ジエゴ・コスタ獲得拒否はウソ? ボローニャTDが真実を語る「別のターゲットにした」

2021.07.16 22:28 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボローニャのテクニカル・ディレクター(TD)を務めるワルテル・サバティーニ氏が、元スペイン代表FWジエゴ・コスタ(32)の移籍について言及した。

今年1月に突如アトレティコ・マドリーとの契約を解除し退団したジエゴ・コスタ。その後、所属クラブは決まらないまま半年が過ぎ、新シーズンもどこに所属するかが決まっていない状況だ。

そんな中、ボローニャが年俸250万ユーロ(約3億2500万円)の2年契約で合意に至る可能性があったと報じられている。

しかし、『Sportitalia』は、このジエゴ・コスタの移籍について、クラブを率いるシニシャ・ミハイロビッチ監督が獲得を拒否し、土壇場で交渉が決裂したと報じていた。

ラ・リーガやプレミアリーグでゴールを量産した元スペイン代表ストライカーの獲得を逃したと思われたが、サバティーニ氏は地元のテレビ局『Nettuno Bologna Uno』でこの件について言及。ミハイロビッチ監督が獲得を拒否したという話は真実ではないと語った。

「ミハイロビッチがジエゴ・コスタ獲得を阻止したというのは事実ではない」

「コスタは我々からオファーをされたが、内部での話し合いの結果、別のターゲットを追いかけることに決めただけだ」

ボローニャのターゲットは、上海海港のオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチとのこと。しかし、獲得のためには契約の問題があるため、アルナウトビッチが上海海港との契約を解除しなければいけないようだ。

関連ニュース
thumb

ラニエリ氏がインテル指揮官時代を回想「チアゴ・モッタの退団が大ダメージ」

老将クラウディオ・ラニエリ氏がインテル指揮官時代を振り返った。 指揮官としてイタリア国内外を渡り歩いたラニエリ氏。2015-16シーズンにレスター・シティをプレミアリーグ優勝へと導き、64歳にして自身初のリーグタイトルを獲得したが、それ以前は目ぼしい成績を残せていなかった。 インテルには2011年9月に就任。同年10月から翌年1月にかけてはセリエAで7連勝するなど好調だったものの、その後急失速し、3月のユベントス戦で黒星を喫した直後に解任された。 ラニエリ氏はイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』のインタビューでインテル時代を振り返り、主力選手として重宝していたMFチアゴ・モッタ(現ボローニャ指揮官)の退団が痛手だったと口にした。 「チアゴ・モッタがインテルでの私のキャリアを台無しにしたんだよ。彼は1月にパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍を希望し始め、私はシーズン終了後であれば構わないと同意した」 「だが、彼はそれでも幹部らにPSG行きを懇願した。彼はフィールドにおいて、時計の針のごとく正確なプレーをする選手。(退団で)メカニズム全体が大きなダメージを受けた」 ラニエリ氏の回想通り、チアゴ・モッタ氏は2012年1月にPSGヘ移籍。当時のインテルは暗黒時代に足を踏み入れた時期で、中盤でタクトを振るっていたイタリア代表MFの退団が大きな痛手に。10年という時を経ても、当時のやるせない感情が忘れられないようだ。 2022.09.30 19:28 Fri
twitterfacebook
thumb

今夏ユナイテッド関心のアルナウトビッチ、ボローニャSDが残留の経緯語る「彼がオファーを断った」

ボローニャのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるマルコ・ディ・ヴァイオ氏が、今夏にマンチェスター・ユナイテッドから接触のあったオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチの残留の経緯を説明している。 昨夏にボローニャに加入したアルナウトビッチ。11年ぶりのセリエAだったが、昨季は30代にしてキャリアハイのリーグ戦14得点を記録し、ユナイテッドはFWクリスティアーノ・ロナウドの退団などに備えて獲得に動いたとされている。 最終的にはサポーターから反対の声が多数を占め、獲得から撤退したと見られていたが、実際には選手側から断られていた模様。ディ・ヴァイオ氏が、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』の取材で明かした。 「ユナイテッドはファンのせいで引き下がった? そうではない。アルナウトビッチは自らが現在、そして今後数年間、クラブのプロジェクトの中心にいることを理解しているのだよ。彼はクラブとこの街の象徴として、真のチャンピオンとして振る舞っている」 ボローニャ残留の決断が功を奏してか、今季のアルナウトビッチは昨季を上回るペースでゴールを量産。現在までにセリエAで7試合6得点を記録し、得点ランキングの単独首位に立っている。 2022.09.30 14:53 Fri
twitterfacebook
thumb

ロドリゴ・パラシオが40歳で現役引退…伊4部でバスケット選手に転身

元アルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオ(40)が現役引退を発表した。 直近までセリエBのブレシアでプレーしていたパラシオは26日に現役引退を発表した。さらに、今後はイタリアのバスケットボールリーグの4部に所属するポリスポルティーヴァ・ガレニャーノで、バスケットボール選手としてプレーすることを電撃発表した。 母国アルゼンチンのウラカン、CAバンフィエルド、ボカ・ジュニアーズで活躍したパラシオは、2009年にジェノアへ加入し、イタリアでのキャリアをスタート。 これまでジェノア、インテル、ボローニャの3クラブでセリエA通算357試合に出場し、93ゴールを記録。2021年5月に行われたセリエA第34節のフィオレンティーナ戦では、39歳86日でのハットトリックを達成し、ヨーロッパ5大リーグにおける最年長ハットトリック記録も樹立していた。その後、昨夏にブレシアへ新天地を求め、自身初のセリエBでは33試合6ゴール4アシストの数字を残していた。 2005年にデビューを飾ったアルゼンチン代表では通算27試合に出場し、3ゴールを記録。2度の出場を果たしたワールドカップでは、2014年のブラジル大会で5試合に出場し、準優勝に貢献していた。 2022.09.28 00:40 Wed
twitterfacebook
thumb

元インテルのイブラヒマ・エムバイェがルーマニアへ移籍

ルーマニアのCFRクルジュは16日、セネガル代表DFイブラヒマ・エムバイェ(27)の加入を発表した。 インテルの下部組織出身のエムバイェ。だが、トップチームでの出場機会にはほとんど恵まれず、リボルノでの武者修行を経て2015年1月に加入したボローニャでブレイクを果たした。 通算では131試合に出場しているが、ここ2シーズンは1年間で10試合以下の出場に。今季は公式戦4試合でベンチ入りするも、ピッチには一度も立てていない状況だった。 エムバイェにとって初のイタリア国外のクラブとなるCFRクルジュは、1907年創立の歴史あるクラブだが、その歴史のほとんどが2部や3部リーグでのもの。ところが、2000年のアールパード・パースカーニ氏の会長就任をきっかけにクラブは大成長。初めて1部リーグ制覇を成し遂げた2007-08シーズンから8度の優勝を誇っている。現在は5連覇中だ。 2022.09.16 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ボローニャ監督に就任したチアゴ・モッタが意気込み「誇りに思う」

ボローニャのチアゴ・モッタ新監督が会見で意気込みを語った。 シニシャ・ミハイロビッチ監督の解任を受け、12日に新監督として発表されたチアゴ・モッタ氏。指揮官としては2018年の現役引退以降、パリ・サンジェルマンのU-19やジェノア、スペツィアを歴任し、昨季1年を通じて指揮を執ったスペツィアではセリエA残留という実績を残した。 12日の発表の前に11日のフィオレンティーナ戦を観戦していたという新監督。2-1で逆転勝利したチームの姿に感銘を受けたようだ。 「1点を失った後のチームのリアクションは素晴らしく、私は選手たちを褒め、この調子で続けてほしいと伝えた」 「ボローニャの歴史とチーム力に背中を押され、ここに来ることになったボローニャの監督としてここに来れたことを誇りに思う。ミハイロビッチには十分な敬意を払っている。彼は常にボローニャの歴史の一部だ」 「私は攻撃的なサッカーをするチームが好きだが、バランスが取れていることが重要だ。ボールを失ったらすぐに反応するようなチームがいい」 「私が考えるに、チームは戦術的な組織を持たなければならないし、個々の選手がピッチ上で自由に自分を表現できるようにしなければならない。チームにとって何がベストなのかを常に考えなければならない」 2022.09.14 16:20 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly