「BTSにいそう」韓国代表の“アイドル級イケメン”に脚光「神は二物を与えた」

2021.07.31 13:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
31日、東京オリンピックの男子サッカーの準々決勝4試合が行われる。U-24日本代表がU-24ニュージーランド代表との一戦に臨む中、ライバルでもあるU-24韓国代表はU-24メキシコ代表との戦いを迎える。

そんな中、韓国代表のFWチョン・ソンウォン(24)のイケメンぶりにも大きな注目が集まっている。

大邱FCに所属するチョン・ソンウォンは今シーズンのKリーグ1で主に右サイドで起用され、13試合1ゴールをマーク。A代表経験はないものの、AFC U-23選手権タイ2020にも選出。4試合に出場しU-23韓国代表の優勝にも貢献している。

選手としても確かな実力を持つチョン・ソンウォンだが、最大の注目はそのルックス。K-POPのアイドルを彷彿とさせるような端正な顔立ちにお洒落な髪型で絶大な人気を誇り、自身のインスタグラムでは60万人を超えるフォロワーを抱えている。その人気もあり大邱広域市広報大使まで務めている。

韓国メディアによると、チョン・ソンウォンは「大邱のアイドル」と呼ばれ、自身が幼稚園児の頃に2002年の日韓ワールドカップでの元韓国代表MFパク・チソン氏がポルトガル代表戦で決めたゴールを観て、サッカー選手を志すようになったという。

25日に行われたグループステージのU-24ルーマニア代表戦で相手選手と衝突。治療しながらもピッチに戻った際にはその情熱と美貌まで大きな話題になったとのことだ。

チョン・ソンウォンはオリンピックでここまで2試合に出場しているが、そのルックスは日本でも注目を集めており、韓国の音楽グループ「BTS(防弾少年団)のメンバーにいそう」「神は二物を与えたみたい」「優勝」といったコメントが寄せられている。

U-24メキシコ代表戦では、韓国の結果だけでなくチョン・ソンウォンのルックスにも注目だ。



1 2

関連ニュース
thumb

韓国代表FWソン・フンミンが歴代1位に! 代表通算30ゴール目を記録「誇りに思っている」

トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンが、自身の代表30ゴールを祝った。 韓国代表は16日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でイラク代表と対戦した。 この試合も左ウイングで先発出場したソン・フンミンは、1ゴールを記録。最終予選3ゴール目を決め、チームも3-0の勝利に貢献していた。 これにより4勝2分けとなった韓国は、グループ2位をキープしている。 この試合で1ゴールを決めたソン・フンミンは、韓国代表として96試合目で30ゴールを達成。29ゴールで並び、モナコやアーセナルでもプレー経験のあるFCソウルFWパク・チュヨンを抜いて歴代単独トップとなった。 韓国代表の歴史に名を刻んだソン・フンミンは、自身のインスタグラムで喜びのコメントを綴った。 「今年最後の試合で大勝をおさめ、僕はこのチームのキャプテンとして誇りに思っている!」 「国のために30ゴール目を決めることができて、とても嬉しい」 100試合出場も間近に迫るソン・フンミン。代表ゴールは <span class="paragraph-title">【写真】代表キャリアで30ゴール目を記録したソン・フンミンが得意のポーズ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> HIGHLIGHTS | Iraq 0-3 Korea Republic <br><br> Son Heung-min was on the scoresheet as the Taeguk Warriors eased past Iraq in Doha.<br><br> Review the best bits below <a href="https://twitter.com/hashtag/AsianQualifiers?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AsianQualifiers</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/IRQvKOR?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#IRQvKOR</a> <a href="https://t.co/sKjeziy24A">pic.twitter.com/sKjeziy24A</a></p>&mdash; #AsianCup2023 (@afcasiancup) <a href="https://twitter.com/afcasiancup/status/1460835207523844105?ref_src=twsrc%5Etfw">November 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWWOy0gKa_c/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWWOy0gKa_c/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWWOy0gKa_c/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Son HeungMin(손흥민) 2021.11.17 21:58 Wed
twitterfacebook
thumb

首位イラン&2位韓国が共に3発快勝! UAEが3位に浮上《カタールW杯アジア最終予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループA第6節が16日に行われた。 ここまで3勝2分けの無敗でグループ2位に位置する韓国代表(勝ち点11)は、敵地で4位のイラク代表(勝ち点4)と対戦し、3-0で快勝した。 前節のレバノン代表戦をファン・ヒチャンのPKによるゴールで競り勝った韓国は、この試合に向けて柏レイソルに在籍するGKキム・スンギュやキム・ミンジェ、ファン・ヒチャン、ソン・フンミンら主力を起用。最前線にはチョ・ゲスンが入った。 立ち上がりから優勢に試合を運ぶ韓国は、サイドを起点に相手を揺さぶりながらソン・フンミンらが枠内へシュートを飛ばしていくが、決定機まであと一歩という状況が続く。 それでも、前半半ば過ぎの33分には左サイドのファン・ヒチャンの中への持ち出しから右へボールを展開すると、深い位置を取ったイ・ヨンが浮き球のクロスを供給。これをボックス左に走り込んだキム・ジンスが体勢を崩しながらもワンタッチで折り返すと、ボックス右でフリーのイ・ジェソンが冷静にゴールネットへ流し込んだ。 1点リードで試合を折り返した韓国は後半もボールの主導権を握って試合をコントロール。だが、なかなか決定機まで持ち込めない状況が続く。だが、後半半ば過ぎにチョ・ゲスンがボックス内で倒されてPKを獲得。ここでエースのソン・フンミンがキッカーを務める。一度目のPKをきっちり決めたが、味方が先にボックス内に侵入したとの判定で蹴り直しとなるが、2度目のPKもきっちり決めた。 さらに、直後の79分にはカウンターから右サイドのソン・フンミンが鮮やかな仕掛けで長い距離を持ち上がり、ボックス付近で左を並走するファン・ヒチャンへラストパス。ここでファン・ヒチャンは冷静なシュートフェイントから内でフリーのチョン・ウヨンに短く落とすと、チョン・ウヨンの強烈な右足のシュートがゴール左隅へ決まった。 その後、イラクの反撃を無失点で凌ぎ切った韓国が3-0の快勝で連勝を飾っている。 また、4勝1分けで首位に立つイラン代表(勝ち点13)は、敵地で最下位のシリア代表(勝ち点2)と対戦し、3-0で勝利した。 立ち上がりから押し気味に試合を運ぶイランは、早い時間帯の先制点とはならなかったものの、前半半ばから終盤にかけて畳みかける攻めを見せる。 まずは33分、ロングカウンターからアミリの浮き球のフィードに抜け出したアズムンが巧みなファーストタッチでボールを収めてそのままボックス内まで運ぶと、冷静にGKとの一対一を制す。続く42分には左CKの流れから相手のボックス内でのハンドによって得たPKをキッカーのハジサフィが冷静に決めた。 2点リードを得て臨んだ後半はゲームコントロールを優先しつつ、点を取るために前へ出てきたシリアに対してカウンターから3点目を目指す展開に。 なかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続いたものの、試合終了間際の89分にはカウンターから左サイドを見事な個人技でこじ開けたゴリザデが試合を決定づける3点目を奪った。この結果、敵地で快勝のイランが首位キープに成功している。 なお、3位のレバノン(勝ち点5)と5位のUAE代表(勝ち点3)は、試合終盤のマブフートのPK弾によってUAEが1-0で勝利を収めた。 イラク代表 0-3 韓国代表 【韓国】 イ・ジェソン(33分) ソン・フンミン(75分[PK]) チョン・ウヨン(79分) シリア代表 0-3 イラン代表 【イラン】 アズムン(33分) ハジサフィ(42分[PK]) ゴリザデ(89分) レバノン代表 0-1 UAE代表 【UAE】 マブフート(85分[PK]) 2021.11.17 02:59 Wed
twitterfacebook
thumb

韓国代表FWが南野拓実のライバルになる可能性? リバプール&シティが注目

ウォルバーハンプトンに所属する韓国代表FWファン・ヒチャン(25)の評価が急上昇しているようだ。 今夏RBライプツィヒからレンタル移籍でウォルバーハンプトンへと加入したファン・ヒチャン。初のプレミアリーグ挑戦となったが、ここまで8試合に出場し4ゴールを記録するなど、いきなり結果を残している。 RBライプツィヒでは、公式戦29試合で3ゴール4アシスト。ブンデスリーガでは20試合でノーゴールに終わるなど、ドイツでは輝かなかったが、プレミアでは持ち味を発揮。ウォルバーハンプトンは、来年1月にも完全移籍での獲得を目論んでいるとされている。 しかし、そのファン・ヒチャンに対してはビッグクラブも注目。イギリス『ミラー』によると、リバプールとマンチェスター・シティが関心を示しているようだ。 持ち味の馬力あるプレーはFWとしてだけでなくウイングや中盤でも発揮され、そのパフォーマンスが大きな注目を集める要因となったようだ。 リバプールは、モハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミノ、ジオゴ・ジョタと磐石の4名の攻撃陣が控えているが、カバーできる人員であり、競争をもたらせられると関心を寄せているとのこと。シティのジョゼップ・グアルディオラ監督も同様のようだ。 一方で、ウォルバーハンプトンは買い取りオプションが契約についており、来夏ではなくシーズン途中にも前倒しで完全移籍させようとしているようだ。 ファン・ヒチャンといえば、かつてはザルツブルクに在籍し、リバプールに所属する日本代表MF南野拓実と共に攻撃陣を牽引していた。仮にリバプールに来るとなれば、再びチームメイトになるが、南野にとっても競争が激化することとなる。 一時は今冬の放出も噂された南野だが、このところは中盤で途中出場する機会を得ており、ユルゲン・クロップ監督も高く評価していることは間違いない。冬にライバルが到着するかどうか。ファン・ヒチャンの動向にも注目が集まる。 2021.11.15 13:33 Mon
twitterfacebook
thumb

首位イランが後半ATに2発で劇的逆転勝利!《カタールW杯アジア最終予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループA第5節の3試合が11日に行われた。 首位のイラン代表(勝ち点10)は3位のレバノン代表(勝ち点5)とアウェイで対戦。序盤からイランが攻勢をかける。 フェイエノールトでプレーするキャプテンのFWアリレザ・ジャハンバクシュを中心にレバノンゴールを脅かすが、GKムスタファ・マタルが立ちはだかる。 イランが押し気味に進める中、先制したのはレバノンだった。37分、右サイドからのクロスボールが高々と上がると、これがゴールを越えると思われたがラインを越えたと思ったのか、DFは誰も寄せず、ボックス内左のハッサン・アリ・サードがフリーでトラップ。アリ・サードは落ち着いてGKとの一対一を蹴り込み、レバノンが先制した。 よもやの失点となったイラン。後半はレバノンが前からプレスをかけて勢いを持ってプレー。後半もGKムスタファ・マタルがサルダール・アズムンの近距離からのシュートをセーブするなど、立ちはだかる。 しかし、このままレバノンが勝利すると思われた後半アディショナルタイムにドラマが。91分にスルーパスのこぼれ球に反応したアズムンが冷静に流し込んでイランが同点に追いつく。 敗戦を免れたイランだったが、ドラマは続く。95分、左サイドを崩すと、クロスをアズムンがシュート。これはDFにブロックされるが、こぼれ球をアフマド・ノールッラヒーが右足一閃。これがゴール左に決まり、イランが後半ATの2ゴールで逆転勝利を収め、首位をキープした。 また、ここまで未勝利のイラク代表(勝ち点3)とシリア代表 (勝ち点1)の試合は1-1の引き分けに終わった。 試合はゴールレスのまま試合終盤へ。すると79分にアウェイのシリアが、スルーパスに抜けたオマル・フリービーンがボックス内右から浮き球のパスを出すと、オマル・アル・ソマが豪快なボレーを叩き込む。 終盤に先制し、初勝利が迫ったシリアだったがイラクが猛攻。VARの結果PKを得ると、86分にアミル・アル・アマリが落ち着いて決めて同点に。そのまま1-1の引き分けに終わった。 なお、韓国代表はUAE代表と対戦し、1-0で勝利。36分にファン・ヒチャンがPKを決めて勝利を収めた。 韓国代表 1-0 UAE代表 【韓国】 ファン・ヒチャン(36分) レバノン代表 1-2 イラン代表 【レバノン】 ハッサン・アリ・サード(37分) 【イラン】 サルダール・アズムン(90分+1) アフマド・ノールッラヒー(90分+5) イラク代表 1-1 シリア代表 【イラク】 アミル・アル・アマリ(86分) 【シリア】 オマル・アル・ソマ(79分) 2021.11.12 12:42 Fri
twitterfacebook
thumb

攻め続けた韓国、決定機をことごとく逸するもファン・ヒチャンのPKでUAEに辛勝《カタールW杯アジア最終予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループA第5節、韓国代表vsUAE代表が11日に行われ、1-0で韓国が勝利を収めた。 前節のイラン代表戦は引き分けに終わり、2勝2分けで2位につける韓国(勝ち点8)。FWファン・ウィジョやDFキム・ヨングォンらは招集されず、[4-2-3-1]の頂点はチョ・ギュソン、センターバックの一角はクォン・ギョンウォンが務めた。 対するは、前節のイラク代表戦は後半のアディショナルタイムに追い付いてドローに持ち込んだUAE代表。3分け1敗で4位(勝ち点3)と、今日の結果次第では上にも下にも転ぶ状況だ。 試合は立ち上がりから韓国が押し込む時間が続く。13分にはCKからチョ・ギュソンがヘディングで狙うと、直後にも敵陣中央でボールを受け、素早い反転から右足を一閃。だが、強烈なシュートは左のポストに嫌われた。 UAEもセットプレーからアル=メンハリがヘディングで狙うも、以降は目立った攻撃の形を作り出すことができない。その後も韓国ペースでゲームは推移すると、26分にはボックス手前右でのFKをチョン・ウヨンが直接狙う。さらには、スルーパスで裏を取り、ソン・フンミンがボックス右から狙った。 攻め続けながらゴールが奪えない韓国だったが、高い位置でのプレッシャーが奏功。ボックス内でマイボールにすると、ファン・インボムがアリ・サルミンに倒されてPKを獲得。これをファン・ヒチャンがGKの逆へと確実に流し込み、36分にアジアの虎が欲しかった先制点を奪う。 畳みかけたい韓国は中盤で相手の横パスをカットしたソン・フンミンが独走。長い距離を持ち運んでボックス内に侵入し、左足で狙ったが、これも左のポストに嫌われた。 ビハインドで折り返したUAEも後半の立ち上がりこそ前への推進力を高めたが、すぐさま韓国の圧力を前に後退。最少失点ということもあり、無理に攻め急ぐことはしなかった。そうなれば韓国はしめたもの。再びUAE陣内での時間を長くすると、61分にはファン・ヒチャンが左サイドの深い位置を取り、折り返しにイ・ジェソンが飛び込むも合わせきれない。 我慢を続けながら機を伺うUAEにも直後に大きなチャンスが訪れる。自陣からのビルドアップで相手ゴール前まで運ぶと、左からカイオがグラウンダーのボールを送り、イスマイル・マタルがスルーしてアルザアビがミドル。右隅を捉えたが、GKキム・スンギュが横っ飛びでセーブした。 1点差では何が起こるかわからないため、次の1点が早く欲しい韓国。ショートコーナーからチョ・ギュソンが、こぼれ球をキム・ジンスが狙うも決め切れず。74分にはショートカウンターから絶好機を迎えるが、キム・ジンスのクロスに飛び込んだソン・フンミンのヘディングは、クロスバーに嫌われた。 不用意なパスミスを含め、韓国は残り時間をコントロールし切れたとは言い難いものの、UAEも最後まで人数を掛けた攻撃はせず。攻め込み続けながら追加点を奪えないという課題を持ちつつも、PKによる1点で韓国が辛勝。ワールドカップ出場権獲得に向け、大きな勝ち点3を手にした。 韓国代表 1-0 UAE代表 【韓国】 ファン・ヒチャン(前36) 2021.11.11 22:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly