不運な形で痛恨の敗戦を喫したトッテナム、メイソン監督は集まったファンに「望んでいた3ポイントを与えられなかった」

2021.05.20 12:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのライアン・メイソン監督が、アストン・ビラ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。トッテナムは19日、プレミアリーグ第37節でアストン・ビラと対戦。来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を確保するためにもしっかりと勝利を収めなければいけない大事な一戦となった。

試合は8分にステーフェン・ベルフワインのゴールで幸先良く先制。久々にスタンドに戻ってきたファンの後押しを受け、このまましっかりと勝ち点3を獲得すると思われた。

しかし、セルヒオ・レギロンのオウンゴールで20分に失点を喫すると、39分にもレギロンのパスミスからオリー・ワトキンスにゴールを許してしまう。

互いにチャンスをあまり作れない試合だったが、トッテナムは決定力を欠いてゴールを奪えず。1-2で敗戦となり7位のまま。EL出場権獲得が非常に厳しくなった。

試合後、メイソン監督は不運な形で流れが変わったとコメント。チャンスを生かせなかったことが悪い方向に作用したと振り返った。

「我々は良いスタートを切り、良いゴールを決め、試合を完全にコントロールしていると感じた。問題はなかったが、不幸な状況から彼らにゴールを与え、勢いを変え、フィーリングを変えてしまった」

「その後、別の不運が起こり、彼らに別のゴールを与えてしまったことで難しくなった。堅いチームに2つのゴールを与えてしまったが、プレミアリーグの試合でそれをしては、チャンスを作るのは難しい」

「どちらのチームもゴールを決めるために4本ずつしか枠にシュートを打てていない。そして2つのゴールを奪われた。残念な結果に終わってしまった」

「チームが何もチャンスを作れていないときにゴールを与えると、フィーリングを変えてしまう。後半の最初に、本当に大きなチャンスが1つ2つあったが、残念ながらそれを生かせなかったために難しくなった」

「そのような瞬間があれば、生かさなければいけなかった。そのため、結果にとても失望することとなった。我々はファンに対して、望んでいた3ポイントを与えられなかった。それは大きな失望だ」
関連ニュース
thumb

依然としてシティ行き望むケイン、来週にレヴィ会長に直談判か?

トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(28)がマンチェスター・シティ移籍に向けて、週明けのチーム合流後にダニエル・レヴィ会長に直談判を行う模様だ。イギリス『テレグラフ』が報じている。 昨シーズンにプレミアリーグの覇権を奪還した一方、悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇を逃したシティは、新シーズンに向けて大型補強を敢行する構えだ。 現在は、今夏の目玉補強の一人としてアストン・ビラのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュ(25)の獲得に向け、イングランド史上最高額の1億ポンド(約152億円)のオファーを掲示し、獲得に迫っていると言われる。 そして、グリーリッシュの獲得に成功したあかつきには、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロのバルセロナ移籍によって手薄となったストライカーのポジションにケインを加えることを画策している。 先日には1億6000万ポンド(約243億円)の移籍金で獲得の可能性が報じられたが、トッテナムは今夏に関してエース売却を否定し続けており、現時点では残留が既定路線だ。 しかし、ユーロ2020前に行われたYouTubeチャンネル『The Overlap』でのギャリー・ネビルとの対談の際に、シティ移籍、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネとの共演を希望する趣旨の発言を行っていたケインは、依然としてマンチェスター行きを諦めていないと見られている。 そして、『テレグラフ』によると、ケインは来週に行われるレヴィ会長との話し合いの場で、自身がグリーリッシュと共にシティ加入を希望していることを改めて主張することになるようだ。 フットボール界屈指のタフなネゴシエーターとして知られるレヴィ会長が、ケインの直訴を簡単に受け入れる可能性は低いが、ケインサイドとしては今夏以降のタイミングでの売却による市場価値の低下など、様々な条件を掲示し、移籍許可を得ようとする構えだ。 一方、規格外の予算を持つシティだが、ケインの獲得には前述のイングランド史上最高額を再び更新する必要があり、主力数人の売却を必要とするが、ここまで売却に関しては目立った動きは出てきていない。 2021.08.01 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ロメロのスパーズ行き迫る! アタランタと移籍金で合意か?

アタランタのアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)のトッテナム移籍に関して大きな進展が見られたようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏やアルゼンチン『TyCSports』など複数メディアが報じている。 現在、トッテナムは昨シーズンのセリエA最優秀DFの獲得にトッププライオリティーを置いており、ここ数日間に渡ってアタランタとのクラブ間の交渉を進めている。 ただ、先月30日に行われた直接交渉では、ロメロの放出に前向きではないアタランタの高額な要求額に対して、トッテナムが現時点で応じず、交渉は低調に終わった。 しかし、ロメロ獲得にこだわるトッテナムは最新の交渉でアタランタの要求額に近い5000万ユーロ(約65億円)+ボーナス500ユーロ(約6億5000万円)のオファーを掲示。これをアタランタが受け入れる見込みとなったようだ。 なお、ノースロンドン行きを熱望しているロメロに関してアタランタを率いるジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督は直近の公式会見の場で、「個人的にはプレーヤーの決定が彼の将来を理解するために重要であると思っている。 次に、クラブ間の交渉がどのように発展するかを見極める必要がある」とコメント。ロメロの希望を尊重しつつ、適切なオファーが届いた場合、売却を容認するとの考えを明らかにしている。 前述の報道通り、ロメロのトッテナム移籍が実現した場合、アタランタはその移籍金を元手にユベントス退団を望むトルコ代表DFメリフ・デミラル(23)の獲得に動く構えだ。 2021.08.01 14:53 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ロメロ獲得交渉停滞も冨安獲得に進展

アルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)に関するトッテナムとアタランタの交渉は難航しているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じている。 現在、トッテナムは昨シーズンのセリエA最優秀DFの獲得にトッププライオリティーを置いており、5000万ユーロ(約65億円)に近い金額のオファーを準備している。 すでにロメロに関してはノースロンドン行きを熱望しており、個人間の交渉に大きな弊害はない。 そういった中、両クラブは30日に改めて直接交渉を行ったが、ロメロの放出に前向きではないアタランタの高額な要求額に対して、トッテナムは現時点で応じず、交渉はうまく進まなかったようだ。 その一方で、トッテナムがロメロと共に獲得を狙っている日本代表DF冨安健洋(22)の交渉に関しては大きな進展があるようだ。 イタリア『カルチョメルカート』が報じるところによれば、トッテナムはボローニャに対して、これまでの条件から増額した2000万ユーロ(約26億円)+各種インセンティブというオファーを掲示。移籍金の支払い方法など細かい条件は詰め切れていないものの、クラブ間で合意に至る可能性が高まっているという。 なお、冨安に関してはトッテナム行きを希望していると見られており、東京オリンピック終了後に個人間、クラブ間の交渉に大きな進展が予想される。 2021.07.31 13:57 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズの逸材FWパロット、今度は英3部MKドンズへ武者修行

MKドンズ(イングランド3部)は29日、トッテナムからアイルランド代表FWトロイ・パロット(19)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間となる。 パロットは2017年夏に母国のベルヴェディアからトッテナムのユースチームに加入した万能型ストライカー。2019年2月のトップチーム昇格後、同年9月に行われたEFLカップのコルチェスター・ユナイテッド戦で公式戦デビューを飾り、同年11月には17歳でアイルランド代表デビューを果たした。 2020年夏にはミルウォール(イングランド2部)にレンタル移籍で加入するも、半年間で公式戦14試合に出場して1得点という成績から、今年2月にレンタル先をイプスウィッチ(イングランド3部)へと変更。しかし、そこでも公式戦18試合出場、2ゴールという結果に留まった。 絶対的エースであるイングランド代表FWハリー・ケイン(28)の移籍の噂や、昨季にレンタルで加入していたブラジル人FWカルロス・ヴィニシウス(26)の買い取りが見送られたことで、今季はトッテナムでのプレーも予想されたパロット。しかし、U-17イングランド代表FWデーン・スカーレット(17)の台頭や、クラブがフィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)といった新たなFWを獲得に動いていることもあり、再び武者修行へと出るようだ。 移籍が決まったパロットはクラブ公式サイトを通じてコメントを発表。加入の喜びと新シーズンに向けての意気込みを語った。 「ここに来れて本当に嬉しいよ。このチームのプレースタイルは僕に合っているし、プレーしたいと思えるものだ」 「監督のラッセル・マーティンは、以前から僕にここへ来てほしいと思っていたようだけど、なんらかの理由で実現しなかった。彼が僕を必要だと明言してくれていることは、とても嬉しいよ。今はここにいられることが嬉しいし、早くトレーニングを始めたいね」 「もちろん、チームにゴールをもたらしたいと思っているけど、それだけではなく、プレーを連動させたり、できる限りボールに絡むことで、チームに貢献したいと思っている。この前見た試合で、このチームはとても上手くチャンスを作っていたから、ストライカーとしては待ち遠しいかぎりだね」 2021.07.30 11:06 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ヴラホビッチをストライカー補強のトップターゲットに設定!

トッテナムがフィオレンティーナに所属するセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)を今夏のストライカー補強のトップターゲットに定めているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じている。 トッテナムではマンチェスター・シティ行きが盛んに取り沙汰されるイングランド代表FWハリー・ケイン(28)の慰留が今夏における最大のテーマとなっている。 その一方で、ベンフィカからレンタルしていたブラジル人FWカルロス・ヴィニシウス(26)の買い取りを見送ったことで、純粋なセンターフォワードが不足している。 プレシーズンマッチでは韓国代表FWソン・フンミン、U-17イングランド代表FWデーン・スカーレット、アイルランド代表FWトロイ・パロットが最前線で起用されているが、ケインの去就に関わらず補強が必要なポジションだ。 ここまではサウサンプトンのイングランド代表FWダニー・イングス(29)が有力な獲得候補として挙がっているが、マネージング・ディレクターを務めるファビオ・パラティチ氏は前職のユベントス時代から関心を示していたヴィオラの若きエースをトップターゲットに定めているようだ。 セルビア屈指の名門パルチザン・ベオグラード育ちのヴラホビッチは、18歳となった2018年にフィオレンティーナへ5年契約で加入。加入2年目となった昨シーズンにブレイクの兆しを見せると、昨シーズンのセリエAでは37試合21ゴールという見事な数字を残し、一躍国内外のビッグクラブの関心を集める存在となった。 利き足は異なるものの、クラブのレジェンドである元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータを彷彿とさせる天性の点取り屋は、190cmの屈強な体躯とパワフル且つ繊細な左足、傑出した得点感覚を備える大器だ。 その逸材に関してフィオレンティーナは新シーズン開始前に新契約締結を目指しており、現在は7000万ユーロ(約91億3000万円)に設定する契約解除金に関する代理人へのコミッションの金額を話し合うなど、今夏の流出回避に向けた動きを見せている。 ただ、昨シーズンを13位で終えるなどクラブとして低迷が続くフィオレンティーナの現状を考えれば、今夏に新天地を求める可能性は十二分にある。 『テレグラフ』が伝えるところによれば、ヴラホビッチを獲得するためには4000万ポンド(約61億3000万円)以上のオファーが必要だという。 パラティチ氏はヴラホビッチをケインの後釜ではなく、あくまでサポート役として考えており、ケインとヴラホビッチという強力コンビ実現に向けては財布の紐が堅いダニエル・レヴィ会長を説得できるかが重要となりそうだ。 2021.07.29 22:53 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly