PSG、グイエが新型コロナウイルス陽性…リール戦前日の発覚で急遽欠場に

2021.08.02 15:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するセネガル代表MFイドリサ・グイエが新型コロナウイルスの陽性判定を受けていたようだ。フランス『レキップ』が報じている。

PSGは1日にイスラエルで行われたトロフェ・デ・シャンピオン2021で、昨季リーグ王者のリールと対戦し、0-1で敗戦。大会9連覇を逃すことになった。

同試合ではユーロ2020、コパ・アメリカ2021を戦った多くの主力が不在となり、控えメンバーや若手中心のスカッドで臨んだことが敗戦の要因となったが、PSGにはそれ以外にも想定外のアクシデントがあったようだ。

『レキップ』が伝えるところによれば、グイエはこの試合にキャプテンマークを巻いてスタメン出場する予定だったが、試合前日にイスラエル入りした際に実施した新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定が出てしまい、試合前日に出場を見送ることになっていたようだ。

そのため、前述の試合ではグイエに代わって合流間もないポルトガル代表MFダニーロペレイラがスタメンでプレーすることになっていた。

関連ニュース
thumb

カタール移籍のハメス、"PSG条項"が存在か

先日にカタールのアル・ラーヤン移籍が発表となったコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスだが、伝えられるところによると、ある特殊な条項が存在しているようだ。 昨夏に恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督との深い結びつきもあり、レアル・マドリーからエバートン入りしたハメス。プレミアリーグ初挑戦となった中、ケガもありながら公式戦26試合の出場で6得点9アシストの活躍を披露した。 だが、今季からアンチェロッティ監督のマドリー復帰が決まり、後任にラファエル・ベニテス監督が就くと、一転して構想外に。ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)抵触の恐れがあるエバートンは売却を望んでいた。 そんな中で晴れて新天地が決まったハメス。アル・ラーヤンは、かつてフランス代表やパリ・サンジェルマン(PSG)を率いたローラン・ブランが監督を務めており、2022年のワールドカップに向けて、その開催地であるカタールをアピールの場として選んだ。 新たなスタートを切ることになったコロンビア代表MFだが、噂では珍しい条項が存在しているようだ。スペイン人ジャーナリストのマヌ・サインズ氏によると、PSGが要求した場合に限り、ハメスは無条件で移籍できることになっているという。 PSGはオーナーがカタール企業であることからアル・ラーヤンとも繋がりがあるようで、そのツテを利用した条項なのだという。アル・ラーヤンとの契約期間内である3年間は、いつでも発動可能とのことだ。 信憑性は定かではないが、ハメスにとってはモチベーションの上がる条件の一つと言っていいだろう。仮にPSG移籍が実現した場合、リーグ・アンはモナコに在籍していた2013-14シーズン以来となる。 2021.09.23 21:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ムバッペが相手GKに暴言吐き捨てる非紳士的なふるまい…メス指揮官も苦言

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペのある行動が問題視されている。フランス『レキップ』が伝えた。 22日に行われたリーグ・アン第7節のメスvsPSG。PSGは1-1で迎えた後半アディショナルタイムにDFアクラフ・ハキミがゴールを決めて、土壇場で勝利をモノにしていた。 問題シーンがあったのはその直後のこと。最後の最後にネットを揺らされ、ピッチに顔をうずめて悔しがるメスGKアレクサンドル・ウキジャに対し、ムバッペが何かを吐き捨てていった。 それがどんな言葉だったのかは定かではないが、一気に沸点に達したウキジャはムバッペを追いかけ、ゴールを喜ぶPSG選手たちの下へ。 ここで経緯を知らないFWネイマールがいちゃもんを付けられていると勘違いしたのか、ウキジャを突き飛ばし、両チームの選手による衝突が勃発。結果として、ウキジャとネイマールにイエローカードが提示される事態となった。 試合後、メスの指揮官フレデリック・アントネッティは、暴言を吐いたとされるムバッペに言及し、スターになるためにはもっと謙虚でなければならないと苦言を呈した。 「ムバッペ、彼は大好きな選手だが、人々に愛されたいのであれば、もっと上手く振舞う必要がある。非常に優れた選手だが、謙虚になることでより大きな恩恵を受けられるだろう」 ムバッペにも何か言い分はあるのだろうが、現状では詳細は明らかになっていない。今後、リーグ機構やフランスサッカー連盟による調査が行わる可能性もある。<span class="paragraph-title">【動画】相手GKに何かを吐き捨てるムバッペ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Une séquence de 20 secondes mémorable. <a href="https://twitter.com/hashtag/Mbapp%C3%A9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Mbappé</a> qui vient chambrer, le gardien messin qui joue les durs et qui tombe au premier courant d’air… Et pour finir l’apparition d’un mec torse nu tombé du ciel <a href="https://twitter.com/hashtag/PSG?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PSG</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FCMPSG?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FCMPSG</a> <a href="https://t.co/inoh7FEv7L">pic.twitter.com/inoh7FEv7L</a></p>&mdash; Nicolas Puiravau (@nikop17) <a href="https://twitter.com/nikop17/status/1440783760077705216?ref_src=twsrc%5Etfw">September 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.23 14:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ハキミが後半50分に劇的決勝点!「サッカーは90分じゃ終わらない」

パリ・サンジェルマン(PSG)のモロッコ代表DFアクラフ・ハキミが、自身が決勝ゴールを決めたメス戦を振り返った。フランス『レキップ』が伝えている。 22日のリーグ・アン第7節でメスと対戦したPSG。開始5分にハキミのゴールで幸先の良いスタートを切ったが、39分にセットプレーから同点弾を許すと、その後は支配しながらも、守備に徹する相手に追加点が奪えない歯がゆい展開が続く。 しかし、後半アディショナルタイムにメスの選手が退場すると、俄然流れはPSGに。そして迎えた95分、ボックス右でボールを持ったハキミがカットインから左足のシュートを突き刺し、土壇場で決勝点。PSGはこれで開幕7連勝を収めた。 ハキミは試合後、最後まで諦めずに戦ったチームの姿勢を称賛。もぎ取った白星を大いに喜んでいる。 「メスは彼らのスタイルで対抗してきた。守備的なプレーでね。僕たちは試合をコントロールしつつ冷静さを保っていた。ただ、少ないチャンスをなかなかモノにできずにいたんだ」 「だけど、僕たちは最後まで戦った。そして遂にはゴールが生まれ、僕たちは幸せを感じることができた」 「皆知っての通り、サッカーとは90分で終わるものじゃない。追加タイムもあるんだ」 「僕たちは強い闘争心を持っている。主審が最後の笛を吹くまで諦めない。それを今日もまた見せることができた。この勝利の余韻に浸りたいね」 2021.09.23 14:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ハキミ躍動で後半ATに勝利を掴んだPSG、ポチェッティーノ監督も歓喜「メンタリティには本当に満足」

パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、メス戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 22日、リーグ・アン第7節でPSGはアウェイでメスと対戦。ケガのリオネル・メッシがメンバー外となったなか、開始5分にアクラフ・ハキミのゴールで先制する。 しかし、39分にキキ・クヤテにゴールを許して同点に。その後は難しい試合展開となり、ゴールがなかなか奪えない。 このままドローかと思われた中、後半アディショナルタイム5分にハキミが再びゴール。土壇場の勝ち越しゴールで1-2と勝利。リーグ戦7連勝を達成した。 試合後、ポチェッティーノ監督は苦しんだ試合での勝利を喜び、チームにとって重要な勝利だったと語った。 「この試合に勝ったことは我々にとって、とても良かった。なぜなら、我々が勝った時は、その後の仕事がしやすくなる」 「序盤は良いプレーができたと思うが、その後、少しレベルとインテンシティを落としてしまった。ただ、この勝利とチームが見せたメンタリティには本当に満足している。最後まで戦い抜くには、キャラクターが必要だった」 「チームが何か特別なものを作り、改善することが重要だと思う。これらのタイプの勝利は、我々が望むものを改善し、構築するのに役立つ」 週末にはモンペリエとの試合を控えているPSG。ポチェッティーノ監督は、難しい試合になるだろうと見解を述べた。 「タフな試合になるだろう。どのチームも我々を倒そうと考えている。もちろん、我々は準備ができている必要があり、そうなると思っている」 「もちろん、モンペリエ戦もとても難しい試合になることは理解している」 2021.09.23 10:35 Thu
twitterfacebook
thumb

世界で最も稼ぐサッカー選手はC・ロナウド、Jリーガーもトップ10返り咲き

12年ぶりにマンチェスター・ユナイテッドへと復帰したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(36)が、アメリカ『フォーブス』の最も稼いだサッカー選手ランキング2021で1位に輝いた。 このランキングは選手が2021-22シーズンに受け取る予定のサラリーに加え、ボーナスやその他の収入を含んだものとなる。 1位のC・ロナウドは、1億2500万ドル(約137億円)を稼ぐと見られている。そのうちのサラリーは7000万ドル(約76億7000万円)であり、5500万ドル(約60億3000万円)は広告宣伝などの副収入とのことだ。 副収入には、自身が契約するナイキからの宣伝費や自身が手がける香水や下着、アイウェア、ホテル事業などが含まれているという。 2位には21年間過ごしたバルセロナを離れ、パリ・サンジェルマン(PSG)へと移籍したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(34)。合計で1億1000万ドル(約120億5200万円)を稼ぎ、そのうちのサラリーは7500万ドル(約82億1700万円)、その他が3500万ドル(約38億3500万円)となる。 バルセロナでは破格のサラリーをもらっていたメッシだが、PSGではバルサと合意した半額程度のサラリーしか受け取っておらず、いかにバルセロナから報酬を得ていたかがわかる。 サラリーの他には、契約するアディダスやペプシ、時計ブランドのジェイコブ、バドワイザーなどがある。 3位にはメッシとPSGで同僚のブラジル代表FWネイマール(29)。合計は9500万ドル(約104億円)となり、サラリーはメッシと同じ7500万ドル、副収入は2000万ドル(約21億9000万円)となる。ネイマールはこれまで契約していたナイキからプーマへと変更していた。 4位にはPSGのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(22)が入ったが、一気に金額が下がり合計で4300万ドル(約47億1100万円)とのこと。ネイマールのサラリーの6割程度となっている。ただ、年齢を考えればC・ロナウドやメッシが同じ年齢だった時よりも商業面で稼いでいるという。10月1日に発売される『FIFA 22』では2作連続でパッケージに選ばれている。 5位にはリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(29)、6位にはバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)と続き、7位にはヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(37)が入っている。 ◆最も稼いだサッカー選手ランキング 1位:クリスティアーノ・ロナウド(36) ポルトガル/マンチェスター・ユナイテッド 合計:1億2500万ドル(約137億円) サラリー:7000万ドル(約76億7000万円) その他:5500万ドル(約60億3000万円) 2位:リオネル・メッシ(34) アルゼンチン/パリ・サンジェルマン 合計:1億1000万ドル(約120億5300万円) サラリー:7500万ドル(約82億1800万円) その他:3500万ドル(約38億3500万円) 3位:ネイマール(29) ブラジル/パリ・サンジェルマン 合計:9500万ドル(約104億800万円) サラリー:7500万ドル(約82億1800万円) その他:2000万ドル(約21億9000万円) 4位:キリアン・ムバッペ(22) フランス/パリ・サンジェルマン 合計:4300万ドル(約47億1100万円) サラリー:2800万ドル(約30億6800万円) その他:1500万ドル(約16億4300万円) 5位:モハメド・サラー(29) エジプト/リバプール 合計:4100万ドル(約44億9300万円) サラリー:2500万ドル(約27億4000万円) その他:1600万ドル(約17億5300万円) 6位:ロベルト・レヴァンドフスキ(33) ポーランド/バイエルン 合計:3500万ドル(約38億3500万円) サラリー:2700万ドル(約29億5900万円) その他:800万ドル(約8億7600万円) 7位:アンドレス・イニエスタ(37) スペイン/ヴィッセル神戸 合計:3500万ドル(約38億3500万円) サラリー:3100万ドル(約33億9700万円) その他:400万ドル(約4億3800万円) 8位:ポール・ポグバ(28) フランス/マンチェスター・ユナイテッド 合計:3400万ドル(約37億2700万円) サラリー:2700万ドル(約29億6000万円) その他:700万ドル(約7億6700万円) 9位:ガレス・ベイル(32) ウェールズ/レアル・マドリー 合計:3200万ドル(約35億700万円) サラリー:2600万ドル(約28億5000万円) その他:600万ドル(約6億5700万円) 10位:エデン・アザール(30) ベルギー/レアル・マドリー 合計:2900万ドル(約31億7800万円) サラリー:2600万ドル(約28億5000万円) その他:300万ドル(約3億2800万円) <span class="paragraph-title">【写真】最も稼ぐ男が水着で妻と子供たちとクルージングを楽しむ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CQ6S2TwLrZ5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CQ6S2TwLrZ5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CQ6S2TwLrZ5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.22 22:41 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly