冨安健洋にアタランタ行きの可能性、移籍金20億円の肩代わりに要求か

2021.06.03 11:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アタランタが日本代表DF冨安健洋(22)の獲得に大きな興味を持っているようだ。イタリア各メディアが伝えている。2019年7月にシント=トロイデンからボローニャに完全移籍で加入した冨安。ボローニャではセンターバックの他、サイドバックとしても起用されていた。

2シーズンを通じて63試合に出場し3ゴール3アシストを記録。今シーズンもセリエAで31試合に出場し2ゴールを記録していた。

しかし、冨安は日本代表でのメディア対応で今シーズンを振り返り「良いシーズンではなかった」と明言。その理由として制約が多すぎる監督の戦い方に対して「窮屈さはどこでプレーしていても実際あった」とコメント。「僕の考えていることと違うこと、違う戦術で型にハメられた感覚がずっとあった」と語っていた。

冨安とボローニャの契約は2024年6月30日までとなっている中、シニシャ・ミハイロビッチ監督の続投が濃厚となっている状況。イタリア国内でも高く評価されている冨安としてはステップアップという意味でも良いタイミングと言えそうだ。

イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、ボローニャはアタランタからレンタル移籍中のガンビア代表FWムサ・バロウ(22)の買い取り義務があるため今夏に加入。1500万ユーロ(約20億円)の移籍金がかかるが、ボローニャは値下げを要求する可能性があるとされ、アタランタは移籍金の代わりに冨安を獲得しようと画策しているとのことだ。

アタランタは今シーズンのセリエAを3位で終えており、2021-22シーズンのチャンピオンズリーグに出場。抜群の破壊力を持つ攻撃陣とは裏腹に、守備が堅いとは言えない状況。セリエAでも2シーズンで実績を積んだ冨安の加入は願っても無いことだろう。

冨安もチャンピオンズリーグ出場となれば、大きなステップアップに。かつてはミランも獲得に動いているとされたほどであり、ボローニャが手放す可能性もたかそうだ。

1 2

関連ニュース
thumb

オランダ代表、デパイら3選手が負傷離脱…代わって若手2選手を追加招集

オランダサッカー協会(KNVB)は23日、FWメンフィス・デパイ(バルセロナ)、MFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)、MFトゥン・コープマイネルス(アタランタ)の3選手がオランダ代表から離脱したことを発表した。 3選手は22日に行われたUEFAネーションズリーグのポーランド戦(2-0で勝利)にいずれもスタメンで出場。だが、コープマイネルスは前半立ち上がりに相手選手との接触で脳震盪、デ・ヨングは前半に太もも、デパイは後半立ち上がりに上腿を負傷。いずれも途中交代となっていた。 そして、25日に控えるベルギー代表戦でのプレーが困難と判断されて代表離脱が決定した。 この3選手の離脱を受け、ルイス・ファン・ハール監督はMFライアン・グラフェンベルフ(バイエルン)、FWブライアン・ブロビー(アヤックス)の2選手を追加招集している。 2022.09.24 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、シティも注目するアタランタの18歳イタリア代表DFスカルビニに照準

アトレティコ・マドリーがアタランタのイタリア代表DFジョルジョ・スカルビニ(18)を来季に向けて獲得したい意向を持っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 アタランタの下部組織出身で昨年10月にトップチームデビューを果たしたスカルビニ。194cmの大型センターバック兼セントラルMFは今年6月にイタリア代表デビューも飾っている大器で、マンチェスター・シティからも関心を示されている。 そのスカルビニはアタランタとの契約が来年6月に切れるため、メガクラブによる争奪戦が行われること必至の状況となっている。 堅守が売りのチームカラーであるアトレティコに、守備の国イタリアから有望な若手がやってくることになるだろうか。 2022.09.23 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ベテランFW多いミラン、19歳ホイルンド&22歳クドゥスに関心?

ミランが来夏に若手ストライカーの補強を計画しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ミランは今夏にFWディヴォク・オリジを獲得も、同選手は加入後、未だスタメンの機会がなく得点もなし。さらに現在はケガで離脱中と、期待に見合う選手かどうか疑念が生まれつつある。 不動のエースは昨季同様にFWオリヴィエ・ジルーで、今季も公式戦9試合5得点とさすがの働き。だが、ジルーは今月30日で36歳になり、FWズラタン・イブラヒモビッチも40歳。こういった背景があり、若手ストライカーを何人かリストアップしているという。 先日はザルツブルクのスイス代表FWノア・オカフォー(22)への関心が報じられたが、イタリア『トゥット・スポルト』によると、アタランタのデンマーク代表FWラスムス・ホイルンド(19)とアヤックスのガーナ代表FWモハメド・クドゥス(22)も有力な候補とのことだ。 ホイルンドは今夏にアタランタ入りしたばかりだが、セリエA第5節で初ゴールを記録し、最新のデンマーク代表メンバーに初選出と勢いに乗る。一方のクドゥスも今季の公式戦ですでに7ゴールを記録。いずれもカタール・ワールドカップ(W杯)出場が期待される新進気鋭のストライカーだ。 2022.09.22 19:35 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯行き絶望的… ローマ戦負傷交代のアタランタGKムッソ、公式戦復帰は来年1月か

アタランタのアルゼンチン代表GKフアン・ムッソが長期離脱することになるようだ。 ムッソは18日にアウェイで行われたセリエA第7節のローマ戦に先発。5分にロングボールの処理を試みた際、空中で味方DFメリフ・デミラルと接触し、顔面を抑えて倒れ込む形に。これにより開始早々に交代を余儀なくされていた。 試合後には頬骨骨折による頭部外傷と診断され、19日にはアタランタ公式サイトが手術の実施を発表。復帰時期は明確ではないようだが、イタリア『スカイ』によると全治は2か月で、11月からカタール・ワールドカップ(W杯)による中断期間が挟むことから、公式戦復帰は来年1月が見込まれるとのことだ。 ムッソは正GKとして今季の全公式戦に出場し、好調のチームを支えていただけにアタランタにとって大きな痛手。さらに、アルゼンチン代表に名を連ねるムッソにとってはカタールW杯行きも絶望視される形となってしまった。 2022.09.20 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

味方DFと交錯し顔面強打のアタランタ守護神ムッソ、頬骨骨折で手術へ

アタランタのアルゼンチン代表GKフアン・ムッソが、ローマ戦で負傷した。 ムッソは18日に行われたセリエA第7節のローマとのアウェイ戦に先発。開始5分に相手が蹴ったロングボールに対して、飛び出して処理を試みるも、同じく空中のボールに反応したトルコ代表DFメリフ・デミラルと接触した。 デミラルの頭に顔面を強打したムッソはその場で倒れ込み、ピッチには緊張感が漂っていたが、メディカルスタッフの手当てを受けて立ち上がると、控えGKマルコ・スポルティエッロと交代に。試合は1-0でアタランタが勝利した一方で、守護神を襲ったアクシデントには心配の声が集まっている。 イタリア『スカイ・スポーツ』によれば、ムッソはローマ市内の病院へと運ばれ、頬骨骨折による頭部外傷と診断。翌日に手術を受けることとなったようだ。 ウディネーゼから昨夏に加入して以降、アタランタの不動の守護神として君臨するムッソは今季も開幕から公式戦全7試合に出場。復帰時期はまだ不明だが、長期離脱となればチームにとって大きな痛手となりそうだ。 2022.09.19 16:38 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly