S・ラモスの行き先候補、現状4つ! シティが現段階の最有力

2021.06.17 16:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(35)の行き先は現状、4つの候補が考え得るようだ。

2005年夏にセビージャからレアル・マドリーに加わって以降、最終ラインの軸として公式戦通算671試合の出場数を誇り、数々のタイトルに寄与したS・ラモス。今やカピタンの称号を欲しいままにするが、今季最終年の契約は依然として延長されず、16日に退団が正式決定した。

そうなれば、気になるのが新天地。17日の会見で明かされるであろう経緯や背景も注目されるが、スペイン『アス』によると、現時点でマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン(PSG)、そして古巣セビージャが行き先候補に挙がるという。

そのなかで、最有力だというのが今季限りでスペイン代表DFエリックガルシアがバルセロナに旅立ち、スペイン代表DFアイメリック・ラポルテにも移籍の噂があるシティだ。S・ラモスの代理人は前々からレアル・マドリー退団時の合意を目指して、シティと接触を図っている模様だ。

次に移籍先と目されるのがシティの宿敵であり、イングランド代表DFハリー・マグワイアの相方を務めるトップレベルのセンターバックを探すユナイテッド。その次はフランス代表FWキリアン・ムバッペとの契約延長が最優先事項のPSGだが、DFラインの強化も目標であり、候補だという。

そして、最後はほかの3クラブと比較して、可能性こそ低いものの、古巣セビージャ。連れ戻しに多額の資金が必要だけに、実現性の低い話だが、キャリア終盤の移籍であるのを鑑みると、下部組織時代から過ごした地元クラブに戻る選択肢もなくないものとみられているようだ。

なお、S・ラモスはレアル・マドリーから届いた約10%給与カットの単年契約による延長オファーを拒否。獲得を望むクラブは年俸として最低でも1200万ユーロ(約15億9000万円)を支払う必要があるといわれる。

関連ニュース
thumb

久保建英には行列が? 今夏もレアルでプレーできない中、オファーが殺到

レアル・マドリーのMF久保建英(20)は、やはり今夏も引く手数多のようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 日本代表としてプレーし、現在はU-24日本代表として東京オリンピックに臨んでいる久保。そのオリンピックでは、グループステージの3試合で南アフリカ、メキシコ、フランス相手に3試合連続先制ゴールを記録。大きなインパクトを残した。 この活躍を見せる久保だが、2021-22シーズンもレアル・マドリーでのプレーは不可能な状況に。EU圏外枠の3つは、DFエデル・ミリトン、FWヴィニシウス・ジュニオール、FWロドリゴ・ゴエスで埋まっているため、ファーストチームに登録することができないからだ。 2022-23シーズンには、ヴィニシウスがスペイン国籍を取得できる見込みがあるため、EU圏外枠が1つ空くことが予想されており、やっとマドリーでのプレーが可能な状況になるが、それまではこの2シーズン同様にレンタル移籍をしなければならない。 しかし、そんな久保に対しては行列ができていると『マルカ』が伝えている。 東京オリンピックでの活躍が後押しになった他、マジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェとラ・リーガで一定のパフォーマンスを見せている久保には、レンタル移籍でのオファーが多く集まっている状況。マドリーの若手の中でも、多くのオファーが届いている選手の1人のようだ。 もちろん、シーズン終了後から一度もマドリーに合流していない久保の状況、そして東京オリンピック終了後、1週間で新シーズンが始まることを考えれば難しい状況だが、マドリーのオフィスの電話は鳴り止まないという。 特に関心を示しているのは、かつてはノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールもレンタル移籍でプレーしたレアル・ソシエダ。これまでも何度か久保獲得に興味を示していたクラブだ。 準決勝で対戦したU-24スペイン代表にはMFマルティン・スビメンディ、MFミケル・メリノ、FWミケル・オヤルサバルと3名が送り込まれている。 ソシエダの他にも、ドイツのクラブや、2019-20シーズンにプレーしたマジョルカも新シーズンから昇格を果たし、再び久保の力を借りたいと考えているとのこと。東京オリンピック後にもオファーを出すクラブはあるとみられている。 果たしてどのクラブで新シーズンを過ごすのか。最も求められるのはやはり出場機会。ビジャレアルという選択を1年前に誤っていたことを口にしていた久保だが、マドリーと共にどのような判断を下すかに注目だ。 2021.08.05 06:15 Thu
twitterfacebook
thumb

“ピピ”ことレアルの中井卓大がカスティージャデビュー、今期注目を集める存在に

東京オリンピックでのU-24日本代表とU-24スペイン代表の対戦が大いに湧いた中、スペインが115分に決めたFWマルコ・アセンシオのゴールを守り、1-0で勝利を収めた。 レアル・マドリーでプレーするアセンシオ。攻撃的なポジション、左利きと、U-24日本代表MF久保建英との共通点は多い。久保もマジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェとレンタル移籍を繰り返したが、所属はレアル・マドリー。直接のライバルとなる相手に金メダルへという目標を断たれる形となった。 そのレアル・マドリーだが、もう1人の日本人選手がいることはご存知だろう。フベニールB(U-18相当)に所属するMF中井卓大(17)だ。 “ピピ”の愛称でも知られる中井は、マドリーの下部組織で長らく育ち、U-18にまで昇格。順調に成長を見せている。 その中井だが、ついにBチームに当たるレアル・マドリー・カスティージャでのデビューを果たしたのだ。 7月31日、プレシーズンマッチとして行われたレガネスとの一戦。ラウール・ゴンサレス監督率いるカスティージャの一員としてピッチに立ったのだ。 レガネスのメンバーには日本代表MF柴崎岳もおり、思わぬ形で日本人対決が実現していたのだ。 中井は物怖じすることなくチャンスを演出。ジネディーヌ・ジダン監督時代にはファーストチームのトレーニングにも参加したことのある中井だが、今シーズンから就任したカルロ・アンチェロッティ監督に見初められることはあるだろうか? 久保と共に注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】レガネス戦での“ピピ”こと中井卓大のプレー集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJZNTVLVGIyMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.04 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

「ロナウドよりもベイル」元マドリーのドクターが見解「彼は最高のアスリート」

元レアル・マドリーのドクターが最高のアスリートについて言及した。 世界最高峰のアスリートは誰かと問われれば、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの名を挙げる人は多いだろう。36歳となった今でも、強さ、ジャンプ力、スピードをすべて信じられないほどのレベルで備えた見本のような肉体を誇っている。 C・ロナウドは息子がポテトチップスを食べてコカ・コーラを飲んでいるのを見ると、いい気分にはならないようで、自身も先日のユーロ2020の記者会見では目の前のコーラを退けるなど、印象的な行動もとっていた。 だが、元マドリーのドクター、ヘスス・オルモ氏の考えは少々異なる様子。オルモ氏はC・ロナウドよりもレアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルの方がより完全なアスリートであると信じているようだ。スペイン『イデアル』に次のように語っている。 「サッカー選手の身体的パフォーマンスレベルは、他のオリンピック選手とはかけ離れている」 「ただ、今はセルヒオ・ラモスのように近づいている選手も居る。ルーカス・バスケス、クリスティアーノ・ロナウドもだ。ケイロル(・ナバス)は驚異的な瞬発力があり、(ダニエル・)カルバハルは素晴らしいコンディションを持てている」 「ただ、おそらく私が見た中で最高のアスリートはガレス・ベイルだ」 「彼はどんなスポーツでも優れた能力をできる生まれながらのアスリートだ。彼は特異な遺伝学と運動能力を持っていて、技術的な能力もある」 「パフォーマンスがあってのことだが、彼はあらゆる状況から生じるすべての面で私に最も感銘を与えた人物だ」 ベイルはマドリー時代の2017年にレアル・ソシエダ戦で75メートルを独走してのゴールを挙げ、その際に時速22マイル(約35km)というクレイジーな最高速度を記録している。かつて痩せた子供だったベイルが何年もかけて肉体の構築に取り組んできたため、オルモ氏は感銘を受けているのだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】あなたはどっち派?!C・ロナウドとベイルの筋肉美</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Gareth Bale&#39;s legs <a href="https://t.co/sWUddWmodR">pic.twitter.com/sWUddWmodR</a></p>&mdash; bob mortimer (@RealBobMortimer) <a href="https://twitter.com/RealBobMortimer/status/886531195214995456?ref_src=twsrc%5Etfw">July 16, 2017</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Recovery time! <a href="https://t.co/1NduH6HkFi">pic.twitter.com/1NduH6HkFi</a></p>&mdash; Cristiano Ronaldo (@Cristiano) <a href="https://twitter.com/Cristiano/status/1367191022963425283?ref_src=twsrc%5Etfw">March 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.04 19:15 Wed
twitterfacebook
thumb

内転筋痛に苦しむクロース、9月末まで離脱か

レアル・マドリーの元ドイツ代表MFトニ・クロースは3日、自身のインスタグラムで恥骨症の治療に専念することを明かした。 クロースはかねてより内転筋痛に苦しみ、今年3月の代表戦を辞退していた。 クロースはインスタグラムにて「ここ数カ月、恥骨に問題があった。しっかり治して長いシーズンに備えたいと思っている。これまでのようにできるだけ早く復帰するよ」とコメント。 なお、スペイン『アス』によれば完治するまでには少なくとも9月末までかかるのではないかと報じている。 2021.08.04 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

攻撃的MFを望むミラン、今季マドリーで構想外のイスコを獲得か

ミランが、レアル・マドリーの元スペイン代表MFイスコ(29)の獲得を画策しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 GKジャンルイジ・ドンナルンマやMFハカン・チャルハノールがクラブを去ったミラン。一方で、ストライカーとしてフランス代表FWオリヴィエ・ジルーを獲得するなどの補強も進めており、さらなる戦力としてMFブラヒム・ディアスの脇を固める攻撃的MFを所望。候補として、イスコの名が挙がっている。 2013年7月にマラガからマドリーへ移籍したイスコは、昨シーズン公式戦29試合2アシストを記録。しかし、今季からマドリーの監督を務めるカルロ・アンチェロッティ監督の下では構想外ということがクラブ側から伝えられているようだ。 加えて、フランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得を望むマドリーは、資金調達のために選手の売却を検討。DFラファエル・ヴァランを5000万ユーロ(約64億8150万円)で売却したものの、さらに4~5名の放出が必要とされており、その中にイスコの名前が挙がっているという。 攻撃的MFが欲しいミランとイスコを売却したいマドリー。両クラブの思惑が一致したこの取引において、マドリーは2000万ユーロ(約25億9260万円)の移籍金を提示しているものの、値引きの可能性もあるようだ。 2021.08.03 16:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly