クープ・ドゥ・フランス制覇のPSG、ムバッペらが喜び爆発「ファン皆のためのもの」

2021.05.20 17:28 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クープ・ドゥ・フランスを制したパリ・サンジェルマン(PSG)の面々が喜びのコメントを寄せている。クラブ公式サイトが伝えた。

PSGは19日、クープ・ドゥ・フランス決勝でモナコと対戦した。相手は今季のリーグ・アンでダブルを許している強敵だが、19分にFWマウロ・イカルディが先制ゴールを決めると、後半は守勢を強いられながらも81分にFWキリアン・ムバッペが追加点を挙げて、2-0の勝利を収めたPSGが2年連続14度目の優勝を果たした。

リーグ・アンでは逆転優勝が懸かる最終節を残す中、ゴールを挙げて今季初タイトルに導いたムバッペらが喜びをあらわに。それぞれ23日に控えるスタッド・ブレスト戦に向けても意気込みを語った。

◆キリアン・ムバッペ
「簡単ではなかった。相手はタフなチームだったけど、なんとか勝つことができたよ。僕たちはとても幸せで、トロフィーは重要なもの。それらはファン皆のためのものだ。リーグ・アン? まず僕たちは自分たちの仕事をしなければならない。それから他の試合がどうなるか見てみよう」

マルキーニョス
「これまで対戦するたびに問題を起こしてきた相手だから厳しい戦いだった。今季は2度負けていたけど、今回は決勝戦だから何も残すことなく全てを出し切らなければならなかった。辛くても強さを保ち、必要なときには冷酷になることができたと思う。皆が一生懸命に働き、助け合った」

「これはファンのためだけでなく、いつも応援してくれている友人や、ここで働く人々、スタッフにとっても素晴らしいことだ。この1年は決して楽なものではなかったけど、すべての障害を乗り越えることができたよ。日曜日(23日)に最後の試合があるね。その時にはリーグ優勝を果たしたい」

アンヘル・ディ・マリア
「とても嬉しいよ。104回目のアシスト? 記録を更新し、クラブの歴史に刻むことができた。このような試合でゴールやアシストをすることは僕の目標だった。チームメイトの感謝しているよ」

関連ニュース
thumb

「美しいプレーは終わった」ネイマールがヒールリフトでイエローカードの同胞に反応、過去には自身も同じ目に

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、リヨンのブラジル代表MFルーカス・パケタのヒールリフトに反応した。 パケタは22日に行われたリーグ・アン第7節のトロワ戦に先発出場。89分には自身もゴールを決め、3-1とリードで迎えた後半アディショナルタイム95分、左サイドでボールを受けると、ヒールリフトで突破を試みる。 これは相手DFジウリアン・ビアンコーネに当たってスローインとなるが、ビアンコーネは明らかに不服な表情。その後、主審が説明しようとパケタを呼び寄せるが、パケタはハンドを主張。主審の話を聞く気を見せなかったパケタに対してイエローカードが提示された。 パケタへのイエローカードには疑問の声が飛び交う一方で、女性主審に対して聞く耳を持つそぶりを全く見せなかったパケタの態度が悪かったと、どちらの見解も生まれている。 そんな中、ブラジル代表で同僚のネイマールは自身のインスタグラムのストーリーズで意見。過去に自分が受けた不可解なイエローカードと同じだとした。 「ドリブルしてイエローカードを受けたこのエピソードはとても、とても悲しい」 「技術はそれがピッチ上のどこであっても、どんな時間帯であっても、解決策だ」 「昨シーズンは僕にも同じことが起こった。今年はパケタだ。正直に言ってしまえば、理由は分からない。有名な『ジョガ・ボニート(ポルトガル語で美しいプレー)』は終わった。今のうちに楽しんでくれ」 ネイマールは、2020年2月のモンペリエ戦で同様にヒールリフトを行って警告を出されたほか、バルセロナ時代にも物議を醸していた。 <span class="paragraph-title">【動画】イエローカードを受けたパケタとネイマールのヒールリフト</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/eHlLpCEV7ng" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.09.25 14:20 Sat
twitterfacebook
thumb

「彼は素晴らしい男」叩かれるムバッペをポチェッティーノは擁護「現実を反映していない」

パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、フランス代表FWキリアン・ムバッペを擁護した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ムバッペは、22日に行われたリーグ・アン第7節のメス戦に先発出場すると、後半アディショナルタイムにチームが勝ち越し点を挙げた際、ピッチに顔をうずめて悔しがるメスGKアレクサンドル・ウキジャに対し、ムバッペが何かを吐き捨てていった。 これがきっかけとなり両チームの選手による衝突が起こると、結果としてウキジャとPSGのネイマールにイエローカードが提示される事態となった。 この件については、メスの指揮官フレデリック・アントネッティも「ムバッペ、彼は大好きな選手だが、人々に愛されたいのであれば、もっと上手く振舞う必要がある。非常に優れた選手だが、謙虚になることでより大きな恩恵を受けられるだろう」と苦言を呈していた。 一方、25日に行われる第8節のモンペリエ戦の試合前会見でこのことについて問われたポチェッティーノ監督は、相手指揮官の心情を理解しながらも、ムバッペを擁護し、ピッチ外で話すことではないとした。 「彼(アントネッティ)が怒っていたのは理解している。それは自然な反応だ。だが、状況を理解しなければいけない。特に95分で試合に負けた後だったことを考えれば、フレッドがこの状況に怒ることも理解できる」 「キリアン・ムバッペは素晴らしい男だ。彼は常に勝ちたいと思うトップの競争者だ。こういったことはピッチで起こるが、彼と何人かのメスの選手との状況に関して、ピッチ外に持ち出す必要はないと思う」 「これらの出来事は文脈から外すことはできない。両方のチームが勝ちたいと思っている試合で、色々なことが起こる中で分析しなければいけない。だから、文脈を無視して扱うことはできない」 「それはキリアンがどんな人間であるかという現実を反映していないが、私は彼らの不満を理解できる」 <span class="paragraph-title">【動画】相手GKに何かを吐き捨てるムバッペ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Une séquence de 20 secondes mémorable. <a href="https://twitter.com/hashtag/Mbapp%C3%A9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Mbappé</a> qui vient chambrer, le gardien messin qui joue les durs et qui tombe au premier courant d’air… Et pour finir l’apparition d’un mec torse nu tombé du ciel <a href="https://twitter.com/hashtag/PSG?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PSG</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FCMPSG?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FCMPSG</a> <a href="https://t.co/inoh7FEv7L">pic.twitter.com/inoh7FEv7L</a></p>&mdash; Nicolas Puiravau (@nikop17) <a href="https://twitter.com/nikop17/status/1440783760077705216?ref_src=twsrc%5Etfw">September 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.25 13:50 Sat
twitterfacebook
thumb

カタール移籍のハメス、"PSG条項"が存在か

先日にカタールのアル・ラーヤン移籍が発表となったコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスだが、伝えられるところによると、ある特殊な条項が存在しているようだ。 昨夏に恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督との深い結びつきもあり、レアル・マドリーからエバートン入りしたハメス。プレミアリーグ初挑戦となった中、ケガもありながら公式戦26試合の出場で6得点9アシストの活躍を披露した。 だが、今季からアンチェロッティ監督のマドリー復帰が決まり、後任にラファエル・ベニテス監督が就くと、一転して構想外に。ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)抵触の恐れがあるエバートンは売却を望んでいた。 そんな中で晴れて新天地が決まったハメス。アル・ラーヤンは、かつてフランス代表やパリ・サンジェルマン(PSG)を率いたローラン・ブランが監督を務めており、2022年のワールドカップに向けて、その開催地であるカタールをアピールの場として選んだ。 新たなスタートを切ることになったコロンビア代表MFだが、噂では珍しい条項が存在しているようだ。スペイン人ジャーナリストのマヌ・サインズ氏によると、PSGが要求した場合に限り、ハメスは無条件で移籍できることになっているという。 PSGはオーナーがカタール企業であることからアル・ラーヤンとも繋がりがあるようで、そのツテを利用した条項なのだという。アル・ラーヤンとの契約期間内である3年間は、いつでも発動可能とのことだ。 信憑性は定かではないが、ハメスにとってはモチベーションの上がる条件の一つと言っていいだろう。仮にPSG移籍が実現した場合、リーグ・アンはモナコに在籍していた2013-14シーズン以来となる。 2021.09.23 21:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ムバッペが相手GKに暴言吐き捨てる非紳士的なふるまい…メス指揮官も苦言

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペのある行動が問題視されている。フランス『レキップ』が伝えた。 22日に行われたリーグ・アン第7節のメスvsPSG。PSGは1-1で迎えた後半アディショナルタイムにDFアクラフ・ハキミがゴールを決めて、土壇場で勝利をモノにしていた。 問題シーンがあったのはその直後のこと。最後の最後にネットを揺らされ、ピッチに顔をうずめて悔しがるメスGKアレクサンドル・ウキジャに対し、ムバッペが何かを吐き捨てていった。 それがどんな言葉だったのかは定かではないが、一気に沸点に達したウキジャはムバッペを追いかけ、ゴールを喜ぶPSG選手たちの下へ。 ここで経緯を知らないFWネイマールがいちゃもんを付けられていると勘違いしたのか、ウキジャを突き飛ばし、両チームの選手による衝突が勃発。結果として、ウキジャとネイマールにイエローカードが提示される事態となった。 試合後、メスの指揮官フレデリック・アントネッティは、暴言を吐いたとされるムバッペに言及し、スターになるためにはもっと謙虚でなければならないと苦言を呈した。 「ムバッペ、彼は大好きな選手だが、人々に愛されたいのであれば、もっと上手く振舞う必要がある。非常に優れた選手だが、謙虚になることでより大きな恩恵を受けられるだろう」 ムバッペにも何か言い分はあるのだろうが、現状では詳細は明らかになっていない。今後、リーグ機構やフランスサッカー連盟による調査が行わる可能性もある。<span class="paragraph-title">【動画】相手GKに何かを吐き捨てるムバッペ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Une séquence de 20 secondes mémorable. <a href="https://twitter.com/hashtag/Mbapp%C3%A9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Mbappé</a> qui vient chambrer, le gardien messin qui joue les durs et qui tombe au premier courant d’air… Et pour finir l’apparition d’un mec torse nu tombé du ciel <a href="https://twitter.com/hashtag/PSG?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PSG</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FCMPSG?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FCMPSG</a> <a href="https://t.co/inoh7FEv7L">pic.twitter.com/inoh7FEv7L</a></p>&mdash; Nicolas Puiravau (@nikop17) <a href="https://twitter.com/nikop17/status/1440783760077705216?ref_src=twsrc%5Etfw">September 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.23 14:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ハキミが後半50分に劇的決勝点!「サッカーは90分じゃ終わらない」

パリ・サンジェルマン(PSG)のモロッコ代表DFアクラフ・ハキミが、自身が決勝ゴールを決めたメス戦を振り返った。フランス『レキップ』が伝えている。 22日のリーグ・アン第7節でメスと対戦したPSG。開始5分にハキミのゴールで幸先の良いスタートを切ったが、39分にセットプレーから同点弾を許すと、その後は支配しながらも、守備に徹する相手に追加点が奪えない歯がゆい展開が続く。 しかし、後半アディショナルタイムにメスの選手が退場すると、俄然流れはPSGに。そして迎えた95分、ボックス右でボールを持ったハキミがカットインから左足のシュートを突き刺し、土壇場で決勝点。PSGはこれで開幕7連勝を収めた。 ハキミは試合後、最後まで諦めずに戦ったチームの姿勢を称賛。もぎ取った白星を大いに喜んでいる。 「メスは彼らのスタイルで対抗してきた。守備的なプレーでね。僕たちは試合をコントロールしつつ冷静さを保っていた。ただ、少ないチャンスをなかなかモノにできずにいたんだ」 「だけど、僕たちは最後まで戦った。そして遂にはゴールが生まれ、僕たちは幸せを感じることができた」 「皆知っての通り、サッカーとは90分で終わるものじゃない。追加タイムもあるんだ」 「僕たちは強い闘争心を持っている。主審が最後の笛を吹くまで諦めない。それを今日もまた見せることができた。この勝利の余韻に浸りたいね」 2021.09.23 14:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly