「BTSにいそう」韓国代表の“アイドル級イケメン”に脚光「神は二物を与えた」

2021.07.31 13:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
1 2

関連ニュース
thumb

「だから三流なんだ」ベスト16で敗退の韓国、ソン・フンミンの個人トレーナーが内情を暴露し不満「韓国サッカーに未来はない」

韓国サッカー界を揺るがすようなことが起こるかもしれない。 カタール・ワールドカップ(W杯)に臨んだ韓国代表。グループステージ最終戦でポルトガル代表に劇的な勝利を収めると、もう1試合の結果逆転での2位通過を決め、ラウンド16に進んだ。 そのラウンド16では、ブラジル代表と対戦。前半で4失点を喫するなど、苦しい戦いとなり、4-1で敗戦。大会から姿を消していた。 その韓国だが、エースであるFWソン・フンミンの個人トレーナーであるアン・ドクス氏が、自身のSNSを通じて暴露。韓国サッカー協会(KFA)を糾弾するような内容が投稿されたと韓国の複数メディアが一斉に報じた。 アン氏は「2701号室で、多くのことがあった。2701号室がなぜできたのかについて、記者の方々が連絡をくれれば、想像を超えた常識外のことを詳しく伝えることができるでしょう」と、何か隠された特別な情報があることを匂わせた。 また、「今回のことを反省し、改善をしなければ、韓国サッカーに未来はない」とし、「手が熱を帯びて引かない。あなたがたがすべき仕事をしているのに、外部治療?アンとは何者だ?サッカー業界で私を知らない?だから三流なんだ」と不満を綴り、「身内を庇うんじゃない。変わってほしい」と訴えた。 アン氏は、KFAに雇われたトレーナーではなく、ソン・フンミンが個人的に呼びつけたトレーナー。顔面を骨折しフェイスガードをして大会に臨んでおり、ソン・フンミン以外の選手のケアも代表チームと同じ宿舎で行っていた。 どうやら韓国代表のメディカルチームと問題があった可能性がある一方で、ソン・フンミンやチョ・ギュソン、チョン・ウヨン、キム・ジンス、ファン・ウィジョらが「いいね」を押し、OB選手たちも反応していた。 報道によればKFAは「以前もソン・フンミンの個人リハビリトレーナーの役目を担当した方。協会が採用するためには、フィジオセラピストの国家資格証が必要だが、それがなくて採用できない状況だった」と説明したという。 果たして何が起こっているのか。今後詳細が明かされるのか注目だ。 <span class="paragraph-title">【写真】空港で韓国代表を歓迎する女性サポーターたち</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cl25hXPr0KK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cl25hXPr0KK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cl25hXPr0KK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">대한민국 축구 국가대표팀(@thekfa)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.08 10:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「泣ける」「1番グッときた」ザルツブルクが南野拓実&ファン・ヒチャンの敗退にメッセージ「私達の誇り」

レッドブル・ザルツブルクの投稿がファンの間で話題となっている。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16の2試合が行われた。 アジア勢の日本代表と韓国代表がそれぞれクロアチア代表、ブラジル代表と対戦した。 オーストラリア代表とともに、史上初となる3カ国がアジアからベスト16に残っていたが、日本はクロアチアにPK戦の末に敗戦。韓国は前半に4失点を喫し、ブラジルに完敗して敗退となった。 ラウンド16でアジア勢が全滅してしまったが、ザルツブルクの日本語公式ツイッターが1枚の写真をアップして話題だ。 その写真は3人の選手が抱き合っているもの。背中を見せているのは、18番のユニフォームを着た南野拓実と9番のユニフォームを着たファン・ヒチャンだ。 共に5日の試合に出場し、悔しい敗退を味わった中、「私達の誇り」として写真を投稿。2人と抱き合うのはハンガリー代表MFドミニク・ショボスライだ。 3人は2019-20シーズンはザルツブルクでチームメイトに。その後、南野はリバプール、フアン・ヒチャンはRBライプツィヒ、ショボスライも後にライプツィヒに移籍し、現在は誰も在籍はしていない。 この投稿には「泣ける」、「1番グッときた」、「ザルツブルクありがとう」とコメントが寄せられている。 アジア勢として、世界に一歩近づいた反面、まだまだ差があることも痛感させられた大会。4年後はどのような結果を残してくれるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ザルツブルクが日韓のクラブOBを称える「泣ける」1枚</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> <a href="https://t.co/hizxc98OC4">pic.twitter.com/hizxc98OC4</a></p>&mdash; FC Red Bull Salzburg JP (@FCRBS_jp) <a href="https://twitter.com/FCRBS_jp/status/1599893883218976768?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「お詫びするしかない」ブラジルに大敗で敗退決定の韓国代表、無得点に終わったソン・フンミンは監督退任に「本当に悲しい」

韓国代表のFWソン・フンミンが、ベスト16の敗退を謝罪した。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16で韓国はブラジル代表と対戦した。 史上6度目のW杯制覇を目指すブラジルとの一戦。負傷したFWネイマールが復帰したブラジルは、前半から試合を圧倒。7分にヴィニシウス・ジュニオールがネットを揺らすと、13分にはネイマールがPKを決めて追加点。その後、リシャルリソン、ルーカス・パケタと加点し、韓国は前半で4-0と試合の大勢を決められてしまった。 後半、ペク・スンホが1点を返すも、多くの選手を休ませる選択をしたブラジルの前に反撃はそこまで。4-1で敗れ、ベスト16で高いを去ることとなった。 キャプテンとしてチームを牽引したソン・フンミンは、敗退が決定し「ファンの期待に応えられなかったことをお詫びするしかない」とコメント。中2日という厳しい日程でのブラジル戦にも全てを尽くしたと語った。 「僕たちはベストを尽くしたけど、とても難しい試合をしたと思う。それでも、選手のみんなが誇りを持って戦い、献身的に戦い、ここまで辿り着いたということは間違いのないことだ」 「この試合に向けて、選手、スタッフは本当に頑張って準備をしてきた。だから、理解してもらえたら嬉しい」 また、大会終了後にはパウロ・ベント監督が退任することが決定。ソン・フンミンは、ベント監督のサッカーを信じていたと語り、悲しい決定だとコメントした。 「彼が追求するサッカーのスタイルに疑いを持ったことは一度もない」 「多くの人がそのことについて懐疑的だったけど、このワールドカップで良いプレーをしたことで、皆が僕たちを応援してくれた」 「この4年間取り組んできたことを見せることができた。彼が去るというのは、本当に悲しい」 2022.12.06 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「起こり得ること」C・ロナウドに「黙れ」と言われた韓国代表FWがその後のやり取りに「彼とは話していない」

韓国代表のFWチョ・ギュソンが、ポルトガル代表戦での一幕に言及した。ポルトガル『レコルド』が伝えた。 韓国代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に臨んだチョ・ギュソン。グループステージの3試合に出場すると、第2戦のガーナ代表戦では2ゴールの活躍を見せ、チームが一時同点に追いつくのに貢献した。 結果ガーナ戦は2-3で敗れたが、続く第3戦のポルトガル代表戦でちょっとしたいざこざが起きていた。 試合の65分、ポルトガルのFWクリスティアーノ・ロナウドが交代となり、ピッチを去ろうとしたところ、チョ・ギュソンが早くピッチから出るようにと促した。 するとこれに不快感をあらわにしたC・ロナウドが口に手を当て「黙れ」というジェスチャーを示すと、試合後には「韓国の選手が『早く出ていけ』と言ったので、『そんな権限はないんだから黙ってろ』と言ったんだ」と不満を露わにしていた。 その韓国は5日に行われたラウンド16でブラジル代表相手に4-1で大敗。前半だけで4失点をすることになり、ベスト16で姿を消すことになった。 チョ・ギュソンはC・ロナウドとのいざこざについて問われると、「僕たちは試合後にそのことについては話していない。試合中に起こり得ることだ」とコメント。大事ではないとの見解を示した。 また、今大会を最後にパウロ・ベント監督が退任することを発表。すでに決めていたことだとしたが、チョ・ギュソンはベント監督への想いを語った。 「彼を監督として迎え入れることができて、とても感謝している」 「ロッカールームで話をした時、涙を流していた」 「僕のキャリアの中で最も重要な監督の1人として、彼のことを覚えておくことになるだろう」 <span class="paragraph-title">【写真】C・ロナウドが韓国戦で交代時にチョ・ギュソンに「黙れ」のジェスチャー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Cristiano Ronaldo tells South Korea&#39;s Cho Gue-sung to &#39;shut up&#39; after &#39;insulting&#39; him <a href="https://t.co/xdc94biIPK">https://t.co/xdc94biIPK</a> <a href="https://t.co/IWM5nDZDZg">pic.twitter.com/IWM5nDZDZg</a></p>&mdash; New York Post (@nypost) <a href="https://twitter.com/nypost/status/1598838492271988737?ref_src=twsrc%5Etfw">December 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

韓国指揮官ベントがW杯終戦後に退任表明…「9月に決めたこと」

韓国代表のパウロ・ベント監督(53)が退任を表明した。 イギリス『デイリー・メール』が報じたところによると、ポルトガル人指揮官は5日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16のブラジル代表戦で1-4と力負けし、敗退が決まった後、今大会をもって現職を退く意向を明らかにした。 「我々は将来についてを考えなければならないが、それは韓国代表とではない。選手と韓国サッカー協会の会長に話をしたばかりだが、9月に決めたことだった」 「今日、私はそれを確認し、彼らがやったすべてに感謝しなければならない。彼らはベストを尽くしてくれたし、監督だったのが嬉しく、非常に誇らしく思う」 パウロ・ベント監督は2018年9月から韓国を指揮。今大会ではグループステージ最終節でポルトガル代表相手に後半アディショナルタイムの一発で逆転勝ちし、2位で2010年の南アフリカ大会となる決勝トーナメント進出を果たしていた。 2022.12.06 10:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly