドラード 5.5 南米予選帰りの影響もあり、全体的に重かった。攻守両面で一定の仕事はこなしたが、質を欠いた   30 ベンタンクール 6.0 思わぬ形で先制点をアシスト。相手の時間帯が続いた中で要所を締める守備でチームを助けた   27 ロカテッリ 6. 0 ベンタンクールと共にフィルター役として守備に奔走しつつ、マイボール時は的確な捌きを見せた   20 ベルナルデスキ 6. 0 サイド起用もあまり張ることなく内寄りの立ち位置で前線と中盤の中継役を担う。見事なオーバーヘッドシュートなど2度のシュートで見せ場も作った   (→アルトゥール 5.5) 短いプレー時間ながら攻守両面で逃げ切りに貢献   FW 18 ケアン 6.0 値千金の先制点を奪取も、2点目のビッグチャンスを逸す。攻守両面で躍動感を見せたが、もっとやれるはず   (→モラタ 5.5) 負傷明けでの復帰戦。前線からハードワークしてチームを助けた   22 キエーザ 5.0 代表戦でのハードワークの影響やケアンとの相性の悪さもあり、ほぼノーインパクトでピッチを去ることに   (→クルゼフスキ 5.5) 身体を張ったボールキープなどでうまく時計を進めた   監督 アッレグリ 6.0 ディバラなど一部主力を欠いた上、キエーザの思わぬブレーキによって思うような試合展開ではなかった。それでも、効果的な交代策でウノゼロでの逃げ切りに成功   ▽ローマ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211018_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 パトリシオ 5.5 失点場面はノーチャンス。それ以外の少ない枠内シュートを危なげなく阻止   DF 2 カルスドルプ 5.5 攻守両面で及第点の出来。よく上下動したが、攻撃ではやや雑さが見受けられた   23 G・マンチーニ 5.5 チームとして失点場面を除きソリッドな守備を見せた。その中で冷静に最終ラインを統率した   3 イバニェス 5.5 失点場面では競り負ける形になったが、それ以外は的確なカバーリングに良い形での潰しを見せた   5 ビーニャ 6.0 課題の守備では堅実にプレーしつつ攻撃では鋭い突破でゴールに迫るなど、ここ最近のリーグ戦では良いパフォーマンスだった   MF 22 ザニオーロ 5.5 チームに推進力を与える果敢な仕掛けを序盤から見せたが、左ハムストリングを痛めて25分過ぎに無念の負傷交代…   (→エル・シャーラウィ 5.5) 決定的な仕事はできなかったが、要所で相手を剥がしてチャンスの起点を作った   4 クリスタンテ 5.5 攻守両面で相手中盤と堂々と渡り合った。押し込んでいる中でよりスイッチを入れるプレーがやや足りなかったか   7 ペッレグリーニ 5.5 前線でボールを引き出しながら攻撃に創造性とアクセントを加えた。だが、チームに勝ち点をもたらす決定的な仕事はできなかった   17 ヴェレトゥ 5.5 ローマ加入後初のPK失敗。ただ、それ以外では的確なダイレクトプレーで局面を変えるなど、悪くはない出来だった   (→ショムロドフ 5.5) 決定的な仕事が期待されたが、相手の老獪なセンターバックコンビに封じられる   77 ムヒタリアン 5.5 スタートは左、ザニオーロ交代後は右でプレー。要所で巧さは見せたが、怖さは与えられず   FW 9 エイブラハム 5.5 屈強な2センターバックを相手に極力自分の土俵で戦いながら幾つか決定機に関与。ただ、ゴールを奪うためにはもう少しボックス内での勝負が必要だったか   監督 モウリーニョ 5.5 PK失敗が大きく響いたが、勝ち点を持ち帰るに相応しいパフォーマンスは見せられた。ただ、普段の試合に比べて交代策で大胆さが足りなかったか   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! シュチェスニー(ユベントス) 今季は開幕から批判を浴びることが多かったが、その批判の一部を払しょくする見事なパフォーマンスでビッグマッチ勝利に貢献。PKの名手ヴェレトゥ相手に完璧な駆け引きを見せた。   ユベントス 1-0 ローマ 【ユベントス】 ケアン(前16) 2021.10.18 06:27 Mon
twitterfacebook
thumb

シュチェスニーPKストップのユベントスがローマにウノゼロ勝利で4連勝《セリエA》

セリエA第8節、ユベントスvsローマが17日に行われ、1-0でユベントスが勝利した。 代表ウィーク前の前節トリノ・ダービーをロカテッリの終盤弾で制し、リーグ戦3連勝とした7位ユベントス(勝ち点11)は、負傷明けのモラタがベンチに入ったものの、ディバラは間に合わず、キエーザとケアンの2トップで臨んだ。 一方のローマは前節、エンポリ相手に出場停止明けのペッレグリーニ弾などで勝利。ローマ・ダービーの敗戦を払拭した中、代表戦で負傷したエイブラハムが先発となった。 開始6分、FKからG・マンチーニのヘディングシュートでGKシュチェスニーを強襲したローマが良い入りを見せたが、先制したのはユベントス。 16分、左サイドからのデ・シリオのクロスをファーサイドのベンタンクールがヘッドで合わせると、ケアンの顔に当たってゴールに吸い込まれた。 失点後もローマがボールを握る中、26分にアクシデント。ザニオーロがハムストリングを痛め、エル・シャーラウィとの交代を強いられた。 その後もローマが敵陣でボールを持つと、37分にはエイブラハムのヘディングシュートがオンターゲットを記録。そして41分、PKを獲得する。エイブラハムがボックス内にドリブルで進入したところでダニーロに倒された。 しかし、キッカーのヴェレトゥが枠の右を狙ったシュートはGKシュチェスニーに止められ、ユベントスの1点リードで前半を終了した。 迎えた後半開始3分、ユベントスに追加点のチャンス。左クロスからベルナルデスキが見事なバイシクルシュートを放ったが、GKパトリシオの守備範囲だった。 後半もローマが押し込む流れが続いたが、ユベントスは63分にベルナルデスキがミドルシュートで牽制。 その後、ケアンとキエーザに代えてモラタとクルゼフスキを投入して攻撃の手数を維持したユベントスに対し、ローマはヴェレトゥに代えてショムロドフを投入。 終盤にかけてはユベントスが試合をコントロールして時間を消化。ウノゼロで試合を締め、リーグ戦4連勝としている。 2021.10.18 05:43 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントス、ヴラホビッチ獲得のためクルゼフスキを譲渡か

ユベントスがフィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)獲得のため、スウェーデン代表MFデヤン・クルゼフスキ(21)を譲渡する可能性があるようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 ヴラホビッチは2023年6月までフィオレンティーナと契約を結んでいるものの、クラブ史上最高額での新契約にはサインしなかったとのことで、1月に放出する可能性があると『コリエレ・デッロ・スポルト』は主張している。 フィオレンティーナはそのヴラホビッチの移籍金を7500万ユーロ(約98億4000万円)に設定している模様だが、ユベントスはクルゼフスキを譲渡することで移籍金の値下げを図るのではないかと報じている。 フィオレンティーナ側もクルゼフスキが獲得できるのであれば、交渉の席に着くのではないかと主張しているが、実現するだろうか。 2021.10.13 00:15 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナム、ケインの後釜にモラタを注視か

トッテナムが、ユベントスのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(28)の獲得を検討しているようだ。イギリス『サン』がイタリア『カルチョメルカート』をもとに伝えている。 今夏の移籍市場でイングランド代表FWハリー・ケインの退団騒動に揺れたトッテナム。今季はなんとかチームに留めたものの、無冠に終わるようなら来夏の退団はほぼ避けられない。 そこでファビオ・パラティチMD(マネージング・ディレクター)は古巣からの引き抜きを画策。モラタをエース流出に備えた後釜候補に据えているようだ。 モラタは現状でアトレティコ・マドリーからのレンタルとなっており、来夏の契約満了に伴い母国に戻る予定となっている。ただ、ユベントスには3500万ユーロ(約46億円)の買い取りオプションを持っており、トッテナムはそれを考慮した交渉を展開していくとのことだ。 ケインとモラタではストライカーとして実績に大きな差があるが、『サン』は両選手のデータを比較し、代替案になりうると主張している。 まず、2014-15シーズン以降の通算ゴール数は、ケインは163点、モラタは77点と、前者が大きく引き離している。しかし、90分あたりの得点率で見ると、ケインが0.73であるのに対し、モラタは0.55とそれほど大きな差はない。 一方、90分あたりのアシスト数では、ケインの0.15に対し、モラタは0.25で、チャンスメイクという面では分がある。また、シュート成功率でもケインが18.1%、モラタは17.7%と僅差となっている。 2021.10.12 20:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly