「能力に疑いの余地はない」セルティックOBが古橋亨梧を絶賛「我々は今彼を必要としている」

2021.07.27 14:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてセルティックで活躍した元スコットランド代表FWフランク・マカヴェニー氏が、日本代表FW古橋亨梧を絶賛した。

マカヴェニー氏は、セルティックの他、セント・ミレンやウェストハムで活躍したストライカー。新たにチームに加わった日本人ストライカーを絶賛している。

古橋は16日にセルティック加入が発表。4年契約を結んだが、現在はチームに合流する前の隔離措置を取っている。

FC岐阜でプロキャリアをスタートさせた古橋はヴィッセル神戸へと完全移籍。今シーズンは明治安田J1で21試合に出場し15ゴールを記録し、得点ランキングで1位に位置している。

マカヴェニー氏は、イギリス『フットボール・インサイダー』でチームに加わる古橋について言及。チームに合流すれば、しっかりと力になってくれるだろうと太鼓判を押し、能力に疑いがないと主張した。

「我々が早く彼を手にできれば、それだけ良くなる」

「彼が世間で言われている半分の出来であれば、私は喜ぶ。神戸のファンは彼を愛していたようだ」

「セルティックにとっては、また1つユニフォームが売れることになる。彼は日本でとても人気がある」

「前回は中村だったが、それは最も重要なことではない」

「それもチームの助けになるが、何よりもパフォーマンスが必要だ。彼は自信に満ちた若者であり、新しい風を吹き込んでくれる可能性がある」

「我々はそれが必要であり、彼は一流のサッカー選手に見える。能力に疑いの余地はない」

「彼に会うのが待ちきれない。特に最近の結果を見ると、我々は今彼を必要としている」

セルティックはチャンピオンズリーグ(CL)の予選2回戦でデンマークのミッティランと対戦。1stレグは1-1のドローとなり、2ndレグは28日に行われる。

関連ニュース
thumb

セルティックの主将、スコットランド代表MFマクレガーが5年契約を締結

セルティックは24日、キャプテンを務めるスコットランド代表MFカラム・マクレガー(28)との契約延長を発表した。 新たな契約期間は2026年6月30日までの5年間となる。 セルティックのアカデミー出身のマクレガーは、2013年7月にファーストチームに昇格。1年目はノッツ・カウンティへとレンタル移籍を経験したが、2014年5月からセルティックでプレーを続けている。 キャプテンを務めるマクレガーは、これまで公式戦337試合に出場し54ゴール64アシストを記録。6度のスコティッシュ・プレミアシップ優勝や4度のスコティッシュ・カップ制覇、5度のスコティッシュ・リーグカップ制覇を経験している。 今シーズンもここまでリーグ戦5試合に出場。チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの予選にも出場していた。 2021.09.25 17:41 Sat
twitterfacebook
thumb

古橋亨梧の復帰、10月の代表ウィーク明けか

復帰が待たれるセルティックの日本代表FW古橋亨梧だが、インターナショナルブレイク明けになるようだ。スコットランド『Daily Record』が報じた。 今夏にヴィッセル神戸から加わってから公式戦9試合で7ゴールとセンセーショナルな活躍を披露して、セルティックファンの心を早々に掴んだ古橋。だが、先の代表ウィーク中にヒザを痛めて以降、セルティックでも欠場が続いている。 もはやセルティックの攻撃に欠かせぬ存在だけに、早期復帰が願われるが、アンジェ・ポステコグルー監督は11日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ第5節のロス・カウンティ戦に先駆けた会見で3〜4週間の離脱見込みを口にした。 そんな古橋だが、練習を再開。見込みよりも早い復帰が期待されたが、元横浜F・マリノス指揮官は「キョウゴがインターナショナルマッチウィークまでに戻ってこれるどうかは疑わしいところが、懸命に努力している」との見解を示した。 なお、セルティックの代表ウィーク前最終戦は10月2日に行われるリーグ戦第8節のアバディーン戦。インターナショナルブレイク明けの初戦は同月16日に行われる第9節のマザーウェル戦となる。 2021.09.25 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

今季負けた6敗全てがアウェイのセルティック、OBはポステコグルー監督の苦悩に理解「誰もが予想していたこと」

かつてセルティックでプレーした元ブルガリア代表のスティリアン・ペトロフ氏が、アンジェ・ポステコグルー監督が指揮を執る古巣について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今季からポステコグルー体制となったセルティックは、ここまでスコティッシュ・プレミアシップで6試合を終えて、3勝3敗で6位。公式戦でも7勝1分け6敗とほぼ五分の結果だが、6敗はいずれもアウェイでの敗戦となっており、新監督就任後はアウェイで一度も勝利を手にできていない。 しかし、ペトロフ氏は名門セルティックが振るわないスタートを切ったにもかかわらず、ファンは時間を与えるだろうと明言。経営責任者と採用責任者に欠員が出たことで流動的になった今、ペトロフ氏は今シーズンのスロースタートは避けられない状況にあると感じているようだ。 「誰もがアウェイでの調子について話している。これは彼らが経験しなくてはならない移行期間だ。アンジェは最高のチームをピッチに送り出すことが非常に難しく、最高の選手を選ぶことも非常に難しいだろう」 「良いチームを送り出すためには時間がかかると思う。これは誰もが予想していたことだと思う。ファンはピッチ上で起こっていることにとても満足していると思うが、これは彼らが経験しなければならない期間の1つに過ぎない」 「監督がセルティックに求めているプレーはとても難しいものだ。多くのディテールをカバーする必要がある。監督は常に、自分がいかに前に出ることが好きか、ゴールを決めることが好きかを強調しているが、バックラインには新加入の選手が多く、彼らが融合するには時間が必要だ」 「ピッチでやらなければならないことが多く存在していることを彼は知っているし、彼はそれについて話している。彼はとても落ち着いていて、プロセスに時間がかかることをわかっている」 好スタートを切ったFW古橋亨梧も日本代表でのケガで約1カ月の離脱中となっており、苦しい状況は続くが、アウェイでの勝利を早く掴む事が期待される。 2021.09.21 21:20 Tue
twitterfacebook
thumb

隠れていたのは“女子トイレ”、チケット未所持のセルティックファンがスタジアムに侵入し身をひそめる

あるセルティックの男性ファンが女子トイレでキックオフを待った。イギリス『デイリー・レコード』が伝えている。 16日、アンジェ・ポステコグルー監督率いるセルティックはヨーロッパリーグ(EL)グループG第1節でレアル・ベティスとアウェイで対戦した。 日本代表FW古橋亨梧は負傷欠場するなか、セルティックが幸先よく2点を先行するも、そこから追いつかれてハーフタイムに。後半も点の取り合いとなったが、3-4で敗れていた。 大味な内容となったゲームだが、チケットを手に入れることができなかったあるセルティックファンが大胆な行動で試合観戦に臨んでいたようだ。 ペイズリー出身のポール・バイアーズは、チケットがないながらもなんとかスタジアムに忍び込み、あろうことか女性用トイレに隠れた。警戒のために便座に座って足でドアをロック。その後キックオフまで2時間にわたって息をひそめたとのことだ。 ポールがその時の様子の一部をSNSで公開すると、仲間のファンから称賛を受けることに。「ポール、きみは大胆な男だね」、「信じられない」、「決意が大好き」などのコメントが寄せられた。 セルティックは敗れはしたものの、魅力的なゲームを展開。このファンの行為は褒められたもののようには思えないが、試合観戦に関しては充実感の内容となったのは間違いないだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】女子トイレに侵入しKOを待つセルティックサポ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">What a day <br><br>Snuck in through the car park up the lift and after sitting in a toilet for 2 hours we are finally in the stadium<br><br>Cmon the celtic <a href="https://t.co/iRbyY30r8p">pic.twitter.com/iRbyY30r8p</a></p>&mdash; Paul Byars (@byars_paul) <a href="https://twitter.com/byars_paul/status/1438541547147042822?ref_src=twsrc%5Etfw">September 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.18 18:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ポステコグルー、ベティスに2点差から逆転負けも「選手たちは最後まで頑張った。これ以上は求められない」

セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が敗れこそしたものの、戦いぶりに一定の満足感を示した。 レバークーゼンやレアル・ベティス、フェレンツヴァーロシュと同居するグループGに入ったセルティック。16日の第1節ではベティスのホームに乗り込んだ。 日本代表FW古橋亨梧が欠場するなか、幸先よく2点を先行したセルティックだが、そこから追いつかれ、ハーフタイムに。後半も乱打戦になるが、3-4で敗れた。 悔しい逆転負け発進のポステコグルー監督だが、試合後にクラブ公式チャンネル『Celtic TV』で自分たちの攻撃的スタイルが体現できた試合だと振り返った。 「私は選手たちのことを誇らしく思う。クオリティのある相手に対して、しっかりと試合をしてくれた」 「彼らを引き離すことができる場面も多くあったが、残念ながらそうならなかった。相手の前線はクオリティがあり、我々は罰せられてしまったんだ」 「そのなかで、選手たちは最後まで頑張ったし、良い試合をやってくれた。これ以上は求められない」 「確かにまだまだ改善の余地があるが、アウェイで3ゴールを決め、それ以外にもチャンスがあったし、これからに向けて良い兆候もあった」 2021.09.17 08:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly