京都が福島の主砲イスマイラ獲り! 「自分にとって大きな挑戦」

2021.07.09 12:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
京都サンガF.C.は9日、福島ユナイテッドFCからFWイスマイラ(22)の完全移籍加入を発表した。14日からチームに合流する見込みだ。

ナイジェリア国籍のイスマイラは身長188cmの長身ストライカー。U-17ナイジェリア代表歴も持ち、2019年4月の福島入りを機に来日した。

初年度こそ明治安田生命J3リーグで4得点に終わったが、昨季は得点ランキング4位の13得点を記録。今季はここまで2位タイの6得点だった。

FWピーター・ウタカに続くセンターFWとして、J2リーグ2位の京都入りが決まったイスマイラ。京都公式サイトを通じて意気込みを語った。

「この移籍は、自分にとって大きな挑戦になります。京都サンガF.C.という新たなチームで、自分の力を発揮することで、チームの力になって、共に目標を達成できると信じています」

一方、福島の公式サイトを通じてはシーズン途中の移籍を詫び、これまでのサポートとともに新天地での活躍を誓った。

「シーズン途中にチームを離れることになり、福島の皆さんに非常に申し訳なく思っています。ただ、もっと自分の力を示すために、上のステージでプレーしてみたいと思いました。福島の皆さんにはとても感謝しています。またどこかでお会いしましょう。ありがとうございました」

関連ニュース
thumb

磐田と京都が揃ってドロー! 優勝争いに変動なし【明治安田J2第34節】

明治安田生命J2リーグ第34節の6試合が17日に各地で行われた。 首位の磐田(勝ち点72)は栃木とのアウェイ戦に臨んだ。現在3連勝中と優勝に向けて好調だったものの、この日は17分にFKから栃木の柳にヘディングシュートを決められ、追いかける展開に。攻撃面では相手の積極的な守備に手を焼き、なかなかチャンスが作れない。 それでも、37分にルキアンのポストプレーから放った大津のシュートがクロスバーを叩くなど徐々に攻撃が回り始めると迎えた44分、CKの流れで右サイドから鈴木がクロスを上げると、競り勝った大井が頭で合わせて同点に追いついた。 折り返しの立ち上がりにはルキアンのヘディングシュートが相手GKを強襲した磐田。後半はコンスタントにゴールに迫ったものの、肝心のゴールが決められず、1-1で試合終了。勝ち点1にとどまった。 この隙に勝ち点差を埋めたい2位の京都(勝ち点70)はアウェイで群馬と対戦。前半から押し込んでいくも20分に飯田が放ったシュートは左ポストをかすめるなど、磐田同様になかなか点が入らない。すると44分、右サイドバックの飯田がGKに下げたパスを大前に奪われ痛恨の失点を喫してしまう。 それでも後半立ち上がりの50分、直近5試合で3ゴール1アシストの頼れる男ウタカが魅せる。左サイドの白井から横パスを受けると、ボックス手前左から迷わず右足一閃。グラウンダーのシュートがゴール左に決まり、試合を振り出しに戻した。 60分には松田が決定機を迎えるが、ボックス左から狙ったシュートは、カバーに入っていた小島に頭で弾かれてしまう。逆に試合終了間際にはクロスバーに救われるなど勝ち切れなかった京都。磐田との勝ち点差は2ポイントのままとなった。 その他、金沢の本拠地に乗り込んだ甲府(勝ち点60)は、中村と須貝のゴールを守り切って3連勝。前日に新潟と引き分けていた長崎を抜いて3位に浮上している。 ◆第34節 ▽10/17(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 3</span>-0 松本山雅FC 栃木SC 1-1 ジュビロ磐田 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 2</span>-1 大宮アルディージャ ツエーゲン金沢 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ヴァンフォーレ甲府</span> レノファ山口FC 2-2 水戸ホーリーホック ザスパクサツ群馬 1-1 京都サンガF.C. ▽10/16(土) ブラウブリッツ秋田 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 FC町田ゼルビア</span> SC相模原 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 モンテディオ山形</span> ギラヴァンツ北九州 2-2 東京ヴェルディ V・ファーレン長崎 1-1 アルビレックス新潟 FC琉球 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 愛媛FC</span> 2021.10.17 19:15 Sun
twitterfacebook
thumb

京都、関西学院大3年の木村勇大が2023年加入内定 今季の特別指定選手登録も完了

京都サンガF.C.は1日、関西学院大学に在学するFW木村勇大(20)の2023シーズン加入内定を発表した。 現役大学3年生の木村はヴィッセル神戸U-15に所属した経歴も持つ身長184cm、体重81kgのストライカー。クラブによると、体格に恵まれた万能型で、「長身ながら足下のボールタッチも繊細でボールを収める技術もあり、スピードに乗ったドリブルからの突破、左右両足から放たれるシュートでゴールを量産することができる」という。木村は京都加入内定を受け、コメントした。 「この度、2023シーズンより京都サンガF.C.に加入することになりました関西学院大学の木村勇大です」 「幼い頃からの目標であったプロサッカー選手としてのキャリアを京都サンガF.C.という歴史ある素晴らしいクラブでスタートする事ができ、とても光栄に思います。小さい頃から常に支え続けてくれた家族、辛い時に背中を押し続けてくれたたくさんの友人、決して自分一人の力ではなく、様々な人に支え続けられてこの舞台まで来ることができたと身に染みて感じています」 「これからのキャリアにおいて常に感謝の気持ちを持ち続け、結果を出し、自分がお世話になった方々へ恩返しをしていきたいと思います。自分自身の夢や目標というものは、まだまだ高みにあります。その夢や目標を叶えるために、1日でも早くピッチに立ち、京都サンガF.C.のために結果を出していきたいと思います」 「京都サンガF.C.に関わる全ての皆さま、“一心”に戦い、数多くの勝利、歓喜を共に味わいましょう。皆さまに自然とご声援いただけるような、夢中になってもらえるような、そんな選手になります。これからよろしくお願いします」 なお、今季のJFA・Jリーグ特別指定選手登録も完了。背番号「50」をつけてプレーする。 2021.10.01 18:10 Fri
twitterfacebook
thumb

磐田躓き京都が首位浮上! 町田と長崎の上位対決は合計6ゴールの打ち合いに【明治安田J2第30節】

明治安田生命J2リーグ第30節の7試合が、18日に各地で行われた。 2位の京都(勝ち点61)はアウェイで山形(勝ち点49)と対戦。序盤のピンチをヨルディ・バイスの決死の守備で乗り切ると、44分に山形のカウンターをはね返し逆カウンターを発動。自陣右サイドから一気に最前線へボールが送られると、ディフェンスラインの裏へ抜け出したウタカが飛び出してきたGKをかわしてシュート。これはゴール目前でDF山崎にブロックされてしまうものの、セカンドボールを宮吉が押し込んだ。 リードした状態で後半を迎えた京都は荒木を下げて武田を投入。53分には福岡に代わって三沢がピッチに立つと、60分に敵陣右サイドのライン際での華麗なパス回しから三沢がボックス手前右でフリーに。三沢はここから迷わず左足を振り抜くと、これがネットを揺らして追加点を挙げた。 結局、このまま京都が点差をキープしたまま逃げ切り、岡山と引き分けた磐田を抜いて首位に浮上した。 大雨の影響で劣悪なピッチと化した町田GIONスタジアムで行われた、町田(勝ち点52)と長崎(勝ち点49)の上位対決は激しい点の取り合いとなった。 まずはキックオフ早々に長崎のカイオ・セザールが前線にグラウンダーのロングボールを放り込むと、濡れたピッチの影響でボックス手前でボールが急ストップ。町田DFは慌ててクリアを試みたものの、それが十分なクリアにならず、ボールは再び長崎の下へ。 そのクリアボールを拾った植中が短くエジガル・ジュニオに繋げると、ペナルティアークの手前から右足一閃。これがネットに突き刺さり、開始10秒でアウェの長崎が先制に成功した。 だが、その後は後半までスコアは動かず。それでも再び試合が動いたのも後半開始直後だった。54分、長崎の右CKの場面で山崎のアウトスイングのクロスをE・ジュニオが頭で合わせて追加点。 しかしその4分後、今度は町田の左CKの場面で、セカンドボールを拾った吉尾がボックス中央からシュートを放つと、ゴール前の佐野がコースを変えてゴールイン。試合はここからさらに激しさを増していく。 それからさらに4分後の62分、長崎は再びカイオ・セザールが攻撃の起点となり、ボックス右の毎熊に鋭い縦パスを供給。その折り返しをE・ジュニオが合わせてハットトリックを達成。アウェイチームが大きく勝利に近づく。 町田はその後、一挙に3選手を入れ替えて勝負に出る。すると76分、GK福井のロングフィードを、この交代で入った太田が相手ゴール前で収めてそのままゴールを決めて見せた。 これで再び1点差とした町田の勢いは俄然強くなり、迎えた86分、左サイドから吉尾が上げたクロスをボックス右で岡田が収めてバックパス。これをまたも太田がゴールに突き刺し、ついに同点に追いついた。 こうなると長崎は一転して負の連鎖にはまり、カイオ・セザールが2枚目のイエローカードで退場に。そして町田は最後までゴールに迫り続けたが、試合は3-3で終了。壮絶な打ち合いは痛み分けに終わった。 その他、上位返り咲きを目指す琉球(勝ち点51)は、ホームで16位の群馬(勝ち点29)に敗戦。これで3連敗となり、順位も7位に落としている。 また、大宮を1-0で下した甲府は3連勝で3位に浮上している。 ◆第30節 ▽9/18(土) 栃木SC 0-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 1</span>-0 愛媛FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 大宮アルディージャ モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 京都サンガF.C.</span> FC町田ゼルビア 3-3 V・ファーレン長崎 ジュビロ磐田 1-1 ファジアーノ岡山 FC琉球 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ザスパクサツ群馬</span> ▽9/19(日) ブラウブリッツ秋田 vs ギラヴァンツ北九州 相模原SC vs レノファ山口 東京ヴェルディ vs アルビレックス新潟 ツエーゲン金沢 vs 松本山雅FC 2021.09.18 22:17 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田、京都が揃って勝利、足踏みが続く新潟に町田が急接近し3位以下は混戦模様に【明治安田J2第29節】

11日、明治安田生命J2リーグ第29節の9試合が各地で行われた。 フクダ電子アリーナで千葉と対戦した首位磐田(勝ち点59)。鈴木のクロスや遠藤の縦パスなどからルキアンが何度かフィニッシュまで持ち込むも、千葉の堅守の前になかなか得点を奪えない。すると、ゴールレスでホイッスルかと思われた前半のアディショナルにPKを献上し、これを見木に決められてビハインドを背負って折り返した。 追い掛ける磐田は65分、大井が前線へのロングフィードを送ると、鈴木大輔が処理を誤ったこぼれ球を拾った小川大貴が流し込んで試合を振り出しに戻す。畳みかける磐田はルキアンのヒールパスからボックス内で金子、さらには鈴木雄斗のスルーパスからルキアンが狙い、千葉ゴールを脅かす。 押し込み続けた磐田は迎えた84分、大森が中央からスルーパスを送ると、高野がボックス左から折り返し、ゴール前でルキアンがタップイン。逆転に成功した磐田は、後半のアディショナルタイムにも前係がかりになった千葉の背後を取り、抜け出したルキアンが再び沈めて勝負あり。J2最多得点を誇る攻撃陣が火を噴き、逆転勝ちで首位をキープした。 上位対決となった2位京都(勝ち点58)と4位琉球(勝ち点51)の一戦はサンガスタジアム by KYOCERAで行われた。先手を取ったのは琉球。16分、沼田のクロスに阿部が頭で合わせてネットを揺らした。さらに、23分には武田がボックス内で倒されてPKを獲得。だが、京都はこれを守護神GK若原がストップすると、今度は川崎がボックス内で倒されて京都にPKが与えられる。これを41分にピーター・ウタカが沈めて試合を振り出しに戻した。 同点で迎えた後半も互いに1点を奪おうと攻勢に出る中、徐々にホームチームが主導権を握る。しばらくゴールを割れずにドローも頭をよぎり始めたが、後半のアディショナルにドラマが待っていた。右でボールを受けた白井がカットインから左足で巻いたクロスを送ると、頭で合わせたのはイスマイラ。途中出場の2人が値千金の決勝ゴールをたたき出し、京都が磐田を追走している。 直近4試合で無得点が3試合と、攻撃陣に陰りの見える3位新潟(勝ち点51)は、12試合負けなしの後に2連敗と、正念場を迎えている8位山形(勝ち点46)とホームで対戦した。新潟は10分に早川からボールを高木が収めて右サイドからクロス。ゴール正面で谷口がボレーで合わせて先制に成功した。 追い掛ける展開となった山形は36分にヴィニシウス・アラウージョのゴールで追い付くと、同点で迎えた61分には中原輝とヴィニシウス・アラウージョの連係から、最後は山田康太がネットを揺らして逆転に成功。これが決勝点となり、山形が3試合ぶりの勝利で6位に浮上した。 また、町田がドゥドゥの決勝ゴールで山口を下し、3連勝で4位に浮上。相模原は長崎とゴールレスドローで勝ち点1を積み上げ、暫定ながらも最下位を脱出した。金沢をホームに迎えた北九州は後半頭の高橋大悟のゴールを守り切り、5戦負けなしとした。 ▽9/11(土) ジェフユナイテッド千葉 1-3 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ</span> 2-0 松本山雅FC アルビレックス新潟 1-2 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形</span> 水戸ホーリーホック 0-3 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ブラウブリッツ秋田</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">京都サンガF.C.</span> 2-1 FC琉球 レノファ山口FC 0-1 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC町田ゼルビア</span> V・ファーレン長崎 0-0 SC相模原 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州</span> 1-0 ツエーゲン金沢 ファジアーノ岡山 0-1 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">栃木SC</span> ▽9/12(日) 《18:00》 ザスパクサツ群馬 vs ヴァンフォーレ甲府 《19:00》 愛媛FC vs 大宮アルディージャ 2021.09.11 22:18 Sat
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】京都、武田将平&本多勇喜が次節出場不可に

Jリーグは9日、出場停止選手の情報を更新した。 今回は7日に行われた明治安田生命J2リーグ第25節の松本山雅FCvs京都サンガF.C.を受けて、新たに京都からMF武田将平、DF本多勇喜の2選手が処分対象に。それぞれ警告の累積による1試合停止処分が科され、次節欠場が決定した。 【明治安田生命J1リーグ】 MF瀬古樹(横浜FC) 第28節 vs浦和レッズ(9/11) 今回の停止:1試合停止 MFハイネル(サンフレッチェ広島) 第28節 vs横浜F・マリノス(9/11) 今回の停止:1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 DFチャン・ミンギュ(ジェフユナイテッド千葉) 第29節 vsジュビロ磐田(9/11) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF武田将平(京都サンガF.C.) 第29節 vsFC琉球(9/11) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF本多勇喜(京都サンガF.C.) 第29節 vsFC琉球(9/11) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF田中陸(レノファ山口FC) 第29節 vsFC町田ゼルビア(9/11) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 FWブレンネル(いわてグルージャ盛岡) 第18節 vs鹿児島ユナイテッドFC(9/11) 今回の停止:3試合停止(3/3) 【JリーグYBCルヴァンカップ】 DF小川諒也(FC東京) 準決勝第1戦 vs名古屋グランパス(10/6) 今回の停止:1試合停止 2021.09.09 17:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly