コロナ陽性判定が続くセインツFWロング、ハマーズ戦欠場へ

2021.09.10 00:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウサンプトンのアイルランド代表FWシェーン・ロングが、11日に行われるプレミアリーグ第4節ウェストハム戦を欠場するようだ。チームを率いるラルフ・ハーゼンヒュットル監督が明かしている。

ロングは1日に行われたカタール・ワールドカップ欧州予選ポルトガル代表戦前の新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けていた。ホテルで自己隔離に入っていたロングだが、現状も陰性判定が出ず、ウェストハム戦の欠場が確実となった。

サウサンプトンは開幕から3試合で2分け1敗スタート。対するウェストハムは2勝1分けと好スタートを切っている。


関連ニュース
thumb

負傷者続出のチェルシー、トゥヘル監督はPK戦でのカップ戦白星に安堵 「難しい試合になることは分かっていた」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、苦しいチーム状態で挙げた勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 チェルシーは26日に行われたカラバオカップ(EFLカップ)4回戦でサウサンプトンと対戦。先週末のプレミアリーグから多くのメンバーを入れ替えたチームは、前半終了間際にFWカイ・ハヴァーツのゴールで先制するも、後半に追いつかれるとその後スコアは動かずPK戦へ。PK戦ではGKケパ・アリサバラガの活躍もあり4-3で勝利した。 試合後のインタビューに応じたトゥヘル監督は、すでに離脱しているFWロメル・ルカク、FWティモ・ヴェルナー、MFクリスチャン・プリシッチらに加え、試合前日のトレーニングでDFセサル・アスピリクエタ、MFルベン・ロフタス=チーク、DFアンドレス・クリステンセンが負傷する苦しい状況だったとコメント。そのうえで、プレミアリーグのクラブ相手に勝利を収められたことを喜んだ。 「難しい試合になることは分かっていた。昨日のトレーニングでは先発候補の3人が負傷してしまい、土壇場での変更があったからだ。こうした計画は練っておらず、選手を酷使しないためにも選択肢はそれほど多くなかった」 「今回組んだメンバーでは初めてのプレーとなり、プレッシャーをかけてくるチームを相手にそれでは厳しい戦いになると分かっていた。両チームとも良い試合をしていて、本当にタフな試合だったね。最終的にはPK戦で勝てて良かった」 「サウサンプトンとの対戦では何が起こるか理解している。インテンシティとハイプレス、勇気とスピードに満ちたチームであり、それが彼らのアイデンティティだ。我々は厳しい状況を受け入れなければならず、挑戦は常にそこにあった。だからこそ、私はこのパフォーマンスと結果に満足している」 また、トゥヘル監督は8月に行われたUEFAスーパーカップに続き、PK戦で大仕事を成し遂げたケパに言及。自信にあふれた姿を喜んでおり、信頼を強調している。 「彼は何かを生み出してくれる。自信を持っており、こうした試合は何度も経験しているね。一度PK戦で勝ったからといって、また同じことができるとは限らない。だから、今日は彼のおかげだ。PK戦は特別だが、我々が集中して落ち着いていられたのには、ケパの存在が大きかった」 2021.10.27 10:37 Wed
twitterfacebook
thumb

3回戦に続きPK戦でサウサンプトンを下したチェルシーが準々決勝進出を決める!《EFLカップ》

チェルシーは26日、EFLカップ4回戦でサウサンプトンと対戦し1-1で90分が終了。PK戦の末、4-3でチェルシーが勝利した。 3回戦でPK戦の末にアストン・ビラを下したチェルシーは、直近のノリッジ戦から先発を6人変更。マウントやジョルジーニョ、チアゴ・シウバ、GKメンディらに替えてツィエクやサウール、マルコス・アロンソ、GKケパらを先発で起用した。 2シーズンぶりに4回戦へ駒を進めたセインツに対し、チェルシーは開始早々にチャンス。6分、バークリーの右CKを中央のサウールがヘディングで合わせたが、枠を捉えたシュートは相手GKが好セーブ。 さらに26分には、左サイドからドリブルで仕掛けたハヴァーツがボックス左まで持ち上がりシュートを放ったが、これも相手GKに阻まれた。 ハーフタイムにかけてチェルシーはセインツの積極的なプレスに苦しみ、なかなか攻め入ることができない時間帯が続く。それでも44分、ツィエクの左CKをゴール前のハヴァーツが頭で合わせると、これがゴール右隅に吸い込まれ、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半は開始早々にスコアが動く。47分、敵陣でボールをカットしたヴァレリのパスを受けたウォーカー=ピータースがボックス右からシュート。これはGKケパが弾くも、こぼれ球をアダムスが無人のゴールに押し込んだ。 追いつかれたチェルシーは、58分にR・ジェームズがミドルシュート、59分にはボックス右深くまで侵入したバークリーがゴールに迫ったが、共にシュートはGKフォースターのセーブに防がれた。 勝ち越し点を狙うチェルシーは、67分にツィエクとバークリーを下げてマウントとチルウェルを投入。すると74分、味方のパスでボックス左に抜け出したハヴァーツの折り返しからサウールがダイレクトシュートを狙ったが、これはわずかにゴール右に逸れる。 さらにサウールは、直後の75分にもペナルティアーク手前で拾ったこぼれ球からコントロールショットを放ったが、再びGKフォースターの好セーブに阻まれた。 その後は互いにゴールへ迫る場面を見せたが、最後まで追加点は生まれず、1-1で90分が終了。決着はPK戦に委ねられることになった。 そのPK戦では、2人目のウォルコットと4人目のスモールボーンが失敗したセインツに対し、チェルシーは2人目のマウントが失敗するも5人目のR・ジェームズがしっかりと決め、4-3で勝利した。 2021.10.27 06:02 Wed
twitterfacebook
thumb

サウサンプトン戦でのターンオーバーを示唆するトゥヘル監督「いくつかのメンバー変更をする可能性は高い」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督がターンオーバーを示唆した。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 今季のここまでプレミアリーグ9試合を戦い、7勝1分け1敗で首位を走るチェルシー。23日に行われた第9節ではノリッジ・シティを7-0で下すなど好調をキープするなか、26日のカラバオカップ(EFLカップ)4回戦ではサウサンプトンをホームに迎え撃つ。 そんなチェルシーはこのセインツ戦がここ1週間で3試合目。チームを率いるトゥヘル監督はどの程度かはまだ決めかねているものの、過密日程を戦う中でのメンバー変更を検討しているとコメントした。 「いくつかの(メンバー)変更はあるだろうが、どの程度かはまだわからない。ここまでの良い流れを中断するのか、勢いを維持するためにスタメンを変えないのが良いのか、それとも何人かの選手を休ませるべきなのか、はっきりとした答えがないこともある」 「しかし、コブハムにはこのような決断を下すのに役立つ優れた部門が存在する。分析を行う者、(パフォーマンスの)モニタリングを行う者、選手を治療する者、医療部門、その他のすべての者が手助けしてくれるのだ」 「水曜日にナイトゲーム、土曜日にランチタイムキックオフの試合を戦って、そしてこの火曜日にも試合があることを考慮しなければならない。だから、いくつかの変更をする可能性は高いよ」 また、カラバオカップはここまで出場機会に恵まれていない選手を起用できる場であるとコメント。公平にチャンスを与えるべきだとも語っている。 「カラバオカップでは何人かの選手にプレーする時間を与えることができる。しかし、それは意味があるもので、選手にとっても公平でなければならない。プレー可能なポジションが空いており、ポテンシャルを発揮できる場所があれば、彼らはどんどん良くなっていくだろう」 加えて、「誰が出場しても同じスタイルと強度でプレーできることに満足している」とチームの完成度にも言及。試合のときには最大限の力を発揮する心構えが気に入っているようだ。 「試合の日は自分たちを限界まで追い込むという精神を持っている。このチームの好きなところだ。これは火曜日のサウサンプトン戦でも発揮する」 2021.10.26 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

なぜそれが入らない!? 無人のゴールへのシュート外したレドモンド、指揮官は信頼揺るがず「そのうち取れる」

サウサンプトンのラルフ・ハーゼンヒュットル監督が元イングランド代表MFネイサン・レドモンドをフォローした。イギリス『デイリーエコー』が伝えている。 前節のリーズ・ユナイテッド戦でようやく今季プレミアリーグ初勝利を手にしたサウサンプトン。23日に行われた第9節では、バーンリーとのホームゲームに臨んだ。 先に失点を喫し、1点を追う展開の中でセインツはビッグチャンスを迎える。FWアルマンド・ブロヤが対峙相手をかわして右からグラウンダーの速いクロス。ボールはGKを抜けてレドモンドへと届くが、あとは押し込むだけというゴールエリア内フリーの状況下、当て損ねて枠を外してしまった。 EFLカップでのゴールはあるが、今季のプレミアでは無得点のレドモンド。ただ、指揮官は「それが足りない部分」と述べながらも、ミスを引きずることなくプレーを続けたレドモンドを評価しているようだ。 「(ミスをしても)次の機会に集中すべきだ。それがプロの選手としてすべきことであり、今日彼が行ったことだ」 「あの瞬間は決めるべきだったというのは彼もわかっている。最後に点を取る、これが今シーズンの彼に少し欠けていることだ」 「(点は取れていないが)彼は我々にとって重要な選手だ。(得点も)そのうち取れるさ」 リーグ戦初ゴールはお預けとなったレドモンド。ハーゼンヒュットル監督の信頼に応え、次戦こそはネットを揺らすことができるだろうか。なお、試合はセインツが一時逆転するも、追い付かれて2-2のドローに終わっている。 <span class="paragraph-title">【動画】ゴールエリア内、無人のゴールへのシュートを外したレドモンド(0:32~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/719SpPCDlno?start=32" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.10.25 18:10 Mon
twitterfacebook
thumb

サウサンプトン指揮官がVARへの不満で罰金313万円の処分

サウサンプトンのラルフ・ハーゼンヒュットル監督が、イングランドサッカー協会(FA)から罰金を科されることとなった。 罰金の理由は、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)に対する批判的なコメント。2万ポンド(約313万円)の罰金が科されることとなった。 ハーゼンヒュットル監督は、2日に行われたプレミアリーグ第7節のチェルシー戦で3-1と敗戦した試合後、インタビューでVARの判定についてコメント。その内容が処分の対象となったおようだ。 この試合では1-1で迎えた77分、MFジェームズ・ウォード=プラウズがMFジョルジーニョへとタックル。このプレーにマーティン・アトキンソン主審はイエローカードを提示していた。 しかし、VARを担当したマイク・ディーン氏がアトキンソン主審に進言。オン・フィールド・レビューを実施した結果、イエローカードが取り消され、レッドカードに変更。ウォード=プラウズは一発退場となり3試合を欠場することとなった。 FAはこの件についてのハーゼンヒュットル監督のコメントに関して「サウサンプトンのラルフ・ハーゼンヒュットルは、2021年10月2日のチェルシーとのプレミアリーグの試合に関連し、FAルールE3の違反を認めた後、2万ポンドの罰金が科された」と発表。「監督は試合後のインタビュー中に行われたコメントが、VARマッチオフィシャルの完全性に疑問を呈したり、偏見を暗示すること、試合の評判を落としたりする点で、不適切な行為に当たるとする」としている。 2021.10.23 15:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly