ナポリFWメルテンスがアメリカへ? インテル・マイアミがオファー

2021.07.24 22:38 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
デイビッド・ベッカム氏がオーナーを務めるメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミが、ナポリのベルギー代表FWに関心を持っているようだ。

イタリア『Il Mattino』によると、インテル・マイアミが狙っているのはFWドリエス・メルテンス(34)とのこと。すでに代理人とコンタクトを取っており、オファーを提示したようだ。

メルテンスは、ヘントの下部組織出身で、その後はオランダのAGOVVアペルドールン、ユトレヒト、そしてPSVでプレー。2013年7月にナポリへと完全移籍で加入した。

これまでナポリでは360試合に出場し135ゴール87アシストを記録。セリエAでも265試合に出場し102ゴール63アシストと、攻撃面でチームに大きな貢献し、クラブ史上最多ゴール記録を保持している。

メルテンスとナポリの契約は2022年6月30日まで。1年間の延長オプションがついているが、ナポリがメルテンスを売却しないということではないようだ。

とはいえ、クラブに貢献してきたレジェンドの1人。簡単に手放すとは思えないが、インテル・マイアミは今シーズンのMLSで苦戦しており、補強を行いたいところ。果たして話は進むだろうか。

関連ニュース
thumb

試合中に“カメラマン”クリバリが誕生!記者の機材を拝借して「写真に残したいと思った」

ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリが喜びの瞬間をカメラに収めた。 ナポリは11日に行われたセリエA第3節でユベントスをホームに迎え撃つ。立ち上がりに先制を許すも、57分にMFマッテオ・ポリターノのゴールで同点に追いつくと、試合終盤の85分、CKの流れで上げたクロスから、相手のクリアミスをクリバリが押し込み、逆転勝利を収めた。 すると、ゴールを祝うクリバリがゴール裏のカメラマンからカメラを拝借すると、スタンドで熱狂するファンの姿を記録しようとシャッターを押した。 クリバリは試合後、『DAZN』のインタビューにゴールセレブレーションの理由を語った。 「あそこでファンを見つけて、写真に残したいと思った。とても美しかったよ。この勝利は彼らのためのものだ。なぜなら僕たちは1年以上も彼らと会えなかった。ファンがスタンドに戻ってきたのを見られて幸せだ」 また、ナポリはこれでセリエA3連勝。3試合未勝利のユベントスとはすでに勝ち点8差だが、クリバリは「時期尚早だ。1試合ずつ勝っていくという自分たちの進捗以外は何も考えていない」と目の前の試合に集中していくことを強調した。 <span class="paragraph-title">【動画】“カメラマン”クリバリが誕生</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CTsNPxxKSNz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CTsNPxxKSNz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CTsNPxxKSNz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">BT Sport(@btsport)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.13 21:05 Mon
twitterfacebook
thumb

逆転でユーベを下し3連勝のナポリ、スパレッティは「気持ちで勝っていた」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督が、逆転勝利を収めたユベントス戦を振り返った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 セリエA開幕2連勝の好スタートを切ったナポリは、第3節でユベントスをホームに迎え撃った。11分に先制される立ち上がりとなったが、試合を通じてナポリの攻勢が続く。 すると57分、FWロレンツォ・インシーニェがボックス手前左から放ったシュートが相手GKヴォイチェフ・シュチェスニーの中途半端なセーブを誘発すると、こぼれ球をMFマッテオ・ポリターノが詰めて同点に。 その後も攻勢を維持したナポリは終盤85分、CKの流れで上げたクロスを、途中投入された相手FWモイゼ・ケアンがクリアミス。そこを見逃さなかったDFカリドゥ・クリバリが押し込み、逆転勝利を収めた。 試合後、スパレッティ監督はユベントス相手に試合をひっくり返した選手たちを手放しで称賛。根底にある気持ちを押し出した見事な勝利だったと振り返った。 「チームのリアクションは素晴らしく、常に勝利を求めて戦っていた。試合が複雑になり、修正する必要があったが、前半と後半で変化を加えたことで、チームは勝利に値するパフォーマンスを見せた」 「もう一度上に行きたいという皆の気持ちが根底にあり、途中出場の選手たちが逆転するという強い意志を持ってピッチに立っていた」 「ピッチ上では自分のアイデアを具現化しなければならない。自分たちが競争力のあるグループだと信じることはできるが、それを証明しないと意味がない。今日のチームの姿勢はとても良かった。ポジティブな要素もたくさんあったが、常に改善していかなければならないね」 2021.09.12 18:50 Sun
twitterfacebook
thumb

圧倒ナポリがユベントスに逆転勝利、3連勝スタート《セリエA》

セリエA第3節、ナポリvsユベントスが11日に行われ、2-1でナポリが勝利した。 代表ウィーク前の前節、一時ジェノアに同点とされながらも2-1と競り勝ち、2連勝スタートとしたナポリは、出場停止明けのオシムヘンが最前線に構え、ウイングにインシーニェとポリターノを据えた。 対するユベントスは前節エンポリ戦ではC・ロナウドの電撃移籍があった中、無得点に終わって痛恨の敗戦。1分け1敗スタートとなった中、代表に参加していた南米組とキエーザが欠場となった。そのユベントスはロカテッリが初スタメンを飾った中、引き続きフラットな[4-4-2]を採用。2トップはモラタとクルゼフスキが組んだ。 開始20秒、ポリターノのヘディングシュートでゴールに迫ったナポリが押し込む展開で立ち上がる。 しかし11分、ユベントスが先制した。マノラスからボールを奪ったモラタがボックス左に進入してGKとの一対一を決めきった。 先制後も守勢に回りながらナポリの攻撃を凌いだユベントスは43分、ルーズボールに反応したクルゼフスキが決定的なシュートに持ち込むも、GKオスピナのセーブに阻まれた。 迎えた後半も1点ビハインドのナポリの攻勢が続くと、57分に追いつく。ボックス手前左からのインシーニェのカットインシュートがGKシュチェスニーの中途半端なセーブを誘発すると、ルーズボールをポリターノが詰めて同点とした。 試合を振り出しに戻して以降もナポリの攻勢が続く中、ユベントスはケアンを投入。 しかし終盤の85分、ナポリが逆転する。CKの流れでケアンのヘディングでのクリアが自陣ゴールに向かうと、GKシュチェスニーが何とか掻き出すも、ルーズボールをクリバリが押し込んだ。これが決勝点となってナポリが逆転勝利。3連勝スタートとしている。 対するユベントスは3試合を終えて未勝利と最悪なスタートとなっている。 2021.09.12 03:08 Sun
twitterfacebook
thumb

挽回を期すユベントスがナポリとのビッグマッチに臨む! アッレグリ「ひとつひとつクリアしていくだけ」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、ナポリとの大一番に向けた意気込みを語った。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』がコメントを伝えている。 11日にセリエA第3節でナポリと対戦するtユベントス。開幕2連勝を収めたナポリに対し、かつてリーグ9連覇に導いたアッレグリ監督を招へいし再スタートを切ったユベントスは、1分け1敗と完全にスタートダッシュに失敗。前節は昇格組のエンポリに敗れる体たらくだった。 汚名返上を期してナポリとのビッグマッチに臨むアッレグリ監督だが、現状の上位との差には焦る必要はないことを強調。ここから1勝ずつ積み上げていくと意気込んだ。 「急ぐ必要はない。リーグ戦をひとつひとつクリアしていくだけだ。ユベントスの目標は競争力を維持すること。チームに関して言えば非常に良い組織だと思っているよ。成長しなければならないのは当然のことだ」 「ナポリはスクデット候補のひとつだが、優勝まではまだまだ長い。多くの試合があり、改善する時間もある。焦ってはいけないんだ」 「また、上手くいっている時や悪い時に、必要以上に興奮したり落ち込んだりしてもいけない。我々はシンプルなことから始めることを良しとしなければならない」 また、今回のメンバーに関して、指揮官はコロナ禍で先の南米予選に参加した選手たちは起用しないことを明言している。 「技術的に優れたチームが相手なので良い試合になると思う。今回は非常に少ないメンバーで臨むため、先発を選ぶのにそう悩むことはないだろう。南米選手は起用しないことにした。唯一帯同可能だった(フアン・)クアドラードも胃腸炎を起こしてしまい、出場できなくなってしまったからね」 2021.09.11 18:42 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリに緊急事態、守護神メレトがイタリア代表で負傷…穴埋めに動く

ナポリのイタリア代表GKアレックス・メレトが、代表活動中に重傷を負ってしまったようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 現在、イタリア代表としてカタール・ワールドカップの欧州予選に臨んでいるメレト。しかし、召集直前に行われたセリエA第2節のジェノア戦で受傷していた箇所が悪化し、腰椎の骨折が判明したとのこと。 今のところ、代表を離脱することはなく、療養期間も不明だが、『スカイ・スポーツ』は最低でも1カ月は起用不可能になると予想している。 今季のメレトはここまでセリエAの開幕2試合に出場しており、ルチアーノ・スパレッティ新監督の下でレギュラーを確保していた。同クラブには、昨季もメレトとしのぎを削ったコロンビア代表GKダビド・オスピナが在籍しており、しばらくはチームのゴールを守ることになるだろう。 しかし、数的穴埋めとして新たなGK探しに動き始めている模様だ。ただ、すでに移籍市場は閉まっているため、ターゲットとなりうるのは無所属の選手のみ。そこでナポリは、今夏に契約満了をもってローマを退団していたイタリア人GKアントニオ・ミランテ(38)に声をかけているようだ。 2021.09.04 14:20 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly