エルチェのレジェンドFWニノが40歳で現役引退…オサスナやレバンテでもプレー

2021.06.08 23:18 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エルチェは7日、スペイン人FWニノ(40)の今シーズン限りでの現役引退を発表した。

愛するエルチェのプリメーラ昇格、残留を見届けてキャリアに終止符を打つことになったニノは、クラブ公式サイトを通じて自身の決断について以下のように語っている。

「僕の人生の忘れられないステージを終えるときが来た。プロフットボーラーとしてのキャリアを終えることをお知らせする。フットボーラーとして生まれてきたすべてのプレーヤーの郷愁とともにこの競技を離れることになるが、自分の職業を楽しんだことを誇りに思う」

「エルチェの一員となり、キャプテンの腕章を身に着け、エルチェの歴史を作るという目標に貢献できたことを光栄に思う」

「20年以上前に遡るけど、僕は子供の頃に夢見たことを実現し、想像もしなかった目標を達成できたと感じているんだ。エルチェ史上最多の試合数とゴール数を誇るプレーヤーとなったのは、エルチェのエンブレムに全てを捧げたことの賜物だと思っているよ。僕の決めてきたゴールはエルチェに遺産として残り、ファンが自分の名前を呼ぶその声は僕のフランジヴェルデの心に残っている」

「同時にエルチェ以前に在籍したクラブ・デポルティボ・ベラとレアル マドリー、レバンテ、テネリフェ、オサスナのクラブでお世話になった人たち、フットボールを通して出会ったすべてのプロフェッショナルに感謝しているよ」

ニノの愛称で知られるフアン・フランシスコ・マルティネス・モデストは、レアル・マドリーのカンテラを経て1998年にエルチェでプロキャリアをスタート。長らくセグンダA(スペイン2部)でのプレーが続いた中、個人としては2006年に移籍したレバンテでプリメーラデビュー。その後、テネリフェを経て2011年から2016年まではオサスナでも活躍。

そして、2016年に復帰したエルチェでは復帰2年目にセグンダB降格を味わうも、主砲として翌年からの2年連続の昇格に貢献。自身久々のプリメーラでの戦いとなった今シーズンは、ラ・リーガ16試合に出場していた。

170cmの小兵も得点感覚に優れたストラーカーは、エルチェではいずれもクラブ歴代最多となる公式戦475試合に出場し135ゴールを挙げていた。

関連ニュース
thumb

土壇場の相手PK失敗に救われたアトレティコが薄氷のウノセロ勝利! 首位キープで次節バルセロナ戦!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第34節、エルチェvsアトレティコ・マドリーが1日にエスタディオ・マヌエル・マルティネス・バレーロで行われ、アウェイのアトレティコが0-1で勝利した。 前節、アスレティック・ビルバオに競り負けて首位陥落の危機もグラナダのアシストで最上位を維持したアトレティコ(勝ち点73)は、降格圏の18位に沈むエルチェ(勝ち点30)を相手に2戦ぶりの白星奪取を狙った。 シメオネ監督はアスレティック戦から先発5人を変更。サスペンション明けのホセ・ヒメネスがフェリペに代わって復帰したほか、中盤から前ではコケ、サウール、エレーラに代わってレマル、スアレス、コンドグビアが起用された。 トリッピアーとカラスコを両ウイングバックに配置した変則の[3-5-2]の布陣で臨んだアトレティコは、立ち上がりから相手を押し込んでいく。 開始12分にエルモソ、コレアとの見事な連携でボックス中央に抜け出したスアレスに最初の決定機が訪れるが、右足のシュートは枠の左に外れる。さらに、16分にはサビッチのスルーパスに抜け出したマルコス・ジョレンテがボックス右で折り返したボールをスアレスがゴールネットへ流し込むが、ここはVARのレビューの結果、ジョレンテのラストパスが出た段階でスアレスがオフサイドラインを越えていたとの判定でゴールは取り消しとなった。 早い時間帯の先制を逃すも、引き続き押し込んでジョレンテ、レマルと際どいミドルシュートを浴びせかけると、20分過ぎに先制に成功する。23分、左サイド深くで仕掛けたカラスコがそのままボックス内に持ち込んで丁寧なマイナスの折り返しを入れると、中央に遅れて走り込んできたジョレンテが右足ダイレクトシュート。DFの腕にディフレクトしたボールがゴール左隅に決まった。 前半の内にゴールをこじ開けたアトレティコだが、以降もカラスコとレマルのコンビネーションで優位性を保つ左サイドを起点に幾度も鋭い仕掛けで追加点に迫る。前半終了間際にはボックス内でコレアが放ったシュートがマルコーネの腕に当たって一度はPKが与えられるが、VARのレビューの結果、ノーハンドと判定が覆り2点目を奪うまでには至らなかった。 後半も引き続き主導権を握るアトレティコだが、攻撃がやや停滞する。早い時間帯に2点目を奪って試合を決め切りたいシメオネ監督は57分にレマルを下げてフェリックスを投入。すると、交代直後の63分にはコレアのスルーパスに抜け出したスアレスが左ポストに当てた自らのシュートのこぼれをタップイン。だが、これは最初の抜け出しの場面でオフサイドを取られた。 この決定機直後にはコレアに代えてカピタンのコケをピッチに送り出し、ウノセロでの締めくくりも意識し始めたアトレティコは、ロングボールやセットプレーでワンチャンスを狙うエルチェの攻撃を危なげなく撥ね返していく。 その後、82分にホセ・ヒメネス、スアレスを下げてフェリペ、サウールを同時投入したアトレティコは、85分に相手の右CKからビクトル・ロドリゲスの頭での折り返しに反応したゴール右のバラガンに決定的なシュートを許すが、これは枠を外れて事なきを得た。 だが、試合終了間際にはアトレティコに最大の試練が訪れる。トリッピアーのハンドで与えたFKの場面でクロスに競り合ったジョレンテが左腕でボールをブロックしてしまい、痛恨のPK献上。 これを決められれば、勝ち点2を失い首位転落の可能性も出てきたが、キッカーのフィデルが左隅を狙って蹴ったシュートは左ポストを叩き、相手のシュートミスに救われた。 そして、苦しみながらも代名詞のウノセロで勝ち切ったアトレティコが首位をキープして次節3位のバルセロナとの首位攻防戦に臨むことになった。 2021.05.02 01:15 Sun
twitterfacebook
thumb

7戦ぶりスタメンの久保建英が今季初アシスト! PK失敗響いたヘタフェはエルチェとの残留争い直接対決で最低限のドロー《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第28節、ヘタフェvsエルチェが21日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、1-1のドローに終わった。なお、ヘタフェのMF久保建英は72分までプレーした。   前節、首位のアトレティコ・マドリーに0-0で引き分けた15位のヘタフェ(勝ち点28)が、17位のエルチェ(勝ち点24)をホームで迎え撃った一戦。0-0のドローとなった前節のアトレティコ・マドリー戦では試合終了間際に交代の準備も最終的に出番なしに終わった久保だが、今節ではトップ下で7試合ぶりのスタメンを飾った。   残留争いの直接対決らしく互いに慎重な入りを見せた中、試合は後ろに重いクローズな展開が続いていく。その中で18分には左サイドのマティアス・オリベラが上げたクロスをファーで反応した久保が頭で合わせるが、このシュートは枠の右に外れる。   すると、直後の20分にはエルチェが得意のセットプレーからスコアを動かす。20分、左CKの流れからボックス右のベルドゥが右足ダイレクトで折り返したボールをゴール前に詰めたペレ・ミラがワンタッチで流し込んだ。   ホームで先に先制を許したヘタフェはすぐさま反撃を開始。25分にはボックス左に抜け出した久保が仕掛けてDFに倒されるが、ここはノーファウルの判定。以降はダイレクトなプレーを軸に攻勢を仕掛けていくホームチームは、40分にカウンターからボックス右に抜け出したイグレシアスが強烈なシュートを枠に飛ばすが、これはGKの好守に遭う。さらに、この流れから相手DFと交錯したウナルがPK獲得も、オンフィールドレビューの結果、判定が覆り前半のうちに追いつくことはできなかった。   迎えた後半、ヘタフェのボルダラス監督は立ち上がりの49分にマクシモビッチを下げてストライカーのアンヘルを投入。この交代で並びを[4-4-2]に変更し、アレーニャがピボーテ、久保がトップ下から右サイドハーフにポジションを移した。   早い時間帯にゴールをこじ開けたいヘタフェは55分、久保に絶好の見せ場が訪れる。ボックス手前右の好位置で得たFKの場面で久保は得意の左足を振り抜くが、枠を捉えたシュートはややコースが甘くGKバディアにはじき出された。   この試合、最初の見せ場を生かせなかった久保だが、直後の60分に今度こそ決定的な仕事を果たす。ククレジャ、アンヘルと左サイドから右サイドへボールが展開された中で相手陣内右サイド深くで縦に仕掛けた久保がDFモヒカを振り切って股を抜く右足のグラウンダークロスを供給。これをゴール前で収めたウナルが体勢を崩しながらも右足のシュートをニア下に流し込んだ。   久保の加入後初アシストからウナルに同じく加入後初ゴールが生まれて試合を振り出しに戻したヘタフェは、相手のセットプレーに手を焼くも攻勢を仕掛けて一気に逆転を目指す。その後、徐々に試合が拮抗し始めた中でボルダラス監督は72分に久保を下げてポルティージョをピッチに送り込み、殊勲の久保はここでお役御免となった。   その後はイエローカードが乱れ飛ぶ荒れ模様の展開となった中、ヘタフェに逆転のチャンスが訪れる。84分、相手DFベルドゥのハンドで得たPKをキッカーのアンヘルが左を狙って蹴るが、これはGKバディアの見事なワンハンドセーブに遭い、痛恨の失敗となった。   その後、8分が加えられた後半アディショナルタイムを含めて激しい肉弾戦を演じながら最後まで勝ち点3を目指した両者だったが、互いに決め手を欠き試合は1-1のタイムアップを迎えた。この結果、ヘタフェは残留争いの直接対決で最低限の勝ち点1を手にしたものの、3戦ぶりの白星とはならなかった。 2021.03.22 00:08 Mon
twitterfacebook
thumb

エン=ネシリの公式戦3試合連続弾でエルチェ下したセビージャが2連勝!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第2節延期分、セビージャvsエルチェが17日にサンチェス・ピスフアンで行われ、ホームのセビージャが2-0で勝利した。   現在、4位のセビージャ(勝ち点51)は前節、ベティスとのダービーに1-0で競り勝って公式戦5戦ぶりの白星を手にした。降格圏ギリギリの17位に位置するエルチェ(勝ち点24)をホームで迎え撃ったこの一戦ではジョルダン、ジエゴ・カルロスをサスペンション、フェルナンドを負傷で欠く中でセルジ・ゴメスやグデリ、オスカルらをスタートから起用した。   開始5分にボックス内でヘスス・ナバスからパスを受けたスソがファーストシュートを放つなど、まずまずの入りを見せたセビージャ。しかし、以降はダービーの激闘の影響か、全体的に身体が重くエルチェとの球際の勝負で優位性を得ることができず。   逆に相手のロングカウンターやビルドアップのミスから自陣深くまで侵攻されて幾度かフィニッシュまで持ち込まれるが、相手の攻撃の精度の低さにも助けられて事なきを得る。   以降も膠着状態が続く中、0-0でハーフタイム突入かに思われた前半終了間際に頼れる主砲が貴重な先制点をもたらす。43分、相手陣内右サイドで得たFKの流れからスソが左足で絶妙なクロスをゴール前に入れると、これをエン=ネシリが打点の高いヘディングで合わせると、GKの手を弾いたボールがゴール左隅に決まった。   1点リードで試合を折り返したセビージャはキックオフ直後から積極的な攻めを見せて早い時間帯の追加点を狙う。まずは48分、オスカルがGKの前目のポジションを見極めて意表を突いたミドルシュートを枠に飛ばすが、これはGKにはじき出される。さらに55分過ぎにはボックス左でボールを受けたラキティッチの左足シュート、ヘスス・ナバスの好クロスをエン=ネシリが頭で合わすが、相手GKの好守などに遭う。   ややエルチェに押し返され始めた状況を受けロペテギ監督は62分にオスカルを下げてムニルを投入。すると、67分にはロングカウンターから決定機が訪れる。ボックス右で一度キープしたエン=ネシリが丁寧に入れたグラウンダーの折り返しをゴール前に走り込んだムニルがバックヒールで合わせたが、このシュートはわずかに枠の左へ外れた。   後半半ばを過ぎてラ・リーガ再デビューのピアッティやペレ・ミラなど積極的に攻撃的なカードを切ったエルチェの攻勢に晒されたセビージャは79分にスソを下げてレキクを投入。左サイドにレキク、アクーニャと守備的な選手を縦に並べた上、グデリを守備時も最終ラインに落として守備的な[3-4-3]の布陣で逃げ切り態勢に入る。   その後、試合終了間際に3枚替えを敢行したセビージャは90分、左サイドをドリブルで突破したオリベル・トーレスからゴール前で足元にパスを受けた投入直後のフランコ・バスケスがDFを背負った状態で技ありのヒールシュートをゴール左隅に流し込み、ロペテギ采配的中でダメ押しの2点目を奪った。   そして、試合はこのまま2-0でタイムアップを迎え、エン=ネシリの公式戦3試合連続ゴールなどでエルチェを破ったセビージャがリーグ2連勝で3位のレアル・マドリーとの勝ち点差を3ポイントに縮めた。 2021.03.18 04:57 Thu
twitterfacebook
thumb

劇的に勝ち切ったジダン「リーガの優勝争いを踏みとどまるのが最も重要だった」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 レアル・マドリーは13日に本拠地で行われたラ・リーガ第27節でエルチェと対戦。61分に先制を許したが、73分に同点弾をマークした元フランス代表FWカリム・ベンゼマが後半アディショナルタイム1分に逆転弾も決めてみせ、劇的に勝ち点3をもぎ取った。 今節の他会場でヘタフェとゴールレスドローに終わった首位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差を「8」から「6」に縮めたジダン監督は試合後、リーガ覇権争いに踏みとどまる結果に満足感を示した。 「最も大事だったのは自分たちのこと、そして自分たちに求めるものを信じること。我々はシステムを変更して、試合も変えた。最後に勝ち、リーガの優勝争いを踏みとどまるのが最も重要だったのだ」 この試合でクラブ歴代2位となる公式戦247試合の指揮数を記録したフランス人指揮官はまた、エルチェ戦での苦戦を認めつつ、「我々自身をもっと信じなければならない」と述べた。 「エルチェはよく守り、フィジカル的にも強いものがあった。難しい相手だったね。後ろに比重を置いてくるチームには大いに苦しめられるもの。それは今後も変わらないだろう。そんなチームをどう崩すのかを考えなければならないが、最終的に辛抱強く、テンポ良くプレーして、スペースを見つけられた」 「前半最初の10分間で2〜3回のチャンスを作り、後半の序盤にも決定的な場面があった。インテンシティを高め、忍耐強くプレーしたことで、オープンスペースを作り出せたね。2列で守ってくる相手との対戦はより大変なものだが、我々自身をもっと信じなければならない。あのようなチームを相手に調子を乱さず、スペースを見つけていく必要がある」 2021.03.14 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

劇的勝利に導いたベンゼマ、スーペルゴラッソの逆転弾は「この上なく幸せなもの」

レアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが喜びの心境を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 レアル・マドリーは13日に本拠地で行われたラ・リーガ第27節でエルチェと対戦。61分に先制を許したが、73分に同点弾をマークしたベンゼマが後半アディショナルタイム1分に逆転弾も決めてみせ、勝ち点3をもぎ取った。 この劇的勝利により、ドローに終わった首位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差は「8」から「6」に。殊勲のベンゼマは試合後、チーム全員の勝利だと勝ち誇った。 「チームの努力の賜物だ。組織的なエルチェとの試合は簡単なものじゃない。ここに来るチームは後ろに比重を置いて苦しめようとしてくるが、僕らも勇気を持って突き進み、最終的に3ポイントを獲得した。監督が試合前に話したように、チャンピオンズリーグ(CL)に良い形で向かうためにも勝利が必要だったんだ」 フランス人ストライカーはまた、自身の2ゴールも回想。FWロドリゴの胸トラップからの落としを左足ダイレクトで豪快に叩き込む2ゴール目に関して、特に満足感を示した。 「チームメイトを助けるパフォーマンスを発揮できてすごく誇らしいよ。良いチャンスが巡ってくるまで我慢して、それをモノにする必要があった。1点目はチームを助けるゴールで、すごく大きなものだったね。2点目に関しては勝利をもたらす良いゴールで、この上なく幸せなものだった」 2021.03.14 09:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly