2試合目でチーム得点王!浦和の新助っ人ユンカーの活躍にファンも大喜び「大当たりすぎる」

2021.05.16 19:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
浦和レッズのFWキャスパー・ユンカーが、すでにファンの心を鷲掴みにしている。浦和は16日、明治安田生命J1リーグ第14節でガンバ大阪とアウェイで対戦。デビューから2試合連続ゴールを決めていたユンカーは、この試合でもネットを揺らした。

まずは16分、ボックス右でボールを持った田中達也がクロスを上げると、中央のユンカーが下がりながらの難しいヘディングを上手くゴール右に飛ばし、公式戦3試合連続ゴールをマークする。

さらに40分には、再びボックス右の田中の低く鋭いボールを今度はユンカーが左足で押し込み、追加点をマークした。

20分には田中のゴールが生まれる前に右サイドから大きなサイドチェンジを見せ、ゴールの起点になるなど大活躍。56分でお役御免となったが、チームの0-3の勝利に大きく貢献した。

見事な連携で初の1試合複数得点を挙げたユンカーに対しては、ファンからも「大当たり助っ人すぎる」「点とる所を知っている」「神様仏様ユンカー様」と絶賛の声が相次いでいる。

リーグ戦2試合で3得点とチーム最多ゴールの阿部勇樹に並んだが、どこまでゴール数を伸ばせるか。ファンの期待はうなぎのぼりだ。

1 2
関連ニュース
thumb

浦和入団の酒井宏樹、熱狂的な真紅のファンについて「怖かったですよもちろん(笑)」

日本代表DF酒井宏樹が、浦和レッズ加入後初のオンライン記者会見に臨んだ。 浦和レッズ加入が10日に発表となった酒井。2012年7月のハノーファー移籍以降、2016年夏にはマルセイユへステップアップ。リーグ・アンでは145試合に出場し1ゴール10アシストを記録した。 9年の海外挑戦を経て凱旋した酒井は、マルセイユを退団した理由や、浦和レッズでを選択した理由を告白。「ほとんどの人に反対された」が、日本でプレーしたいという堅い意志があったことを明らかにした。 「退団した理由は、これまで4年間、外国人枠として責任を持って、自分も活躍しているという自負も持ってプレーできていましたが、今季に関しては、右サイドバックの序列がただ一番だったという理由だけで試合に出ていたので、自分としては、今までのような絶対的な立場を確保できていませんでした。なので、そろそろ大好きなマルセイユから離れるべきなのかなと思っていました」 「元々、マルセイユにいた時にこのチームをヨーロッパ最後のチームにしたいという思いがあって、2度の契約延長を挟んで5年も長く在籍して、僕も家族も本当に大好きな場所だった中で、新しいステップは日本でと考えていました。日本でも自分に良い意味でプレッシャーや責任感、緊張感をもたらしてくれるクラブを探していました」 「その中ではマルセイユみたいな特別なサポーターが浦和レッズにはいますし、そういった意味では僕に責任感や緊張感を与えてくれる存在だと思うので、オファーをお受けさせていただきました」 また、移籍発表後に、現在召集されているU-24日本代表でGK鈴木彩艶やMF橋岡大樹(現シント=トロイデン)といった浦和に所縁のある選手と話をしたという酒井。最も早く連絡をしたDF西大伍に関しては、共にプレーすることを「本当に楽しみ」と話した。 「発表してから大樹だったり、彩艶から話を聞きました。2人ともレッズが好きですからね。好印象な話を聞けました」 「大伍さんとはタイプが違うので一緒にプレーできるのが楽しみです。大伍さんとは浦和移籍が決まってからかなり早い段階で連絡させていただいて。大伍さんからも楽しみと言ってもらえました。ライバル関係という風になるのかもしれないですけど、同時にピッチに立つ機会も増えると思います」 最後に、日本一熱狂的と言われる浦和サポーターに関しても言及。柏レイソル時代は「怖かった」としながらも、今度はその声援を背にプレーすることが待ちきれないと語った。 「怖かったですよもちろん。マルセイユの時もそうですが、相手からしたら凄く怖いと思うので、そのサポーターたちが味方になるのは凄く心強いです。埼玉スタジアムでも優勝を決めさせていただいて、良い思い出しかないので、早くプレーできることが非常に楽しみです」 2021.06.14 17:43 Mon
twitterfacebook
thumb

ユンカー1G1Aの浦和が神戸との接戦を制しプライムステージ進出!同胞エリクセンへのメッセージも《ルヴァンカップ》

YBCルヴァンカップのプレーオフステージ、浦和レッズvsヴィッセル神戸の第2戦が13日に浦和駒場スタジアムで行われ、2-2の引き分けに終わった。この結果、合計スコア4-3で浦和がプライムステージ進出を決めている。 6日にノエビアスタジアム神戸で行われた第1戦では、立ち上がりに失点しながらも逆転に成功した浦和が1-2で勝利。1点のリードとアウェイゴールのアドバンテージを持ってこの一戦に臨む。 逆転突破に2点が必要な神戸は、開始2分にイニエスタのクロスに頭で合わせた山口のシュートがクロスバーを叩き、いきなり決定機を迎える。 5分にもドウグラスのヘディングシュートでゴールに迫ったホームチームは16分にCKを獲得。しかし、これを跳ね返した浦和は、こぼれ球を拾った小泉が追いすがる酒井を振りほどいてユンカーに展開。最後はGKとニ対一となり、プレゼントパスを受けた小泉が流し込み先制点を挙げた。 一瞬の隙を突かれた神戸だったが22分、酒井が右サイドから精度の高いクロスを送ると、マークを外したドウグラスが頭で合わせて、たちまち1点差に。 その後はイニエスタを中心に攻勢に出る神戸。40分には、そのイニエスタのパスから山口がボックス左に侵攻。左足を振り抜いたが、枠を捉えられなかった。 アウェイチームがさらに押し込んでいた前半アディショナルタイム、宇賀神のクリアでピンチを切り抜けた浦和は、このボールがユンカーに渡り一転してチャンスに。味方の援護は見込めない中、ユンカーは小林のチェックを振り切り、最後はGK前川の頭上を抜くループシュートを流し込み勝ち越しゴール。 この際にユンカーはユニフォームをたくし上げ、「強くあれ、クリスティアン」というメッセージをカメラの前に。現在行われているユーロ2020の試合中に突如緊急搬送された同胞のクリスティアン・エリクセンへエールを送った。 後半は神戸が主導権を握る中、浦和はユンカーと山中を下げて興梠と西を投入。2点必要な神戸もドウグラスと初瀬を下げて、藤本とマシカを送り込むなど、攻撃的な手を加える。 それでも、なかなか決定機が迎えられないまま時間は推移。そんな中77分に、神戸は郷家が倒され、ボックス手前左の絶好の位置でFKを獲得。これをイニエスタがGK西川の逆を突く形でゴール右に決めて、合計スコア4-3に。 あと1点取れば神戸がアウェイゴールの差で上回るという状況まで持ち込んだが、その1点が最後まで遠く、浦和に軍配。2シーズンぶりにプライムステージ進出を決めた。準々決勝の第1戦は9月1日、第2戦は同5日に予定されている。 浦和レッズ 2-2(AGG:4-3) ヴィッセル神戸 【浦和】 小泉佳穂(前16) キャスパー・ユンカー(前48) 【神戸】 ドウグラス(前22) イニエスタ(後32) 2021.06.13 20:02 Sun
twitterfacebook
thumb

5月度MVPに浦和デビュー即大暴れのキャスパー・ユンカー! 「更なる発展の序章に」

Jリーグは11日、5月度の「明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」を発表した。 J1リーグからは浦和レッズのFWキャスパー・ユンカーが選出。5月に加入したばかりだが、J1リーグデビュー戦からいきなりのゴールを決めると、そこから4戦連発をマークするなど、出場した5試合で計5ゴールの活躍を披露した。 その間にチームの調子も今季初のJ1リーグ3連勝を含む5戦負けなしと上向き、新風を吹かせるユンカー。Jリーグを通じて、喜びの心境とともに、決意を新たにした。 「日本でプレーした最初の1か月でこのような賞をいただくことができ、とてもうれしく、そして誇りに思います。まず第一に、これはチームメイトからのサポートがあったからこそ、受賞できました。彼らはすぐに私のことを浦和レッズの仲間として迎え入れてくれ、ピッチ内外で初日から私を助けてくれたことをとてもありがたく思います」 「これが今後数か月の更なる発展の序章に過ぎないことを願っています。自分の経験値と攻撃のクオリティでこれからもチームに貢献し、ベストを尽くしたいと思います。ファン・サポーターのみなさんには、加入時からの愛情とチーム全員に対する日々の温かい応援を感じています。本当に特別な存在である彼らに心から感謝しています。本当にありがとうございました!」 また、J2リーグからは全6試合に先発して4戦連続ゴールを記録したジェフユナイテッド千葉のMF見木友哉が受賞。J3リーグからは4試合で3ゴールの活躍を披露した福島ユナイテッドFCのFWイスマイラが栄冠に輝いた。なお、ユンカーを含めた3選手はそれぞれ初受賞となる。 2021.06.11 16:55 Fri
twitterfacebook
thumb

背番号は「2」、酒井宏樹が浦和に完全移籍で加入「一つでも多くのタイトルを」

浦和レッズは10日、日本代表DF酒井宏樹(31)が完全移籍で加入したことを発表した。背番号は「2」となる。 酒井は柏レイソルの下部組織出身で、2009年2月にトップチームへ昇格。ブラジルのモジミリンへのレンタル移籍を経験すると、その後は柏でレギュラーとしてプレー。2012年7月にドイツのハノーファーへと移籍すると、2016年7月にマルセイユへと完全移籍を果たした。 ブンデスリーガでは92試合に出場し2ゴール2アシスト、リーグ・アンでは145試合に出場し1ゴール10アシストを記録。JリーグでもJ1で42試合に出場し1ゴール12アシスト、J2リーグでも9試合で1ゴール1アシストを記録していた。 日本代表としては2012年5月からプレー。ここまで64試合に出場し1ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップはメンバーに選ばれるも出場機会はなし。2018年のロシア・ワールドカップでは4試合に出場した。 また、2012年のロンドン・オリンピックを経験しており、現在は東京オリンピックに向けてU-24日本代表にオーバーエイジとして参加している。 酒井はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、浦和レッズに加入することになりました酒井宏樹です。浦和レッズという伝統ある偉大なクラブの一員になることができ、大変光栄に思います」 「チームのコンセプトを理解し、1日でも早くピッチ内外でチームに貢献できるようベストを尽くしていきます。一つでも多くのタイトルを熱きレッズファン・サポーターのみなさんと共に喜びあう為にがんばっていきますので応援よろしくお願いします!」 2021.06.10 16:45 Thu
twitterfacebook
thumb

伊藤敦樹、興梠弾で浦和が逆転勝ち、神戸は先制するも逃げ切れず《ルヴァンカップ》

YBCルヴァンカップのプレーオフステージ、ヴィッセル神戸vs浦和レッズの第1戦が6日にノエビアスタジアム神戸で行われ、1-2で浦和が勝利した。 Bグループ2位でにプレーオフステージ進出を決めた神戸と、混戦のCグループを首位で勝ち抜いた浦和。両チームは5月26日にリーグ戦第15節で対戦したばかりで、その際はホームの浦和が2-0で勝利している。 古橋、フェルマーレンが代表招集のために不在の神戸は、セルジ・サンペールを中盤の底に置いた[3-5-2]でスタート。浦和はトーマス・デンがグループステージ最終節以来、今季公式戦2戦目の出場となった。 試合は開始早々に動く。3分、神戸は山口のクロスから左CKを獲得すると、初瀬が左足でアウトスイングのクロスを送る。ニアでサンペールフリックし、ゴール前でドウグラスが合わせて先制点を奪った。 7分にはサンペールのスルーパスに反応した山口がボックス右の深い位置から折り返す。相手に寄せられながらマシカが合わせるが、枠には飛ばせなかった。 右サイドからの攻撃を繰り返す神戸。17分にはハーフウェーライン付近でボールを奪うと、イニエスタから斜めのパスが送られる。マシカが受けてボックス手前の右かかループで狙うも、GK西川に読まれてキャッチされた。 神戸のポゼッションの前に守備のはまらない浦和だったが、30分に高い位置でのボール奪取に成功。宇賀神は素早く縦に当て、関根がドリブルでボックス内まで持ち込んで左足で狙ったが、大崎のブロックに阻まれた。 両チームともに徐々に守備ブロックの形成に重きを置き始めたため、互いにボールを持った時には最終ラインから中盤の間でゆとりを持ってパスを回せる展開が続く。 このままハーフタイムを迎えるかと思われたが、アディショナルタイムに再びスコアが動く。左からの関根の大きなサイドチェンジを田中がダイレクトで折り返すと、ボックス内に伊藤敦樹がフリーで侵入。落ち着いて流し込み、浦和が貴重なアウェイゴールを奪って前半を終えた。 後半に向けて先に動いたのは神戸ベンチ。大崎を下げて郷家を投入し、サンペールを最終ラインの中央へ配置して山口と郷家のダブルボランチ気味にシフトした。 前半と同様、後半の最初のチャンスも神戸が作る。53分、右CKの2次攻撃から初瀬が左足で滞空時間の長いクロスを送り、小林が頭で落としてマシカが狙う。だが、ヘディングシュートはGK西川にセーブされてしまう。 63分には興梠のヘディングシュートが相手DFの手に当たったとして、浦和の選手はハンドを猛アピールするも、西村主審は毅然とした態度で退けた。一方の神戸は65分、初瀬のクロスに佐々木が頭で合わせるも、ここは明本が体を寄せてブロックした。 神戸が自陣でボールを回す中で、思わぬ形でスコアは動く。山口からのバックパスをボックス内で処理しようとした菊池がまさかのスリップ。興梠がこれを見逃さずに反応すると、GK前川の動きを見極めて鮮やかなループシュートで浦和が逆転に成功した。 リードを奪った浦和だったが、トーマス・デンが負傷でピッチに倒れ込んでしまう。これを機に77分、3枚同時交代を決行。ゴールを挙げた興梠、宇賀神も下げて岩波、杉本、西を送り出す。 追いかける神戸は85分、リンコンが佐々木とのパス交換を経てドリブルを開始。細かいタッチでボックスに進入してリターンパスを送ると、佐々木が落としてイニエスタがシュート。しかし、右足の強烈なミドルシュートはクロスバーの上へ外れた。 何としても追い付きたい神戸は後半のアディショナルタイムには右サイドの深い位置でFKを獲得。イニエスタがグラウンダーのボールをペナルティエリア外へ送ると、走り込んできた山口のシュートは枠を捉えることができなかった。 結局、このままタイムアップを迎え、浦和がアウェイゴールを奪っての逆転で先勝を収めた。第2戦は13日に浦和駒場スタジアムで行われる。 ヴィッセル神戸 1-2 浦和レッズ 【神戸】 ドウグラス(前3) 【浦和】 伊藤敦樹(前46) 興梠慎三(後26) 2021.06.06 20:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly