琉球が田中恵太&知念哲矢の負傷離脱を報告…両選手ともに全治4カ月

2021.09.06 11:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC琉球は6日、DF田中恵太とDF知念哲矢の負傷離脱を報告した。

両選手は8月28日に行われた明治安田生命J2リーグ第27節のブラウブリッツ秋田戦で負傷。田中は左大腿直筋腱付着部損傷、知念は右脛骨高原骨折でそれぞれ全治4カ月の見込みだという。

2日に手術も受けたという田中は「再び怪我で離脱となり悔しいですが、パワーアップして戻ってきます。このリハビリで自分としっかり向き合って頑張ります!」とコメント。知念も悔しがりつつ、復帰後の活躍を誓った。

「この大事な時期に怪我をしてしまいチームの力になれない事が本当に悔しいです。ピッチ内では力になれませんがピッチの外からチームを鼓舞していきたいと思います! チームの皆がJ1昇格に向かってやってくれると信じて、僕はしっかりと怪我を治してまたレベルアップして戻ってきます! 琉球進撃!!!」

なお、田中は今季、ここまでJ2リーグ21試合の出場で2得点。知念は27試合に出場していた。

関連ニュース
thumb

7戦未勝利で昇格争いから脱落の琉球が樋口靖洋監督を解任、喜名哲裕HCが後任に

FC琉球は20日、樋口靖洋監督(60)の解任を発表した。なお、喜名哲裕ヘッドコーチ(44)が後任に就任することとなる。 樋口監督は、モンテディオ山形や大宮アルディージャ、横浜FC、横浜F・マリノス、ヴァンフォーレ甲府、Y.S.C.C.横浜の監督を務め、2019シーズンから琉球を率いていた。 J2に昇格したチームを率いた樋口監督は、就任1年目は開幕4連勝を達成するなど台風の目となるが、中盤戦以降は連敗が続くなどし最終的には14位でシーズンを終えた。 2年目の2020シーズンは、開幕9試合勝利なしと不調のスタートとなったが、徐々に盛り返すも16位でフィニッシュ。3シーズン目の今シーズンは、開幕5連勝、8戦無敗と好スタートを切ったが、後半戦は全く結果を出せず、直近は7戦未勝利(1分け6敗)と結果を出せず、8位と昇格争いから一気に転落していた。 後任の喜名ヘッドコーチは、現役時代は名古屋グランパスやFC東京、大宮アルディージャ、アビスパ福岡、東京ヴェルディ、ロアッソ熊本でプレー。引退後は指導者となり、2016年に琉球のトップチームコーチとU-18監督に就任。2017年からヘッドコーチを務めていた。 両者はクラブを通じてコメントしている。 ◆樋口靖洋監督 「残り8試合を残してチームを離れる事になり、チーム関係者、選手・スタッフは勿論、これまで応援して頂いたファン・サホーターの皆様に大変申し訳なく思います」 「最後までやり切れなかった事は、本当に残念であり悔しい気持ちが強く残っていますが、J1昇格の可能性がほぼ無くなった事と、直近の戦績の結果責任は監督にあり、このクラブの判断は受け入れなければいけないものだと思っています」 「FC琉球では3シーズンに渡り指揮を執らせて頂きました」 「ホップ・ステップ・ジャンプとチーム力を上げ、3年後にはJ1にチャレンジするという目標をクラブと共有し、チーム作りを行ってきました今シーズン、9月以降難しい試合が続き失速してしまいましたが、シーズンの2/3を昇格の可能性を持って戦うことが出来ました。これは選手の成長と頑張り以外の何ものでもありません」 「共に戦った選手・スタッフを誇りに思います」 「昇格という目標は叶いませんでしたが、「沖縄の青い空と海に似合う攻撃的なサッカー」を貫き、そのスタイルを積み上げ、クラブの礎となるものは築けたのではないかと思います」 「コロナ過の難しい状況にも関わらず、練習グラウンドを御提供頂いた自治体の皆様、いつも素晴らしいグラウンドを用意して頂いた、芝生管理の皆様、経済状況の厳しい中でもご支援を頂いたスポンサーの皆様、そしてスタジアムに足が運べない中でも応援を続けて頂いたファン・サポーターの皆様、本当にありがとうございました」 「今後のクラブの発展とFC琉球に関わる全ての皆様のご健勝を心からお祈り申し上げます。これからは、FC琉球のファンとして大好きな沖縄を訪れたいと思います」 ◆喜名哲裕ヘッドコーチ 「この度、FC琉球の監督に就任させていただきました喜名哲裕です。今回の監督交代はヘッドコーチとしてサポート出来なかった責任を強く感じております」 「2016年よりFC琉球トップチームに携わり多くのことを学び成長させていただいた中で恩もありますし今回、監督を引き受ける決断をいたしました」 「これまでチームが積み上げてきたものを大切にしながら、さらに前進させ攻守ともにアグレッシブに戦い、FC琉球らしい躍動感あるサッカーを展開していきたいと考えております」 「多くのサポーターの皆様に応援していただけるよう強い覚悟を持って今シーズンの残りをチーム一丸となって戦い抜きます。熱いご声援のほど宜しくお願いします」 また、倉林啓士郎会長が退団する樋口監督、新たに率いる喜名新監督へコメントしている。 「樋口監督には、FC琉球がJ3リーグからJ2リーグへ戦いの舞台を移した2019シーズンから、クラブとして新しくレベルを試された難しく不安もある時期を3シーズン共に過ごして頂きました。いつもチームやクラブに対して献身的で、目の前の勝利のためにプロフェッショナルとして挑戦を続ける樋口監督のもと、チームは「沖縄の青い空と海に似合う攻撃的なサッカー」 スタイルを築き上げ、3シーズンを戦い抜いてきました」 「特に今シーズンはコロナウィルスの影響を受けながらも、開幕から素晴らしいパフォーマンスを発揮して、J1昇格の可能性を感じさせ、ファン・サポーター・関係者に感動と喜びを与え続けてくれました。シーズン最後まで一緒に仕事をすることを楽しみにしていましたが、この数ヶ月は私達が思い描いていたような結果にはならなかったことを、とても残念に悔しく思っています』 「樋口監督のこれまでの多大なる貢献にクラブを代表して感謝を申し上げたいと思います。本当に有難うございました」 「今シーズン残り8試合は、沖縄県出身者でもある喜名ヘッドコーチが新監督となり指揮をとる事になります。沖縄初のJリーグ監督として、持ち前の柔軟な発想と思い切りの良さで、チームを勝利に導いてくれる事を期待しております。「沖縄とともに、強くなる。」チームを支えて頂いているファン・サポーター・パートナーの皆様にも、引き続きのご支援・ご声援の程、何卒よろしくお願い申し上げます」 2021.10.20 12:28 Wed
twitterfacebook
thumb

山形と琉球は点の取り合いでドロー!京都と新潟は勝利して首位の磐田に食らいつく【明治安田J2第26節】

明治安田生命J2リーグ第26節の7試合が22日に各地で行われた。 NDソフトスタジアム山形では山形(勝ち点45)と琉球(勝ち点47)の上位対決が行われ、前半から点の取り合いに。9分、山形のゴールキックをカットして、武田がペナルティアーク付近からミドルシュート。ゴール左に突き刺さり、先制に成功する。 しかし、今度は山形が相手のビルドアップを奪い、パスを繋いで最後は中原。ボックス右から放たれたシュートがゴール左に吸い込まれ同点とすると、32分に逆転する。中原のクロスに加藤がボックス中央で合わせ、前半の内にスコアをひっくり返した。 試合終盤に差し掛かり、このまま終了かと思われたが、84分に琉球が追いつく。右サイドからのクロスに上原がボックス左に走り込んでフリーで合わせ、スコアを振り出しに戻した。しかしその後はゴールは生まれず。合計4得点が生まれた試合は2-2の引き分けに終わっている。 そのほか、昇格を争う京都はアウェイで水戸と対戦。飯田のパスを受けたウタカがボックス手前でトラップして左足を振り抜くと、強烈なシュートはゴール右下に突き刺さる。 勢いに乗る京都は後半開始早々、ボックス中央でウタカとGK牲川と1対1に。すると走り込んでいた松田に横パスを出して丁寧なお膳立て。リードを広げる。 その後は強固な守備で水戸を無失点に抑えた京都がリーグ戦2連勝となった。 また、新潟は相模原を相手に、福田と谷口のゴールで勝利。首位の磐田に食らいついている。 ◆第26節 ▽8/22(日) 松本山雅FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 愛媛FC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟</span> 2-1 SC相模原 ブラウブリッツ秋田 1-1 V・ファーレン長崎 モンテディオ山形 2-2 FC琉球 水戸ホーリーホック 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 京都サンガF.C.</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ザスパクサツ群馬</span> 3-0 レノファ山口FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州</span> 2-1 FC町田ゼルビア ▽8/21(土) 栃木SC 2-2 東京ヴェルディ ヴァンフォーレ甲府 1-1 ジェフユナイテッド千葉 ツエーゲン金沢 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ジュビロ磐田</span> ファジアーノ岡山 1-1 大宮アルディージャ 2021.08.22 21:41 Sun
twitterfacebook
thumb

琉球DF李栄直に第一子誕生 「本当に沖縄の人の温かさを感じる事ができました」

FC琉球は8日、DF李栄直(30)に第一子が誕生したことを発表した。4日に女の子が生まれたという李栄直はクラブを通じてコメントしている。 「この度、第一子である長女が誕生しました。コロナ過の中で立ち会えない中、命懸けで産んでくれた妻と元気に産まれてきてくれた娘に感謝の気持ちでいっぱいです」 「そして出産直前にアクシデントがあった中色々な対応をしてくれた産婦人科の皆さんにもこの場を借りて深く感謝を申し上げます。今回娘が誕生するまでに本当に沖縄の人の温かさを感じる事ができました」 「その方々の為に自分は結果でしか恩返しできないと思うのでより一層気を引き締めて闘っていきたいと思います」 昨季から琉球でプレーする李栄直は今季のここまで公式戦14試合の出場で1ゴールを記録。9日に明治安田生命J2リーグ第24節のギラヴァンツ北九州戦を控えており、第一子に捧げる勝利が期待される。 2021.08.08 13:25 Sun
twitterfacebook
thumb

琉球がサンパウロ州3部クラブからFWヴィニシウスをレンタル! 「期待に応えられる様に努力」

FC琉球は1日、ブラジルのサンパウロ州3部リーグに属するナシオナルからブラジル人FWヴィニシウス(21)の期限付き移籍加入内定を発表した。 背番号は「34」。7月31日に入国しており、Jリーグが一括管理する14日間の待機期間(Jリーグバブル)を経て合流するという。 ヴィニシウスは身長184cm、体重82kgのFWで、2019年にナシオナルでプロデビュー。今季はパラナ州1部リーグのマリンガでプレーしていた。 クラブを通じて意気込みを語っている。 「この素晴らしい国、クラブでプレーできる事をとても嬉しく思います。個人・団体に関わらず良い成果を出せるようがんばります」 「この大きな機会を与えて下さったクラブにとても感謝していますしその期待に応えられる様に努力します。ありがとうございます!」 2021.08.01 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

琉球の2選手が新型コロナ陽性判定

FC琉球は30日、選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 選手はクラブが実施した25日のPCR検査、26日のJリーグ公式検査で陽性疑いの判定となり、その後医療機関で陽性と診断された。 なお、28日に選手、スタッフ全員に対してPCR検査を実施。2選手を除く全員の院生が確認された。 また、濃厚接触者に関してはいないと判断されているとのことだ。 陽性となった2選手は、発熱や味覚異常などはないとのことだ。 2021.07.30 19:18 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly