ミラン帰還を喜ぶ新“10番“のブラヒム・ディアス「偉大なクラブに相応しい存在となりたい」

2021.07.21 13:03 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランのU-21スペイン代表MFブラヒム・ディアスが、チームに残留できた喜びを語った。イタリア『スカイ』が伝えている。

ブラヒム・ディアスは2019年1月にマンチェスター・シティからレアル・マドリーへ移籍したものの、出場機会には恵まれず2020年夏に1年間のレンタル移籍でミランに加入。公式戦39試合出場7ゴール4アシストの成績を残した。

レンタル期間を終え一時は所属元のマドリーに戻ったブラヒム・ディアスだったが、トルコ代表MFハカン・チャルハノール退団によって中盤の補強が必要となったミランが、再び獲得に着手。2200万ユーロ(約28億5000万円)の買い取りオプションが付随した2年レンタルという形で、ミラノの地に舞い戻った。

移籍後、クラブの公式チャンネルである『ミランTV』に出演したブラヒム・ディアスは復帰を喜び、背番号が昨シーズンの「21」から「10」に変更となったことについても、喜びを露わにしている。

「この素晴らしいクラブに再びやってこられてとても幸せ。このシャツのカラーは僕が100%の力を発揮するに相応しいものだと思うし、それを実行したい」

「21番もとても好きな番号だった。でも、10番がずっと好きだったのも事実だね。それに、ミランの歴史の中で唯一無二の番号だ。この番号は重く、クラブにとって価値のあるものだから、大きな責任が伴うのは分かっている。僕はファンのためベストを尽くし、この偉大なクラブに相応しい存在になるんだ。自分なら、それができると思っている」

「僕はこのクラブを愛しており、ベストを尽くしたい。そして今、僕は背番号10を受け取った。これは独自のモチベーションと感覚を与えてくれるね。この偉大なクラブのため、自分の才能を発揮して、最後の一滴まで汗を流し、素晴らしいシーズンになるよう戦う」

「昨年はここで素晴らしい時間が過ごせた。とても楽しかったし、このクラブの素晴らしさを理解できたよ。非常にポジティブなシーズンだったと思うけど、今シーズンはより良い結果を出したいね」

また、ブラヒム・ディアスは移籍に際して、かつてミランで指揮を執った経験を持つ現レアル・マドリー指揮官のカルロ・アンチェロッティ監督との会話について言及。インタビューの最後には、ファンに対してメッセージも送っている。

「アンチェロッティとはミランについて話したよ。彼はロッソネリの心を持っていて、このクラブをとても愛している。彼からはチームのため、そしてこの素晴らしいクラブのため全力を尽くすよう言ってくれた。僕がここに戻ることを喜んでくれたね。彼とはとても楽しい日々を過ごした。ミランの素晴らしさについて、たくさん話をしたよ」

「ファンがスタジアムに戻ってくるのが待ち遠しい。昨シーズンはファンがどれだけ僕らをサポートしてくれたか、どれだけいつも近くにいてくれたかを知れるまたとない経験になった」

「ミランは世界中にファンがいる。僕が言えるのは、『これからも僕らのそばにいて欲しい、そのためにベストを尽くす』ということだけさ。彼らのサポートを得られるのは喜びであり、名誉だ。ここに来られて、本当に嬉しく思っている」

関連ニュース
thumb

メニャン負傷のミラン、今冬にも新たな控えGKを獲得か

ミランがフィオレンティーナのイタリア人GKピエトロ・テラッチアーノ(32)の獲得に動いているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 セリエA第7節終了時点で4勝2分け1敗の5位に位置するミランだが、正守護神を務めるフランス代表GKマイク・メニャンが代表戦でふくらはぎを負傷。約1カ月の離脱と伝えられた。 現状ミランには控えGKとして元ルーマニア代表GKチプリアン・タタルサヌ(36)と、元イタリア代表GKアントニオ・ミランテ(39)が在籍しているが、共に高齢で引退を考慮する時期に差し掛かっている。 そうした状況を受け、ミランは今冬にも新たなGK補強を決行する模様。そこで白羽の矢が立ったのがGKテラッチアーノだ。 ノチェリーナでプロキャリアをスタートした193cmの長身GKのテラッチアーノは、これまでカターニャやサレルニターナなどを渡り歩き、2019年1月にレンタル移籍でフィオレンティーナに加入。同年夏に完全移籍するも、ポーランド人GKバルトロミエ・ドラゴウスキの控えに甘んじていた。 しかし、昨夏にドラゴウスキがスペツィアへ完全移籍したことで守護神の座を獲得すると、昨季はセリエA36試合に出場。今季は新加入のイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニと正守護神の座を争っており、ここまでセリエA4試合に出場している。 なお、テラッチアーノとフィオレンティーナの契約は今季終了までとなっており、ミランは今冬に安価での獲得出来なかった場合は、来夏にフリーで獲得するつもりだという。 2022.09.27 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

マルディーニSD、ラファエル・レオンは「ミラン残留希望」で「契約延長の可能性は十分」

ミランのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるパオロ・マルディーニ氏が、絶対的エースの去就について言及した。 昨季王者ミランは今季も順調な滑り出し。しかし、18日のセリエA第7節ナポリ戦では、昨季34試合11得点10アシストを記録するなど替えの効かないエースであるポルトガル代表FWラファエル・レオン(23)を出場停止で欠き、1-2で今季初黒星を喫した。 改めてレオンの重要性を感じさせられる一戦となったが、そのレオンはここ最近、ミランとの契約延長に向かうのではと度々話題に。そんななか、マルディーニ氏がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じ、この件について口を開いた。 「かつてラファがリールに所属していたとき、彼の獲得オペレーションはとても困難な仕事だった。ラファは我々にとても感謝してくれていて、彼と未来に向けた話をしたいと考えている」 「ラファ自身も今後数年間、ミランで歩みを進めると確信していて、その思いは我々にも話してくれている。彼との交渉も近いと思うが、並外れたプレーヤーには価値に見合う報酬を払わねばならない。チームが成長し続ければ、ラファはここで全てを手に入れることができるだろう。契約を延長する可能性は十分にある」 レオンとミランの契約は2024年6月まで。両者ともに残留、契約延長が基本線のようだが、その一方でレオンにはマンチェスター・シティやチェルシーなどからの関心も伝えられており、マルディーニ氏としてはなるべく早く、契約延長まで漕ぎ着けたい考えのようだ。 2022.09.26 18:18 Mon
twitterfacebook
thumb

いまだ得点は生まれずも…ミラン新加入デ・ケテラエルに焦りなし「悲観はしていない」

ミランで会心のデビューを果たしたベルギー代表MFチャールズ・デ・ケテラエルに初得点への焦りはないようだ。イタリア『スカイ』が伝えている。 母国のクラブ・ブルージュのアカデミーで育った攻撃的MFのデ・ケテラエル。公式戦49試合で18ゴール10アシストという見事なスタッツを残した昨季の活躍からビッグクラブ注目の存在となり、今夏に3200万ユーロ+300万ユーロという条件でミランへと加入した。 そしてセリエA開幕節のウディネーゼ戦でデビューを果たし、ここまでチャンピオンズリーグを含む全9試合に出場。早くも攻撃陣の中心となり、第3節のボローニャ戦ではアシストも記録した。 一方でいまだ得点には恵まれていないが、ベルギー『HetLaatsteNieuws』のインタビューに応じた同選手は全く気にしていない様子。ゴールへの意欲を示しながらも、決して悲観はしていないようだ。 「もっとゴールを決められるようにと思って努力しているし、試合に出るたびにゴールやアシストの可能性はある。でもあまり重要視したくはない。自然にそうなるのであれば、それはそれでいい」 「フットボーラーなら誰でも得点を決めて自分の重要性を感じたいと思うものだ。その思いは僕の頭の中にもあるよ。でも、ミランでまだ得点を決めていないからと言って悲観はしていない。早く決めれたらいいなとただ思うだけだよ」 「僕はより良いプレーヤーになるために努力している。ポジティブな瞬間とネガティブな瞬間が交互にやってくるだろうけど、より前者のタイミングが長くあってくれれば幸運だね」 2022.09.26 15:35 Mon
twitterfacebook
thumb

アンリの最多得点記録にあと「2」と迫るジルー、フランス代表でのプレーに喜び「完全にフィットしている」

ミランのFWオリヴィエ・ジルーが、フランス代表でプレーする喜びを語った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 モンペリエ時代の2010年にフランス代表デビューを果たしたジルー。2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)では全7試合に出場し、得点こそなかったものの、周りを活かすプレーに徹して優勝に大きく貢献した。 昨年にレアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマが代表復帰して以降は出場機会が限られていたが、ベンゼマの負傷もあって22日にホームで行われたUFFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ1第5節のオーストリア戦に先発。後半に得意のヘディングシュートでゴールを決め、フランス代表での最年長得点記録を更新した。 フランス『テレフット』のインタビューに応えたジルーは、代表でのプレーに満足感を語った。 「オーストリア戦でも能力が発揮できたと思う。僕は監督の意図がわかるし、完全にチームにフィットしているんだ」 「ゴールを決めれたのは良いことだね。年齢を重ねても得点感覚は残っているし、チームに少しでも貢献したいという思いは常に持っている」 また、ティエリ・アンリ氏が持つ代表での歴代最多得点記録である51ゴールにあと「2」と迫ったことについても言及。自身と同じアーセナルでもプレーしたレジェンドに近づけることが光栄だと話した。 「アンリと肩を並べられるかどうかはわからないが、いずれにせよ、彼に近づいているということは、フランスサッカー界のレジェンドについて話しているのだから、それはもう大きな誇りだよ」 さらに、11月に開催されるカタールW杯に向けては「僕はピッチで何をすべきかということに集中している。監督が必要だと思えばそれに応えるだけだよ」と意気込んだジルー。25日に行われたUNLのデンマーク代表戦では先発するも、無得点に終わったが、大舞台で再び輝きを放つことができるだろうか。 2022.09.26 10:50 Mon
twitterfacebook
thumb

シティも興味? ポルトガル代表FWラファエル・レオンが人気に…ミランとの契約は2024年まで

多くのクラブが獲得に興味を抱いているミランのポルトガル代表FWラファエル・レオン(23)だが、イングランドからもその視線は熱いようだ。 ポルトガル『レコルド』によると、マンチェスター・シティが獲得を目指しているという。 今夏、現代サッカーにおいて指折りのスコアラーであるノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(22)を獲得したシティ。そのハーランドは、しっかりと期待に応え、公式戦10試合で14ゴール1アシストを記録。プレミアリーグでもその得点力は落ちることなく、7試合で11ゴール1アシストを記録していた。 そのシティは、さらに攻撃力を高めるためにレオンの獲得に動いているとのことだ。 レオンはミランとの契約が2024年夏に満了を迎えるが、当然ミランは契約延長を考えている。 レオンも現在のところセリエAでのプレーを続けることを考えているが、シティ以外にもチェルシーなどが獲得に動いているとされ、今後の去就はどうなるか不明となっている。 すぐに移籍とならない可能性が高いが、興味は続くとみられ、今後の移籍市場での動きは注視する必要がありそうだ。 レオンは、スポルティングCPの下部組織で育ち、2019年8月にリールからミランへと加入。ここまで3シーズンで公式戦115試合に出場し27ゴール21アシストを記録している。 今シーズンもここまで公式戦8試合で3ゴール6アシスト。昨季はチームのスクデット獲得に貢献するなど、一気に評価を上げている。 2022.09.25 21:57 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly