U-21伊代表スカマッカ父が古巣ローマの練習場で暴挙! 車破壊にユース選手たちに罵声

2021.05.18 23:16 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジェノアに所属するU-21イタリア代表FWジャンルカ・スカマッカ(22)の父親が同選手の古巣であるローマのトレーニング施設での暴挙によって現行犯逮捕された。イタリア『Il Messaggero』など複数メディアが報じている。

『Il Messaggero』によると、スカマッカの父親であるエミリアーノは、17日夜にローマのトレーニング施設があるトリゴリアに自身が運転する自動車で向かったという。そこで受付を強行突破して駐車場に侵入すると、タイヤレバー(タイヤ着脱用の金属のバー)で武装し、ゼネラルマネージャーのチアゴ・ピント氏やディレクターを務めるモルガン・デ・サンクティス氏が所有すると思われる4、5台の車両の窓ガラスを破壊する暴挙に出たという。

さらに、ユースチームが練習していたグラウンドに向かい、選手やコーチングスタッフに対して威圧的な言葉を叫んでいたとのことだ。

その後、ローマの通報によって駆け付けた地元警察に現行犯逮捕となったエミリアーノだが、現時点で犯行の動機は全く不明だという。

スカマッカは、2012年にラツィオのアカデミーからローマの下部組織に加入。2015年にPSVのユースに移籍するまで3年間在籍。その後、2017年にサッスオーロに完全移籍すると、今シーズンはジェノアにレンタル移籍している。

今シーズンのセリエAで26試合8ゴールを挙げる195cmの大型ストライカーは、ユベントスやミランといった国内強豪クラブの関心を集める逸材であり、ローマも呼び戻しの可能性を探っているとの報道もあった。

エミリアーノの暴挙の動機に関しては今後語られることになるが、移籍に向けた話し合いでの軋轢、あるいは犯行時にサッスオーロのスウェットを着用していたことから、ローマとサッスオーロのヨーロッパコンティション出場権争いの最中での嫌がらせなど、様々な憶測が出ている。

関連ニュース
thumb

今季初黒星のローマ…モウリーニョ監督も落胆 「相手のプレースタイルにうまく適応できなかった」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が今季初黒星を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは19日に行われたセリエA第4節でエラス・ヴェローナと対戦した。ここまで公式戦6連勝と絶好調のチームはこの日も36分にMFロレンツォ・ペッレグリーニのゴールで先制に成功。しかし、今節から新たに指揮をとるイゴール・トゥドール監督に率いられた相手チームの反撃を受けると、一気に逆転を許し、オウンゴールで追いついた流れも実らず、再びの失点で2-3の敗北を喫した。 今シーズン初黒星を喫し、公式戦の連勝が「6」でストップとなったことについて、試合後のインタビューに応じたモウリーニョ監督は指揮官交代直後で勢いに乗る相手に対処できたなかったと落胆。そのうえで、敗因についてはこれからしっかり分析したいと語った。 「今日の彼らは対戦するのが難しい状況だと分かっていた。監督が変わる前から、彼らは他チームに多くの問題を引き起こしており、異なる結果を得ていてもおかしくなかったからね。そして、監督が変われば、多くの場合試合で強い反発が起るものだ。それもわかっていた」 「我々の姿勢や結果を出そうとする意欲について悪いことは言えない。ただ、良いプレーはできず、相手のプレースタイルにうまく適応できなかった。多くの個人戦で負け、多くのセカンドボールを奪われ、試合の重要な局面で相手の方が少し強かった。この試合をもっと詳細に分析するためには何時間かスクリーンの前にいる必要がある」 「相手のプレーは悪くなくホームである以上、0-1の状況から反応があることはわかっていたはずだ。後半彼らが強く出てくることは驚きではなかった。我々はこうした瞬間にうまくコントロールする必要がある。いつも言っているが、ゲーム全ての支配は期待していない。ただ、今日は攻撃時に1対1の場面が何度もあり、そこで勝てば相手に大きなダメージを与えられたはずだ」 「もっとボールを奪う必要があった。(ジョルダン・)ヴェレトゥはイエローカードをもらったことが大きな障害になっただろう。あの位置でプレーする選手にしてはカードをもらうのが早すぎた。とはいえ、具体的に敗因を説明するには試合を見直す必要がある。試合についていくつかの感想を持つことと、それを実際に分析することは別だからね」 2021.09.20 11:52 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマがモウリーニョ体制7戦目で初黒星…監督交代のヴェローナに打ち負けて今季初白星献上…《セリエA》

セリエA第4節、エラス・ヴェローナvsローマが19日にマルカントニオ・ベンテゴディで行われ、ホームのヴェローナが3-2で勝利した。   モウリーニョ新体制で開幕6戦全勝と絶好調のローマは、ポルトガル人指揮官のキャリア通算1000試合目となった前節のサッスオーロ戦を後半アディショナルタイムの劇的ゴールで制すると、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の初戦ではCSKAソフィアを5-1で退けた。   開幕3試合でディ・フランチェスコ監督を解任し、トゥドール新指揮官を招へいしたヴェローナのホームに乗り込んだこの一戦では、サッスオーロ戦から先発2人を変更。負傷のビーニャとベンチスタートのムヒタリアンに替えてカラフィオーリ、ショムロドフと左サイドを入れ替えてきた。   指揮官交代によって勢いを持って入ったホームチームに対して、やや受け身の入りとなったローマだが、時間の経過と共に主導権を掴んでいく。16分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのペッレグリーニがニアに入れたボールをクリスタンテが頭で合わすが、このシュートは惜しくもクロスバーを叩く。   以降は攻撃に厚みを出せず、相手の鋭いカウンターに手を焼くローマだったが、絶好調のカピターノが圧巻の個人技でゴールをもたらす。36分、右サイドの深い位置でカルスドルプが低い弾道のクロスボールを供給。これが相手DFにディフレクトして若干マイナスにコースが変わると、ニアに全力で走り込んできたペッレグリーニが見事な右足のバックヒールでニア下へ流し込んだ。   苦しみながらも1点リードで試合を折り返したローマだが、後半はより難しい展開を強いられる。立ち上がりの49分に左サイドからカプラーリに入れられたクロスがマンチーニに当たってコースが変わると、これをGKルイ・パトリシオが何とか前にはじき出すが、こぼれ球をバラクに押し込まれる。さらに、54分にはボックス左でイリッチからパスを受けたカプラーリへの寄せが甘くなると、見事な右足のグラウンダーシュートをファーポストに流し込まれ、一気に逆転を許した。   ここから攻勢を強めるローマは58分、エイブラハムを起点としたカウンターからペッレグリーニのゴールへ向かう左クロスがイリッチのオウンゴールを誘発し、すぐさまスコアをタイに戻す。だが、この失点にも士気を落とさないヴェローナに対して後手を踏むと、63分にはボックス手前右でシメオネから横パスを受けたファラオーニに右足アウトかけた見事なハーフボレーシュートをゴール右隅に突き刺され、すぐさまビハインドを背負った。   開幕3連敗中の格下相手に負けられないローマは、66分にショムロドフ、ザニオーロ、ヴェレトゥを下げてカルレス・ペレス、ムヒタリアン、エル・シャーラウィとアタッカー3人を同時投入。さらに、78分にはカルスドルプとカラフィオーリの両サイドバックを下げてスモーリングとマジョラルを投入。この交代で前線にセンターフォワード3人、ウイングバックにエル・シャーラウィ、カルレス・ペレスを並べる超攻撃的な[3-4-3]の布陣でゴールをこじ開けにかかる。   何とか力業でゴールをこじ開けたいローマだが、ヴェローナの守備的な選手交代と接触時に簡単に倒れて時計を進める老獪な試合運びを前に焦りが目立ち、再三の攻撃は撥ね返され続ける。試合終了間際にはカルレス・ペレス、エル・シャーラウィに続けて決定機が訪れたものの、相手の身体を張った守備に撥ね返されて万事休す。   メンバー固定と過密日程の疲労か、あるいは下位相手の慢心か、トゥドール新体制のヴェローナに今季初白星を献上したローマは、モウリーニョ体制7戦目で痛恨の初黒星を喫することになった。 2021.09.20 03:18 Mon
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、公式戦6連勝も試合内容に不満 「プレーの質が気に入らなかった」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督がチームのパフォーマンスに不満を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは16日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)グループC第1節でCSKAソフィアと対戦した。10分に失点を許したものの、その後は攻撃陣が爆発。MFロレンツォ・ペッレグリーニの2ゴールやFWタミー・エイブラハムのゴールなどで5点を奪ったチームは、5-1のスコアで快勝している。 この結果、ローマは開幕から公式戦6連勝を達成。チームは絶好のスタートを切っているが、試合後のインタビューに応じたモウリーニョ監督はこの日のパフォーマンスに対して不満を口にした。 「我々がしっかりプレーしなかったことを除けば、チームは団結していたと思う。ここでは本当に、真のチームを構築できている。ただ以前にも話したが、勝ったときに真のグループであるなら、負けたときはさらに真のグループになる必要がある。そういうときこそ、我々はチームであることが重要なのだ。そして、今夜はいいプレーができなかった」 「結果には満足しているが、プレーの質が気に入らなかった。この2、3日トレーニングした方法でボールをキープできなかったからね。中盤は激しさに欠け、2人のフルバックは十分に前に出られず、多くの守備的な競り合いに負けた」 「エルドル・ショムロドフとペッレグリーニはピッチの高い位置でプレスをかけようと、本当によく働いてくれた。我々のプレーが悪かったとは言わないが、5-1で勝つほどではなかったと思う。相手にとっては厳しい結果だ。我々のほうが組織的に優れており、勝利に値するとは思うが、私は満足していない」 また、モウリーニョ監督は好調のチームに対して期待が高まり続けていることを警戒。これから厳しい時期もやってくるはずだと語っている。 「先日、コーチと冗談で『我々は毎日、サン・ピエトロ大聖堂に行き、負傷者が出ないよう祈る必要があるチームだ』と話したよ。我々は限界があるチームだ。シーズンはマラソンのようなものであり、すべての感情を管理する必要がある」 「以前に5勝と50勝は違うと言ったが、今日は6勝と60勝は違うと皆に伝えたい。我々は落ち着く必要がある。自分たちが築き上げてきたもの、精神面には満足しているが、戦術的にもグループは改善する必要があるね。我々は冷静でなければならない」 「チームとファンの絆は我々にとって重要だ。しかしブーイングが起きたとき、それはチームとして、クラブとして、より一層力を発揮すべき瞬間でもある。現時点では、たとえ今夜のプレーが素晴らしくはなくても、我々の取り組みやチームの反応にとても満足している」 2021.09.17 12:42 Fri
twitterfacebook
thumb

本命ローマが5発快勝発進! ファラオーネ2戦連発にペッレグリーニが2ゴール《ECL》

ローマは16日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・グループC第1節でCSKAソフィアとスタディオ・オリンピコで対戦し、5-1で勝利した。 トルコの強豪トラブゾンスポルとのプレーオフに連勝し、本戦出場を決めたローマ。直近のリーグ戦ではサッスオーロ相手に後半アディショナルタイムの劇的勝ち越しゴールで競り勝ち、モウリーニョ監督のキャリア通算1000試合目を飾ると共に、新体制5戦全勝を継続した。 ブルガリアの強豪をホームで迎え撃ったこの一戦では、GKルイ・パトリシオ、マンチーニ、カルスドルプ、ペッレグリーニを除く先発7人を変更。スモーリング、カラフィオーリ、ビジャール、ディアワラ、エル・シャーラウィが今季公式戦初スタメンを飾った。 大幅なメンバー変更の影響もあり、やや緩い入りを見せたローマは試合序盤に出ばなを挫かれる。10分、ロングカウンターを浴びてヴィルトシュットに左サイド深くからマイナスに折り返されると、これを中央で受けたキャリーに寄せ切れずにゴール左に持ち込まれて角度のないところから左足のシュートを突き刺された。 いきなりビハインドを背負ったホームチームは、直後の11分にカルスドルプからの絶妙なクロスを大外のエル・シャーラウィが頭で合わすが、これを枠に飛ばせず。さらに、18分にはショムロドフが高い位置で相手DFからボールを奪ってGKと一対一を迎えるが、右足のシュートはGKのファインセーブに遭い、わずかに枠の右へ外れた。 即同点に持ち込むことはできなかったものの、以降も良いリズムで攻撃を仕掛けていくローマは2つのファインゴールで試合を引っくり返す。 まずは25分、右サイドのタッチライン際でボールを受けたカルスドルプが柔らかなクロスを供給。これをペナルティアーク左で受けたペッレグリーニが右足インサイドでのトラップから絶妙な右足のロブシュートをゴール右隅に流し込む。 さらに、38分にはショムロドフのパワフルな持ち上がりから一度ボックス手前でボールを失いかけるが、カルレス・ペレスとの連動したプレスで奪い返すと、ショムロドフから横パスを受けたエル・シャーラウィがペナルティアーク付近から強烈な右足のシュートをゴール左下隅に突き刺し、公式戦2試合連続ゴールとした。 その後、ショムロドフを中心に3点目に迫る場面も作り出したホームチームが、前半を1点リードで終えた。 迎えた後半、フル稼働が続くカルスドルプを下げてイバニェスを後半開始から右サイドバックに入れたローマは、アグレッシブに攻めてくるCSKAソフィアに対して受け身に回る立ち上がりとなる。 そういった流れを受け、モウリーニョ監督は58分にビジャールとディアワラを下げてヴェレトゥ、クリスタンテの主力2人に2ボランチを入れ替えた。 すると、この交代直後の62分には左サイドでエル・シャーラウィにボールを預けてオーバーラップを仕掛けたカラフィオーリがボックス内に侵入し、ゴールライン際から絶妙なマイナスのクロス。これをニアで待ち構えていたペッレグリーニが左足のワンタッチでニア下に流し込み、チーム後半最初のシュートでドッピエッタを達成した。 この3点目で勝利に大きく近づいたローマは、殊勲のペッレグリーニを下げてエイブラハムを投入し、ショムロドフとの共存という戦術オプションの構築を図りつつ、カラフィオーリを下げてクンブラを投入し、4バックにセンターバック4人が並ぶ守備的な交代策で試合をクローズにかかる。 その後、80分にヴィルトシュットが2枚目のカードをもらって退場となると、82分には左CKの二次攻撃からスモーリングの右ポスト直撃のシュートのこぼれ球をマンチーニが押し込んで4点目。84分にはショムロドフのスルーパスに抜け出したエイブラハムが5点目を奪い、勝利を確実なモノとした。 そして、CSKAソフィアに力の差を見せつけたローマが、モウリーニョ体制6連勝を飾ると共に、ECL初戦で力強いスタートを切った。 ローマ 5-1 CSKAソフィア 【ローマ】 ペッレグリーニ(25分) エル・シャーラウィ(38分) ペッレグリーニ(62分) マンチーニ(82分) エイブラハム(84分) 【CSKAソフィア】 キャリー(10分) 2021.09.17 05:54 Fri
twitterfacebook
thumb

【ECLグループステージ展望】スパーズ&ローマが大本命! 日本人4選手が参戦!

2021-22シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・グループステージが16日に開幕する。今シーズンから創設されたチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)に次ぐUEFA3番目のコンペティションには日本人4選手やローマやトッテナムという強豪が参戦する。 ここでは、注目クラブや日本人選手の所属するチームを中心にグループステージを展望していきたい。 ◆スパーズ&ローマが大本命! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210915_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今大会の優勝候補は通常であれば、CLに参戦するレベルの実力を持つトッテナムとローマの2チームだ。 昨シーズンのプレミアリーグを期待外れの7位でフィニッシュし、今シーズンから創設されるECLに参戦することになったトッテナム。パソス・デ・フェレイラとのプレーオフでは初戦を落とす失態を演じたものの、最終的にホームの2ndレグで逆転し順当に本大会行きを決めた。 ヌーノ新監督の下、プレミアリーグでは開幕3試合連続クリーンシートで3連勝を飾ったものの、直近のクリスタル・パレス戦ではここまでの戦いを通じて浮き彫りとなっていた課題が明確に出る、低調な内容で完敗。あくまでチームのプライオリティはプレミアリーグということもあり、ECLでは控え選手や若手中心のスカッドでの戦いとなる。その中でFWスカーレットやMFディヴァイン、MFナイル・ジョンといった若手の台頭を促しつつ、DFロメロやFWブライアン・ヒルといった新加入組をチームに馴染ませる場として有効に活用したい。 なお、グループGで同居する3チームはスタッド・レンヌ(フランス)、フィテッセ(オランダ)、ムラ(スロベニア)と比較的移動がラクな相手となっている。 昨シーズン途中までそのトッテナムを率いていたジョゼ・モウリーニョ監督が新指揮官に就任したローマは、難敵トラブゾンスポルとのプレーオフを2連勝で制して本大会行きを決めた。また、セリエAでは開幕3連勝を飾り、新体制移行後公式戦5戦全勝と早くも“スペシャル・ワン”就任の効果が出ている。 トッテナム同様にあくまでセリエAでの成功が最優先となっており、且つグループCはゾリャ(ウクライナ)、CSKAソフィア(ブルガリア)、ボデ/グリムト(ノルウェー)と比較的移動距離が長いため、モウリーニョ監督は割り切ったメンバー構成で今グループステージに臨むはずだ。MFダルボエやMFザレフスキ、MFボーヴェ、DFカラフィオーリというプリマヴェーラ出身の有望株、前線で序列低下のFWマジョラル、DFレイノルズらにとっては格好のアピールの場となるはずだ。 その他ではバーゼル(スイス)、ヘント(ベルギー)、スラビア・プラハ(チェコ)、コペンハーゲン(デンマーク)といった欧州大会の常連が有力な突破候補となっている。 ◆中村と田中が日本人対決! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210915_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今シーズンのECLグループステージでは、4人の日本人選手がプレーすることになる。なお、PAOK(ギリシャ)のMF香川真司とウニオン・ベルリン(ドイツ)のMF遠藤渓太は登録メンバーを外れており、今グループステージではプレーすることができない。 グループAでは共にUEFAコンペティションの本戦初出場となるLASKリンツ(オーストリア)のFW中村敬斗、ヘルシンキ(フィンランド)のMF田中亜土夢の日本人対決が実現。中村はトゥベンテ、シント=トロイデンなどを経て、今夏にオーストリアの強豪LASKへ完全移籍。今季ここまではトップチームで5試合に出場しているが、目立った数字は残せておらず。今グループステージにおいても途中出場をメインにポジション奪取に向けてのアピールが必要だ。 一方、2020年3月に3年ぶりのヘルシンキ復帰を果たした田中は、復帰初年度に国内2冠に貢献。今シーズンも主力を担っているが、現在はヒザのケガによって欠場が続いており、グループステージ開催中の戦列復帰を目指すことになる。 また、AZ(オランダ)のDF菅原由勢はクルージュ(ルーマニア)、ヤブロネツ(チェコ)、ラナース(デンマーク)と同じグループDに入った。AZ加入3年目の菅原は右サイドバックのレギュラーに定着。クラブが国内リーグと、ECLのどちらにプライオリティを置くかによって起用法が変わってくれるが、ホームゲームを中心に勝負どころの試合では間違いなく出番が訪れるはずだ。 ウニオンのMF原口元気は、ヘルタ・ベルリン時代の2017-18シーズンのEL以来のグループステージ参戦に。ブンデスリーガ2部のハノーファーでの活躍によって、ウニオンにステップアップを果たした原口はブンデスリーガ開幕から全試合でスタメン起用されるなど、新天地で早くも信頼を勝ち得ている。クラブ史上初のUEFA本戦となるが、グループEはスラビア・プラハ(チェコ)、フェイエノールト(オランダ)、マッカビ・ハイファ(イスラエル)と、欧州での経験豊富な難敵揃いの難しいグループだ。菅原同様にチームの優先順位は微妙なところだが、チームを決勝トーナメントに導く決定的な仕事を期待したいところだ。 【グループA】 LASKリンツ(オーストリア)※中村敬斗 マッカビ・テルアビブ(イスラエル) アラシュケルト(アルメニア) ヘルシンキ(フィンランド)※田中亜土夢 【グループB】 ヘント(ベルギー) パルチザン・ベオグラード(セルビア) フローラ(エストニア) アノルトシス(キプロス) 【グループC】 ローマ(イタリア) ゾリャ(ウクライナ) CSKAソフィア(ブルガリア) ボデ/グリムト(ノルウェー) 【グループD】 AZ(オランダ)※菅原由勢 クルージュ(ルーマニア) ヤブロネツ(チェコ) ラナース(デンマーク) 【グループE】 スラビア・プラハ(チェコ) フェイエノールト(オランダ) ウニオン・ベルリン(ドイツ)※原口元気、遠藤渓太 マッカビ・ハイファ(イスラエル) 【グループF】 コペンハーゲン(デンマーク) PAOK(ギリシャ)※香川真司 スロヴァン・ブラチスラヴァ(スロバキア) リンカーン(ジブラルタル) 【グループG】 トッテナム(イングランド) スタッド・レンヌ(フランス) フィテッセ(オランダ) ムラ(スロベニア) 【グループH】 バーゼル(スイス) カラバフ(アゼルバイジャン) カイラト(カザフスタン) オモニア(キプロス) 2021.09.16 19:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly