PSGがポルトガル代表SBヌーノ・メンデスを獲得! 買取OP付きのレンタルに

2021.09.01 07:47 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)は8月31日、スポルティング・リスボンからポルトガル代表DFヌーノ・メンデス(19)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えるところによれば、PSGはレンタル料として700万ユーロ(約9億1000万円)を支払い、買い取りオプションの金額は4000万ユーロ(約52億円)になるという。

スポルティング生え抜きのヌーノ・メンデスは2020年6月のリーグ戦でトップチームデビュー。当時同じポジションでレギュラーだったDFマルコス・アクーニャの負傷離脱で出番が回ってくると、瞬く間に監督の信頼を掴み、その後のリーグ戦全9試合に出場。そのうち8試合は先発だった。

シーズン終了後にアクーニャがセビージャに移籍したことで、昨季は完全に定位置を掴み公式戦35試合に出場。また、今年の3月にはポルトガル代表デビューも果たし、ユーロ2020にもメンバー入り。出場機会はなかったが、今後の成長が期待される大器として注目されている。

その逸材左サイドバックに関してはマンチェスター・シティが関心を示していたものの、新天地は今夏驚愕の積極補強を敢行してきたPSGとなった。


関連ニュース
thumb

ニューカッスルがベンフィカの21歳FWに関心、PSGとの争奪戦に発展か

ニューカッスルがベンフィカのU-21ポルトガル代表FWゴンサロ・ラモス(21)に関心を寄せているようだ。 ゴンサロ・ラモスはベンフィカ下部組織出身のストライカー。昨季は公式戦46試合で8得点4アシストを記録し、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝では、アンフィールドでリバプールからゴールをゲット。多くのクラブが関心を寄せる逸材だ。 いち早く交渉に乗り出したのはパリ・サンジェルマン(PSG)。しかし、現時点で合意の道筋は見えていないようだ。そんななか、ポルトガル人ジャーナリストのペドロ・セプルベダ氏によると、ニューカッスルもオファーを提示する見通しだという。 同氏は、ベンフィカは2500万ポンド(約40億円)から取引に応じる姿勢であり、ニューカッスルにはこの額の支払い能力があると主張。イングランド人FWカラム・ウィルソンが負傷しがちなことや、今年1月に加入したニュージーランド代表FWクリス・ウッドの得点ペースに不満を抱いていることから、新たなストライカーの獲得を画策しているようだ。 だが、ファイナンシャル・フェア・プレー規則が懸念材料に。ゴンサロ・ラモスを確保する前に、まずは放出が必要になるかもしれないと考えられている。 2022.08.10 17:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ウェストハムがPSGのケーラーにオファー

ウェストハムがパリ・サンジェルマン(PSG)のドイツ代表DFティロ・ケーラー(25)にオファーを提示したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ウェストハムではセンターバックにケガ人が相次いでおり、DFクレイグ・ドーソン、新加入のDFナイーフ・アゲルドが戦列を離れている。またDFアンジェロ・オグボンナは長期離脱中と、現状本職のセンターバックはDFクルト・ズマのみとなっている。 そこでセンターバックとサイドバックでプレー可能なケーラーに照準を絞ったとのことだ。そのケーラーにはセビージャが獲得に動いていると報じられていたが、ケーラー自身が移籍を否定していた。 なお、2018年夏にPSGがケーラー獲得の際にシャルケに支払った移籍金は3700万ユーロだったが、今季でPSGとの契約が切れるため、現在の市場価値は大きく下がっているものと思われる。 2022.08.09 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマ加入のワイナルドゥム、決め手はサラーの助言

パリ・サンジェルマンからローマに買い取りオプション付きのレンタルで移籍したオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが加入の決め手について語った。 その中でリバプール時代のチームメートであり、2015年から2017年にかけてローマに在籍したエジプト代表FWモハメド・サラーの助言が大きかったことを明かした。 「もちろん、ローマが僕と契約しようと努力してくれたことが一番だよ。あとはモー(サラー)とケビン(ストロートマン)からクラブとローマの街の雰囲気を聞いた。彼らからは良い話しかなかった。ハキミも同様のことを言っていたね。だから移籍するにあたって躊躇はなかった」 2022.08.09 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルはDFシュクリニアルをとどめるべき... PSM5試合10失点を受けて伊紙が主張

インテルはスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)をチームにとどめるべきであると、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が主張している。 今夏、しきりにパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が報じられるシュクリニアル。現時点ではインテルが5000万ユーロ(約69億円)のオファーを拒否するも、それを受けたPSG側が新たなオファーを検討中と伝えられており、交渉成立の可能性は残されているものと考えられる。 だが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、2つのポイントを挙げてインテルにシュクリニアル残留を呼びかけている。 まずプレシーズンマッチで露見した守備の懸念だ。インテルはリヨンやビジャレアル、モナコ、RCランス、ルガーノと対戦し、5試合で10失点。ケガ明けのシュクリニアルもコンディションが万全でなく、唯一スタメン出場したビジャレアル戦で4失点を喫するなど、守備に不安を残した状態でセリエA開幕を迎えることとなった。 しかし、インテルにとってシュクリニアルは唯一無二の存在。最終ラインはシュクリニアルを中心に構築すべきであり、もし放出すればこれまでの積み上げが台無しになる危険があると考えられている。 次に後釜となる選手への懸念だ。インテルは当初、トリノで昨季のセリエA最優秀DF賞を受賞したブラジル人DFグレイソン・ブレーメルをリストアップ。ブレーメル自身もインテル移籍に惹かれていたものの、最終的にはオランダ代表DFマタイス・デ・リフトの後釜としてユベントス入りを決断している。 現在はドルトムントのスイス代表DFマヌエル・アカンジ(27)を注視しているとのこと。だが、ドルトムント側が売却に消極的なうえ、獲得できたとしてもイタリアサッカーへの適応など不安要素が多いと分析されている。 2022.08.08 19:09 Mon
twitterfacebook
thumb

ファビアン・ルイスのPSG行きがラスパドーリやピナモンティの去就に影響も?

セリエAで移籍ドミノが起こる可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 財政的に厳しい状況のなか、来季までの契約延長を拒んだスペイン代表MFファビアン・ルイス(26)にパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が迫っているとの報道がなされるナポリ。売却が成立した場合は資金に余裕ができ、サッスオーロからイタリア代表FWジャコモ・ラスパドーリ(22)の獲得を目指せるという。 そうなると、サッスオーロはイタリア代表FWジャンルカ・スカマッカに続いてラスパドーリまでも流出となり、後釜としてインテルからイタリア代表FWアンドレア・ピナモンティ(23)の獲得に全力に注ぐことになる模様。ピナモンティは昨季、レンタル先のエンポリでセリエA36試合13得点2アシストを記録して、イタリア代表にも初選出されたが、インテルは今夏売却を既定路線としているようだ。 最近、ピナモンティの獲得に最も近かったのはアタランタだが、ライプツィヒからナイジェリア代表MFアデモラ・ルックマンを確保。選手本人もアタランタ行きを希望していたようだが、これにより、別の選択肢を検討し始めたようだ。 なお、インテルは移籍金として2000万ユーロ(約27億5000万円)を要求。将来的な買い戻しオプションの付帯を条件にしているものとみられている。 2022.08.08 16:16 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly