秋田、長野からMF藤山智史を完全移籍で獲得! 「秋田の地でもう1度プレーできる機会をいただき感謝」

2021.07.07 16:54 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ブラウブリッツ秋田は7日、AC長野パルセイロからMF藤山智史(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。

藤山は2017年に鹿屋体育大学から秋田へ加入。3シーズンに渡ってプレーした後、2019年12月に長野へ完全移籍。今シーズンここまでは明治安田生命J3リーグで13試合に出場し、1ゴールをマークしていた。

1年半ぶりに秋田への復帰が決定した藤山は両クラブの公式サイトを通じて以下のようなメッセージを残している。

◆ブラウブリッツ秋田
「秋田の地でもう1度プレーできる機会をいただけた事にとても感謝しております」

「チームに貢献できるように全力を尽くし、秋田の勝利のために戦います。よろしくお願いします」

◆AC長野パルセイロ
「この度ブラウブリッツ秋田に移籍することになりました。この決断に至るまですごく悩みましたが、自分自身がチャレンジしたいという気持ちが強くあり、決断しました」

「素晴らしいスタジアムで、最高のファン・サポーターの皆さまと共に戦えたことは僕にとってかけがえのないものです。スタジアムで僕のユニフォームやグッズが見えた時、すごく嬉しかったです」

「そして自分自身を成長させてくれた横山監督には本当に感謝しております。長野パルセイロに関わる全ての皆さま、ありがとうございました」

「最後に、残りの長野生活1日1日を噛み締めて大切にします!ラスト1試合、共に戦い勝利しましょう!!」

なお、藤山の長野でのラストマッチは11日に行われるJ3第15節のY.S.C.C.横浜戦となる。

関連ニュース
thumb

福島、早稲田GK上川琢の加入内定&特別指定選手認定を発表「強い御縁と喜び、そして責任を感じます」

福島ユナイテッドFCは17日、早稲田大学に所属するGK上川琢(21)の来季加入内定及び特別指定選手認定を発表した。背番号は「31」を着用する。 神奈川県出身の上川は、湘南ベルマーレU-15平塚で育ち湘南ベルマーレU-18に昇格すると、現在福島の監督を務めている時崎悠監督に指導を受けた後に早稲田大学へ進学。そして今回、特別指定選手として福島入りしたことにより、再び時崎監督のもとでプレーすることとなる。 その上川は、クラブを通じてコメントをしている。 「2022シーズンより福島ユナイテッドFCに加入することになりました、早稲田大学 上川琢です。自分が幼い頃から抱いていたプロサッカー選手という夢を、クラブ創立10周年を迎える福島ユナイテッドFCでスタートできることを大変光栄に思います。現在監督をされている時崎さんには、湘南ベルマーレU-18で3年間大変お世話になり、再び活動を共に出来ることに強い御縁と喜び、そして責任を感じます」 「また、オファーをいただいた中で、自分が3月下旬に手術を負う怪我をしたにも関わらず、強化部の方々が常に自分を気にかけてくださったことは、感謝しても感謝しきれません。そして、サッカーのみならず、福島県の特産物をユニフォームにアレンジして試合でPRしたり、「農業部」として地域の方々と交流しながら農作業をする取り組みは、プロ選手としてのキャリアを積み上げていく上でも学びと成長に繋がるものと感じました」 「選手としては、DFライン背後のカバーリングと前線への配球を得意とする、攻撃的GKです。『面白く格好いい』このポジションの魅力を多くの人に伝えたいです。福島ユナイテッドを応援してくださる、ファン、サポーターの皆さま、関係者の皆様、よろしくお願いします!最後になりますが、常に自分のことを支えてくれた家族、今まで一緒に戦ってきたチームメイト、また自分に関わってくださった指導者の方々に、この場を借りて感謝を申し上げます」 2021.09.17 18:05 Fri
twitterfacebook
thumb

東京V、明大DF加藤蓮の加入内定&特別指定認定を発表

東京ヴェルディは17日、明治大学からDF加藤蓮(21)の来季加入内定を発表した。 加藤は北海道出身で、北海道コンサドーレ札幌のアカデミー育ち。来季からの加入となるが、今季のJFA・Jリーグ特別指定選手にも登録され、背番号「38」の着用が決定した。東京V入りを受け、クラブを通じて意気込みを語っている。 「来季から東京ヴェルディに加入することになりました、明治大学の加藤蓮です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手としてのキャリアを東京ヴェルディという歴史と伝統ある素晴らしいクラブでスタートできることを大変嬉しく思います。これまでサッカーを通して沢山の勇気や感動、希望や夢をもらってきました。これからは一人でも多くの方々に自分が届ける番です」 「家族をはじめ、これまで支えて下さった方々への感謝の気持ちを忘れずに、自分のプレーを通し恩返しをしていきたいと思います。日々全力で貪欲にこれからもチャレンジし続け、1日でも早くチームの勝利に貢献し、ファン・サポーターの方々と喜びを分かち合えるように日々精進します。応援よろしくお願いいたします」 2021.09.17 12:25 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪がユース所属のMF中村仁郎、FW坂本一彩と仮契約、来季昇格内定を発表

ガンバ大阪は16日、ユースに所属するMF中村仁郎(18/左)、FW坂本一彩(18/右)との仮契約を発表した。来シーズンからの加入が内定している。 中村は大阪府出身で、166cm、60kgの左利きのMF。ジュニアユースからG大阪に所属している。2019シーズン、2020シーズンはG大阪U-23として通算33試合に出場し5得点を記録。2020シーズンは明治安田生命J1リーグでデビューも果たしていた。 坂本は熊本県出身で、174cm、69kgの右利きのFW。JFAアカデミー福島U-15に所属し、ソレッソ熊本からG大阪ユースに加わった。2020シーズンはG大阪U-23として明治安田生命J3リーグで11試合に出場し3得点を記録していた。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF中村仁郎 「3歳の時からの夢であったガンバ大阪でプロサッカー選手になることができ、非常に嬉しく思います。これまで多くの壁に当たってきましたが、家族、友達、指導者、そしてサポーターの皆さんなど、今まで私が出会ってきた全ての方々のおかげで成長し、乗り越えてくることができました」 「今までもこれからも感謝の気持ちを忘れず、謙虚にひた向きにサッカーを楽しみますので、応援よろしくお願いします」 ◆FW坂本一彩 「幼い頃から憧れていたこのガンバ大阪でプロキャリアをスタートできることをとても嬉しく思います。これまで関わっていただいた方々にプレーで恩返しできるように、そしてガンバ大阪の勝利に貢献できるように全力で戦います。応援よろしくお願いします」 2021.09.16 17:25 Thu
twitterfacebook
thumb

柏が日本体育大学柏高校のDF土屋巧の来季加入内定を発表

柏レイソルは16日、日本体育大学柏高校のDF土屋巧(17)の来季加入内定を発表した。 土屋は、当時柏日体高校だった頃のMF広庭輝(2004年)以来となる2人目の入団となる。なお、アカデミー選手育成における相互支援契約締結後は初の入団となる。 土屋はクラブを通じてコメントしている。 「自分の夢だったプロサッカー選手になることができて、本当に嬉しく思います」 「今まで支えてくれた家族をはじめ、多くの方々への感謝を忘れることなく、柏レイソルの勝利やタイトル獲得に貢献できるような選手になれるよう全力でプレーしていきます。これから応援をよろしくお願いします」 2021.09.16 17:08 Thu
twitterfacebook
thumb

町田が山梨学院大学FW平河悠の2023シーズンの加入内定を発表「貪欲にプレーしていきたい」

FC町田ゼルビアは16日、山梨学院大学のFW平河悠(20)が2023シーズンから加入することが内定したことを発表した。 平河は佐賀県出身。佐賀東高校から山梨学院大学へと進学していた。 平河はクラブを通じてコメントしている。 「この度、2023年シーズンよりFC町田ゼルビアに加入させていただくことになりました、山梨学院大学の平河悠です」 「まず、自分の小さい頃からのプロサッカー選手という夢を、この素晴らしいクラブでスタートできることをとても嬉しく思います」 「これまで自分の事を支えてくれた両親、お世話になった指導者、そして自分を活かしてくれるチームメイトには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます」 「FC町田ゼルビアでは、感謝の気持ちを忘れずに自分らしく貪欲にプレーしていきたいと思います。FC町田ゼルビアのファン、サポーターの皆様、応援よろしくお願い致します」 2021.09.16 15:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly