ボローニャ、百戦錬磨の守備者ダニーロが今季限りで退団…

2021.05.25 22:48 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボローニャは25日、ブラジル人DFダニーロ・ランジェッラ(37)の退団を発表した。

アトレチコ・パラナエンセ、パウメイラスと母国ブラジルでの活躍を経て2011年にウディネーゼに加入し、セリエAでのキャリアをスタートしたダニーロ。以降は優れた戦術眼と高いフィジカル能力を武器に、長らくディフェンスリーダーに君臨。その後、2018年にボローニャに加入した。

ボローニャでは在籍3年間で公式戦102試合に出場し3ゴールを挙げるなど、シニシャ・ミハイロビッチ監督の下、3バックと4バックを併用するチームの最終ラインをそのリーダーシップで支えた。

日本代表DF冨安健洋にとってもカルチョの守備を学ぶ上で頼れる先輩の一人だった。

関連ニュース
thumb

オナイウ阿道とのホットラインも? トゥールーズがAZのモロッコ代表FWザカリアを獲得

リーグ・アンに昇格したトゥールーズは24日、AZのモロッコ代表FWザカリア・アブクラル(22)を完全移籍で獲得することを発表した。 ザカリアはヴィレムⅡの下部組織、そしてPSVの下部組織で育ち、2019年8月にAZに加入した。 AZでは若くして出番を得ると、ここまで公式戦88試合で12ゴール1アシストを記録。左右のウイングやセンターフォワードでプレーし、今シーズンもエールディビジで31試合4ゴール1アシスト、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)で6試合1ゴールを記録していた。 また世代別ではオランダ代表でプレーしていたザカリアだったが、A代表はモロッコを選択。6月のアフリカ・ネーションズリーグ(AFCON)の予選にも出場するなど、これまで11試合で2ゴールを記録していた。 背番号「6」をつけることが決まったザカリアは、クラブを通じてコメントしている。 「トゥールーズと契約できてとても嬉しい。トゥールーズはフランスの歴史的なクラブ。これは僕のキャリアの新しいステージとなる」 「新しい一歩を踏み出し、さらに競争力を高めたいと思っている。サポーターとクラブみんなを幸せにしたい」 昨季はリーグ・ドゥ(フランス2部)に所属したトゥールーズだったが、見事に優勝を果たして昇格。オナイウ阿道とのホットライン形成はなるだろうか。 2022.06.25 09:05 Sat
twitterfacebook
thumb

AZがオドゴールを完全移籍で獲得、今季はエールディビジで8ゴール

AZは24日、サッスオーロのデンマーク人FWイェンス・オドゴール(23)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2027年夏までの5年間となる。 母国のリンビーでキャリアをスタートさせたオドゴールは、インテルのU-19チームに入団。2018年7月にサッスオーロへと完全移籍した。 その後、オランダのヘーレンフェーンやスイスのルガーノ、ペスカーラへとレンタル移籍。今シーズンはオランダのRKCワールワイクにレンタル移籍していた。 今シーズンはエールディビジで30試合に出場し8ゴール6アシストを記録。その活躍を目の当たりにしたAZが完全移籍で獲得した。 なお、世代別のデンマーク代表を経験しており、U-21デンマーク代表では5ゴール2アシストを記録していた。 <span class="paragraph-title">【動画】オドゴールの昨季の圧巻ゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/AZ?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AZ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/WelkomJens?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WelkomJens</a> <a href="https://t.co/vi60wmSOP6">pic.twitter.com/vi60wmSOP6</a></p>&mdash; AZ (@AZAlkmaar) <a href="https://twitter.com/AZAlkmaar/status/1540372428160786432?ref_src=twsrc%5Etfw">June 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.25 08:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ポグバ兄がインドに移籍決定、弟より先に新天地行きが決まる

ギニア代表DFフロランタン・ポグバ(31)が、インドのATKモフン・バガンFCに完全移籍することとなった。 ユベントスへの再加入が噂されるフランス代表MFポール・ポグバの兄であるフロランタン。リーグ・ドゥ(フランス2部)のソショーに所属している。 2023年夏まで契約が1年残っていた中、ソショーはポグバの退団を発表。1年早くモフン・バガンへと移籍することが発表された。 ポグバはこれまでスダン、サンテチェンヌとフランスのクラブでプレーした他、トルコのゲンチレルビルリイ、アメリカのアトランタ・ユナイテッドでもプレー。2020年7月からソショーでプレーしていた。 ソショーではセンターバックとして65試合に出場し1アシストを記録していた。 弟よりも先に移籍先が決まったフロランタン。ポールも後に続くことはできるだろうか。 2022.06.25 08:15 Sat
twitterfacebook
thumb

アヤックス、鼠径部手術でシーズン大半を棒に振った39歳GKステケレンブルフと1年契約延長

アヤックスは24日、元オランダ代表GKマールテン・ステケレンブルフ(39)と2023年6月まで契約を延長したことを発表した。 ステケレンブルフは2021-22シーズン、10月に鼠径部の手術を受け、エールディビジ7試合の出場に留まった。しかし、シーズン絶望と見られていた中、4月に復帰を果たしてエールディビジ4試合に出場。 9月には40歳となるステケレンブルフだが、アヤックスは契約延長を打診する格好となった。 ステケレンブルフはプロデビューを飾ったアヤックスでこれまで公式戦311試合に出場している。 2022.06.25 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ラ・リーガ残留のカディス、オーストラリア代表FWメイビルを完全移籍で獲得

カディスは24日、オーストラリア代表FWアワー・メイビル(26)をミッティランから完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は4年間で、2026年6月30日までとなる。 南スーダンにルーツを持つメイビルは、アデレード・ユナイテッドの下部組織育ちで、2015年7月にミッティランへと完全移籍する。 その後、デンマークのエスビャウやポルトガルのパソス・フェレイラへのレンタル移籍を経験。今年2月からは、トルコのカシムパシャへレンタル移籍していた。 ミッティランでは公式戦145試合に出場し20ゴール30アシストを記録。今シーズンはデンマーク・スーペルリーガで9試合に出場し1ゴール3アシスト、ヨーロッパリーグで2試合に出場。カシムパシャではスュペル・リグで11試合に出場し2ゴール1アシストを記録した。 スピードあるウインガーとしてオーストラリア代表としても活躍。ここまで22試合で6ゴールを記録。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本代表戦では2試合ともプレーしていた。 メイびるは入団会見で「僕にとって、カディスとサインしてリーガに到達することは、サッカー選手としてのすべてを意味する」と語り、「僕と僕の家族にとって夢が叶った」とスペインでの挑戦を喜んだ。 2022.06.25 06:48 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly