アーセナル退団後フリーのダビド・ルイス、母国へ復帰か

2021.08.21 19:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
昨シーズン限りでアーセナルを退団し、所属先が決まっていない元ブラジル代表DFダビド・ルイス(34)だが、新天地は母国となるようだ。ブラジル『グローボ』が報じた。ダビド・ルイスはヴィトーリアでキャリアをスタート。2007年1月にベンフィカへとレンタル移籍すると、2007年7月に完全移籍する。

ベンフィカで名を上げたダビド・ルイスは、2011年1月にチェルシーへと完全移籍。チームの主軸になると、2014年7月にパリ・サンジェルマン(PSG)へと移籍する。2016年8月にチェルシーへと復帰すると、2019年8月にアーセナルへと完全移籍し、2シーズンプレーした。
チェルシーとアーセナルでプレミアリーグ通算213試合14ゴール8アシスト、PSGでリーグ・アン通算56試合3ゴール2アシスト、ベンフィカでプリメイラ・リーガ通算82試合4ゴール9アシストを記録。チャンピオンズリーグでも54試合に出場し7ゴール1アシストを記録していた。

プレミアリーグやチャンピオンズリーグ、リーグ・アンなど多くのタイトルを獲得し、ブラジル代表としても56試合で3ゴールを記録しているダビド・ルイスだが、アーセナル退団後は所属チームが決まらず。自主トレでコンディションを整えていた。

『グローボ』によると、ダビド・ルイスの獲得を目指しているのはフラメンゴとのこと。フリートランスファーで獲得できることが大きいとし、フラメンゴの財政的にも取引を妨げる状態ではないという。

フラメンゴは今夏、チェルシーのブラジル人MFケネディ(25)、マンチェスター・ユナイテッドの元ブラジル代表MFアンドレアス・ペレイラ(25)を獲得。積極的に補強を進めているが、ダビド・ルイスも獲得なるだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

積極補強のウォルバーハンプトンがフラメンゴの逸材MFジョアン・ゴメスと加入合意、移籍金24億円…今冬6人目の新戦力

ウォルバーハンプトンが、MFジョアン・ゴメス(21)の獲得でフラメンゴと合意したようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 フラメンゴの下部組織育ちのジョアン・ゴメスは、2021年7月にファーストチームに昇格。20歳の時にデビューを果たすと、これまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)で59試合に出場し2アシスト。コパ・リベルタドーレスで21試合に出場し1アシストを記録している。 ボランチを主戦場としており、ブラジルでは高い評価を得ており、かつてはリバプールと相思相愛とも見られていたが、移籍は実現しなかった。 2022年9月にフラメンゴとの契約を2027年8月まで延長したジョアン・ゴメスだが、フレン・ロペテギ監督が高く評価。今冬の移籍市場で獲得したい意向を示していた。 ジョアン・ゴメスにはリヨンも興味を持っており、フラメンゴは取引をしようと思っていたが、選手本人がプレミアリーグ行きを希望。来週にもイギリスへ渡り、メディカルチェックを受けることになるという。 移籍金は1500万ポンド(約24億円)とのこと。5年契約を結ぶと見られている。 ウォルバーハンプトンは、今冬の移籍市場で派手に動いており、アトレティコ・マドリーからブラジル代表FWマテウス・クーニャ(23)、ニースのガボン代表MFマリオ・レミナ(29)、パリ・サンジェルマン(PSG)からスペイン代表MFパブロ・サラビア(30)、ウェストハムからイングランド人DFクレイグ・ドーソン(32)、ブリストル・シティからGKダニエル・ベントリー(29)を獲得。契約すれば、6人目の補強になる。 2023.01.27 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

神戸が狙っていたGKウーゴ・ソウザからベンフィカが撤退…ピッチ外の問題がネックに

ヴィッセル神戸が獲得を目指していたとされているフラメンゴのブラジル代表GKウーゴ・ソウザ(23)だが、噂されたベンフィカへの移籍も無くなったようだ。ブラジル『Torcedores』が伝えた。 ブラジル代表歴もあるウーゴ・ソウザはフラメンゴの下部組織育ちで、2019年9月にファーストチームに昇格。ここまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで46試合に出場し11試合でクリーンシートを達成。コパ・リベルタドーレスでも5試合に出場していた。 神戸が獲得のオファーを出し、50%の保有権に対して130万ドル(約1億7000万円)を支払い、3年契約を提示し合意したとされていたが、一転して家族の問題で日本行きを拒否していた。 そのウーゴ・ソウザにはベンフィカが獲得に乗り出し、本人も希望していたヨーロッパでのプレーが叶うことになると思われていた。 しかし、現在は彼を欲しがるクラブは存在しないとのこと。ベンフィカが獲得を見送った理由にはウーゴ・ソウザが抱える問題があるという。 『Torcedores』はフラメンゴの関係者のコメントとしてウーゴ・ソウザの問題点を紹介。「彼をチームに入れることはリスクになる」と語った人物は、「ピッチ外のことを優先してきた」、「グループ内でポジションを争う意欲をほとんど見せない」と指摘している。 神戸との契約も合意しながら家族の問題でブラジル残留に翻意。これはフラメンゴの幹部を怒らせたともいう。 また、フラメンゴも彼を戦力として考えていないとのこと。チームには留まらせるものの、ポジションを与える気はないようだ。 ウーゴ・ソウザは2025年12月までフラメンゴとの契約を残しており、移籍金は7000万ユーロ(約100億円)とのこと。この移籍金もかなりネックになっているとされている。 <span class="paragraph-title">【動画】GKウーゴ・ソウザのパフォーマンス集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="oNuqPqjpv00";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.24 16:40 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサが19歳の右SBを獲得か、フラメンゴの逸材

バルセロナが、フラメンゴの逸材を獲得するつもりのようだ。ブラジル『グローボ』が伝えた。 バルセロナが関心を持っているのは、フラメンゴU-20に所属するブラジル人DFウェズレイ(19)。右サイドバックや右サイドハーフを主戦場としてプレーしている。 ファーストチームでの試合にも出場し、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでの1試合など4試合に出場している。 フラメンゴの逸材として評価の高いウェズレイだが、バルセロナが関心。バルセロナ・アトレティックでプレーすることになるが、買い取りオプションが付いている1年間のレンタル移籍でオファーを出しているという。なお、フラメンゴとの契約は2025年12月まで残っている。 チャビ・エルナンデス監督が率いるバルセロナは、右サイドバックの選手が枯渇。エクトル・ベジェリン、セルジ・ロベルト、ジュール・クンデ、アレハンドロ・バルデ、ロナルド・アラウホがプレーしている状況だ。 再三右サイドバックの補強に動いているバルセロナだが、今冬の移籍市場ではファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)に抵触する可能性があるため、補強に動けていない状況。その中で、将来的な右サイドバックを任せられる選手を獲得はできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】バルセロナが獲得を目指すウェズレイ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">O Flamengo está negociando o empréstimo do lateral-direito Wesley, de 19 anos, ao Barcelona, da Espanha. <br><br>Joia da base, o atleta tem quatro jogos como profissional e se destacou muito no sub-20 <a href="https://t.co/zKfVEysZHj">pic.twitter.com/zKfVEysZHj</a></p>&mdash; ge (@geglobo) <a href="https://twitter.com/geglobo/status/1617509484984672257?ref_src=twsrc%5Etfw">January 23, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.24 13:05 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸が獲得に迫ったブラジル人GK、一転日本行きを拒否、ベンフィカ移籍が近づく

ヴィッセル神戸が獲得を目指し、加入に近づいているとされていたフラメンゴのブラジル人GKウーゴ・ソウザ(23)だが、ヨーロッパへの移籍が近づいているようだ。 2022シーズンは上位を目指していながらも長らく降格圏に沈んでいた神戸。J1残留を果たした中で、外国人GKを補強する動きを見せていた。 ブラジル代表歴もあるウーゴ・ソウザはフラメンゴの下部組織育ちで、2019年9月にファーストチームに昇格。ここまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで46試合に出場し11試合でクリーンシートを達成。コパ・リベルタドーレスでも5試合に出場している。 当初はブラジルの報道で神戸行きを望んでいないとされていた中で、神戸は50%の保有権に対して130万ドル(約1億7000万円)を支払い、3年契約を提示し合意したという報道が出ていた。 ウーゴ・ソウザが日本行きを決断したと思われたが、家族のことを考えてやはり日本行きを渋ることに。そして、移籍先がヨーロッパになるという報道が出てきた。 ポルトガル『レコルド』によれば、ベンフィカがフラメンゴとウーゴ・ソウザの獲得に向けて交渉中。そして加入が近づいているとのことだ。 ウーゴ・ソウザは既にブラジルで2度のリーグ王者になっており、2021-22シーズンのコパ・リベルタドーレスも制しており、コパ・ド・ブラジル(国内カップ戦)も制するなど、若くして多くの経験を持っており、199cmと長身、セービング技術も高いと高い評価を得ている。 <span class="paragraph-title">【動画】GKウーゴ・ソウザのパフォーマンス集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="oNuqPqjpv00";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.17 13:35 Tue
twitterfacebook
thumb

残留争い中のウォルバーハンプトン、ジョアン・ゴメス獲得も決定的に!

ウォルバーハンプトンがフラメンゴからブラジル人MFジョアン・ゴメス(21)も獲得する見通しのようだ。 プレミアリーグでよもやの残留争いを余儀なくされるなか、この1月の移籍マーケットで補強を進めるウォルバーハンプトン。ニースからガボン代表MFマリオ・レミナ(29)を射止めたなか、新たに獲得が噂されるのが最近、リバプールの関心報道もあったジョアン・ゴメスだ。 リバプール行きの話が出た際に「僕がプレーしたいチーム」と相思相愛を口にした守備的MFだが、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ウォルバーハンプトンが移籍金1700万ユーロ(約23億5000万円)でクラブ間合意に達したと報じられる。 そのロマーノ氏の続報によれば、ジョアン・ゴメスはメディカルチェックを受けるため、数時間以内にもイングランドへ。ウォルバーハンプトンはパリ・サンジェルマンからスペイン代表FWパブロ・サラビア(30)の獲得にも迫るなか、先んじてジョアン・ゴメスの移籍が形となる模様だ。 2023.01.16 12:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly