フィオレンティーナがイタリアーノ新監督就任を発表! ガットゥーゾ電撃退任受けスペツィアから引き抜き

2021.07.01 01:18 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナは6月30日、ヴィンチェンツォ・イタリアーノ氏(43)の新指揮官招へいを発表した。契約期間は2023年6月30日までの2年となるが、1年間の延長オプションが付随している。

なお、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えるところによれば、6月初めにスペツィアと2023年までの契約延長にサインしたイタリアーノ氏の引き抜きに際して、フィオレンティーナは契約解除金の100万ユーロ(1億3200万円)の支払いと、同氏のチームスタッフを同行させるためにユース選手を譲渡することになるようだ。

今シーズンのセリエAを13位で終え、ジュゼッペ・イアキーニ監督(57)の退任が決定していたフィオレンティーナは来季からの新指揮官として前ナポリ指揮官のジェンナーロ・ガットゥーゾ氏の就任を5月25日に発表。

しかし、補強について上層部との間で意見の相違があったとして、先月17日に双方合意の下でガットゥーゾ氏の退任が発表されていた。

ヴィオラの新指揮官に就任したイタリアーノ氏は、現役時代に中盤の選手としてエラス・ヴェローナやジェノア、キエーボといったクラブで活躍。現役引退後はヴェネツィアのアシスタントコーチやトラパニの指揮官を歴任し、2019年に当時セリエBのスペツィアの指揮官に就任した。

そして、就任1年目に昇格プレーオフを制してクラブ史上初のセリエA昇格に導いたほか、今シーズンのセリエAを15位でフィニッシュさせていた。

関連ニュース
thumb

イタリア6部でプレーするボルハ・バレロ「プロに戻ることはない」

元スペイン代表MFボルハ・バレロ(36)がイタリア6部のセントロ・ストリコ・リボウスキでデビューを果たした。 昨シーズン限りでフィオレンティーナを退団し、一度は引退を発表したボルハ・バレロは、その2カ月後に上述のセントロ・ストリコ・リボウスキに入団した。同クラブはイタリア6部に属するノンプロクラブで、2010年にACリボウスキという名称だったクラブの運営をファンが引き継ぎ、当時所属していた最下層の9部から6部に昇格した実績を持つ。 そんなクラブにボルハ・バレロが入団するきっかけとなったのは、クラブからの熱烈なラブコール。元々、愛着のあるフィレンツェ滞在を希望していた元スペイン代表MFを、花の都を本拠地とするリボウスキが口説き落として実現したものだった。 そのボルハ・バレロが先日デビューを果たした。チームは敗れてしまったものの、ファンやサポーターの姿勢に感動したと、イタリア『La Repubblica』のインタビューで振り返っている。 「最高の気分だったよ。6月で引退を考えていたところ、セントロ・ストリコ・リボウスキがオファーしてくれてね。大きな感動を覚えたよ。負けてもスタジアムで歌いながら応援してくれる人たちがいる。このスポーツの醍醐味だね」 これまでクラブレベルでは通算583試合に出場したボルハ・バレロ。タイトルには恵まれなかったものの、充実したキャリアだったと回想した。ただ、プロに戻ることはないと明かしている。 「以前のことを思い出すと、私はフットボールに夢中だった。しかし、今はプロに戻ろうとは思っていない」 「私はサッカーのおかげで素晴らしい人生を送っているが、サッカー選手でなくても、このような生活を送ることはできる」 「レアル・マドリーでのデビューや代表チームでのデビューなど、多くの瞬間を楽しむことができた。フィオレンティーナでユベントスに4-2で勝った試合(2013-14)も最高だったよ」 「フィオレンティーナで決めた最後ふたつのゴールの時の歓声は今でも忘れられない。そして、これからもずっと忘れないだろう」 2021.09.22 15:38 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルが後半の3発でフィオレンティーナに逆転勝利《セリエA》

セリエA第5節が21日に行われ、インテルはフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨み、3-1で逆転勝利した。 3日前に行われた前節ボローニャ戦を6-1と圧勝し、3勝1分けとしたインテルは、ボローニャ戦のスタメンから4選手を変更。ジェコやチャルハノール、ペリシッチが先発に戻った。 ジェコとラウタロ・マルティネスの2トップで臨んだインテルは、開始1分過ぎにピンチ。ヴラホビッチのパスを受けたボックス内のニコラス・ゴンサレスにシュートを打たれるが、GKハンダノビッチが好飛び出しで凌いだ。 さらに10分、ルーズボールを拾われたボックス内のヴラホビッチに決定的なシュートを許すも、ここもGKハンダノビッチが防ぐ。 続く21分にはダンカンの強烈なミドルシュートが襲うもわずかに枠を外れて助かった。しかし23分、ついに失点する。ニコラス・ゴンサレスにボックス左への進入を許し、最後はソッティルにクロスボールを押し込まれた。 フィオレンティーナの勢いそのまま失点したインテルの反撃は37分、ペリシッチのクロスがオウンゴールを誘うも、わずかにオフサイドで同点とはならず。 迎えた後半、開始3分にヴラホビッチに際どいミドルシュートを打たれたインテルだったが、52分に追いつく。バレッラのパスを受けたボックス右のダルミアンがシュートを蹴り込んだ。 さらに55分、インテルが一気に逆転に成功する。チャルハノールの右CKからジェコのヘディングシュートが決まった。 それ以降はうまく試合をコントロールしたインテルが試合をクローズしていく。78分にはニコラス・ゴンサレスが抗議で2枚のイエローカードを立て続けに受けて退場となったフィオレンティーナに対し、数的優位となったインテルが87分に勝負を決定付ける。 ベシーノのスルーパスを受けたガリアルディーニがラストパスを送り、GKと一対一となったペリシッチが確実にネットを揺らした。後半の3発で逆転勝利としたインテルが4勝目を挙げている。 また、アタランタはサッスオーロをホームに迎え、ゴセンズとザッパコスタの両翼によるゴールで2-1の勝利。3勝目を挙げている。 2021.09.22 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

王者インテルとの大一番を控えるイタリアーノ監督「もう一つの誇りとなるだろう」

フィオレンティーナのヴィンチェンツォ・イタリアーノ監督が、インテル戦に向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 21日に行われるセリエA第5節でホームに王者インテルを迎えるフィオレンティーナ。開幕節のローマ戦を落としたものの、チームはその後3連勝で勝ち点9となっており、この試合に勝利すると勝ち点10のインテルを抜くことができる。 フィオレンティーナの躍進を主導するイタリアーノ監督は、試合に先駆けて行われた会見でインテルを称賛。シモーネ・インザーギ監督のチームに対し、少しの油断もできない語った。 「レアル・マドリー戦でも、ボローニャ戦でも、彼らは素晴らしい試合をした。インザーギのチームは、まったくもって世の中の風潮に左右されることはない」 「少しでも気が散るとインテルは我々に襲い掛かってくる。明日は重要なテストが待ち受けているが、残念ながら準備期間が1回のトレーニングしかない」 加えてイタリアーノ監督は、インテルとの大一番に際し多くの注目を浴びるだろうと明言。チャンピオンとの対戦が誇らしいと語った。 「インテルとの試合に、このような精神で臨むことになるとは思いもしなかったね。明日は多くの注目を浴びるだろうから、集中を切らさないようにしなければならない」 「この試合に出場することは、イタリアのチャンピオンと対戦することになり、我々にとってもう一つの誇りとなるだろう」 2021.09.21 16:55 Tue
twitterfacebook
thumb

胸部負傷で入院中のカストロヴィッリがファンにメッセージ 「以前よりも強くなって戻ってくる」

ジェノア戦の負傷で入院中のフィオレンティーナのイタリア代表MFガエターノ・カストロヴィッリが、自身の公式『インスタグラム』でファンからの励ましのメッセージに感謝を示した。 カストロヴィッリは18日に行われたセリエA第4節のジェノア戦(2-1で勝利)に先発出場。しかし、強い雨が降りしきる中の悪コンディションの中、前半半ばにゴール前に飛び込んだプレーでゴールポストに衝突。胸部を強く打った結果、プレー続行が不可能となり、そのまま地元の病院に緊急搬送されていた。 最初の診断では肋骨などに骨折は見つからなかったものの、胸郭に強い打撃を受けており、経過観察のために入院を余儀なくされている。 現時点で負傷の詳細や離脱期間は不明となっているが、カストロヴィッリは19日に負傷後初めて自身の『インスタグラム』を更新。ケガの状態を心配するファンに向けてメッセージを送っている。 「何が起こったのか心配してメッセージをくれたすべての人に感謝しているよ」 「僕はまだ経過観察中の状況にある。(早くフィレンツェに戻りたいよ) 回復時期はまだわからないけど、自分が着ているユニフォームに敬意を表して、以前よりも強くなって戻ってくると確信しているよ。グラツィエ!」 なお、現在セリエA3連勝とヴィンチェンツォ・イタリアーノ新監督の下で好スタートを切ったヴィオラだが、少なくとも今後数試合は背番号10を欠くことになるようだ。 2021.09.20 23:19 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴィオラの麒麟児ヴラホビッチがゴール量産体制! 2021年21試合で20得点

フィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチが目下急成長中だ。 母国の名門パルチザン・ベオグラード出身のヴラホビッチは2018年夏にフィオレンティーナに加入。190cmの恵まれた体格とストライカーとしての得点感覚を武器に2019-20シーズンから頭角を現すと、昨季はセリエA37試合で21ゴールをマーク。今夏の移籍市場でのステップアップも噂された。 結局残留して迎えた今シーズン、ヴラホビッチはセリエA開幕3試合で早くも3ゴールを記録。11日に行われた第3節のアタランタ戦では、2ゴールの活躍でチームを2勝目に導いた。 この日の2ゴールで、2021年のセリエAでは21試合で20得点に到達。比較対象としてポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、2020年にセリエAで33ゴールを挙げている。 対象が少し巨大過ぎたかもしれないが、2021年残りの2カ月半で16試合残っていることを考慮すると、ロナウド超えも不可能ではない。また、それがわずか21歳の若手ということも忘れてはならない。 そんなヴラホビッチにはアトレティコ・マドリーやトッテナム、さらにはマンチェスター・シティも関心を示しているようで、来夏には契約が残り1年を切ることから、このままいくと激しい争奪戦となることが予想されている。 なお、『transfermerkt』によると、フィオレンティーナ加入の際の移籍金はわずか195万ユーロ(現レートで2億5000万円)程度だったようだ。 2021.09.12 14:26 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly