ミランがチェルシーDFトモリの買取OP行使を発表、4年契約

2021.06.17 21:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランは17日、チェルシーからイングランド代表DFフィカヨ・トモリ(23)の買い取りオプションを行使したことを発表した。

なお、契約期間は2025年6月30日までの4年間となる。

チェルシーの下部組織出身のトモリは、ブライトン&ホーヴ・アルビオンやハル・シティ、ダービー・カウンティへのローン移籍を経て2019-20シーズンにファーストチームに定着。しかし、そのシーズンの後半戦から出番を失うと、今シーズンもフランク・ランパード前監督の下で構想外に。冬の移籍市場でミランへ移籍した。

レンタルで加入したミランでは、すぐにDFアレッシオ・ロマニョーリからポジションを奪い、DFシモン・ケアーとのセンターバックコンビを形成。セリエAで17試合、ヨーロッパリーグでも加入からラウンド16までの全4試合にフル出場するなど、半年で多大な貢献を果たした。

シーズン途中から買い取りオプションを行使するという噂が流れていた中、正式に完全移籍が発表された。

関連ニュース
thumb

ミラン、途中出場テオ・エルナンデスの1G1Aでヴェネツィアに勝利《セリエA》

ミランは22日、セリエA第5節でヴェネツィアをホームに迎え、2-0で勝利した。 ミランは3日前に行われた前節ユベントス戦を引き分けに持ち込み、3勝1分けスタート。そのミランはユベントス戦のスタメンから5選手を変更。トモリやテオ・エルナンデス、ケシエら主力がベンチスタートとなった。 1勝3敗スタートのヴェネツィアに対し、最前線にレビッチ、2列目に右からフロレンツィ、ディアス、レオンと並べたミランが押し込む展開で推移するも、ヴェネツィアの集中した守備を崩しきることができない。 そんな中31分にようやく決定機。カルルが攻め上がり、レビッチのパスを受けたカルルがボックス右からシュート。だが、わずかに枠の左に外れた。 結局、前半に枠内シュートを打てなかったミランはゴールレスでハーフタイムに入った。 迎えた後半、ミランは52分にレビッチのヘッドでの落としに反応したディアスがボレーに持ち込むも枠を捉えきれない。 攻めあぐねるミランは59分、3枚替えを敢行。テオ・エルナンデスやサーレマーケルスを投入した。 すると68分、均衡を破った。ベナセルの浮き球パスをボックス左深くまで進入したテオ・エルナンデスが折り返し、最後はディアスが押し込んだ。 さらに82分、サーレマーケルスのスルーパスをボックス左で受けたテオ・エルナンデスが確実にシュートを蹴り込んでミランがリードを広げる。 途中出場テオ・エルナンデスの1ゴール1アシストの活躍でミランが4勝目を挙げた。 2021.09.23 05:49 Thu
twitterfacebook
thumb

サッリ監督の2試合ベンチ入り禁止処分決定! ラツィオの異議申し立ては棄却

ミラン戦で退席処分となったマウリツィオ・サッリ監督の2試合のベンチ入り禁止処分が決定した。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。 サッリ監督は、12日に行われたセリエA第3節ミラン戦終了後にミランのFWアレクシス・サーレマーケルスが行ったジェスチャーに激昂。同選手に詰め寄ったことで主審からレッドカードを受け、2試合のベンチ入り禁止処分を受けていた。 サーレマーケルスが先に挑発したと主張するラツィオは、サッリ監督の処分軽減を求めて先日にイタリアサッカー連盟(FIGC)に対して異議申し立てを行っていた。 しかし、FIGCは21日にラツィオの異議申し立てを棄却し、同監督の2試合のベンチ入り禁止が確定した。 なお、サッリ監督は19日に行われたカリアリ戦で1試合を消化しており、23日に行われるトリノ戦で今回の処分は完了するため、今週末に行われるローマとの“デルビー・デッラ・カピターレ”ではベンチ入りできるとのことだ。 2021.09.22 00:50 Wed
twitterfacebook
thumb

前節負傷交代のミランDFケアー、1週間休養し万全の体制でアトレティコ戦へ

ミランのデンマーク代表DFシモン・ケアーが、アトレティコ・マドリー戦での復帰を目指しているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 19日に行われたセリエA第4節のユベントス戦に先発出場していたケアー。しかし、34分に足を痛めてピッチに座り込むとそのままDFピエール・カルルと交代し、前半のうちにピッチを後にした。 ケアーは翌日に検査を受け、筋肉系の深刻な損傷は無いと診断。しかし、悪化して長期離脱になることを避けるべく、22日の第5節ヴェネツィア戦と25日の第6節スペツィア戦を欠場するとされている。 リーグ戦の2試合を含む1週間の休養を取るケアーは、28日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節のアトレティコ戦に向けて復帰するとのこと。ラ・リーガ王者との大一番を前に万全の体制を整えるようだ。 なお、同クラブのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがアキレス腱の痛みにより出場困難。フランス代表FWオリヴィエ・ジルーは、背中の痛みにより21日中に出場の可否が判断されるとみられている。 2021.09.21 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

名門復活の兆し見せるミランにレジェンドも期待 「ようやく正しい道を歩めるようになった」

ミランのレジェンドである元オランダ代表FWのルート・フリット氏が古巣への大きな期待感を語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 昨季途中までスクデット争いを繰り広げ、最終的にリーグ2位で終えたミランは今季も開幕4試合で3勝1分けと好調を維持。8シーズンぶりに参戦するチャンピオンズリーグ(CL)の初戦でも強豪リバプール相手に2-3で敗れこそしたものの、アンフィールドで奮闘している。 現役時代、ミランで“オランダトリオ”の一角として公式戦171試合の出場で56ゴール40アシストの成績を残し、多くのタイトル獲得に貢献したフリット氏も、長く低迷していた古巣の復活に歓喜。今後さらに成長することを期待した。 「ミランが再び上位に食い込んできたのは喜ばしいことだね。まだシーズン序盤ではあるが、インテル、ユベントス、ナポリ、ミランの4チームにタイトル獲得の可能性があると思う。もちろん、私はミランが優勝することを願っている」 「リバプールとの試合を見たが、ミランは苦しんでいて2ゴールを決められたのは少し幸運だった。それでも、CLでのプレーの仕方を理解するのはチームにとって必要不可欠だから、この試合がミランの今後に役立つと信じている」 「ミランは過去数年間に比べて、はるかに優れている。(シルビオ・)ベルルスコーニが去ってからいくつかの問題を抱えていたが、ようやく正しい道を歩めるようになったと思う」 また、フリット氏はかつてのチームメイトであり、現在はミランでテクニカルディレクター(TD)を務めるパオロ・マルディーニ氏の手腕を評価。現在のミランの進歩に重要な役割を果たしていると語った。 「彼はとても良い仕事をしていると思う。私の知っている人がミランで働いているという事実がとても嬉しいよ」 2021.09.21 12:43 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベ戦ドローで連勝ストップのミラン、指揮官「間違いなくポジティブなパフォーマンス」

ミランのステファノ・ピオリ監督がドローに終わったチームのパフォーマンスを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 ミランは19日に行われたセリエA第4節でユベントスとのアウェイ戦に臨んだ。チャンピオンズリーグ(CL)でのリバプールとの死闘の影響から疲労の色が残るチームは、試合開始早々に失点を許す苦しい展開に。それでも、76分にFWアンテ・レビッチのゴールで同点とすると、終盤には惜しいシーンを作るなど猛反撃を見せ、1-1のドローに終わった。 これで開幕からのリーグ戦連勝が「3」でストップしたものの、貴重な勝ち点1を得て首位インテルと勝ち点で並ぶ2位となったピオリ監督は試合後、課題を指摘しつつ、チームはFWズラタン・イブラヒモビッチやFWオリヴィエ・ジルーら多くの負傷者がいるなかで、正しい姿を示したと強調。同時に、イタリアサッカーの課題についても言及している。 「我々は試合に勝つためここに来たが、最初の20分はユベントスの方が我々より優れていた。それでも、後半は確実にずっと良くなったと思う。これは間違いなくポジティブなパフォーマンスだった」 「ユベントスとの対戦となったが、これまでに比べ、劣ったパフォーマンスではなかったと思う。我々は重要な選手が常に欠けていることは明らかだが、クオリティとチームスピリットは欠けていない。試合全体を通して、勝利を目指していたからね」 「(イタリアのクラブが欧州カップ戦で苦戦する理由として)イタリアのサッカーは笛が多すぎ、抗議が多すぎ、休憩が多すぎる。ヨーロッパのフィールドで向上するためには、それを高めなければならない」 また、ピオリ監督は同点ゴールを決めたレビッチにも言及。負傷者の穴を埋める活躍を見せたことを称賛している。 「イブラヒモビッチとジルーがいない状況で、彼は我々に手を差し伸べてくれた。去年はこうした試合に勝つためには奇跡を期待する必要があったが、今はこうした試合でも勝つことを意識しなければならない。そして我々は、今日最後まで勝利を目指した」 2021.09.20 11:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly