リバプールでのポジション争いを歓迎するジョー・ゴメス「競争はこのクラブに相応しいことだ」

2021.08.11 11:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのイングランド代表DFジョー・ゴメスが、チームでのポジション争いを歓迎した。クラブ公式サイトが伝えている。

チームの主軸としてチャンピオンズリーグ(CL)やプレミアリーグ優勝に貢献してきたゴメスだが、昨シーズンは11月のインターナショナル・マッチウィーク中に負傷。手術を行い、シーズン中に復帰することはなかった。

現在はケガも癒えチームに復帰しているゴメスだが、ポジション争いは激しいものとなっている。同じく昨シーズン重傷を負ったオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクやカメルーン代表DFジョエル・マティプが復帰しているだけでなく、チームは今夏にRBライプツィヒからU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテを獲得。さらには昨シーズン評価を高めたDFナサニエル・フィリップスやDFリース・ウィリアムズも虎視眈々と出場機会を狙っており、ゴメスの立場も安泰ではない。

しかし、クラブ公式サイトのインタビューに応じたゴメスはこうした状況を歓迎。リバプールがビッグクラブである以上、競争は必要だと語った。

「こうしたポジション争いは、このクラブに相応しいことだと思う。それに、僕たちが成長するためにも必要だ。競争は良いことであり、健全でもあるね。僕らはお互いに学ぶことができるよ。それぞれ特徴は異なっていて、皆が最高のクオリティを持っている」

「もちろん、リースやナット(ナサニエル・フィリップス)、ベン(・デイビス)、皆がトッププレーヤーだ。今シーズンはいいものになるだろうね。今はお互いに学び合い、日々お互いをプッシュし続けることが大切なんだ」

「イブー(イブラヒマ・コナテ)はトップ選手さ。彼は素晴らしいし、僕たちのプレースタイルにもすぐ適応した。激しいプレーをすることもあるけど、彼は成功するための属性をすべて備えていると思う」

また、ゴメスはインタビューの中で長いリハビリから復帰できた喜びについても言及。プレシーズンマッチで復帰した際、スタジアムのファンから温かな歓迎を受けたことについても感謝を述べている。

「(復帰まで)本当に長い道のりだったけど、だからこそプレシーズンマッチでプレーできて本当に感謝している。今日だけでなく、皆と一緒にチームに戻って、またトレーニングができたことについても感謝しているよ」

「元からそうではあったけど、観客の前でプレーすることがどれほど幸せであるか、さらに理解できたよ。本当に特別な雰囲気の中でプレーができた」

「こうしたサポートや、特別な雰囲気を醸し出すこうしたスタジアムがあることは、とても幸運だね。僕やヴィルヒルにとっては記念すべき瞬間であり、本当に楽しい時間を過ごすことができた」


関連ニュース
thumb

アレクサンダー=アーノルドが刺殺された12歳の少女へ哀悼の意「RIP AVA WHITE」

リバプールのイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが亡くなった少女に追悼を捧げた。イギリス『サン』が伝えている。 リバプール市内では先週の11月25日、友人とともに出かけていた12歳の少女アヴァ・ホワイトさんが10代の少年グループに刃物で刺されるという痛ましい事件が発生。救急隊が駆けつけ病院に運ばれたものの、残念ながら死亡が確認されたという。 12月1日に行われたプレミアリーグ第14節、エバートンvsリバプールの“マージーサイド・ダービー”でも両チームがアヴァさんをしのび、大型ビジョンでも哀悼の意を示した。 リバプール市内で生まれ育ったアレクサンダー=アーノルドは試合後、改めてメッセージを表明。「RIP AVA WHITE」と書かれた自身のインナーシャツを披露した。 ※R.I.P.:ラテン語のRequiescat in paceまたは英語のRest in peaceの頭文字、安らかに眠れの意 試合中もホワイトさんの年齢と同じキックオフから12分後に中断し、1分間にわたる拍手で追悼が捧げられた。このような痛ましい事件がなくなることを祈るばかりだ。 <span class="paragraph-title">【写真】亡くなったアヴァさんに哀悼のメッセージを送るアレクサンダー=アーノルド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CW9S8gBqm56/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CW9S8gBqm56/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CW9S8gBqm56/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Trent Alexander-Arnold(@trentarnold66)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.02 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ダービー完敗で8試合未勝利のエバートン…ベニテス監督はミスに失望「正しいことができなかった」

エバートンのラファエル・ベニテス監督が、ダービーでの完敗を嘆いた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 エバートンは1日に行われたプレミアリーグ第14節でリバプールと対戦した。リーグ戦ここ7試合未勝利で14位に落ち込むチームにとって、マージーサイド・ダービーでの勝利を復調のきっかけとしたいところだったが、立ち上がりから相手に試合を支配されると2点を奪われる苦しい展開に。前半終了間際にFWデマライ・グレイのゴールで1点を返したものの、後半はミスもありさらに2失点。その後は反撃もままならず、1-4で敗れた。 リーグ戦8試合未勝利となり明るい兆しの見えない状況が続くが、試合後のインタビューに応じたベニテス監督は試合でのミスを嘆きつつもここからの改善は可能だと強調。好調だった開幕直後の状態に戻ることが目標だと語った。 「ダービーに負けたのだから、皆がっかりするのは当然のことだ。敗因については、トップチームを相手にミスを犯したからだろう」 「我々はリバプールがどれほどの資金を費やし、近年どれほど成功しているかを見てきた。だから、正しいことをしなければこうした敗北は起こりうる状況だったが、我々は正しいことができなかった」 「これが他チームとの対戦であれば、それほど悪くはなかったかもしれない。しかし、トップクラスの選手を擁するトップチーム相手にそれをやれば、その代償を支払うことになる」 「私はポジティブに考えなければならない。このチームのポジティブな点は、シーズンの初めには誰もがとても喜ぶ試合ができていたことだ。我々は、その段階に戻る必要がある」 「我々はケガで選手を失っていた。今はこの選手たちを取り戻し、チーム内の競争力を高め、以前のレベルでプレーできるようにしたい」 また、ここまでの低迷やダービーでの完敗を受け解任の可能性も囁かれるベニテス監督だが、本人は心配していないと強調。選手からの支持はまだ失われていないと語っている。 「(自身の立場に影響があるかという質問に対して)思わないね。私はプロであり、十分な経験を持っている。チームが全力を尽くしているときは、それがわかるものだ。そして、選手たちのコミットメントはまだここにある」 「我々は分析して、コミットメント、欲求、インテンシティを見なければならない。今日はミスをしてしまったが、監督としては選手がピッチ上ですべてを捧げることを期待している」 2021.12.02 15:55 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールがGKの更なる強化へ…94年W杯王者の元ブラジル代表GKタファレル氏のGKコーチ就任合意を発表

リバプールが新たなサポートを手にすることなった。 11月30日、リバプールは新たなGKコーチと合意したことを発表。元ブラジル代表GKのクラウディオ・タファレル氏(55)が就任することとなった。なお、労働許可が降りた後からとなる。 現役時代はインテルナシオナウやパルマ、レッジアーナ、アトレチコ・ミネイロ、ガラタサライでプレーしたタファレル氏。ブラジル代表として101試合に出場し、1990年、1994年、1998年と3度ワールドカップ(W杯)に出場した。 3大会ともに正守護神としてW杯を戦い、1994年のアメリカ大会ではイタリア代表とのPK戦を制して優勝。1998年のフランス大会は決勝まで進むも、フランス代表の前に準優勝に終わっていた。 クラブレベルでもガラタサライ時代にUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)を制するなど、多くのタイトル獲得を経験した名守護神は、ガラタサライでGKコーチや暫定監督を経験。現在はブラジル代表のGKコーチとして2014年から働いており、リバプールと兼任することとなる。 リバプールにはそのブラジル代表のGKアリソン・ベッカーが在籍。GKコーチにはオランダ人のジョン・アフテルベルグ氏、アシスタントGKコーチにはイギリス人のジャック・ロビンソン氏がいるが、タファレル氏が加わることで、更なるGK強化に動くことになる。 ユルゲン・クロップ監督はタファレル氏を迎えることについて言及。GKを強化し、リバプールというクラブで強化を進めていきたいと語った。 「我々はGKについて独自の哲学を築きたいと思っている。GKが独自のゲームを持っていることは誰もが認めるところだが、だからこそ我々はGKについて全く異なる見解を持ってもらいたいと思った」 「世界最高のGKの2人がブラジル人であることから、アリに相談したところ、タファレルをコーチングスタッフに加えることで解決することができた。タファレルを迎えることで、また違った視点で物事を見ることができると考えている」 「我々は世界のサッカー界で、正しいGKスクールになることを目指している」 また、現在の2人のGKコーチにも影響があると語り、GK以外にもブラジル人選手の助けになるだろうと語った。 「タファレルがここにいることは、ジョン(・アフテルベルグ)にとっても、ジャック(・ロビンソン)にとっても、アイデアや分析結果を交換するのに適している」 「トレーニンググラウンドでは、異なる文化を持つことが重要だ。オランダ人、イギリス人、ドイツ人。そして今では、コーチングスタッフにブラジル人も加わっている。それは確かな助けになる」 2021.12.02 12:52 Thu
twitterfacebook
thumb

勢い止まらぬサラー、ダービーで2ゴールも満足せず「もっとたくさんのゴールを決めたい!」

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが、ビッグマッチでの活躍を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 サラーは1日に敵地で行われたプレミアリーグ第14節のエバートン戦でスタメン出場した。 ここまで11ゴールを決め得点ランキングトップに立つエースは、この日も19分にゴールを記録しチームにとって2点目を記録。さらに64分には、相手DFのミスを見逃さずボールを奪うと2得点目を決め、勝利を決定づけた。チームはその後さらに追加点を記録し、4-1のスコアで勝利している。 この結果、リバプールはプレミアリーグ3連勝を達成。サラーはこれでリーグ戦14試合13ゴールを記録しており、エースの役割を果たしている。 試合後のインタビューに応じたサラーは、より多くのゴールを決めていきたいとコメント。そのうえで、できるだけ多くのトロフィーを獲得したいと意気込みを示した。 「もっとたくさんのゴールを決めたいね! そして僕にとって第一の目標は、このクラブで何かを勝ち取ることなんだ。チャンピオンズリーグ(CL)かプレミアリーグ、できればその両方が欲しい。皆がその目標を目指しているよ」 「今日は素晴らしい結果になった。ここに来て試合に勝ち、良いサッカーをして4つのゴールを決められたのは信じられないことさ。この試合からは、ポジティブなものを得られたと思う」 「監督からの試合前の言葉は、彼らはフィジカル面で強く、すべてのボールに対して100%のチャレンジをしてくるだろうということだった。でも僕たちは自分たちのゲームをして、ボールをキープして、チャンスを作ろうとするだけで良かったよ」 また、サラーはリバプールが今季プレミアリーグでトップとなる43ゴールを挙げているほか、現在公式戦3試合連続で4ゴールを決めるなど、攻撃陣が絶好調な点に言及。チームのスカッドがほとんど変わらず、お互いをしっかり理解していることが大きいと語った。 「今はチームがお互いのことをよく知っている。5、6年一緒にいるからね。昨シーズンはケガが多かったけど、その前のシーズンはとても良いプレーができていた。僕たちは一緒にいくつかのタイトルを獲得したんだ」 「今言えるのは、僕らはお互いのことをよく知っており、より多くのゴールを決めて試合に勝つため、試合中は助け合おうとしているってことだよ」 2021.12.02 11:07 Thu
twitterfacebook
thumb

「グディソンで見せた最高のパフォーマンスだ」ダービー完勝のチームをクロップ監督が絶賛

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、チームの完勝を喜んだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 リバプールは1日に敵地で行われたプレミアリーグ第14節において、エバートンと対戦した。 239回目のマージーサイド・ダービーに臨んだチームは、立ち上がりから試合を支配するとMFジョーダン・ヘンダーソンとFWモハメド・サラーのゴールで2点を先取。その後1点を返されたものの、後半には再びサラーが圧巻のスピードで追加点を決めたほか、FWジオゴ・ジョタにもゴールが生まれ、4-1でライバルチームを圧倒した。 この結果、リバプールはプレミアリーグ3連勝。さらに公式戦3試合連続の4ゴールを記録するなど、絶好調を維持している。 試合後のインタビューに応じたクロップ監督も、際立ったパフォーマンスを示したチームを称賛。自身にとってグディソン・パークでの最高の試合になったと喜んでいる。 「私がリバプールに就任して以来、グディソンで見せた最高のパフォーマンスであったことは間違いない。今夜のように落ち着いていたことはなく、今夜のように説得力があったこともなかった。だからこそ、今日この試合に勝てたのだろうね」 「我々はこうした試合のやり方を学ぶ必要があった。オールド・トラフォードでの戦い方や、グディソンでの戦い方をね。そして今夜は、自分たちの成長のため大きな一歩を踏み出したことを示せたと思う。これはとても良いことだ」 「これが我々の基準であり、これらのチームに打ち勝つため到達しなければならないレベルとなるだろう」 また、昨シーズンの同カードでは相手選手のタックルにより、DFヴィルヒル・ファン・ダイクとMFチアゴ・アルカンタラが重傷を負う事態となったが、クロップ監督は今日の試合でその影響はなかったと強調。選手は感情的になり過ぎず、しっかりと試合に対処してくれたと称えている。 「我々は非常にエモーショナルなチームではあるが、何よりもまず正しいムードと考え方を持つ必要がある。エモーションは良いものだが、最も重要なものではない」 「我々にとって、エバートン、マンチェスター・ユナイテッドとの2つのダービーは、ビッグゲームだ。そこで最高の試合をするためには自分たちの心を落ち着かせ、団結する方法を学ばなければならない」 「選手たちには、過去にどんなことがあっても100%誠実でなければならないと話した。そして振り返ってみると、ここでのダービーで『すごい、完璧に近い素晴らしい試合だ』と思ったことは一度もなかったと思う。つまり、改善の余地がたくさんあったのだ」 「怒りや欲がなければ、ボールを奪い返したり、カウンターを仕掛けたりすることはできないかもしれない。しかし、相手の陣形に合わせてパスを出すべき場面もある。それをするためには今までとは違う考え方が必要であり、それを今夜の我々は持っていた」 2021.12.02 10:29 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly