急逝から10年、松田直樹氏の横浜FM1stユニフォーム&プレーヤーズTシャツが販売

2021.08.03 15:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
元日本代表DF松田直樹氏が2011年8月4日に急逝されてから、明日で10年が経過する。

1995年に前橋育英高校から横浜マリノスへと入団した松田氏は、16シーズンにわたってプレー。横浜F・マリノスから松本山雅FCへと活躍の場を移したが、志半ばで他界した。

横浜FMは、逝去から10年が経過することを受け、様々な取り組みを行うことを発表した。

8月4日には、オンライン記帳を実施。00:00~23:59の期間、ハッシュタグ「#FOREVER3」をつけて、ツイッターで松田直樹氏への想いをツイートすることで記帳となる。クラブは全てに目を通し、ご遺族へとお渡しするとのことだ。

また、1stユニフォーム、プレーヤーズTシャツの販売を決定。ご家族同意の下で、逝去後初の試みとなり、売り上げの利益全額はクラブが実施する「#命つなぐアクション」(ホームタウンにおけるCPR(心肺蘇生法)・AEDの普及啓発事業)および、ホームタウンの子どもたちへのサッカー普及活動などの活動費用に充てられるとのことだ。

Tシャツの受注期間は8月4日(水)18時〜8月31日(火)23時までとなる。価格は1stユニフォームが1万9360円(税込)、プレーヤーズTシャツが3960円(税込)となる。サイズはユニフォームがSから4XOまで、TシャツがS、M、Lとなる。

今回の取り組みに関して、黒澤良二代表取締役社長やクラブのアンバサダーである波戸康広氏、クラブシップ・キャプテンの栗原勇蔵氏、そして実姉の松田真紀さんがコメントしている。

◆横浜マリノス株式会社 黒澤良二 代表取締役社長
「私がマリノスの社長に就任したのは2018年であり、松田直樹さんとの直接の接点はありません。しかし、もちろん松田直樹さんがマリノス在籍中からそのご活躍は存じ上げておりましたし、とても熱い気持ちを持ったサッカー選手だと思っていました。そしてマリノスの社長に就任してからの3年、松田直樹さんがクラブにとって、そしてファン・サポーターの皆様にとっていかに大きな存在であるかを改めて肌で感じてまいりました」

「そして、その魂はクラブが継承すべきスピリットだと思っています。「松田直樹という偉大なサッカー選手がいたことを、クラブが続く限り伝え続ける」というクラブの使命にマリノスファミリー全員で向き合い、しっかりと取り組んでいきたいと思います」

◆波戸康広 横浜F・マリノス アンバサダー
「初めて会ったのは高校時代の選抜合宿で、それからは同じチームはもちろん、代表でも一緒にプレーしたのでたくさんの思い出があります。F・マリノスに復帰してからの宮崎キャンプでは同学年ということで同じ部屋になり、明け方になるまで語り合ったことは良い思い出です」

「この時期になるといつも思うのは、歳を重ねマツは何を喋っているかなということ!やっぱり、サッカーについて話しているだろう。マツが大好きだったサッカーの楽しさを伝えていくこと、それと共に、万が一の事態に備え命を守るための普及・啓発活動をしていきたいと思います」

◆栗原勇蔵 横浜F・マリノス クラブシップ・キャプテン
「ジュニアユースの頃から、トップチームにいたマツさんは常に憧れの存在でした。2002年にトップチームに昇格して、同じピッチで練習をした時はレベルの差に衝撃を受けました。選手として、記録にも記憶にも残る選手で、F・マリノスの中で存在感が抜きんでている人です」

「加入当初は相手にしてもらえなかったですが、選手として認めてもらい始めると、話しかけてくれたり、色々なところに連れていってくれるようになりました。プライベートの時間でもサッカーのことばかり話していて、心からサッカーが大好きな人なんだなと思っていました」

「あのような形で亡くなってしまいましたが、そのことによって明らかにAEDは普及しましたし、亡くなっても尚、世に影響を与えるすごい存在だと思います」

「リアルタイムで見ていた方は松田直樹を忘れないと思いますが、特別な存在だったマツさんをたくさんの方に知ってもらいたいと思うので、今後も思い出せる活動をやっていきたいと思います」

◆松田真紀さん/一般社団法人 松田直樹メモリアルNextGeneration 理事
「16年間という長きに渡り、松田直樹を愛して頂きましてありがとうございます。そしてあれから10年たちました今も変わらぬ思いに感謝しかございません。ありがとうございます」

「スポンサーの皆様、関係者の皆様、仲間の方々、ファン・サポーターの皆様、本当にありがとうございました。どんな時も直樹を後押しして下さりありがとうございます。それぞれのシーズンを16年間共に過ごさせて頂きました」

「サッカーしかなかった直樹の16年間のサッカー人生は短いかもしれません。その中で、皆様に出会えました事、幸せなサッカー人生だったと思います」

「そしてあれから10年間の今、直樹を直接知らない方々もたくさんいらっしゃると思います。その中で、その時々にいらっしゃる関係者の方々、選手の方々、ファン・サポーターの皆様が思いを繋いで下さいます事、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございます」

「ファン・サポーターの皆様、この10年間、いつもどんな時もかかさずに試合の際に、ゴール裏の直樹のフラッグをありがとうございます。あのフラッグは直樹そのものの様な感じがし、いつも直樹が共に試合に参加している様な感じがしております」

「これからもサッカーをこよなく愛したサッカー小僧がおりました事、心の片隅でも思って頂けましたら嬉しく思います」

「皆様がサッカーを楽しんでいらっしゃる事が、松田直樹の願いだと思います。そしてそのためには欠かせない安全な環境をと願います。そして今年はまた、皆様でシャーレを掲げたいです。暑さが続いております。感染が拡大しております。どうか充分お体ご自愛下さいませ」



1 2
関連ニュース
thumb

残留と逆転優勝を目指す両チームによる"横浜ダービー"は劇的ドロー決着【明治安田J1第30節】

25日、明治安田生命J1リーグ第30節の横浜FCvs横浜F・マリノスがニッパツ三ツ沢球技場で行われ、2-2の引き分けに終わっている。 ホームの横浜FCは現在3連敗中で最下位に沈んでいる。残り9試合で残留を目指すためにも、まずはこのダービーマッチで負のスパイラルから抜け出したい。 一方、アウェイの横浜FMはここ3試合で2敗を喫している。首位の川崎フロンターレとの勝ち点差は「7」となっており、逆転優勝に向けてこれ以上の黒星は是が非でも避けたい。 16分、横浜FMに決定機。右サイドでレオ・セアラからのスルーパスに抜け出したエウベルが底弾道クロスをGKブローダーセンと最終ラインの間に送る。しかし、そのボールに対して前田がボックス左で合わせるも、上手くミートできずに先制点には至らなかった。 24分、今度は横浜FCにチャンス。自陣でボールを奪い、ピッチ中央の安永から裏に抜け出したミネイロに長いスルーパスが出る。ボールを受けたミネイロは、DFをかわしてボックス右の角度のないところからシュートを打つも、GK高岡に防がれてゴールとはならなかった。 その後はアウェイチームが強度の高いサッカーで試合を支配。精度が高くスピードのあるパス回しで相手を翻弄し、奪われたら前線の選手が間髪入れずに即時奪回を実行し、ホームチームに余裕を与えない。 しかし、横浜FCがワンチャンスをモノにする。38分、敵陣中央からの瀬古の浮き球スルーパスに抜け出したジャーメイン良が、ボックス右からマイナスのクロス。これをボックス中央で合わせたミネイロが冷静に流し込み、先制点を奪取した。 リードを許した横浜FMだったが、62分に追いつく。ゴール前で前田からのパスを受けたレオセアラがGKブローダーセンと1対1を迎えると、不当なタックルを受けてPKを獲得。これをマルコス・ジュニオールがゴール左下に決めてスコアを振り出しに戻した。 このまま逆転を目指すアウェイチームに73分にアクシデント。相手のカウンターを止めに入った渡辺がミネイロに斜め後ろからスライディングでファウル覚悟で止めに入ったものの、これで2枚目のイエローを貰ってしまい、退場処分に。1人少ない状態で残り時間を戦うことになった。 それでも、横浜FMの流れは変わらなかった。77分、敵陣左サイドでボールを受けた扇原がボックス中央にクロスを上げると、ニアでDFに触れられるも前田が左足で上手く合わせて逆転に成功した。 この勢いのまま横浜FMが試合をモノにするかに思われたが、89分に横浜FCが同点に持ち込む。敵陣右サイドからマギーニョがロングスローを投げ、ボックス内で混戦状態に。そのこぼれ球に反応したジャーメイン良がヘディングでミネイロにパスすると、これを押し込んでゴールイン。土壇場で振り出しに戻した。 その後は6分とられた追加タイムの中で互いにゴールに迫る場面を作ったが、2-2で試合終了。一方は残留、もう一方は逆転優勝のためにも勝利が欲しかった横浜ダービーは引き分けで幕を閉じた。 横浜FC 2-2 横浜F・マリノス 【横浜FC】 サウロ・ミネイロ(前38) サウロ・ミネイロ(後44) 【横浜FM】 マルコス・ジュニオール(後17) 前田大然(後32) 2021.09.25 20:23 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:横浜FCvs横浜FM】“横浜ダービー”互いにもう落とせない一戦

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2021年9月25日(土) 18:00キックオフ 横浜FC(20位/18pt) vs 横浜F・マリノス(2位/65pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆残留に向けて落とせない一戦【横浜FC】 前節はアウェイでのFC東京戦で力なく4-0で完敗。リーグ戦3連敗となった。 シーズンも残り9試合。残留ラインとの勝ち点差は「9」という状況。横浜FCにとってはシビアな戦いがこの先続くこととなる。 残留争い中のチームとの対戦はこの先3試合のみ。上位との対決は今節の横浜FMを含めて4試合という状況。熾烈な3位争いの相手と戦う必要があるため、簡単に行く試合はもうないと言える。 開幕から一貫して改善されないのが攻守にわたる精度の低さだろう。チームとしてミスが多く、チャンスを迎えてもゴールを奪い切れず、守備も簡単な失点が多い。 失点が減った後半戦の序盤は4試合で勝ち点8を積み上げるなど復調しかけたが、再び失点が増え、得点が奪えないという厳しい状況に入っている。 もう後はないと考えた方が良いだろう。ピッチ内でリスク管理をしながらも、リスクを負わなければいけない状況になっている。チームとしてしっかりと戦い切れるか。ダービーで勝利し、キッカケを掴みたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ブローダーゼン DF:伊野波雅彦、高橋秀人、袴田裕太郎 MF:安永玲央、瀬古樹 MF:マギーニョ、ジャーメイン良、松尾佑介、高木友也 FW:フェリペ・ヴィゼウ 監督:早川知伸 ◆優勝に向けて落とせない一戦【横浜F・マリノス】 前節は名古屋グランパスとの上位対決で2-1と敗戦。再び首位の背中が遠のいてしまった。 この3試合で2敗と優勝の可能性が見えた中での厳しい現実。勝ち点差は「7」に開き、手が届かない位置に行ってしまった。 特に心配なのは、敗れた2試合では攻撃の精度を欠いたこと。チャンスが作れていることは変わらないが、ゴールを奪い切れずに敗れた印象が強い。 ハードな戦い方を毎試合繰り返している横浜FMだが、主力選手はほぼ固定されている状態。フレッシュさを欠いているのも事実だ。 とはいえ、これ以上の取りこぼしは優勝戦線の火を消すことに繋がる。川崎フロンターレとの直接対決を残しているだけに、最後まで可能性を残せるように勝利を積み上げたいところ。攻撃陣の爆発に期待がかかる。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、實藤友紀、ティーラトン MF:岩田智輝、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:エウベル、レオ・セアラー、前田大然 監督:ケヴィン・マスカット 2021.09.25 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMがマスカット監督に疑惑の目が向けられた笛系音の妨害行為に声明、映像分析含め事実確認できず

横浜F・マリノスは23日、疑惑を向けられている試合妨害行為について声明を発表した。 この件は、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節名古屋グランパス戦で、試合中に笛のような音が鳴り、選手たちのプレーが一時滞る事象が発生した。 これはSNS上で大きな話題となり、横浜FMのケヴィン・マスカット監督が発していると憶測が飛び交い、疑われる事態となっていた。 また、名古屋戦以外にも横浜FMの試合で同様の音が鳴っているという噂が飛び交っていたが、マスカット監督自身はメディア対応でその事実がないことを明かしていた。 横浜FMはクラブとしても調査に臨み、20日、21日の2度にわたって事実確認を実施。両日ともにマスカット監督は当該試合以外を含めて「該当する行為を行っていない」と回答したという。 また、クラブとしてこれまでの期間内にて、可能な限り映像を取り寄せて、確認、解析を実施したとのこと。しかし、当該行為を確認する事はできなかったとしている。さらに、ベンチ周辺のチーム内スタッフに聞き取りを行いましたが、笛の発生源の目撃者を確認する事はできなかったようだ。 事実確認ができていない中、横浜FMは継続して対応していくと発表。「今後行われる公式戦にて横浜F・マリノスベンチ及びその周辺の観察、確認」「関係各所の協力を仰ぎ、本件の当該試合以外も含む事象検証、聞き取りの継続とJリーグへの報告」を実施するとのことだ。 なお横浜FMは「反スポーツマンシップにつながる行為は許しません。私たちは、引き続きこの思いを持ち活動していきます」としている。 2021.09.23 20:33 Thu
twitterfacebook
thumb

中谷とシュヴィルツォクのゴールを守り切った名古屋、横浜FMを撃破!【明治安田J1第29節】

明治安田生命J1リーグ第29節、名古屋グランパスvs横浜F・マリノスが18日に豊田スタジアムで行われ、2-1で名古屋が勝利を収めた。 名古屋は直近の5試合で喫した失点はたったの1点。今季のリーグ戦でここまで18度のクリーンシートを記録しており、1995年に横浜マリノスがマークした記録に並んでいる。連勝とともに、リーグ新記録達成なるか。 一方の横浜FMは、ここまで28試合を消化してリーグ最多の63得点を挙げている。首位の川崎フロンターレとの勝ち点差をこれ以上広げられないためにも、圧倒的な攻撃力を活かして、残り10試合で1つでも多くの勝利を挙げたいところ。 12分、いきなり名古屋が先制に成功する。右のCKからのこぼれ球を押し込んだキム・ミンテのシュートが左ポストに跳ね返り、最後は中谷が詰めてゴールネットを揺らした。 その10分後には横浜FMに決定機。左サイドに流れたマルコス・ジュニオールがゴール前にクロスを上げると、前田が左足で合わせる。しかし、GKランゲラックに左手でセーブされてしまい、同点には至らなかった。 圧倒的なボール保持率を見せる横浜FMは、その後も攻め続ける。35分にはエウベルがボックス右から正確なクロスを上げて、レオ・セアラがボックス中央でヘディング。しかし、これはGKランゲラックの正面に飛んでしまい、またしてもゴールネットを揺らせず。リードを許して試合を折り返した。 後半に入って1分も立たないうちに名古屋に追加点。相手DFのコントロールミスに前田が反応してボールに触ると、セカンドボールを拾ったシュヴィルツォクがボックス中央にドリブルで侵入。GK高丘をかわし、冷静にゴールへと流し込んだ。 その後は前半と同じような構図に。横浜FMが名古屋を敵陣に押し込み続け、ポジションチェンジを駆使しつつ相手ゴールに何度も迫っていった。 すると、72分に1点を返す。右からのCKを代わって入った杉本がニアサイドでヘディング。上手くマークを外してフリーとなり、GKランゲラックの届かないところにシュートを叩き込んだ。 自陣に押し込まれ続けた名古屋は、76分にマテウスに代えてDFの木本を投入。システムを[5-4-1]にして、残り時間は割り切って守りを固めるプランを選択した。 結局、その後も約20分間攻め続けられたが、何とか耐え凌ぎ、2-1で横浜FMを下した。 名古屋グランパス 2-1 横浜F・マリノス 【名古屋】 中谷進之介(前12) シュヴィルツォク(後1) 【横浜FM】 杉本健勇(後27) 2021.09.18 20:59 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:名古屋vs横浜FM】無失点記録かかる名古屋、抜群の攻撃力誇る横浜FMとのホコタテ対決

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2021年9月18日(土) 19:00キックオフ 名古屋グランパス(4位/50pt) vs 横浜F・マリノス(2位/65pt) [豊田スタジアム] ◆19戦無失点なるか? 新エースにも注目【名古屋グランパス】 前節はホームに徳島ヴォルティスを迎えて3-0と快勝。3位のサガン鳥栖に勝ち点で並んでいる状況だ。 その名古屋は14日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の大邱FC戦をホームで戦い、4-2で勝利。2度先行される苦しい展開となったが、そのチームを救ったのが新ストライカーだった。 今夏加入したシュヴィルツォクは現役ポーランド代表FW。ユーロ2020にも出場した選手だが、チームへのフィットを徐々に果たすと、大邱FC戦では圧巻のゴールショー。個人の力で3ゴールを奪いきりハットトリックを達成し、チームのベスト8進出に貢献した。 今季の名古屋にとってのボトルネックだったのは得点力。堅守を売りとしながらも、得点が奪えずに負けることも多く、全く改善が見られなかったが、シュヴィルツォクの加入で改善を見せている。 Jリーグでは5試合で1得点とまだまだ力を見せていないが、ここからの躍動に期待。また、守備陣はここまで18試合をクリーンシート。今節も無失点で終えれば、対戦相手の横浜FMが持つJ1記録を塗り替えるだけに、勢いそのままに達成したいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、キム・ミンテ、吉田豊 MF:稲垣祥、長澤和輝 FW:マテウス、前田直輝、森下龍矢 FW:シュヴィルツォク 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆首位を追いかけるためには負けられない【横浜F・マリノス】 8月最後の試合で無敗を止められた横浜FMだが、前節はアウェイでのサンフレッチェ広島戦で1-3と勝利を収め、連敗を避けた。 現在2位。見た目上は首位の川崎フロンターレと勝ち点差1だが、消化試合が違うため「4」と考えた方が良い。最終節での直接対決があるが、このままでは逆転は不可能。自力での優勝はない状況だ。 しかし、ここにきて川崎Fは2つのタイトルを続けて逃すことが確定。チームとして取りこぼしがないとは言えず、横浜FMは勝ち続けてチャンスをうかがいたいところだ。 苦手の鹿島戦では鳴りを潜めた攻撃陣だが、前節は3得点と問題はない。名古屋の強力なFWを守備陣が押さえる必要はあるが、攻撃力なら一枚も二枚も上手。チームとして名古屋を攻略し、上位対決をしっかりと制したい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、實藤友紀、ティーラトン MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:エウベル、レオ・セアラー、前田大然 監督:ケヴィン・マスカット 2021.09.18 16:25 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly