昇格ノリッジがブレーメンのエースFWラシツァを獲得!

2021.06.23 00:59 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新シーズンからプレミアリーグに昇格するノリッジ・シティは22日、ブレーメンからコソボ代表FWミロト・ラシツァ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。なお、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、移籍金は940万ポンド(約14億5000万円)となったようだ。

プレースタイルは異なるものの、アストン・ビラに引き抜かれたアルゼンチン代表MFエミリアーノ・ブエンディアに代わる新たな攻撃の軸として期待されるラシツァは、自身初のプレミアリーグ挑戦に向けて意気込みを語っている。

「ノリッジのファンの皆さんの前で、そしてプレミアリーグでプレーできることをとても楽しみにしているよ。もちろん、すべての試合でこのフットボールクラブのためにベストを尽くし、多くのゴールとアシストでファンを興奮させたいと思う。始まるのが待ち遠しいよ」

「クラブのこと、特にダニエル・ファルケの下でのプレースタイルについてはいくつか知っている。僕はプレーヤーとして、また人間として学び、成長し続けたいと思っている」

「監督とはすでに話をしていて、彼が僕に何を求めているかはわかっているよ。最近の彼との会話は大きな助けになったし、とても興奮しているんだ」

故郷コソボのヴシュトリアでプロキャリアをスタートしたラシツァは、2014年にオランダのフィテッセを経て2018年1月にブレーメンへステップアップ。

粗削りな部分が目立つも左ウイングやセカンドトップを主戦場に果敢な縦への仕掛けや、快足を生かしたスペースへの飛び出しなど、チームに推進力を与えるプレーを特長とする24歳FWはブレーメンでの3年半で、公式戦100試合に出場し、27ゴール19アシストの数字を残していた。

今シーズンはブンデスリーガ24試合で3ゴール5アシストを記録していたが、チームが41年ぶりの2部降格の憂き目に遭った中で今夏の退団が決定的と見られていた。
関連ニュース
thumb

契約延長のノリッジ指揮官「自分がいかに恵まれた状況にいるか知っている」

ノリッジのダニエル・ファルケ監督が、今後のチームの目標やクラブへの感謝について語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ファルケ監督は2017年5月にノリッジの指揮官に就任すると、2018-19シーズンに4シーズンぶりとなるプレミアリーグ昇格を達成。しかし、2019-20シーズンは開幕から厳しい戦いが続くと最下位でシーズンを終え、1年での降格となった。 しかし、クラブのファルケ監督に対する信頼は厚く、留任が決定。するとチームは昨シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)で躍動し、29勝10分け7敗の成績で2度目のチャンピオンシップ優勝と再びのプレミアリーグ昇格を決めた。 その功績が認められ、先日には2025年までの契約延長に至ったファルケ監督は、今後の目標についてイングランドのトップ26に留まりたいと回答。同時に、目先の順位にはそれほどこだわらないことを強調している。 「我々の第一の目標にして最大の目標は、この国のトップ26の一員であり続けることだ。いつかは常にプレミアリーグの20位以内でプレーしたいと思うが、たとえそうでなくてもチャンピオンシップの6位以内には入りたい」 「これが我々の目標であり、自己資金で運営しているクラブにとっての大きな目標だった。我々は今、この一貫性を達成している。チャンピオンシップで優勝してプレミアリーグを戦い、再びチャンピオンシップで優勝した。そしてまたプレミアリーグに向かう」 「当然、これは我々が望むことだ。次のステップは、確立されたプレミアリーグのクラブになることだね。我々に甘さはなく、チームがタイトルを目指すため戦っているわけではないと理解している。それでも、シーズンごとにクラブを発展させていきたい」 「私は毎シーズン、すべてをやり遂げる準備ができている。もし今ここに書類があり、サインすれば今シーズンは17位で終わり残留が保証されると言われたとしても、私はサインしないだろうね」 「もちろん残留すれば大成功であり、街中で降格をしなかったパレードを行い、皆が褒めてくれるだろう。それでも私は順位にはあまりこだわらず、次のシーズンが終わった後で、自分たちのチャンスにベストを尽くしたと言いたい」 また、ファルケ監督はプレミアリーグからの降格後、クラブが留任の判断を下したことに言及。自分を信じてくれるクラブへの感謝を口にしている。 「我々の関係がフットボール界で非常に珍しいことだとは理解している。そして私は自分がいかに恵まれた状況にいるか知っているよ。クラブには信じられないほどの感謝と謙虚さ、感情がある。監督が何か特別なものを作り、何年も留まることを許されていた時代はもう遠い昔になりつつあるからこそ、ただ感謝している」 「1年前の(降格した際の)状況を覚えている。通常、降格した後には『新しい監督が必要だ』と言われるものだが、実際には逆だった」 「クラブの主要なスタッフは私に他の選択肢があり、2部に戻りたくないのではと心配していた。だが私は、すべての信頼、サポート、助けに対して何かお返しをしたいという気持ちがあったんだ。だからこそ残留を決断したが、それは確実に正しい決断だった」 2021.07.23 17:51 Fri
twitterfacebook
thumb

ノリッジ、2度のチャンピオンシップ優勝に導いたファルケ監督との契約を2025年まで延長

ノリッジは21日、ダニエル・ファルケ監督(44)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 2017年5月にノリッジの指揮官に就任したファルケ監督は、就任2年目の2018-19シーズンにクラブを4シーズンぶりのプレミアリーグ昇格に導いた。しかし、2019-20シーズンは開幕から苦しむと、最終的には最下位で終了し1年で降格。 再びチャンピオンシップ(イングランド2部)での戦いとなった昨シーズンは、開幕から好調を維持すると第42節終了時点で1年でのプレミアリーグ復帰を決めると、最終的に29勝10分け7敗の勝ち点97、75得点35失点という素晴らしい成績で2度目のチャンピオンシップ優勝に導いた。 新契約にサインしたファルケ監督は、クラブの公式サイト以下のようにコメントしている。 「このような瞬間を迎えることができて、本当に感無量だよ。すべての信頼とサポートにとても感謝している。このような特別なクラブと、素晴らしいオーナーであるデリアとマイケルと一緒に、仕事を続けさせてもらえることを嬉しく思っている」 「また、スチュアート・ウェバーSDの信頼と支援、私のスタッフや選手、そしてサポーターの皆さんにも感謝しなければなりません。我々はこのクラブで特別な関係を築いているよ」 「これからは、次のステップに進み、このクラブがプレミアリーグに定着するために全力を尽くすよ」 2021.07.22 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ノリッジが主将を務めるスコットランド代表DFハンリーと契約延長

昇格組のノリッジは19日、スコットランド代表DFグラント・ハンリー(29)との契約期間を2025年6月30日まで延長した。 新契約にサインしたハンリーは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「とても嬉しいよ。そして、このチャンスを与えてくれた人々にとても感謝している。初めてここに来た時から歓迎されていて、チームの一員であることを感じさせてくれた」 「将来をこのクラブに託すことは僕にとっても家族にとっても大きな意味がある。ノリッジは住みやすく、僕のパートナーもここを気に入っているんだ」 2017年の夏にニューカッスルからノリッジに加入したハンリーは、これまで4シーズンで公式戦106試合に出場。2019-20シーズンからはキャプテンを務め、昨季はチャンピオンシップ(イングランド2部)42試合に出場。2シーズンぶり3度目のチャンピオンシップ制覇に貢献した。 また、2011年にデビューしたスコットランド代表では、通算36試合に出場。先日イタリア代表の優勝で幕を閉じたユーロ2020でも、スコットランド代表入りして、3試合に出場していた。 2021.07.20 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミア復帰のノリッジ、U-19イングランド代表DFムンバと4年契約

ノリッジは14日、U-19イングランド代表DFバリ・ムンバ(19)との契約延長を発表した。 契約期間は2025年6月30日までとなる。なお、1年間の延長オプションが付いている。 ムンバはサンダーランドの下部組織出身。2020年7月にノリッジへと完全移籍を果たした。 右サイドバックを主戦場とするムンバは、チャンピオンシップ(イングランド2部)で4試合に出場。FAカップやEFLカップでも1試合ずつに出場していた。 「僕は今、ここで新しい契約に署名する機会を得ることができて幸せだ。素晴らしい時間であり、素晴らしい経験だった。僕はここにいて、続けられることに感謝する」 ノリッジは2019-20シーズンを終えてチャンピオンシップに降格していたが、2020-21シーズンに優勝を果たし、1年でプレミアリーグに復帰している。 2021.07.15 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

昇格組ノリッジ、ニースからMFレース=メルを完全移籍で獲得

ノリッジ・シティは13日、ニースからフランス人MFピエール・レース=メル(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となる。 ディジョンで台頭した185cmの攻撃的MFは2017年にニースへ完全移籍で加入。足元の技術、キープ力に優れるテクニカルな中盤のプレーメーカーとして、在籍4年間で公式戦140試合に出場し、18ゴール16アシストを記録。主戦場はセントラルMFも中盤であれば、どこでもプレー可能だ。 ニース時代にチャンピオンズリーグ(CL)予選、ヨーロッパリーグ(EL)でのプレー経験はあるものの、国外初挑戦となる28歳は、「イングランドのフットボールについて(ニース同僚の)モルガン・シュナイデルランと話をした」と、かつてエバートンやマンチェスター・ユナイテッドでプレーした仲間からアドバイスをもらったことを明かした。 さらに、「新しい国、言語に触れて、世界最大のリーグでプレーできることに興奮している」と、新天地での意気込みを語っている。 2021.07.13 20:06 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly