「母国へ帰りたいと…」神戸移籍の大迫勇也、ブレーメンSDが明かす「双方にとって良い解決策」

2021.08.08 16:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレーメンは8日、日本代表FW大迫勇也(31)がヴィッセル神戸へと完全移籍することを発表した。

大迫は2009年2月に鹿児島城西高校から鹿島へと入団。2014年1月に1860ミュンヘンへ移籍するまで6シーズンを過ごし、公式戦191試合で65ゴール32アシストを記録した。

ドイツへ活躍の場を移すと、1860ミュンヘンでは半年間で公式戦15試合に出場し6ゴール3アシストを記録。2014年7月にケルンに引き抜かれると120試合で19ゴール18アシストを記録。ブレーメンには2018年7月に加入した。

ブレーメンで公式戦87試合に出場し15ゴール8アシストを記録。しかし、なかなかFWとして出場する機会は少なく、トップ下やサイドなどでプレーすることが多く、今季も試合に出場したが、FW起用ではなかった。

8年ぶりにJリーグへと戻った大迫。ブレーメンのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるフランク・バウマン氏は、大迫の神戸移籍について良い解決策だったと語り、母国での活躍を願った。

「ユウヤはクラブを去り、母国に帰りたいという希望をもって、我々に相談してきた」

「神戸に移籍したことで、双方にとって良い解決策を見つけることができた」

「今後は、プレー面でも、プライベート面でも、ユウヤの活躍を期待している」

関連ニュース
thumb

遠藤が豪快ミドル弾もシュツットガルト、試合終了間際の被弾でブレーメンにドロー《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは13日、ブンデスリーガ第2節でブレーメンとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝はフル出場している。 強豪ライプツィヒとの開幕節で遠藤と伊藤が揃って先発した中、1-1の引き分けに持ち込んだシュツットガルトは、引き続き遠藤と伊藤がスタメンとなった。 開幕節でヴォルフスブルクに引き分けたブレーメンに対し、シュツットガルトは開始4分に失点する。ユングの左クロスからフュルクルクにヘディングシュートを決められた。 さらに9分、フュルクルクにバー直撃のシュートを浴びてひやりとしたシュツットガルトは、ボールこそ持つものの攻めあぐねる状況が続いた。 そんな中33分、遠藤がミドルシュートでGKを強襲すると、37分に同点弾を叩き込む。中央でボールを受けた遠藤が豪快に右足を一閃。強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。 1-1で迎えた後半、守勢に回っていたシュツットガルトだったが、77分に逆転する。カライジッチのスルーパスでディフェンスライン裏を取ったムヴァンパがGKとの一対一を決めきった。 このまま逃げ切るかと思われたシュツットガルトだったが、試合終了間際の追加タイム5分に落とし穴。パワープレーを受けた流れから最後はバークに決められた。 直後にタイムアップとなり2-2で決着。シュツットガルトは逃げ切り失敗で2戦連続ドローとなった。 2022.08.14 00:44 Sun
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、昨季19Gのフュルクルクと契約延長を発表!

ブレーメンは17日、ドイツ人FWニクラス・フュルクルク(29)との契約延長を発表した。なお、新たな契約期間は明かされていない。 新契約にサインしたフュルクルクは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「来シーズンは、もっと責任ある仕事をしたいと思っているよ。特に昇格直後のシーズンは、すでにブンデスリーガを経験している選手が引っ張っていくことが大事だと思っている。だから、契約を延長することで少しでもそれをアピールしたいと思っているんだ」 ブレーメンの下部組織で育ったフュルクルクは、2012年にトップチームデビュー。その後、ニュルンベルクやハノーファーでのプレーを経て、2019年夏に5年ぶりに復帰。 しかし、復帰後は度重なるケガに悩まされ、2シーズンで公式戦わずか31試合に出場に留まると、2020-21シーズンにはチームが41年ぶりの2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)に降格。 1年での1部復帰も目指した昨季は、開幕からスタメンに名を連ねると2.ブンデスリーガ33試合に出場し19ゴール8アシストと完全復活ともいえる活躍を見せ、1部復帰に大きく貢献した。 2022.07.18 00:47 Mon
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、昨季レンタルのDFヴァイザーをレバークーゼンから完全移籍で獲得

ブレーメンは15日、レバークーゼンからドイツ人DFミッチェル・ヴァイザー(28)を完全移籍で獲得した。契約期間は明かされていない。 ケルンの下部組織で育ったヴァイザーは、ウイングからサイドバックまでこなす右サイドのスペシャリスト。2012年2月にプロデビューを果たすと、バイエルンやカイザースラウテルン 、ヘルタ・ベルリンでのプレーを経て、2018年夏にレバークーゼンへ移籍。 レバークーゼンでは、加入初年度から右サイドバックの主力として公式戦41試合に出場すると、在籍3年間公式戦75試合に出場し4ゴール4アシストをマーク。しかし、年々出場機会を減らし、2020-21シーズンはリーグ戦5試合に留まっていた。 出場機会を求め、昨季は2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)へ降格したブレーメンへレンタル移籍。ブレーメンでは主に右MFとしてリーグ戦24試合に出場し2ゴール2アシストの活躍で1年での1部復帰に貢献した。 ブレーメンへの完全移籍が決まったヴァイザーは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ブレーメンでは最初からとても居心地が良かったし、これからもここで長期的に自分の歩むべき道を進めることをうれしく思っているよ」 2022.07.16 01:05 Sat
twitterfacebook
thumb

昇格ブレーメン、オーストリア代表DFフリードルと契約延長

ブレーメンは1日、オーストリア代表DFマルコ・フリードル(24)と契約延長したことを発表した。期間は明かされていないが、長期と発表されている。 2008年から2019年にかけてバイエルンに在籍していた左利きのセンターバック兼サイドバックであるフリードル。2018年1月よりブレーメンに加入した中、2021-22シーズンはブンデスリーガ2部で27試合に出場して4ゴール3アシストを記録。1年での1部復帰に貢献していた。 2023年までだった契約を延長したフリードルは以下のように述べた。 「僕はブレーメンでブンデスリーガで戦える選手になった。ここで100試合以上プレーした。今後もブレーメンでプレーできるのを嬉しく思うし、1部定着のための助けになりたい」 2022.07.01 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、スコットランド代表FWバークを獲得! 5年ぶりのブンデスで真価発揮なるか

ブレーメンは6月30日、シェフィールド・ユナイテッドからスコットランド代表FWオリヴァー・バーク(25)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間に関する詳細は明かされていない。 バークはノッティンガム・フォレストの下部組織出身で、2014年9月にファーストチームへ昇格。その後、2016年8月にRBライプツィヒへと完全移籍。その翌年にはWBAへ渡り、セルティック、アラベスとレンタル移籍を経験。2020年にはシェフィールド・ユナイテッドに完全移籍した。 スコットランド代表として13キャップを刻む188cmのアスリート型アタッカーは、2021-22シーズンはシェフィールド・ユナイテッドと今冬にレンタル加入したミルウォールで、公式戦19試合2ゴール1アシストの数字を残していた。 10代の頃には利き足は異なるが、その圧倒的なフィジカル能力という共通点でウェールズ代表FWガレス・ベイルとも比較されたものの、伸び悩みが顕著な25歳は、ライプツィヒ時代以来となる5年ぶりのブンデスリーガの舞台で自身の真価を証明できるか。 2022.07.01 14:53 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly