フェルマーレンからのボールが…「W杯の再現?」バチュアイに顔面直撃の“悲劇”再び

2021.06.24 11:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベルギー代表FWミッチー・バチュアイを“再び”悲劇が襲った。

バチュアイと言えば、2018年に行われたロシア・ワールドカップのグループリーグ第3節イングランド戦での一幕が有名。

味方のMFアドナン・ヤヌザイが華麗なゴールを決めた直後に喜びを爆発させると、ゴールから出てきたボールを拾い上げ、再びゴール内に蹴り込んだ。しかし、蹴ったボールはポストに直撃、跳ね返ってバチュアイの顔面にヒットするという自爆シーンをカメラに抜かれ、大きな話題となっていた。

そんなバチュアイは現在、ベルギー代表の一員としてユーロ2020に参加しているが、またしても悲劇に襲われた。

ベルギー代表の公式インスタグラムは「愛があなたを強く襲った時…再び」というコメントとともに、バチュアイのアカウントをタグ付けしながら練習中の一コマを投稿した。

そこには選手たちが鳥かごに臨んでいる姿が。しかし、ヴィッセル神戸に所属するDFトーマス・フェルマーレンのタッチが強くなってしまい、そのボールがバチュアイの顔面に直撃する様子が映っていた。

チームにもいじられたバチュアイは、「思い出した?」とコメントで返信。多くのファンからも「なんでいつもバチュアイなんだ」「W杯の再現?」「フラッシュバックだ」と当時を思い出す声が多く寄せられた。

ベルギー代表はグループBを3連勝で首位通過。決勝トーナメント1回戦ではいきなり前回王者のポルトガル代表(グループF 3位)と対戦する。



1 2
関連ニュース
thumb

ユーロで失意のベルギー、マルティネス体制継続へ!

ベルギー代表は今後も現体制を継続するようだ。ベルギー『SPORZA』が報じている。 ベルギーは先日までユーロ2020に参戦。FIFAランキング1位につけ、主軸の黄金世代も20代後半から30代前半と全盛期を迎えており、優勝候補筆頭と目されての今大会だったが、準々決勝のイタリア代表戦に敗れ、前回大会に続いてベスト8で姿を消した。 その結果を受けて、一部で退任が取り沙汰されたロベルト・マルティネス監督(47)だが、ベルギーサッカー協会(KBVB)の最高経営責任者(CEO)を務めるピーター・ボサエルト氏が今後も現体制継続の方針を示した。 「我々は9月と10月に向けて、もう準備を始めており、ロベルト・マルティネスもここにいるだろう。正式なやり取りはしていないが、スタッフ陣を変更する理由もない」 「それと、マルティネスが自ら辞めるとも思っていない。こういうムードになるのもわかるが、現時点でマルティネスに何の問題もない」 「うまくいっている他のビジネスと同様、我々も長期的な評価を重んじる文化があり、今回の結果だけが実際の評価というわけじゃない」 なお、失意のベルギーは9月からカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選が再開。チェコ代表、ウェールズ代表、ベラルーシ代表、エストニア代表と同居のグループEに属して、ここまで2勝1分けの勝ち点7で首位に立つ。 2021.07.06 08:45 Tue
twitterfacebook
thumb

クルトワ姉がスピナッツォーラに謝罪! 負傷時に時間稼ぎと揶揄

ベルギー代表GKティボー・クルトワの実の姉であるヴァレリー・クルトワが、イタリア代表MFレオナルド・スピナッツォーラの負傷時にSNSに投稿した内容を謝罪した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 両親と同じバレーボール選手でベルギー女子代表にも名を連ねるヴァレリーは、弟を直接応援するために2日にミュンヘンで行われたユーロ2020準々決勝のイタリア戦をスタンド観戦していた。 そして、ベルギーの1点ビハインドで迎えた79分にMFトルガン・アザールを後追いする形でスプリントした際に足を痛めたスピナッツォーラに対して、時間稼ぎを疑ったのか、ピッチ上に倒れ込む同選手の様子を写した画像と共に、「あれは私たちが商売のこつ(巧妙なやり方)と呼んでいるものよ」と、揶揄するキャプションを付けた『インスタグラム』の投稿を行っていた。 しかし、試合後にスピナッツォーラがアキレス腱を断裂する重傷であったことを知ったヴァレリーは、自身もプロアスリートであることもあり、前述の投稿を猛省。『インスタグラム』を通じて、スピナッツォーラに謝罪を行うと共に、同選手の一刻も早い回復を祈っている。 「スピナッツォーラのケガがこのようなもの(重傷)だということを知って、とても申し訳なく思っています。そして、あの場での自分の反応について謝罪します。そして、彼が良い回復をすることを心から願っています」 興奮状態のスタンドでは相手のケガの状態がわからず、時にフラストレーションによって強い反応を示してしまうことは多々見受けられるが、自身の行動を顧みてきちんと謝罪したヴァレリーの姿勢は適切なものだったと言えるはずだ。 2021.07.04 22:03 Sun
twitterfacebook
thumb

クルトワとデ・ブライネが失点シーンを反省 「先制点を簡単に与えてしまった」

ベルギー代表のGKティボー・クルトワとMFケビン・デ・ブライネが、ユーロ2020での準々決勝敗退に肩を落としている。 ベルギーはベスト4進出をかけて2日にイタリア代表と対戦。31分にMFニコロ・バレッラのゴールで先制されると、44分にはFWロレンツォ・インシーニェに追加点を決められてしまう。前半アディショナルタイム2分にFWロメル・ルカクがPKで1点を返したものの、その後は相手GKジャンルイジ・ドンナルンマの好守もあり、1-2で敗れている。 準々決勝での敗退を受けてクルトワはベルギー『sporza』のインタビューで、失点シーンでの反省を口にした。 「とても良いチームと対戦した。相手は試合の序盤で少し焦っていたけど、GKが素晴らしいセーブをしていたよ」 「先制点を簡単に与えてしまった。2つ目のゴールシーンでは、(インシーニェに)寄せなければならなかったと思う」 「0-2のスコアから1点返して、もう1点取れるような気がしていたけど実現しなかった。クロスで2回チャンスがあったけど届かなかったね」 また、今大会がこの世代にとって最後のユーロ優勝のチャンスだったのか、という質問を素直に認めつつも、主要タイトル獲得は諦めていないようだ。 「そうだね、次のユーロまでの3年間は長い」 「でも、その前にネーションズリーグとワールドカップが控えているよ」 一方、5月のチャンピオンズリーグで鼻と左眼窩を骨折し、ラウンド16のポルトガル戦では靭帯損傷による負傷交代を余儀なくされながらも、イタリア戦に先発出場したデ・ブライネは、敗戦のショックを認めつつも、メディカルスタッフには感謝を示している。 「失望している。この試合に勝つためにすべてを出し切ったよ」 「1失点目は僕たちのミスだ。2失点目のゴールは相手が素晴らしかったね。同点に追いつけなくてとても残念だよ」 「個人的にこの数週間は奇妙な感覚だった。メディカルスタッフには感謝しかない。靭帯を切った後もプレーできたことは本当にすごいことだ」 「プレーしなければいけないというプレッシャーも感じていた。チームのために100パーセント以上のことをしたよ」 前回大会のユーロ同様に準々決勝敗戦となったことに関しては「(ユーロ2016の)ウェールズ戦のような屈辱的な結果にはならなかった。最小限の差で負けてしまったね」と、比較的ポジティブに捉えているようだ。 2021.07.03 14:32 Sat
twitterfacebook
thumb

イタリアが優勝候補ベルギーを撃破、スペインと準決勝で激突《ユーロ2020》

ユーロ2020準々決勝、ベルギー代表vsイタリア代表が2日にミュンヘンで行われ、1-2でイタリアが勝利した。 ポルトガル代表との優勝候補対決を1-0で制したベルギーは、アザールが負傷欠場となったものの、ポルトガル戦で負傷交代していたデ・ブライネが先発となった。 一方、オーストリア代表に延長戦の末2-1と競り勝ったイタリアは、キエッリーニが負傷から復帰。オーストリア戦でゴールを決めたキエーザが今大会初先発となった。 デ・ブライネが3トップの中央に構える布陣としたベルギーがやや押し込む展開で立ち上がった中、イタリアが13分に先制しかける。右サイドからのインシーニェのFKをボヌッチが押し込んだが、VARの末にわずかにオフサイドがありノーゴールに覆った。 助かったベルギーは22分に決定機。デ・ブライネが持ち上がってペナルティアーク右から左足を一閃。強烈なシュートが枠の左を捉えたが、GKドンナルンマのビッグセーブに阻まれた。さらに26分、ロングカウンターからルカクが決定的なシュートを浴びせるも再びGKドンナルンマのファインセーブに阻まれる。 すると守護神が奮闘したイタリアが31分に先制する。ヴェルトンゲンのミスパスをカットして二次攻撃を仕掛けると、ボックス右でヴェッラッティのパスを受けたバレッラがドリブルでDF3人を剥がして右足を一閃。ゴール左隅にシュートが決まった。 先制後、流れを引き寄せるイタリアは44分にビューティフルゴールでリードを広げる。ハーフラインでボールを受けたインシーニェが持ち上がってボックス手前左から右足を一閃。完璧なコントロールシュートがゴール右に決まった。 それでも45分、ベルギーは左サイドで仕掛けたドクがスピードでボックス内に進入したところでディ・ロレンツォに倒されPKを獲得。このPKをルカクが決め、1点差として前半を終えた。 迎えた後半、イタリアが押し込む流れで推移する中、ベルギーが61分に同点のチャンス。ショートカウンターに転じた流れからデ・ブライネがボックス左に進入。クロスをファーサイドのルカクが押し込みにかかるも、ゴールライン前に戻ったスピナッツォーラの好ブロックに阻まれた。 同点のチャンスを逸したベルギーはメルテンスを投入。デ・ブライネが中盤に下がった。オープンな展開で終盤に差し掛かった中、イタリアにアクシデント。76分、スピナッツォーラがスピードに乗った際に左足を負傷し、プレー続行不可能となってしまった。 終盤、ドクの仕掛けで同点のチャンスを窺うベルギーに対し、集中した守備で凌いだイタリアが2-1で逃げ切り。優勝候補ベルギーを下し、準決勝ではスペイン代表と対戦する。 2021.07.03 05:58 Sat
twitterfacebook
thumb

「伝説のカウンター」あれから丸3年…日本が世界の力を感じたベルギーのスペシャルなカウンターが再脚光

2018年7月2日。3年前の出来事を覚えているだろうか。 FIFAのワールドカップ公式ツイッターが1本の動画を共有。それは、ロシア・ワールドカップ ラウンド16のベルギー代表vs日本代表のあのゴールだった。 大会直前にヴァイッド・ハリルホジッチ監督を解任した日本代表は、西野朗監督が急遽率いてロシアW杯に臨んだ。 グループHに入った日本は、初戦でコロンビア代表相手に香川真司と大迫勇也のゴールで1-2と勝利。2戦目のセネガル代表戦は2度相手にリードされる展開となったが、乾貴士と本田圭佑のゴールで2-2の引き分けに終わった。 そして迎えた第3節。ポーランド代表と対戦した日本は、0-1でリードされる展開に。しかし、フェアプレーポイントでの勝ち抜けを考え、ビハインドながら攻め込まない展開を見せると、そのまま試合終了。狙い通り、フェアプレーポイントでの勝ち上がりを決めた。 そして迎えたラウンド16。相手は優勝候補にも挙げられていたベルギーだった。 そのベルギー相手に前半を0-0で終えた日本は、48分に原口元気のゴールで先制。さらに52分には乾貴士のゴールでリードを0-2と広げる。 まさかの展開に多くの日本人は胸が踊っていた一方で、負けるわけにいかないベルギーは選手交代で手を打つことに。すると69分にヤン・ヴェルドンゲン、74分にマルアン・フェライニと空中戦を使われて同点に追いつく。 日本も粘りを見せて攻め込む中、誰もが延長戦にもつれ込むと思った後半アディショナルタイム4分に悲劇が待っていた。 日本は攻め込むと左CKを獲得。これを本田がゴール前にクロス。しかし、これはGKティボー・クルトワがキャッチする。すると、すぐさま周囲を見たクルトワはアンダースローでボールを前へ。これをケビン・デ・ブライネが受けてドリブルを開始。ベルギー全体がカウンターの形に入ると、そのまま相手陣内まで持ち上がって右サイドへスルーパス。これを右サイドを上がっていたトーマス・ムニエが受けると、ダイレクトでグラウンダーのクロス。中央のロメル・ルカクがスルーすると、走り込んだナセル・シャドゥリが押し込み、ベルギーが奇跡の逆転を果たした。 日本人にとっては当然ながら、世界中のサッカーファンにとっても忘られない一戦となったこの試合。公開されると「最高の試合だった」 「伝説のカウンターアタック」とベルギーの綺麗なカウンターに称賛の声が。一方で「これはスイスvsフランスか?」という声もあり、先日のユーロ2020のラウンド16になぞらえる人も出てきた。 この勝利、実はW杯では偉業の1つであり、ノックアウトステージで2点差を逆転して勝ち上がったのは48年ぶりだった。 なお、劇的勝利からちょうど3年が経った2021年7月2日、日本に勝利したベルギーはユーロ2020ベスト4をかけてイタリア代表との準々決勝に臨む。 <span class="paragraph-title">【動画】日本をどん底に落としたベルギーのスペシャルなカウンターアタック</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> 48 years had passed since a team recovered a two-goal deficit and won a knockout-phase <a href="https://twitter.com/hashtag/WorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldCup</a> game until a Belgian miracle <a href="https://twitter.com/hashtag/OnThisDay?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#OnThisDay</a> in 2018<br><br>Nacer Chadli completed a sensational counter-attack to rewrite history <a href="https://twitter.com/NChadli?ref_src=twsrc%5Etfw">@NChadli</a> | <a href="https://twitter.com/BelRedDevils?ref_src=twsrc%5Etfw">@BelRedDevils</a><a href="https://t.co/tzvoWhVbp7">pic.twitter.com/tzvoWhVbp7</a></p>&mdash; FIFA World Cup (@FIFAWorldCup) <a href="https://twitter.com/FIFAWorldCup/status/1410860793071996930?ref_src=twsrc%5Etfw">July 2, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJQckpzNmlUeCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.02 22:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly