2人のCB復帰を心から喜ぶクロップ「彼らが戻ってこられたのは本当に嬉しい」

2021.07.30 11:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのユルゲン・クロップ監督が、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクとイングランド代表DFジョー・ゴメスの復帰を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。

ファン・ダイクは昨年10月に行われたプレミアリーグのエバートン戦で、相手のチャージを受けて右ヒザを負傷。検査の結果、前十字じん帯の損傷が発覚したため手術を行い、シーズン絶望となった。そして11月には、ゴメスもイングランド代表での練習中に左ヒザを負傷。こちらも手術を行ったため、シーズンを棒に振っている。

守備の柱を立て続けに失ったことでプレミアリーグでは王座を奪われたリバプールだが、29日に行われたヘルタ・ベルリンとの親善試合で、ファン・ダイクとゴメスはどちらも69分から途中出場。チームにとっても懸命のリハビリを続けた選手本人にとっても、待望の復帰を果たしている。

試合自体は3-4で敗れ、ファン・ダイクは失点にも絡んでしまったものの、インタビューに応じたクロップ監督は2人のCB復帰について喜びのコメント。チームにとっても選手にとっても、重要な一歩になると語った。

「今はいい気分だね。4点目は、誰もが分かる明確なカウンターのシチュエーションであり、もっとうまく守ることもできただろう。でも、それだけだ」

「正確な数字は把握していないが、ヴィルヒルは260日ほど、ジョーはそれよりは短い期間だけどフットボールから離れていた。だから、彼らが戻ってこられたのは本当に嬉しいね。これは最初のステップであり、本当に重要な第一歩だ」

関連ニュース
thumb

今季初ゴールのC・ジョーンズに、クロップ監督も高い期待 「より多くの試合時間を与えられるだろう」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、チームのU-21イングランド代表MFカーティス・ジョーンズへの期待を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールのアカデミー出身であるC・ジョーンズは、クロップ監督から高い評価を受け2019年1月にトップチームデビュー。昨シーズンは公式戦34試合に出場して4ゴール5アシストをマークするなど、徐々にチーム内での序列を上げてきている。 今シーズンはプレシーズンに負った脳震とうによって出遅れたものの、先週末に行われたプレミアリーグ第6節ブレントフォード戦でスタメン出場を飾ると、目の覚めるようなミドルシュートを叩き込み今季初ゴールを記録した。 28日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節ポルト戦の前日会見に出席したクロップ監督は、インタビューのなかでC・ジョーンズに言及。着実に成長を遂げていると期待感を示しつつ、より安定感を身につける必要があるとも指摘した。 「ブレントフォード戦は本当に良い例になったと思う。カーティスはあのような安定したプレーをしなければならない。彼は守備面でとても優秀であり、重要なボール奪取もあった。攻撃面ではほぼすべてのプレーに参加して、素晴らしいゴールを決めたね。彼は左足でも全く同じようにゴールを決められるだろう。それは本当に特別なことだ」 「こうしたプレーを続け、さらに良くなればすべてがうまくいくだろう。中盤の全員がフィットしているという本当に稀な瞬間には、私はいくつかの決断を下す必要がある。それは、3、4人、あるいは何人かの中盤の選手をどのように並べるかということだ」 「トレーニングで本当に良い姿を見せても、私が並べる3人のうちの1人になるにはより優れていなければならないだろう。私は完全にオープンであり、どんな週でも『彼らが相手に何ができるかはもう分かっている』と考えたりはしない」 「時々、私の決定がカーティスに不利になることはあった。彼の不利というわけではなく、他の選手に有利に働くこともあっただろう。だが、ブレントフォード戦で見せたパフォーマンスは、より多くの試合時間を与えるための助けになるだろうね」 2021.09.28 17:47 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールで充実の時を過ごすジョタ 「アンフィールドでプレーすることは本当に特別」

リバプールのポルトガル代表FWジオゴ・ジョタがチームに加入してからの1年を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 昨夏にウォルバーハンプトンからリバプールに加入したジョタは瞬く間にチームにフィットすると、昨シーズンは負傷離脱がありながらも公式戦30試合で13ゴールをマーク。ユルゲン・クロップ監督からの信頼を掴み、絶対的とされていたFWモハメド・サラー、FWサディオ・マネ、FWロベルト・フィルミノと並び立つ存在になっている。 今シーズンも開幕から好調を維持するジョタはここまで公式戦7試合で3ゴールをマーク。先週末に行われたプレミアリーグ第6節のブレントフォード戦でも、同点ゴールを記録した。 こうした活躍について、28日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節ポルト戦の前日会見に出席したジョタは、トップクラブでチームに貢献できている喜びを露わに。また、アンフィールドでCLを戦えた充実感についても触れている。 「加入から12カ月というのは1つの通過点だと思う。でも、アンフィールドで世界中から多くのサポートを受けつつ、素晴らしいクラブでプレーすることは本当に特別だね。僕たち選手がすべての人に提供したいのはフットボールの試合に勝つこと、大会に勝つことさ。新シーズンが始まり、何事にも挑戦していきたいと思っている」 「ピッチ上では常にベストを尽くして、チームメイトを助けたい。ユルゲンの下でプレーしたこと、そしてこのチームでプレーすることは自分の助けになっている。このチームは攻撃的な戦術を用いるから、常にゴールの周りにいる自分にとって利点を生かしやすいんだ」 「ヨーロッパの夜、満員のアンフィールドでのプレーがどういうものか、知ることができた。そうなるだろうとは思っていたけど、実際にその場に立ってみると本当に学ぶことが多いね。前半、ミランがなぜリードしたかはわからないけど、僕らは素晴らしい前半を過ごせたと思う。そして、そこにいたファンが僕たちを後押ししてくれた」 また、ジョタはチームでのポジション争いについて言及。誰かのポジションを奪うのではなく、チームとして勝利を目指すことを重視していると語った。 「フィルミノ、マネ、サラーの3人が世界最高の3トップであることはもちろん知っていた。僕は自分が来ることで、誰かのポジションを奪おうとは考えていなかったよ。トレーニングや試合でベストを尽くすために来たのであって、あとは監督の判断次第さ。最終的に僕たちが望んでいるのは勝利であり、それは良い選手がいてこそ可能になるものなんだ」 <span class="paragraph-title">【動画】CLポルト戦に向けて調整するリバプールの選手たち</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJScDRSN0ZXdCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.28 11:10 Tue
twitterfacebook
thumb

CL連勝を目指すリバプール、クロップ監督は対戦相手警戒 「ポルトは常にトップのチームだ」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)に向けた意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは15日に行われたCLグループB開幕節でミラン相手に打ち合いを制し、3-2で勝利。グループステージ連勝を目指し、28日に行われる第2節ポルト戦に臨む。 先週末に行われたプレミアリーグ第6節のブレントフォード戦では3失点を喫してのドローとやや不安な状態でCLを戦うことになるが、ポルト戦の前日会見に出席したクロップ監督は、改善の必要性については認めつつ心配していないとコメント。一方で、ここ最近の対戦成績では有利に立っているポルト相手でも、油断はできないと気を引き締めている。 「不安を実際より大きくするべきではなく、私はそれほど心配していない。とはいえ、反応を示す必要があるのは確かだ。最高レベルのディフェンスができていない状態で勝つのは難しいにもかかわらず、我々はそれができていなかったからね」 「全体的に守備に問題があり、それによってブレントフォードは我々に問題を引き起こした。これは良いことではない。ポルトは明らかに異なるチーム、異なるスタイルだが、ダイレクトな攻撃もあり、セカンドボールも狙ってくる。だから、その部分を改善する必要があるのは確かだが、今はまだ心配していない。我々は明らかに、そのことを話し合っている」 「ポルトは選手の出入りがあり、常にチームは少し変化する。それでも、指揮官は同じだ。我々は(以前に勝利した)2つの試合についてではなく、これからの試合を考えている。彼らには様々なオプションがあり、我々はそれに備えなければならない」 「彼らはCLに毎シーズン出場しており、リーグでも常に1位か、2位につけるトップチームだ。以前に我々がこのカードで勝利したことは今でも嬉しく思っている。しかし、この試合ですでに半分以上勝ったなどとは思っていない。トリッキーな試合になるとわかっているからね」 また、クロップ監督はたとえポルト戦に勝利したところで、グループステージで優位に立つとは思っていないと強調。1試合1試合を重視する姿勢を示した。 「まだ持っていないポイントを数えるなんて私はやったことがなく、それをする理解もできない。このグループは明らかに厳しく、できるだけ多くのポイントを獲得するため、時間を無駄にすべきではない」 「アトレティコ・マドリーとポルトの試合は当然見ていたが厳しいものであり、どちらかのチームが勝利に値するとしたらポルトだった。これは非常に重要であり、明日対戦するのはそうしたチームになる。この大会で試合前に勝負をつけることはできず、試合中に準備を整えなければならないことはよくわかっている」 <span class="paragraph-title">【動画】CLポルト戦に向けて調整するリバプールの選手たち</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJScDRSN0ZXdCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.28 10:53 Tue
twitterfacebook
thumb

「彼には見えない」ゲーム内の容姿がまるで別人のリバプールの若手MF、本人も苦言「クソだ」

リバプールのU-21イングランド代表MFハーヴェイ・エリオットのゲーム内ビジュアルがあまりにも似ていないと噂になっている。 10月1日に正式リリースを迎えるサッカーのビデオゲーム『FIFA 22』。一般のユーザーはもちろんのこと、現役のプレーヤーからも関心が寄せられており、先日はポルトガル代表FWジョアン・フェリックスがゲームに興じている一報もなされていた。 各選手は自分の評価はもちろん、自身のビジュアルデザインも気になるところだろう。ただ、時に容姿の似ていないプレーヤーも存在し、話題になるが今回はエリオットが当てはまったようだ。 ゲーム内でのエリオットはお団子ヘアーとなっているが、これは数年前の髪型で、現在はサイドを刈り上げたショートカット。本人も似ていないと感じたのだろう。ファンがインスタグラムで投稿すると、「クソだ」というコメントを残している。 ファンから見てもやはり違和感があるようだ。「彼には見えない」、「作成されたカスタムプレーヤー」、「ハーニー・エリオットって選手でしょ」などの声が寄せられた。 12日に行われたプレミアリーグ第4節のリーズ・ユナイテッド戦で左足首の骨折脱臼という重傷を負ったエリオット。デザインの差異はゲーム制作時期の影響だろうが、さすがにやり切れなかったようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】本人も酷評の似ていなさ過ぎる『FIFA 22』のエリオット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CUNnXPrgkVw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CUNnXPrgkVw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CUNnXPrgkVw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">KloppsKops(@kloppskops)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.26 16:50 Sun
twitterfacebook
thumb

サラーがリバプール史上最速でプレミア100ゴール

エジプト代表FWモハメド・サラーがリバプールの選手としてプレミアリーグ通算100ゴールを達成した。 25日に敵地で行われた第6節のブレントフォード戦にも先発したサラー。1-1の54分に最終ラインの背後を突き、ボックス右のスペースに抜け出すと、ブラジル代表MFファビーニョの浮き球パスに左足ダイレクトで合わせ、ネットを揺らした。 今季も得点源として期待通りの活躍を続けるサラーはこれでリーグ戦4戦連発となり、得点ランキングトップタイの5ゴール目。2017年夏のリバプール入りからリーグ戦151試合目の出場にして通算100得点目というメモリアルな一発にもなった。 データ集計会社『Opta』によると、この得点ペースはリバプール史上最速記録に。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、従前の記録保持者はイングランド代表でも活躍したロジャー・ハント氏の152試合だったという。 なお、プレミアリーグ全体だと、アーセナル時代に160試合でクリアした元フランス代表FWのティエリ・アンリ氏を抜く4位の記録に。最速は124試合で到達した元イングランド代表FWのアラン・シアラー氏だ。 2021.09.26 10:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly