鈴木優磨がセリエAへ? 新ストライカー獲得を望むボローニャが触手を伸ばす

2021.07.21 13:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
ストライカーの獲得を目指しているボローニャがシント=トロイデンのFW鈴木優磨(25)を獲得する可能性があるようだ。ベルギー『Voetbal Nieuws』が報じた。

2021-22シーズンに向けて補強を進めるボローニャ。日本代表DF冨安健洋のトッテナム移籍が話題となっている中、新たなストライカー獲得を目指している。

今年1月にアトレティコ・マドリーを退団しフリーになっている元スペイン代表FWジエゴ・コスタを2年契約で獲得することが合意に至ったと報じられたが、一転して決裂していた。

ボローニャが獲得を目指しているのは上海海港のオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチとのこと。しかし、クラブ間の交渉が上手くいかず、こう着状態が何週間も続いている状況だ。

そこで新たに3選手を候補に挙げており、そのうちの1人が鈴木とのことだ。

鈴木は2019年7月に鹿島アントラーズからシント=トロイデンへと加入。2年目となった2020-21シーズンはジュピラー・プロ・リーグで全34試合に出場し17ゴール4アシストを記録。リーグの得点ランキングで4位タイにつける好成績を残した。

今夏は移籍の噂が浮上し、トルコのクラブからオファーがあったりした中、鈴木はセリエAでのプレーを予てから希望しており、移籍実現ならず。シント=トロイデンでプレシーズンを過ごしている。

ボローニャは前述の冨安もシント=トロイデンから2019年夏に獲得しており、クラブ間の関係は良好。日本人ストライカーが久々にセリエAに誕生するか注目だ。

関連ニュース
thumb

「計画されていた」ミハイロビッチ監督が冨安健洋のアーセナル移籍を語る「終了の5、6時間前に去るのは少し痛い」

ボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督が、アーセナルへと移籍した日本代表DF冨安健洋について言及した。 冨安はシント=トロイデンから2019年夏にボローニャに加入。セリエAの舞台に挑戦すると、センターバックだけでなく両サイドバックとしてもプレー。2シーズンでセリエAで60試合に出場し3ゴール3アシストを記録し、評価を高めていた。 その冨安は今夏の移籍が取り沙汰され、ミラン、アタランタ、トッテナム、レスター・シティ、ウェストハムなど多くのクラブからオファーがきた中、トッテナムが最有力候補になっていた。 しかし、金額面でボローニャとの交渉が進まず。すると移籍最終日に突如としてアーセナルが獲得に動き出し、そのまま契約をまとめることとなった。 移籍期限のギリギリでアーセナルへと移籍した冨安。ミハイロビッチ監督は、第25回メナリーニ国際フェアプレー賞の授賞式に出席。その際にインタビューを受け、冨安について言及した。 「昨日まではボローニャのチームに満足していたよ(苦笑)。今は少し選手が減ったが、冨安の売却は正しく、計画されていたものだ」 「もちろん、マーケット終了の5、6時間前にチームを去るのは少し痛い」 「チームが昨シーズンより強くなっているかどうかは分からないが、現場は示してくれるだろう。シーズンの終わりにはわかると思う」 冨安に関しては、クラブとしても売却する方向でいたものの、移籍期限のギリギリで移籍されては補強ができないため、そこの点は痛手だったと語った。 <span class="paragraph-title">【動画】冨安健洋、ボローニャでの成長</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJVTHRVODVNaCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.03 21:02 Fri
twitterfacebook
thumb

冨安健洋のアーセナル加入が正式決定! 背番号は18に

アーセナルは8月31日、ボローニャから日本代表DF冨安健洋(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「18」に決定している。 契約期間は長期とされている。なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、移籍金は1600万ポンド(約24億2500万円)にボーナスが加わるという。 アーセナルでスポーツ・ディレクターを務めるエドゥ氏は、クラブ公式サイトを通じて冨安の獲得に満足感を示している。 「タケヒロと契約できたことを嬉しく思う。我々は以前から彼に注目しており、ボローニャと合意に達したことを嬉しく思っている。彼は我々のチームにとって重要な補強だ」 一方、冨安を指導することになるミケル・アルテタ監督も、セリエAと国際舞台で経験豊富な同選手のプレーに大きな期待を持っているようだ。 「タケヒロは、セリエAと国際レベルでの経験を持つ強力なディフェンダーだ。彼は優れた守備力、高い技術力、ボールを持ったときの冷静さを備えた万能型のディフェンダーだ。彼は我々のチームの重要なメンバーとなるはずだ。彼が代表戦から戻ってきたときに、合流することを楽しみにしている」 アビスパ福岡の下部組織出身の冨安は、2016年2月にトップチームに昇格。その福岡では公式戦56試合に出場し1ゴール1アシストを記録した。 当時はボランチでも起用されていた冨安は、2018年1月にシント=トロイデンへと完全移籍。1年半で公式戦41試合に出場し1ゴールを記録すると、2019年夏にボローニャへと完全移籍した。 ボローニャに加入してからは2シーズンを過ごし、センターバックと両サイドバックでプレー。2シーズンでセリエAで60試合に出場し3ゴール3アシストを記録。今季は移籍が絡むことから起用されていなかったが、第2節のアタランタ戦で9分間出場を果たしていた。 冨安にはミランやアタランタといったセリエAクラブが関心を示すも移籍は成立せず。その後トッテナムが強く関心を示し、ボローニャと具体的な交渉を進めたが進展せず。レスター・シティ、ウェストハムも興味を示していた中、移籍最終日に突如出てきたアーセナルが獲得に漕ぎ着けた。 <span class="paragraph-title">【動画】冨安健洋、ストライカー顔負けの衝撃デビューゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJuYWJBTEIxMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.01 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

冨安健洋にアーセナル移籍が急浮上、トッテナムはバルサDF獲得で合意とも

トッテナムへの移籍が取り沙汰されていたボローニャの日本代表DF冨安健洋(22)だが、移籍最終日になってライバルのアーセナルが獲得に動いているという。 冨安はボローニャに加入して2シーズンを過ごし、センターバックとサイドバックでプレー。2シーズンでセリエAで60試合に出場し3ゴール3アシストを記録していた。 今夏のステップアップについては予てから噂され、当初はミランやアタランタといった国内クラブが関心を寄せていた中、トッテナムが獲得に熱心に動き出していた。 しかし、ボローニャとの交渉で折り合いがつかないトッテナムは、ターゲットをバルセロナのブラジル代表DFエメルソン・ロイヤル(22)に変更したと報道。冨安はエメルソン獲得が不可能だった場合のBプランになると報じられていた。 そんな中、『アスレティック』が冨安に関してアーセナルが獲得に動いていると報じた。 現在アーセナルとボローニャは交渉をしている段階とのこと。しかし、残り1日しかない中で急ピッチで進められているとのことだ。 『アスレティック』によれば、トッテナムはエメルソンの獲得でバルセロナと合意したと報じられ、交渉が進まなかった冨安を諦めた様子。そのため、アーセナルが動き出したようだ。 冨安はセンターバック以外にも左右のサイドバックでプレーしており、3バックや4バックで対応可能。ミケル・アルテタ監督のプランに合致するハイブリッドなディフェンダーとして評価されているようだ。 アーセナルは右サイドを務めていたスペイン代表DFエクトル・ベジェリン、イングランド代表DFエインズリー・メイトランド=ナイルズが退団を希望し、移籍を目論んでいるとのこと。DFカラムチャンバースやDFセドリック・ソアレスが務めることもあり、2人が移籍するとなるとかなり手薄なポジションとなる。 メイトランド=ナイルズは明確に退団を希望した一方で、アーセナルは引き留めたい姿勢があるが、冨安の獲得で全てが動き出すかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】冨安健洋、ストライカー顔負けの衝撃デビューゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJuYWJBTEIxMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.31 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

期限まであと3日でも冨安健洋はプレミアで人気! トッテナム含めた3クラブが獲得に興味、ボローニャは30億円程度を要求

今シーズン初出場を果たしたボローニャの日本代表DF冨安健洋(22)だが、最後まで移籍の可能性は残されるようだ。 冨安はボローニャに加入して2シーズンを過ごし、センターバックとサイドバックでプレー。2シーズンでセリエAで60試合に出場し3ゴール3アシストを記録していた。 今夏のステップアップについては予てから噂され、当初はミランやアタランタといった国内クラブが関心を寄せていた中、トッテナムが獲得に熱心に動き出していた。 そのトッテナムは冨安獲得に向けてボローニャへオファー。しかし、要求額とかけ離れていることから、良い返事がもらえていない。 冨安も東京オリンピックを戦っていたこともあり、チームへの合流が遅れたことで試合に起用されていなかったが、28日に行われた第2節のアタランタ戦では試合終盤に途中出場を果たしていた。 そのボローニャだが、残り3日となった今夏の移籍市場ではやはり選手の放出がまだあるという。イタリア『Tuttomercatoweb』によれば、冨安かFWリッカルド・オルソリーニ(24)のどちらかはチームを去る可能性があるとした。 冨安に対してはトッテナムが獲得を目指している状況。一方のオルソリーニ対しては、トリノやフィオレンティーナが注目をしているとのこと。クラブの要求にあったオファーがあれば、ボローニャは応じる姿勢のようだ。 そんな中、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は冨安に対してボローニャが2300〜2500万ユーロ(約29億8000万円〜32億4000万円)の金額を設定していると報道。さらに、トッテナムだけでなく、レスター・シティ、ウェストハムも獲得に動いているとしている。 レスターはU-21フランス代表DFヴェスレイ・フォファナが腓骨骨折の重傷。代わりにサウサンプトンからデンマーク代表DFヤニク・ヴェステルゴーア(29)を獲得した。 一方でウェストハムは、チェルシーからフランス代表DFクル・ズマ(26)を完全移籍で獲得。しかし、それでも両者は冨安の獲得を考慮しているとしている。 トッテナムを含め、プレミアの3クラブが争うこととなった冨安。ボローニャを納得させるオファーを出すのはどのクラブなのか。日本代表に合流する中、冨安の去就にも注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】冨安健洋、ストライカー顔負けの衝撃デビューゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJuYWJBTEIxMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.29 22:38 Sun
twitterfacebook
thumb

冨安が終盤に出場、ボローニャがアタランタの攻勢凌いでゴールレスドロー《セリエA》

セリエA第2節、アタランタvsボローニャが28日に行われ、0-0で引き分けた。ボローニャのDF冨安健洋は81分から出場している。 開幕節、トリノに苦戦を強いられながらも追加タイム弾で勝ち切ったアタランタは、引き続きムリエルを最前線で起用。2シャドーにイリチッチとマリノフスキーを据えた。 調整不足、移籍が噂される冨安がベンチ入りした中、アタランタは11分にイリチッチが際どいシュートを浴びせると、その後も敵陣でのプレーを続けていく。 続く30分にはゴセンズがボックス左からGK強襲のシュートを放ったが、前半は攻勢実らずゴールレスでハーフタイムに入った。 迎えた後半もアタランタが一方的に押し込む展開としたものの、自陣に引くボローニャ相手に明確なチャンスを生み出すことができない。 敵地で引き分けでも御の字のボローニャは81分、サンソーネに代えて冨安を左サイドバックに投入。守備固めに入ると、そのままゴールレスドローに持ち込み、勝ち点1を持ち帰っている。 また、ラツィオはスペツィアをホームに迎え、6-1で圧勝した。前半だけでインモービレがハットトリックを達成したラツィオは、後半も攻め手を緩めず、フェリペ・アンデルソンの復帰弾、ヒサイの移籍後初ゴールなどが生まれて6発圧勝。2連勝スタートとしている。 2021.08.29 03:40 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly