群馬FW一木立一がJFLのFC刈谷に期限付き移籍「JFL残留というミッションを達成するために戦います」

2021.07.31 21:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ザスパクサツ群馬は31日、FW一木立一(22)がJFLのFC刈谷へ期限付き移籍することを発表した。

期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。群馬との公式戦には出場できない。

一木は群馬県出身。太田高校、東京学芸大学を経て今シーズンから群馬に入団した。

今シーズンは明治安田生命J2リーグで1試合に出場するにとどまっている。

◆FC刈谷
「FC刈谷のファン・サポーターの皆さん、初めまして、ザスパクサツ群馬から期限付き移籍で加入することになりました、一木立一です」

「JFL残留というミッションを達成するために戦います。シーズン途中の加入となりますが、応援よろしくお願いいたします!!」

◆ザスパクサツ群馬
「この度FC刈谷に期限付き移籍することになりました」

「加入してから約半年過ぎ、コーチングスタッフや先輩方、同期から多くのことを学びそして、ファン・サポーターの皆さんに支えられてプレーすることができました。しかし、自分の力不足で自分のプレーを見せることは叶いませんでした」

「悔しい気持ちはありますが、その悔しさをぶつけて、一回りも二回りも成長した姿を見せられるよう戦ってきます」

関連ニュース
thumb

元日本代表MF細貝萌が地元・群馬に加入「いつかは群馬のためにプレーしたいと考えていた」

ザスパクサツ群馬は23日、元日本代表MF細貝萌(35)の加入を発表した。背番号は「33」となる。 群馬県前橋市出身の細貝は、前橋育英高校から2005年に浦和レッズに入団。プロキャリアをスタートさせた細貝は、2011年1月にレバークーゼンに完全移籍。その後は、アウグスブルクやヘルタ・ベルリン、シュツットガルトでプレー。また、トルコのブルサスポルでもプレーした。 2017年3月にシュツットガルトから柏レイソルへと加入し6年ぶりにJリーグへと復帰するが、2019年2月にタイリーグ1のブリーラム・ユナイテッドへと完全移籍を果たしていた。 バンコク・ユナイテッドには2019年12月にレンタル移籍。その後完全移籍に切り替わったが、今年5月に退団していた。 これまでJ1で通算120試合に出場し5ゴール5アシスト、ブンデスリーガで102試合に出場し3ゴール3アシストを記録。タイ・リーグでは47試合で1ゴールを記録していた。 また、日本代表としても30試合に出場し1ゴールを記録。世代別の代表では2008年の北京オリンピックに出場していた。 群馬は細貝について「どのポジションでも高い水準でこなすユーティリティ性とハードワークを武器に相手のチャンスの芽を摘むボランチ。日本代表や海外でのプレー経験をピッチ内外でチームへ還元、そして地元出身選手としてクラブを大きく飛躍させることに期待」とプレースタイルを紹介している。 細貝はクラブを通じてコメントしている。 「群馬の皆さん、こんにちは。この度、ザスパクサツ群馬に加入した細貝萌です。2005年に前橋育英高校を卒業してから日本だけでなくドイツ、トルコ、タイと多くの地でさまざまな経験をさせていただきました」 「多くの出会いの中で選手としても一人の人間としても大きく成長できたと思っています」 「まだまだ選手として旅を続けていたいという気持ちもありましたが、前々からいつかは自分が生まれ育ち、自分を成長させてくれた故郷のクラブであるザスパクサツ群馬で、群馬のためにプレーしたいと考えていたこともあり、この度いただいたオファーを受けることを決めました」 「ザスパは自分がプロサッカー選手として歩み始めた2005年にJリーグに参入したクラブということもあって、故郷を離れてからもいつも気になる存在でした」 「群馬出身の選手として自分が地元のクラブの歴史に加わることができるのを非常に光栄に思いますし、これまでにさまざまなクラブで自分を成長させてくれた出会いがあったように、特に若い選手たちに良い影響を感じてもらえるような存在になれるよう努力していきたいと思います。そして何より、クラブにとって良い存在でいたいと思っています」 「自分もベテランと呼ばれる年齢にはなりましたが、まだまだ成長できると考えています」 「一つでも多くのチームの勝利に貢献できるよう、一人でも多くの地元の皆さんに正田醤油スタジアム群馬に足を運んでいただけるよう、地元出身の選手としてベストを尽くしていきたいと思います」 「そのためにも、まずは数ヶ月サッカーから離れたコンディションをベストの状態まで持っていくため全力を尽くしていきたいと思います。どうぞ応援よろしくお願いします」 2021.09.23 14:21 Thu
twitterfacebook
thumb

選手4名、スタッフ2名が感染した群馬、濃厚接触者なしと判定されチーム活動を再開

ザスパクサツ群馬は16日、新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定に伴う濃厚接触者について報告した。 群馬では11日、選手1名が体調不良を訴え、抗原定性検査を実施したところ陽性判定に。12日にPCR検査を実施したところ、選手2名が陽性判定を受けていた。 その後、保健所よりチーム活動の3日間の停止を受けたが、明けた15日にPCR検査を実施したところ、新たに選手1名、スタッフ2名が陽性判定を受けていた。 また、濃厚接触者についてはトップチーム選手、スタッフに関してはいないことが判明。そのため、16日よりチーム活動を再開するとのことだ。 なお、陽性判定を受けた選手およびスタッフは健康観察期間終了後に順次チーム活動に合流。18日の天皇杯4回戦を含め、今後の試合は予定通り開催するとのことだ。 クラブは周囲にも注意喚起を行い、「陰性判定を受けた選手、スタッフの家族については濃厚接触者ではございませんので、プライバシーを侵害するような行為や差別、偏見等の言動がないようご理解、ご協力のほどお願いいたします」としている。 2021.08.16 10:17 Mon
twitterfacebook
thumb

3日間の活動停止の群馬、新たに選手1名、スタッフ2名が新型コロナ陽性判定

ザスパクサツ群馬は15日、新たに選手1名、スタッフ2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 群馬では11日、選手1名が体調不良を訴え、抗原定性検査を実施したところ陽性判定に。12日にPCR検査を実施したところ、選手2名が陽性判定を受けていた。 その後、保健所での濃厚接触者判定に時間がかかることから、チーム活動が3日間禁止となり、14日に行われる予定だった明治安田生命J2リーグ第25節の栃木SC戦が中止となっていた。 その群馬は15日に当該者以外の全選手とスタッフがPCR検査を実施。その結果、新たに3名が陽性となった。 選手に関しては、13日に家族が発熱しPCR検査を実施したところ陽性判定を受けた上、選手本人も就寝前に39.5度の発熱があり、14日に保健所主導のPCR検査を実施。陽性判定を受けていた。 また、スタッフは15日の起床時に38.5度の発熱があり、クラブ独自のPCR検査を受けて陽性と判定。スタッフのもう1名は発熱などはなかったものの、陽性となった。 2021.08.15 18:46 Sun
twitterfacebook
thumb

14日開催の栃木vs群馬が中止、群馬が保健所より3日間の活動停止を受け

Jリーグは13日、14日に予定されていた明治安田生命J2リーグ第25節の栃木SCvsザスパクサツ群馬が中止となったことを発表した。 今回の中止については、群馬のチーム内で選手3名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けていた。しかし、管轄の保健所より、濃厚接触者の特定に時間を要するため、15日までの3日間のチーム活動停止を求められたとのことだ。 これにより、チーム全員が試合実施要項に定めるエントリー要件を満たさないこととなり、エントリー下限人数を満たさないことが明らかであるとチェアマンが判断したため、試合中止の決定に至ったとのことだ。なお、代替日程に関しては決定次第発表されるとのことだ。 群馬は今後の対応として、15日に3選手以外の選手とスタッフがPCR検査を受けると発表。陰性が確認され次第活動を再開するとのことだ。 2021.08.13 18:52 Fri
twitterfacebook
thumb

群馬、選手2名が新型コロナ陽性…前日と合わせて3名に

ザスパクサツ群馬は12日、新たに選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 群馬では11日、選手1名が体調不良を訴え、抗原定性検査を実施したところ陽性判定を受けたとのこと。これを受け、当該選手以外の選手とスタッフがPCR検査を受けたところ、選手2名が陽性判定を受けたとのことだ。 陽性判定を受けた選手1名は、トレーニングなどにも参加。発熱などの症状はなかったものの、12日に受けたPCR検査で陽性判定が下った。 もう1名も発熱などの症状はなく、トレーニングにも参加。12日のPCR検査で陽性となった。 なお、濃厚接触者は現在調べているところとのことだ。 2021.08.12 20:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly