一転残留のジャカがエミレーツでの試合後にメッセージ! 「家に帰ってこれて、本当に気持ち良かった」

2021.08.03 15:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルに一転残留のスイス代表MFグラニト・ジャカ(28)がファンにメッセージを発信した。

2016年夏にボルシアMGからアーセナルに加わり、一時主将も務めたジャカ。アーセナルとの契約が2023年まで残るものの、今夏にジョゼ・モウリーニョ監督のトップターゲットに挙がり、ローマ行きの噂が取り沙汰された。

ユーロ2020に参戦中も度々移籍を匂わす発言を残すなど、各媒体もローマ行きの見方が強かったジャカだが、1日に行われたチェルシーとのプレシーズンマッチに40分から出場。負けこそしたが、69分に同点弾をマークした。

ミケル・アルテタ監督はその試合後、「グラニトは我々の下に残る。我々にとって、重要なメンバーだ」と残留を明言。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏もアーセナルが新契約を打診したと主張している。

そんなジャカは本拠地エミレーツ・スタジアムでの同試合後、自身のインスタグラムに自らが得点時の写真と共に「家に帰ってこれて、本当に気持ち良かった」との言葉。ファンにエミレーツが自分の“ホーム”だと主張した。



1 2
関連ニュース
thumb

空中戦&デュエルの勝率はともに100%! アーセナル2戦目の冨安健洋、好スタッツを叩き出す

アーセナル入りしたばかりの日本代表DF冨安健洋だが、2試合目でも見事なスタッツを叩き出した。 昨季プレミアリーグで失意の8位に終わり、逆襲を期す今季のアーセナルだが、開幕から3連敗。だが、第4節のノリッジ・シティ戦で初勝利を掴むと、18日に敵地で行われたバーンリー戦もノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールの直接FK弾で勝ち切り、2試合連続となる1-0の勝利で今季初連勝を成し遂げた。 その連勝に大きく貢献したのが冨安だ。デビュー戦のノリッジ戦でも攻守にインパクトを残した日本代表DFだが、次戦のバーンリー戦でも右サイドバックとして先発すると、存在感を発揮。デビュー戦よりもファイナルサードでの絡みこそ少なかったが、対人プレーやビルドアップの部分で大いに貢献度を高めた。 フットボールの様々な記録を扱うイギリス『Squawka』によると、その働きぶりは数字にも表れ、空中戦とデュエルの勝率はともに100%で、79回のタッチ数も最多。デュエル、リカバリー、クリアはいずれも5回で、空中戦も4回を数え、インターセプトとタックルもそれぞれ1回を記録したという。 なお、イギリス『フットボール・ロンドン』によると、アーセナルのミケル・アルテタ監督は試合後、それぞれ4バックの一角で奮闘したブラジル人DFガブリエウと冨安について「2人とも素晴らしかったと思う。4バックは全体的に素晴らしかった」と賛辞を送っている。 2021.09.19 09:15 Sun
twitterfacebook
thumb

苦しみながらも今季初連勝のアーセナル、アルテタが選手を労う 「本当によくやってくれている」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が胸の撫でおろした。イギリス『talkSPORT』が報じている。 アーセナルは18日に行われたプレミアリーグ第5節でバーンリーと対戦。アウェイでの一戦ということもあり、難しい試合を強いられたが、30分にノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールの直接FKから先制ゴールが生まれると、1-0で勝ち切り、今季初の連勝を成し遂げた。 バーンリーにだいぶ手を焼いたが、3連敗スタートからの2連勝で巻き返すアルテタ監督は試合後、「勝利するのが本当に難しい場所で、こうして苦労して勝つことができた。戦うための準備が必要だ」と安堵。選手たちの頑張りに賛辞も送っている。 「選手たちは本当によくやってくれている。入りから良く、いくつかの大きな局面でも私がチームに望むものをたくさん見ることができた」 「バーンリーのクロスやロングボールもうまく守れたね。選手たちが試合中に示した献身性や姿勢は私にとって、最も喜ばしいものだ」 また、68分にGKアーロン・ラムズデールが抜け出したFWマチェイ・ヴィドラを倒したとして、一度はPKが宣告されたものの、ビデオアシスタントレフェリー(VAR)介入とオンフィールドレビューによる自チームのPK取り消しに言及。その正当性を主張した。 「副審はすぐに『PKじゃない』と言っていた。覆さなければならなかったんだ。これで自信と信頼、そして難しい試合でも勝てるという確信が持てると良いのだがね。そのためにはもっと一貫性が必要だ」 2021.09.19 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

冨安フル出場のアーセナルが2連勝! 攻撃低調もウーデゴールの圧巻FK弾を守り抜く《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第5節、バーンリーvsアーセナルが18日にターフ・ムーアで行われ、アウェイのアーセナルが0-1で勝利した。なお、アーセナルのDF冨安健洋は先発フル出場した。 アーセナルは前節、ノリッジとの裏天王山に1-0で競り勝って待望の今季初勝利を手にした。同じく下位に沈むバーンリーのホームに乗り込んだこの一戦では連勝を狙った。そのノリッジ戦からは先発2人を変更。メイトランド=ナイルズとサンビ・ロコンガに替えて今季初先発のトーマス、スミス・ロウが起用され、前節プレミアリーグデビューを飾った冨安は引き続き右サイドバックで起用された。 立ち上がりからボールを握るアーセナルは、スタートは[4-3-3]もスミス・ロウとウーデゴールのインサイドハーフに加え、左ウイングに入ったサカが内よりのポジションを取って中央で起点を作り、ティアニーが左サイドで高い位置を取る。6分にはティアニーがボックス左に抜け出し、早速際どいクロスでチャンスを演出する。 ただ、以降はダイレクト志向が強いバーンリーの肉弾戦に手を焼き、セットプレーやロングボール、シンプルなサイドからのクロスでバーンズ、ウッドの2トップにフィニッシュまで持ち込まれる場面が増えていく。また、攻撃でもビルドアップの局面でミスが目立ち、序盤のように相手陣内の深い位置までボールを運べない。 それでも、29分には久々に良い形でボールが繋がり中央でフリーとなったサカが果敢な仕掛けをみせ、ペナルティアーク付近の好位置でFKを獲得。そして、キッカーのウーデゴールが壁の上を越える見事な左足の直接FKを左隅に突き刺し、苦しい展開の中で先制点を奪った。 その後は再びバーンリーのロングボールに手を焼くが、ボックス内でのバーンズの決定機をDF冨安、DFガブリエウのコンビでブロックするなど、守備陣が身体を張って1点を守る。さらに、前半終了間際の45分にはボックス中央で右サイドからペペの折り返しを受けたスミス・ロウに絶好機が訪れるが、ここはシュートを枠に飛ばせず。 1点リードで試合を折り返したアーセナルだが、後半は立ち上がりから押し込まれる展開に。深い位置まで相手の侵攻を許すと、続けざまに与えたCKから決定機を作られる。 さらに、57分にバーンズとグズムンドソンを下げてヴィドラ、コルネを投入したバーンリーに対して、押し込まれるアウェイチームは59分にもボックス内で混戦を作られ、最後はボックス左で浮いたコルネに右足のシュートを許すが、ここはGKラムズデールの好守で凌いだ。 後半に入って防戦一方のアーセナルは、61分にスミス・ロウを下げてサンビ・ロコンガを投入。中盤の守備強度を高めて逃げ切りを意識した戦い方にシフト。だが、68分にはホワイトからGKラムズデールへの不用意なバックパスをヴィドラにかっさらわれてラムズデールが遅れて接触。このプレーでバーンリーにPKが与えられる。だが、オンフィールドレビューの結果、当該プレーで接触がなかったとの判定で取り消しに。 VARに救われたアーセナルは自ら交代を要求したトーマス、足が攣ってしまったティアニーを下げてメイトランド=ナイルズ、ヌーノ・タヴァレスを続けて投入した。 試合終盤にかけては行ったり来たりの落ち着かない展開に。アーセナルとしては前がかりな相手を引っくり返したいところだったが、ポジティブトランジションの局面でミスが目立ち、追加点はおろかフィニッシュまで持ち込めない。 それでも、ここまで未勝利のバーンリーの拙攻にも救われたアーセナルは、何とかウーデゴールの虎の子の1点を守り切って開幕3連敗からの2連勝。ミッドウィークのEFLカップを挟んでトッテナムとのノースロンドン・ダービーに臨むことになった。 2021.09.19 01:08 Sun
twitterfacebook
thumb

エジルとの比較を気に留めないウーデゴール 「自分らしくプレーしたい」

ポジションがら、元ドイツ代表MFメスト・エジルとの比較対象になりやすいアーセナルのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールだが、ほとんど気に留めていないようだ。 昨季途中にレアル・マドリーからアーセナルにレンタル加入し、公式戦20試合で2ゴール2アシストを記録したウーデゴール。ミケル・アルテタ監督の要望もあり、一度はマドリーにレンタルバックしながらも、アーセナルに完全移籍することになった。 今季はチームが不振に喘いでいることもあり真価を発揮できていないウーデゴールだが、ゲームメイカーとしての素質から、かつてアーセナルで7シーズン半の間、司令塔として活躍したエジルと比較されることが多い。 最盛期にはエレガントなボール捌きや類稀なるパスセンスを披露していたエジルに対し、マレーシア『Stadium Astro』のインタビューに応じたノルウェー代表MFは、子どもの頃から憧れの選手だったと称賛。比較されることについてはあまり気にしていないようだ。 「比較されることはあまり好きではないけど、彼は僕が若い頃に好きだった選手の一人で尊敬していた」 「彼は素晴らしい選手だから、そういうことを言われるのは嬉しい。それでも、あまり考えずに自分らしくプレーするようにしているんだ」 また、11日に行われたプレミアリーグ第4節のノリッジ戦で今季リーグ戦初勝利を挙げたものの、それまでチェルシーやマンチェスター・シティなどに敗れて開幕3連敗を喫していたチーム現状についてもコメント。自分たちを信じ、ハードワークを続けていれば自ずと結果は出ると主張した。 「リーグでも世界でも最高の2チームと対戦したんだ。冷静になって、自分たちのやっていることを信じ続けなければならないと思う」 「次の試合に向けて準備し、ハードワークを続け、信じることが大切だ。ここにいる全員が、チームのクオリティが順位表以上に高いことを知っているよ」 「それをピッチ上で示し、順位を上げていくだけだね。僕たちはこのプロジェクトを信じているいるんだ。落ち着いて懸命にプレーをすれば、結果はついてくるはずだ」 2021.09.18 21:26 Sat
twitterfacebook
thumb

アルテタ「ピッチに出れば、迷いもない」 上々デビューの冨安健洋に信頼寄せる

アーセナルでのキャリアが始まったばかりの日本代表DF冨安健洋だが、ミケル・アルテタ監督から早くも信頼を掴み取っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 トッテナム行きも囁かれたが、今夏マーケットの最終日にアーセナル入りが決定した冨安。代表ウィークを挟み、11日に行われたプレミアリーグ第4節のノリッジ・シティ戦でいきなり右サイドバックとして先発デビューした。 アーセナルに合流してから2回しか練習に参加できなかった冨安だが、守りの面だけでなく、惜しいシュートを放つなど、攻撃にも果敢に参加。62分間のプレーでお役御免となったが、上々のパフォーマンスを披露した。 そんな冨安は18日に行われる第5節のバーンリー戦でも先発が予想されるなか、アルテタ監督は「彼を紹介する時間すらなかったが、ファンはすぐに迎えてくれ、彼らにどれだけ見る目があるのかがわかる」と信頼を口にした。 「彼が笑顔だったおかげかもしれない。彼はクリーンで、実直で、清々しさがある。ピッチに出れば、迷いもない。完全にコミットしていて、すべてのボールに向かっていく。安心感を与えてくれる」 スペイン人指揮官はまた、バーンリー戦で今季初勝利を手にしたといえど、いまだ厳しい目が周囲から向けられ、軟弱なイメージも少なくないチーム状況を尋ねられると、そうした意見を受け止めつつ、払拭を意気込んだ。 「変えることにトライする。聞きたくない言葉が使われているのは百も承知だが、こうした相手と戦うときに用いられてきた。それを変えよう。土曜日から物語を変え、違うものを出していくんだ」 なお、今節は1勝3敗の17位につけるアーセナルが1分け3敗の19位に沈むバーンリーのホームに乗り込む構図となる。 2021.09.18 18:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly