シント=トロイデンが2021-22シーズン初戦を逆転勝利で飾る!《ジュピラー・プロリーグ》

2021.07.26 05:59 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
シント=トロイデンは25日、ジュピラー・プロリーグ開幕節でヘントとホームで対戦し2-1で勝利した。

シント=トロイデンのDF松原后とGKシュミット・ダニエルがフル出場。FW鈴木優磨、MF伊藤達哉、DF橋岡大樹はベンチ外となった。

試合は開始早々の2分に動く。左CKをファーサイドに走り込んだヌガドゥ=ヌガジュイが体に当て折り返すと、最後はハンチェ=オルセンが胸トラップからボレーシュートをゴールに突き刺した。

先制を許したシント=トロイデンは12分に反撃。左サイドから仕掛けた松原がDFとGKの間へ高速クロスを供給すると、ゴール前に抜け出したムボヨがこれを押し込んだ。

同点で迎えた後半、シント=トロイデンは57分に左CKからチャンス。デッセルがグラウンダーをボールを入れると走り込んだラヴァレーがダイレクトで合わせたが、このシュートは相手DFのブロックに阻まれた。

するとシント=トロイデンは、67分にヤンセンスの落としをバイタルエリア手前で受けたブルースが左足一閃。強烈なミドルシュートをゴール左に突き刺した。

結局、このゴールが決勝点となりシント=トロイデンが開幕戦を逆転勝利で飾った。

シント=トロイデン 2-1 ヘント
【シント=トロイデン】
ムボヨ(前12)
ブルース(後22)
【ヘント】
ハンチェ=オルセン(前2)

関連ニュース
thumb

シント=トロイデン林大地が自陣からのドリブルで決勝点を演出! 鈴木武蔵出番なしのベールスホットを下す《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンの林大地がいきなり決勝ゴールのデビュー戦から2試合連続の活躍を披露した。 13日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第7節でベールスホットとのアウェイ戦に臨んだシント=トロイデン。移籍後2試合目となる林はシュミット・ダニエル、橋岡大樹、そして今夏の移籍騒動後初出場となる鈴木優磨とともに先発した。 シント=トロイデンは13分に鈴木優磨の直接FKでゴールに迫るが、鈴木武蔵をベンチに置くベールスホットも17分に高い位置でのボール奪取から絶好機。ノウビッシが最終ラインの背後を突くが、GKシュミット・ダニエルの鋭い飛び出しに遭う。 その後、押し込まれ気味のシント=トロイデンだが、42分に鈴木優磨が自陣中央までプレスをかけに戻ると、ボールを奪った林がドリブルで一気に敵陣に。バイタルエリア右で相手DFに倒されるが、ルーズボールに反応したデ・リダーが右足で押し込み、先取する。 1点リードで試合を折り返したシント=トロイデンは後半、ベールスホットの反撃を受ける形が多かったが、47分にCKのこぼれ球から許したシュートを橋岡が頭でクリア。72分に原大智を投入した後も守備陣がきっちりと守り抜き、2連勝を達成した。 シント=トロイデンはこれで9位に浮上。ベールスホットは開幕からいまだ勝利なしの5連敗で最下位から抜け出すキッカケを掴めずにいる。 ベールスホット 0-1 シント=トロイデン 【シント=トロイデン】 デ・リダー(前42) <span class="paragraph-title">【動画】林大地のドリブル突破から先制ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">自陣からのドリブル突破で、先制点に貢献した <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9E%97%E5%A4%A7%E5%9C%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#林大地</a> 選手のプレーを見て、本日も頑張りましょう!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#シントトロイデン</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/STVV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#STVV</a> <a href="https://t.co/O0LCyB5qlJ">pic.twitter.com/O0LCyB5qlJ</a></p>&mdash; シント=トロイデンVV【第8節 vs ゲンク(H) 9月19日(日)20時30分】 (@STVV_JP) <a href="https://twitter.com/STVV_JP/status/1437551669638729728?ref_src=twsrc%5Etfw">September 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.14 09:35 Tue
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデンがロベルト・バウアーを獲得! ボランチからサイドバックまでこなすユーティリティ選手

ベルギーのシント=トロイデンは7日、ドイツ人MFロベルト・バウアー(26)の加入を発表した。契約内容は明らかにされていない。 2014年に当時ドイツ2部のインゴルシュタットでプロとしてのキャリアをスタートさせ、同シーズンのリーグ優勝に貢献したバウアー。2015-16シーズンには自身初のブンデス1部で24試合に出場し、2016年夏のブレーメン移籍へ繋げた。 その後はニュルンベルクへのレンタルを経て、2019年夏にロシアのアルセナル・トゥーラへ移籍。初の海外挑戦では、特長であるユーティリティ性を生かして、本職の守備的MFのほか、センターバックや両サイドバックなどの複数ポジションをこなしながら出場機会を重ねた。 ロシアでは在籍2シーズンで公式戦41試合に出場したが、今夏に契約満了をもってフリーとなっていた。 なお、シント=トロイデンは今夏だけで、DFトニ・ライストナー、MFロッコ・ライツに続く3人目のドイツ人新戦力を補強している。 2021.09.07 18:19 Tue
twitterfacebook
thumb

貴重な東京五輪世代3ショット! 日本人7人出場のデュッセルドルフとシント=トロイデンが親善試合、渦中の鈴木優磨も後半から出場

2日、フレンドリーマッチのデュッセルドルフvsシント=トロイデンが行われた。 この試合ではデュッセルドルフのMF田中碧が先発出場。またシント=トロイデンもDF松原后、DF橋岡大樹、FW林大地、FW原大智が先発出場し日本人対決が実現した。 なお、GKシュミット・ダニエル、MF伊藤達哉、そして今夏遺跡で大きく賑わしたFW鈴木優磨はベンチ入り。伊藤と鈴木は後半からピッチに立っている。 原と林の2トップで臨んだシント=トロイデン。左ウイングバックに松原、橋岡は3バックの右に入った。一方の田中はボランチの位置でゲームをコントロールしながらも前に顔を出すという、自身のプレースタイルを変えずにプレーを続けた。 前半はシント=トロイデンが相手陣内でプレーする時間が多かったものの、デュッセルドルフは効果的に相手ゴールに迫る。 27分にはパスカットからのカウンターから、最後は右サイドからのクロスに対してファーサイドで田中がヘッドで合わせるなど決定機を作った。 シント=トロイデンも28分にスルーパスに抜けた原がボックス内でシュートも、GKにセーブされてしまう。 ゴールレスで迎えた後半は、鈴木と伊藤が2トップ気味にポジションを取る形となった。 すると63分、相手のバックパスを巧みに奪ったダビド・コフナツキが冷静にゴールを決め、デュッセルドルフが先制。そのまま1-0で勝利を収めた。 試合後は、東京オリンピックを共に戦った、橋岡、林、田中が仲良く3ショット。普段リーグ戦で対戦することはないため、貴重なヨーロッパ組としての3ショットとなった。 <span class="paragraph-title">【写真】東京オリンピックを戦った日本人戦士の3ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">試合後の枚<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#シントトロイデン</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A9%8B%E5%B2%A1%E5%A4%A7%E6%A8%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#橋岡大樹</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9E%97%E5%A4%A7%E5%9C%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#林大地</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E7%A2%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#田中碧</a> <a href="https://twitter.com/F95_jp?ref_src=twsrc%5Etfw">@F95_jp</a> <a href="https://t.co/1lDqX13ddd">pic.twitter.com/1lDqX13ddd</a></p>&mdash; シント=トロイデンVV【第7節 vs ベールスホット(A) 9月14日(火)AM3時00分】 (@STVV_JP) <a href="https://twitter.com/STVV_JP/status/1433432486395015173?ref_src=twsrc%5Etfw">September 2, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.03 10:05 Fri
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデンの鈴木優磨が練習に参加 新監督は「彼は謝罪した」

シント=トロイデンのFW鈴木優磨が練習に参加した。 昨季のジュピラー・プロ・リーグでシント=トロイデン最多の17ゴールをマークするなど、エースの座を射止めた鈴木は今夏のステップアップ移籍を志願。今季が開幕しても試合に出場せず、移籍先の決定を待つスタンスを貫いた。 セリエAでのプレー願望が取り沙汰されるなか、ブンデスリーガのヘルタ・ベルリンやトルコのフェネルバフチェ、フランスのリーグ・アンの複数クラブなどから興味を集めていたが、いずれオファーも鈴木が拒否。その他、ベルギー国内のヘント、アンデルレヒト、クラブ・ブルージュからのオファーも拒否していた。 移籍期限ギリギリにはカリアリからのオファーが届くも合意に至らず、シャルケへの移籍も近づいたが今夏の移籍期限内に去就が決着を迎えることはなかった。 鈴木は1日に行われたチームの練習に参加。自らのインスタグラムで「この3カ月はすごくタフなものだった。でも、この期間に僕がやったことは正しい方法じゃありませんでした」「もう一度、立ち上がり、ハードワークしなければなりません。STVVに関わるすべての人のためにももう一度、頑張ります」と決意を新たにしていたが、ベルント・ホラーバッハ新監督にも謝罪していたようだ。ベルギー『Voetbal Krant』が監督の言葉を伝えている。 「ユウマは水曜日の朝に話し合いのために私に会いに来た。彼は謝罪した。彼はこの数ヵ月もこのチームに身を置いているので、理にはかなっている」 「(イロンベ・)ムボヨはいなくなったが、私は彼を責めることはできない。彼は良いオファーを受けたからだ。だが、ムボヨは最後の日までSTVVにコミットし続けた。トレーニングを続け、試合でプレーし続けてほしい。ユウマはその点で間違っていた」 「今のユウマが何パーセントの状態なのかはまだ分からない。彼は恐らく(2日に行われる親善試合の)デュッセルドルフ戦でも何分かプレーするだろう。最初からやり直す必要がある。もう一度、どのストライカーの組み合わせが最も良いかを探していく」 <span class="paragraph-title">【写真】練習に復帰した鈴木優磨の様子</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">)<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#シントトロイデン</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E5%84%AA%E7%A3%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#鈴木優磨</a> <a href="https://t.co/6PZF68iztr">pic.twitter.com/6PZF68iztr</a></p>&mdash; シント=トロイデンVV【第7節 vs ベールスホット(A) 9月14日(火)AM3時00分】 (@STVV_JP) <a href="https://twitter.com/STVV_JP/status/1433071935076945923?ref_src=twsrc%5Etfw">September 1, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.02 18:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「正しいやり方じゃなかった」…移籍叶わずの鈴木優磨がSNSに思いを綴る

FW鈴木優磨(25)がシント・トロイデン残留を宣言した。 昨季のジュピラー・プロ・リーグでシント・トロイデン最多の17ゴールをマークするなど、エースの座を射止めた鈴木は今夏のステップアップ移籍を志願。今季が開幕しても試合に出場せず、移籍先の決定を待つスタンスを貫いた。 セリエAでのプレー願望が取り沙汰されるなか、ベルギーの強豪であるクラブ・ブルージュやアンデルレヒトのほか、ドイツやイタリア、フランスなどからオファーも舞い込んだが、拒否したといわれ、なかなか決まらずの状況だった。 今夏マーケットの最終盤にもブンデスリーガ2部のシャルケ入りが浮かび、チャンピオンシップのノッティンガム・フォレストからのオファーも指摘されたが、これも形にならず。今夏の移籍期限内に去就が決着を迎えることはなかった。 そうしたなか、鈴木は1日、自らのインスタグラムを更新。英語で現在の心境を綴った。 「この3カ月はすごくタフなものだった。でも、この期間に僕がやったことは正しい方法じゃありませんでした」 「もう一度、立ち上がり、ハードワークしなければなりません。STVVに関わるすべての人のためにももう一度、頑張ります」 「選手、スタッフ、そしてサポーターのみんなと一緒になり、今季の最後に良い結果を手にできるようチャレンジします」 「サポーターのみんなが勝利のためにサポートしてくれるのを願っています」 また、今年1月にシント=トロイデン入りから、鈴木とともに攻撃陣をけん引して、今夏のヘント移籍が決定した元ベルギー代表FWイロンベ・ムボヨ(34)にも感謝の言葉とエールを送った。 「難しい状況でも、常に時間をかけてサポートしてくれたムボヨさんに心から感謝しています」 「彼はSTVVに来て以来、僕をサポートしてくれ、救ってくれました。人としても、選手としても、いつもあなたを応援しています」 「頑張って、ムボヨさん」 <span class="paragraph-title">【写真】鈴木優磨がSNSで自身の行動を反省し再起を期す</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CTSN5qPDn6N/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CTSN5qPDn6N/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CTSN5qPDn6N/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">鈴木優磨(@yuma.suzuki.9)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.02 11:50 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly