サンチョ狙うユナイテッド、ドルトとまだ隔たりか…選手側とは個人条件などで合意済みの見方も

2021.06.11 13:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドがドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(21)の獲得に動いているが、クラブ間交渉でまだ隔たりがあるようだ。昨夏に続いて、サンチョの獲得に本腰といわれるユナイテッド。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が明かしたところによると、ユナイテッドはサンチョ側と個人条件だけでなく、代理人手数料でも合意。ドルトムントとの協議という次のフェーズに入っているといわれる。

だが、イギリス『BBC』によると、そのクラブ間交渉はまだ合意点を探る段階にある様相。ユナイテッドは移籍金6700万ポンド(約103億8000万円)のオファーを出したが、ドルトムント側は移籍金7750万ポンド(約120億1000万円)+ボーナス425万ポンド(約6億5000万円)を求め、拒否した模様だ。

また、金額面の差以外にも完済期間を巡っても両者にズレがあり、ユナイテッドが5年間を提案したのに対して、ドルトムントは4年間しか求めていない様子。昨夏と同じ轍を踏みたくないユナイテッドはドルトムントの反応を受けて、オファーを修正するか否かの検討しているようだ。

今季も最終的に公式戦38試合出場で16得点20アシストを記録したサンチョについて、昨夏に2023年までの契約延長を公表したスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は5月に紳士協定の存在を明らかに。安くないものの、昨夏よりも低い移籍金額で交渉に応じる姿勢とみられる。
関連ニュース
thumb

ユナイテッドがヴァラン獲得でレアル・マドリーと合意

マンチェスター・ユナイテッドは27日、レアル・マドリーに所属するフランス代表DFラファエル・ヴァラン(28)の獲得で合意に達したことを発表した。 イギリス『スカイ・スポーツ』によれば移籍金はボーナス込みで4100万ポンド(約62億5000万円)、契約期間は1年延長オプション付きの4年になるとのことだ。今後メディカルチェックを済ませ次第、正式契約となる運びだ。 ヴァランは2011年夏にレアル・マドリー入り。主力センターバックとして4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝をはじめ、計18個ものタイトルに寄与するだけでなく、代表チームでも2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)で世界王者に輝いた。 ユナイテッドは先日、ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(21)を移籍金7300万ポンド(約111億円)で獲得。続けざまの大型補強に成功した形だ。 2021.07.28 03:27 Wed
twitterfacebook
thumb

マンU加入目前のヴァランにファーディナンド氏が太鼓判 「マグワイアの良いパートナーになる」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるリオ・ファーディナンド氏が、加入目前となっているレアル・マドリーのフランス代表DFラファエル・ヴァランを絶賛した。スペイン『マルカ』が伝えている。 マドリーとの契約を1年残しながらも、新たな挑戦を求めて移籍をリクエストしたというヴァラン。いくつか候補が上がった中、現在は移籍金5000万ユーロ(約65億1000万円)でのユナイテッド入りが決定的となっている。 これまで4度のチャンピオンズリーグ優勝や、その同数となるクラブ・ワールドカップ優勝など、多くのタイトルを獲得してきた2018年の世界王者にファーディナンド氏も大きな期待を寄せている。加入前ながら、早くもDFハリー・マグワイアとのコンビに胸を躍らせているようだ。 「彼はマンチェスター・ユナイテッドの一員になりたかったに違いない」 「これまで14回の決勝戦に出場し、そのすべてで優勝している。素晴らしい血筋の持ち主だ」 「勝利へのメンタリティもあるかって? そうだね。フランス代表でもレアル・マドリーでも成功を収めてきた」 「彼はスピードや勝ち方のノウハウをチームにもたらすだろう。また、ビッグゲームで勝つ方法を知っている。どんな試合でも動じることはないのだ」 「間違いないクオリティを持っていて、とても速く、味方をうまくカバーすることができる。マグワイアの良いパートナーになるはずだ」 2021.07.27 15:57 Tue
twitterfacebook
thumb

補強着々のPSG、近くポグバ獲得の動きを正式化へ!

パリ・サンジェルマン(PSG)がマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(28)に対する関心を正式化させようとしているようだ。 昨季にリーグ・アンのタイトルとともに、悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇も叶わなかったPSG。その悔しさを晴らそうと、新シーズンに向けた補強の動きを強め、ここまでイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、オランダMF代表ジョルジニオ・ワイナルドゥム、モロッコ代表DFアクラフ・ハキミを獲得した。 そして、新たなターゲットに浮上しているのがユナイテッドとの契約が最終年に突入したなかで、延長オファーを拒否したといわれるポグバ。今夏のユナイテッドはイングランド代表MFジェイドン・サンチョに続いて、フランス代表DFラファエル・ヴァランの獲得も決定的なものとするが、ポグバの売却に乗り出す可能性が取り沙汰されているところだ。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、PSGはユーロ終了後の休暇を経て、8月2日からユナイテッドのプレシーズンに合流が見込まれるポグバの代理人とすでに接触。まだ正式な獲得オファーの打診に至っていないが、関心を具体的なものにしようと、近くユナイテッドにアプローチを図るという。 そんなPSGはポグバの獲得資金を調達しようと、現有戦力の数選手売却も視野。現時点で候補として、かつてユナイテッドでプレーした元スペイン代表MFアンデル・エレーラのほか、元スペイン代表GKセルヒオ・リコ、フランス代表GKアルフォンス・アレオラの名前が挙がっている模様だ。 なお、ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は24日に行われたQPRとのプレシーズンマッチ後、ポグバについても訊かれ、「ポールの代理人とクラブの代理人は話し合いを続けている。私がポールから聞いているのは新シーズンを楽しみにしているということだけだ」と述べている。 2021.07.27 13:35 Tue
twitterfacebook
thumb

「待ってて」…負傷離脱のテレスが強くなってのカムバックを約束!

マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表DFアレックス・テレスがさらにより強くなってのカムバックを誓った。 昨季にポルトから加入して、ユナイテッド在籍2年目のテレス。イングランド代表DFルーク・ショーからのレギュラー奪取を目指す新シーズンだが、プレシーズン中に足首を痛め、先日に離脱した。 オーレ・グンナー・スールシャール監督から数週間の離脱見通しが明らかにされ、出遅れの様相を呈するテレスだが、26日に自身のインスタグラムを通じて、力強いメッセージを発信した。 「何事も偶然じゃなければ、貶めるためでもなく、進化させ、成熟させるために起こる。みんなからのメッセージに感謝する。もっと強くなり、より集中して戻ってくる。自分のなかの変化は大きなものになる。待っててね」 なお、クラブによると、テレスはプレシーズン中の残る3試合のテストマッチだけでなく、14日に本拠地で行われるプレミアリーグ開幕節のリーズ・ユナイテッド戦も間に合いそうにない模様だ。 2021.07.27 11:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴァラン手中のユナイテッド、トゥアンゼベが恩師のニューカッスルへ?

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド人DFアクセル・トゥアンゼベ(23)に対して、ニューカッスルの関心があるようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。 トゥアンゼベは世代別のイングランド代表歴を持つユナイテッド下部組織育ちのセンターバック。昨季はトップチームに昇格してから最多の公式戦19試合に出場した。 だが、ユナイテッドは今夏、レアル・マドリーからフランス代表DFラファエル・ヴァランの獲得が決定的に。実現すれば、トゥアンゼベは序列が下がるものとみられる。 そうしたなか、過去2度にわたった武者修行先のアストン・ビラで共闘したスティーブ・ブルース監督が率いるニューカッスルが獲得に名乗りを上げているという。 両クラブの話し合いはレンタルだけでなく、完全移籍の可能性も検討しながらのものに。ただ、ニューカッスルの財政事情を鑑みると、レンタルの可能性が高い模様だ。 2021.07.27 11:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly