ボローニャ、百戦錬磨の守備者ダニーロが今季限りで退団…

2021.05.25 22:48 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボローニャは25日、ブラジル人DFダニーロ・ランジェッラ(37)の退団を発表した。

アトレチコ・パラナエンセ、パウメイラスと母国ブラジルでの活躍を経て2011年にウディネーゼに加入し、セリエAでのキャリアをスタートしたダニーロ。以降は優れた戦術眼と高いフィジカル能力を武器に、長らくディフェンスリーダーに君臨。その後、2018年にボローニャに加入した。

ボローニャでは在籍3年間で公式戦102試合に出場し3ゴールを挙げるなど、シニシャ・ミハイロビッチ監督の下、3バックと4バックを併用するチームの最終ラインをそのリーダーシップで支えた。

日本代表DF冨安健洋にとってもカルチョの守備を学ぶ上で頼れる先輩の一人だった。

関連ニュース
thumb

バイエルンが鳥栖MF福井太智の獲得を正式発表! 契約は25年6月まで、来年1月加入

バイエルンは28日、サガン鳥栖からU-19日本代表MF福井太智(18)の獲得を正式発表した。契約は2025年6月まで。加入は2023年1月1日からで、セカンドチームでプレーするようだ。 福井は鳥栖のアカデミー出身で、昨年3月のルヴァンカップに2種登録選手としてクラブ最年少記録となる16歳7カ月で出場し、トップチームデビュー。今年3月には17歳でプロ契約を締び、今季はルヴァンカップの3試合に出場している。 今年6月にモーリスレベロトーナメントのU-19日本代表メンバーにも入り、将来を有望視される福井を巡っては最近のドイツメディアでバイエルンⅡのトライアル参加が報じられており、それが実現した格好だ。 男子の日本人プレーヤーでは元日本代表FW宇佐美貴史以来のバイエルン入りとなり、将来的にトップチームでのプレーも期待される福井は鳥栖の公式サイトを通じて、移籍を決断するまでの葛藤や決め手とともに今季いっぱいの全力を誓った。 「FCバイエルン・ミュンヘンに移籍することになりました。Jリーグで実績のない僕がセカンドとはいえいきなりドイツ王者に移籍して結果を出せるのか、慣れない環境で一人で闘っていけるのか、Jリーグでもっと試合に出れるように力をつけてからでも良いのではないか、本当に最後の最後まで悩みました」 「プロにさせてもらったサガン鳥栖でタイトル獲得に貢献しますと宣言したばかりなのにこのような決断を下したのは、U-19日本代表で世界を体感し『このままではだめだ、世界から置いていかれる』と強く感じたことが全てでした。決してサガン鳥栖やJリーグでは成長しないということではなくサガン鳥栖しか知らない僕が子どものころからの夢であるW杯で優勝するために現状に甘んじることなくさらに成長するための決断です」 「まだまだ未熟者の僕ですが小学生の頃から10年間ここまで育ててくれたサガン鳥栖にはとても感謝しています。新たな環境で成長し恩返しできるよう努力します。そして今よりさらに成長した姿をサガン鳥栖や日本のファン・サポーターの皆様に見てもらい日本をW杯で優勝させ、いずれはサガン鳥栖で自分が中心となりタイトル獲得に貢献します」 「チームは変わってもサガン鳥栖は自分自身の心の中にあります。これから先もずっと、僕は変わらずサガン鳥栖が大好きです。強い覚悟を持って移籍します。シーズンも残りわずかですが、サガン鳥栖でのプレーを悔いのないものにしますのでこれまで以上の応援をよろしくお願いします!」 <span class="paragraph-title">【写真】鳥栖の逸材がドイツ王者との契約にサイン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Servus, Taichi! <br><br>Der <a href="https://twitter.com/hashtag/FCBayern?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FCBayern</a> hat Taichi <a href="https://twitter.com/hashtag/Fukui?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Fukui</a> verpflichtet. Der 18-Jährige vom japanischen Erstligisten Sagan Tosu wechselt zum 01. Januar 2023 nach München und hat einen Vertrag bis Juni 2025 unterschrieben. <br><br>Alle Infos <a href="https://t.co/FdLPfxhnDX">https://t.co/FdLPfxhnDX</a><a href="https://twitter.com/hashtag/MiaSanMia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MiaSanMia</a> <a href="https://t.co/7QlxwYppre">pic.twitter.com/7QlxwYppre</a></p>&mdash; FC Bayern Campus (@fcbayerncampus) <a href="https://twitter.com/fcbayerncampus/status/1575032589844623361?ref_src=twsrc%5Etfw">September 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.28 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

35戦無敗中のアルゼンチン代表、スカローニ監督が2026年W杯まで契約更新

アルゼンチンサッカー連盟(AFA)のチキ・タピア会長が、リオネル・スカローニ監督(44)との契約更新を発表した。 スカローニ監督は、母国のニューウェルズ・オールドボーイズやエストゥディアンテスでプレーし、その後海を渡ってヨーロッパに挑戦。デポルティボ・ラ・コルーニャやウェストハム、ラシン・サンタンデール、ラツィオ、マジョルカ、アタランタでプレー。2015年7月に引退した。 アルゼンチン代表としても活躍していた中、引退後は指導者となり、セビージャではホルヘ・サンパオリ監督の下でアシスタントコーチに就任。その後、サンパオリ監督とともにアルゼンチン代表のアシスタントコーチに就任すると、2018年7月からはU-20アルゼンチン代表の監督に就任。すると、直後の8月からA代表の監督を任された。 初の監督業が代表チームという経歴となったスカローニ監督。しっかりと南米予選を勝ち抜き、カタール・ワールドカップ(W杯)の出場権を獲得するなど結果を残し、2021年のコパ・アメリカでは見事に優勝を果たし、タイトルをもたらしていた。 そのスカローニ監督は、27日に行われたジャマイカ代表との国際親善試合で、35試合無敗を達成。これは、アルゼンチン史上最長記録を更新しており、イタリア代表が2018年10月から2021年10月までに記録した37試合に迫っている状況となっている。 タピア会長は自身のツイッターにスカローニ監督との2ショットを掲載し、2026年のW杯まで指揮を任せることを発表した。 「2026年のワールドカップまで、アルゼンチン代表の監督として、リオネル・スカローニが続けることに合意したことを伝えることができ、誇りに思う」 「我々は代表チームという総合的なプロジェクトに賭けている。しばらくはスカローニが務める」 <span class="paragraph-title">【写真】会長と監督が肩組み2ショットで契約延長を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Me enorgullece contarles que hemos arreglado la continuidad de Lionel Scaloni como DT de Argentina hasta el mundial de 2026. Seguimos apostando al proyecto integral de selecciones. Hay Scaloneta para rato!! <a href="https://t.co/64Cvg6EmSN">pic.twitter.com/64Cvg6EmSN</a></p>&mdash; Chiqui Tapia (@tapiachiqui) <a href="https://twitter.com/tapiachiqui/status/1574957118293442560?ref_src=twsrc%5Etfw">September 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.28 12:57 Wed
twitterfacebook
thumb

中村航輔がポルティモネンセと契約延長! 出番増やす元柏正GKが新たに2025年までサイン

ポルティモネンセは27日、日本代表GK中村航輔(27)との契約延長合意を発表した。新たな契約は2025年まで。4000万ユーロ(約55億5000万円)の契約解除条項が盛り込まれての更新となった。 2021年1月に柏レイソルからポルティモネンセ入りした中村。代表キャリアではかつてリオ・デ・ジャネイロ オリンピックのピッチに立ち、ロシア・ワールドカップのメンバーにも入った実力者だが、ポルトガル挑戦後は出番が限られ、ポジション争いに身を投じる。 実際に一昨季が出番なし、昨季が公式戦6試合の出場で、今季もその流れでスタートしたが、守護神のブラジル人GKサムエルが開幕後にポルト移籍。そこから出番が巡り始めており、プリメイラ・リーガ第5節で初先発&出場を果たすと、ここまで3試合でプレーしている。 明らかに状況が変わりつつあるなかでの契約延長。このまま正守護神の座を確固たるものにできるか。 <span class="paragraph-title">【動画】契約延長を果たした中村航輔のセーブ集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjBIqlGjfs3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjBIqlGjfs3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjBIqlGjfs3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Portimonense Futebol Sad(@portimonense_oficial)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.28 09:00 Wed
twitterfacebook
thumb

デルフが32歳の若さで現役に別れ…アストン・ビラやシティ、エバートンでプレー

元イングランド代表MFファビアン・デルフ(32)が現役引退を発表した。 昨シーズン限りでエバートンを退団して以降、フリーの状態が続いていた32歳は、27日に自身の公式インスタグラムを通じて現役に別れを告げた。 「今日、僕はこの美しいゲームが自分に与えてくれた幸せと感謝だけを伝え、引退を発表するよ」 「家族と友人。これまで在籍してきた素晴らしいクラブで共に働いたプレーヤー、スタッフに対して、声を大にして感謝を伝えたい。同様に僕は幸運にもそのクラブの代表としてプレーするだけでなく、ファンから素晴らしいサポートを受けた。それに対しても感謝を伝えるよ」 ブラッドフォードとリーズ・ユナイテッドの下部組織でプレーしたデルフは、リーズでプロキャリアをスタート。その後、2009年にプレミアリーグに所属するアストン・ビラにステップアップを図ると、豊富な運動量と戦術眼、複数のポジションをカバーするユーティリティー性を武器に中盤の主力として台頭した。 2015年夏からはマンチェスター・シティでプレー。本職の中盤だけでなく、左サイドバックをこなすマルチロールな働きを見せ、多才なバックアッパーとして合計7個のタイトル獲得に貢献した。 2019年夏には出場機会を求めてエバートンに加入したが、度重なるケガの影響もあり、在籍3シーズンで41試合の出場にとどまっていた。 これまでのキャリアを通じてはプレミアリーグ通算204試合に出場し、7ゴール10アシストの数字を残した。 また、2014年にデビューを飾ったイングランド代表では通算20キャップを記録していた。 2022.09.28 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

35歳のミケルが現役引退…チェルシーやナイジェリア代表で活躍

元ナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケル(35)が、現役引退を発表した。 昨年11月にクウェートSCを退団して以降、フリーの状態が続いていたベテランMFは27日に自身の公式インスタグラムを通じて、スパイクを脱ぐ決断を下した。 「『すべての良いことには終わりが来る』という言葉があるけど、僕のプロフットボール人生にとって、その日は今日だ」 「過去20年間のキャリアを振り返ってみると、達成できたすべてのことに非常に満足していると言わざるを得ない」 「家族、監督、クラブ、コーチ、チームメイト、そして何よりも献身的なファンの揺るぎないサポートがなければ、これらすべてを成し遂げるのは不可能だった。あなた方は僕が期待に応えられなかった日でさえ、自分の浮き沈みに寄り添うように支えてくれた。だからこそ、大きな感謝を伝えます」 「また、自分のキャリアの過程で何らかの形でインスピレーションを与えた可能性のあるすべての人に、決して夢をあきらめないように勧めたいと思う」 「これはサヨナラではなく、別の旅の始まり、僕の人生における新たなの章がスタートする。だから、未来がどうなるか楽しみだよ。皆さんが今後も僕と一緒に歩んでくれることを願っています。ありがとうございました」 ミケルは母国のプラトー・ユナイテッドのアカデミー出身で、ノルウェーのFKリンでプロキャリアをスタート。マンチェスター・ユナイテッドとの争奪戦の末、2006年に加入したチェルシーでは2017年に中国の天津泰達(現天津津門)に移籍するまで、公式戦372試合に出場。長らく守備的MFの主軸としてプレーし、2011-12シーズンのクラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)制覇や2度のプレミアリーグ優勝など、9つのトロフィー獲得に尽力した。 その後は、ミドルズブラ、ストーク・シティというイングランドのクラブやトルコのトラブゾンズポル、直近は2021年7月から4カ月の在籍となったクウェートSCでプレーした。 2005年にデビューを飾ったナイジェリア代表では通算89試合に出場し、6ゴールを記録。2014年のブラジル大会から2大会連続でワールドカップに出場した。また、2013年のアフリカ・ネーションズカップ優勝に加え、2016年のリオ五輪ではオーバーエイジとして参戦し、銅メダル獲得に貢献していた。 2022.09.28 01:23 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly