トッテナムが冨安健洋獲りへ! 交渉開始と英『スカイ』報じる

2021.06.28 11:22 Mon
Getty Images
トッテナムがボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋(22)の獲得に乗り出したようだ。
PR
2019年7月のボローニャ入りから2シーズンで公式戦63試合に出場し、イタリアで高い評価を得ている冨安。ボローニャとの契約を2024年まで残すなかで、今冬にミラン、そして今夏にもアタランタといった国内有力クラブの関心が取り沙汰されるが、プレミアリーグ“ビッグ6”の一角であるトッテナムも争奪戦に名乗りを上げたという。
イギリス『スカイ・スポーツ』によると、トッテナムは冨安獲得に向けて、交渉を開始。今夏からトッテナムのマネージング・ディレクターに就任したイタリア人のファビオ・パラティチ氏が主導となり、冨安獲得に動き出した模様で、ボローニャ側は最低でも移籍金として2000万ユーロ(約26億1000万円)を求めているとみられる。

今季のプレミアリーグでビッグ6のなかで最多の45失点を喫したトッテナムは右サイドバックを務めるコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエが退団を希望。昨年10月にウェールズ代表DFジョー・ロドンを加えたセンターバックにおいてもさらなる補強を目指しているようだ。

その候補として、フルアムのデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセンやサウサンプトンのデンマーク代表DFヤニク・ヴェステルゴーアらも挙がるが、センターバックだけでなく、右サイドバックもこなせる冨安の動向にも目を光らせ、交渉に発展したものと思われる。

PR
関連ニュース

ジェノアがスペンスの買い取り検討、今冬にトッテナムからレンタル加入

ジェノアはトッテナムからレンタル加入中のU-21イングランド代表DFジェド・スペンス(23)について、完全移籍での獲得を目指しているようだ。 スペンスは2022年夏にノッティンガム・フォレストからトッテナムへ加入。しかし、当時指揮を執っていたアントニオ・コンテ監督からの信頼は掴めず、半年後にスタッド・レンヌへレンタル移籍となった。 今シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズ・ユナイテッドへ武者修行に出たが、負傷もあって主軸の座は掴めず。今冬にレンタル先をジェノアへ変更した。 ジェノアではシーズン途中加入ながら、ここまでセリエAで9試合に出場。イギリス『caught offside』によると、クラブは1000万ユーロ(約16億4000万円)に設定された買い取りオプションの行使を検討しているようだ。 クラブのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるマルコ・オットリーニ氏はスペンスについて問われた際、「彼とは毎週話をしている。我々は彼がパフォーマンスを発揮するのに適切な条件を与えたい」「残り7試合で彼が何を見せてくるれるかを確かめる。個人的に、彼の姿勢は好きだ」と語っており、買い取りに動く可能性を示唆している。 ジェノアは早い段階で買い取りオプションの行使を表明することで、買い取り金額の減額を図れないか探る模様。トッテナムの回答によっては、早い段階でスペンスの去就が決着する可能性もある 2024.04.11 16:55 Thu

「本当に深い絶望を経験した」リバプールなどで活躍した元イングランド代表MFマーフィーが引退後のコカイン中毒を告白「夢中になっていた」

現役時代はリバプールやトッテナム、フルアムなどでプレーした元イングランド代表MFダニー・マーフィー氏が、コカイン中毒になったことを明かした。イギリス『BBC』が伝えた。 クルーでプロキャリアをスタートさせたマーフィー氏は、リバプール、チャールトン、トッテナム、フルアム、ブラックバーンでプレー。2013年7月に現役を引退した。 プレミアリーグでは417試合に出場し51ゴール54アシストを記録。リバプール時代にはUEFAカップ、FAカップ、EFLカップを2度制するなど、タイトル獲得も経験していた。 イングランド代表としても9試合に出場し1ゴールを記録。ユーロやワールドカップとは縁がなかったが、中盤での職人的な働きでチームに貢献していた。 引退後は解説者としての仕事をしていた中、YouTubeチャンネル『Ben Heath Podcast』で自身の問題について告白。引退後にコカイン中毒になったことを明かした。 「サッカーがなくなると、問題は大きくなっていく」 「サッカーをするとアドレナリンやドーパミンが分泌され、前向きな思考とエネルギーが保たれる」 「私はコカインと大麻の喫煙に夢中になっていた。酒は飲まなくても生きていけた。私はアルコール依存症ではなかったた。アルコールのある家に座っていても、それを飲まなくても大丈夫だった」 アルコールに溺れる選手も多い中、マーフィーは問題なかったとのこと。ただ、コカインに手を出してしまい、なければ何にもできないと感じるようになったという。 「一時期はそうだった。コカインなしでは何もできないと思うようになった。それはナンセンスで、もちろんそんなことはない」 「最初はなんとかなるが、週に1回、週に2回、3日も余分にやってしまう。最終的にはそれが蓄積して、自分の心を掴んでしまう」 それでも周囲のサポートもあり、今は問題ないとのこと。ただ、周りが手を差し伸べてくれたことは驚いたという。 「私は本当に深い絶望を経験した。今ではさらに多くの助けがある」 2024.04.10 20:20 Wed

「戦術的なことは全くしない」トッテナムで干されたダイアーがポステコグルー監督のトレーニングについて語る

バイエルンのイングランド代表DFエリック・ダイアーが、トッテナムでのアンジェ・ポステコグルー監督の指導方法について語った。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 イングランド人でありながら、ポルトガルのスポルティングCPの下部組織で育ったダイアー。そのままファーストチームに昇格すると、2014年7月にトッテナムに完全移籍。10シーズ目を迎えた中、苦しい立場となっていた。 トッテナムでは公式戦365試合に出場。マウリシオ・ポチェッティーノ監督、ジョゼ・モウリーニョ監督、アントニオ・コンテ監督の下でもプレーした中、ポステコグルー監督の前では序列が一気に低下。11月まで出場機会がいないと、4試合の出場に終わり、バイエルンへとレンタル移籍。フリーでの完全移籍も決定している。 そのダイアーは『Sky Bet』が送るYouTube番組「オーバーラップ」で元イングランド代表DFで解説者として活躍するギャリー・ネビル氏と対談。ポステコグルー監督の指導方法について言及した。 「興味深いことに、彼は実際には(トレーニング中に)戦術的な仕事は全くしない」 「彼がやっていることは、月曜日から金曜日までの全てのトレーニングドリルが、彼が望んでいるプレースタイルを表すために作成されているということだ」 「コンテ、僕は盲目的に行うことができた。しかし、それは月曜日から金曜日まで、多くの戦術的な仕事であり、多くの10vs0、実戦形式だった。よく訓練されているから、それが染み付いているんだろう」 オーストラリア代表、横浜F・マリノス、セルティックと監督として成功を収めてきたポステコグルー監督だが、ダイアーにとっては意外なトレーニングと感じられたようだ。 2024.04.09 22:45 Tue

プレミア勢からの関心受けるシマカン、約115億円の契約解除条項が存在か

RBライプツィヒのフランス人DFモハメド・シマカン(23)には、契約解除条項が存在するようだ。 フランスのストラスブールでプロキャリアをスタートさせたシマカン。2021年7月にライプツィヒへ加入すると、フィジカルの強さやスピードに加え、センターバックと右サイドバックを務めるユーティリティ性の高さも発揮し、主力に定着した。 今シーズンも公式戦37試合に出場して2ゴール2アシストを記録するシマカンだが、ドイツ『スカイ・スポーツ』によると今夏の移籍市場でチームを離れる可能性があるとのことだ。 シマカンとライプツィヒの契約は2027年6月まで残る一方で、7000万ユーロ(約115億円)の契約解除条項が存在する模様。クラブは売却を望んではいないものの、交渉次第では値下げに応じる可能性もあるようだ。 シマカンにはトッテナムやニューカッスルなどプレミアリーグ方面からの関心が囁かれており、今夏の去就が注目されている。 2024.04.09 15:45 Tue

「うまく対処できた」トッテナムがトップ4フィニッシュへ、ポステコグルー監督は残留争い中の相手の勝利に「今日は満足」

トッテナムのアンジェ・ポステコグルー監督が、ノッティンガム・フォレスト戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 7日、プレミアリーグ第32節でトッテナムはホームにフォレストを迎えた。 トップ4入りを目指すトッテナムと、残留を目指すフォレストの対戦。目指すものは大きく違うが、互いに勝利が欲しい一戦だった。 試合は開始15分にオウンゴールでトッテナムが先制するも、27分に同点に追いつかれてしまう。 迎えた後半、53分にミッキー・ファン・デ・フェンのゴールで勝ち越すと、58分にはペドロ・ポロが追加点。DF2人のゴールで突き放し、3-1で勝利した。 試合後、ポステコグルー監督はゲームを振り返り、良いコントロールができたとコメント。失点は悔やみながらも、選手たちが素晴らしい反応を見せたと称えた。 「今日は満足している。全てが少しずつ揃っていた。ゴールだけではなく、試合のスタートも良く、試合を上手くコントロールできた」 「その後、カウンターから失点したが、それは残念だった。前半の最後の最後で道を誤ったと思ったが、素晴らしい反応を見せ、後半は全体を通して本当に優勢だった」 「我々は良いサッカーをして、良いゴールをいくつか決め、勝ち点を求めて全てを懸けて戦っているチームを相手に、さらにゴールを決めた。どのチームも何かのために戦っていると思うが、我々は本当にうまく対処できたと思う」 <span class="paragraph-title">【動画】トッテナムがトップ4フィニッシュへしっかり勝利!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="uT2PP8Oa1CY";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.08 12:50 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly