Jリーグで初の女性審判! YS横浜vs宮崎を山下良美主審が担当「この状況が当たり前になるよう」

2021.05.16 16:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎JFA
Jリーグでついに女性審判が公式戦を担当した。16日に行われた明治安田生命J3リーグ第8節のY.S.C.C.横浜vsテゲバジャーロ宮崎の一戦。この試合で主審を務めたのは女性審判員の山下良美さんだ。

山下主審は、2015年から国際審判員となり、2016年と2018年のU-17女子ワールドカップや2017年のアルガルベカップ、2018年の女子アジアカップ、2019年の女子ワールドカップで主審を務めた経歴があり、今夏開催される東京オリンピックにも主審として参加することが発表されていた。

この試合では副審は鶴岡泰樹氏、眞鍋久大氏、第4の審判は本多文哉氏と普段組むことがない男性審判員だった。

10分には宮崎のGK植田峻佑に初のイエローカードを提示。最終ラインの裏へ出たロングボールに対し、植田が飛び出してカットしたものの、ンドカ・チャールスと接触。イエローカードが提示された。

無事に初の主審を終えた山下主審は、日本サッカー協会(JFA)を通じでコメントしている。

「審判員4人で協力していつも通りのレフェリングができるように、一つ一つ丁寧に誠実に対応することだけを考えて試合に臨みました」

「これからもこの機会が続いていき、この状況が当たり前になるよう、目の前の試合に全力で臨みたいと思います」

1 2
関連ニュース
thumb

藤枝が立正大学MF金浦真樹の来季加入内定を発表「元気で笑顔が素敵なサッカー選手になります」

藤枝MYFCは22日、MF金浦真樹(21)が来シーズンから加入することが内定したと発表した。 金浦は大阪府出身で、開志学園JAPANサッカーカレッジ高等部から立正大学へと進学していた。 金浦はクラブを通じてコメントしている。 「この度 2022シーズンから藤枝MYFCに加入することになりました、立正大学の金浦真樹です!藤枝MYFCという素晴らしいクラブで夢であったプロサッカー選手のキャリアをスタートできることを嬉しく思います」 「そしてこれまで携わっていただいた家族や友人、指導者などたくさんの人たちにサッカーを通して恩返しができる喜びを噛み締めて日々精進していきます」 「そして藤枝MYFCのファン、サポーターの皆様に応援していただけるような、元気で笑顔が素敵なサッカー選手になりますので、応援よろしくお願いします!」 2021.06.22 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

職域でのワクチン接種が解禁、選手たちの接種も進む可能性…Jリーグ村井満チェアマン「様々な関係者に働きかけを」

JリーグとNPBは21日、「第34回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施した。 今回の連絡会議の議題は、緊急事態宣言が解除されたことによるマネジメントの変化について。そして、21日からスタートする職域でのワクチン接種が本格化する中、その対応などについて議論がなされた。 これまでは、医療従事者や高齢者に対して優先的に新型コロナウイルスのワクチン接種が進められてきたなか、日本国民の多くがワクチンを早急に接種できるように職域での接種が解禁となる。 企業や大学などが自ら医療従事者や会場を確保し、1000人以上の規模で実施することが求められる職域接種。これに関して、Jリーグクラブについては「57クラブがあり、北海道から沖縄まで全国に分散しており、ワクチン接種が都道府県によって進捗度合いが違うために全てクリアしているわけではない」とJリーグの村井満チェアマンはコメント。「いくつかのカテゴリー、責任企業やスポンサーなどがあるところがそういったものを利用して接種してほしい」と語り、クラブの母体となっている企業やスポンサー企業の中で実施する可能性を示唆した。 一方で、市民クラブなどもある状況だが「様々な関係者に働きかけを行っている」とコメント。「地域企業との連携も図っている」とし、「Jリーグから働きかけるものやクラブが主導で行うパターンもある」と色々なパターンで接種が進むようにと語った。 また、時期についても「7月を目処に、オリンピックの中断中に接種が進められればと思っている」と語り、今後1カ月の間に接種が進んでいくことになるとのこと。多くの選手たちが早期にワクチンを接種できるように動いていると語った。 また、NPBの斉藤惇コミッショナーは「NPBは職域の接種はカバーできる体制ができた」とコメント。「球団単体で行うところや機構で大学や医療機関と協力して職域を作ってやるということで、関係者全員が接種できる体制を作っている」と周囲との協力もあって実現するとのことだ。 ワクチン接種で1つ変化が起こりそうなことは濃厚接触者の判定だ。これまでと同様のルールで濃厚接触者を特定すべきかどうかは、ここから議論が行われるという。 専門家チームの座長を務める賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部・感染症学教室特任教授)は「ワクチンを打った方は濃厚接触者の定義にハマるかどうかはこれから議論が行われる」とコメント。「政府や厚労省の議論を見ながら」と、国の判断として、ワクチン接種者の取り扱いがどうなるかを見る必要があるとした。 また、JリーグやNPB独自の濃厚接触者の定義があるが、その点については「濃厚接触者から外せるかを見ていこうと議論がなされた」と語り、対応を考えて行っている途中とのことだ。 選手のみならず、観客もワクチン接種が今後進んでいくことになるが、動員数の変更については国の判断に合わせていくとコメント。1万人、または50%の少ない方という制限が変わるのかにも注目が集まる。 2021.06.21 18:05 Mon
twitterfacebook
thumb

富山がアルバニア1部からブラジル人FWマテウスを獲得、背番号は「28」

カターレ富山は21日、ブラジル人FWマテウス・レイリア・ドス・サントス(26)の加入を発表した。 背番号は「28」を着用。2週間の隔離期間を経て、メディカルチェックを受けた後、トップチームに合流予定となっている。 マテウスはフルミネンセの下部組織の他、ジュベントス、グロリア、バーラとブラジル国内のクラブでプレー。その他、ヨーロッパでもプレーし、デンマークのホブロ、ヘルシンゲル、ギリシャのプラタニアスでプレー。今シーズンはアルバニア1部のクケシでプレーしていた。 今シーズンはアルバニア1部リーグで23試合に出場し1ゴール4アシストを記録していた。 マテウスはクラブを通じてコメントしている。 「日本に来ることが出来て嬉しく思っています。また、この新しいチャレンジをとても誇りに思います」 「今は一日でも早く富山のユニフォームを着て、チームの力になりたい気持ちでいっぱいです。そして勝利の後にサポーターの皆様と一緒に喜びを分かち合いたいです」 「皆さんとともにJ2復帰に向かって頑張りましょう!」 2021.06.21 13:46 Mon
twitterfacebook
thumb

首位岐阜、0-3敗戦…前節8得点の長野は富山に4発快勝!【明治安田J3第12節】

明治安田生命J3リーグ第12節の5試合が20日に各地で行われた。 首位FC岐阜は14位FC今治とのアウェイ戦。下位に沈む相手との一戦だけにしっかりと勝っていきたい岐阜だが、開始7分に柏木の負傷交代を強いられると、16分に左サイドからのクロスをファーサイドの山田が右足で押し込み、今治が先取する。 さらに、29分にバイタルエリア中央のバルデマールがポストプレーに転じると、有間の迷いなく振り抜かれた右足シュートが岐阜のゴール右に突き刺さり、今治が追加点。その後、岐阜も反撃に転じるが、今治の“粘守”をこじ開けられない。 2点ビハインドの岐阜は後半も反撃に転じるが、吉濱の左足ミドルがクロスバーを叩いたほか、今治のGK修行も好守を披露。すると、ロングカウンターを許した85分、バイタルエリア中央の有間が右足ミドルを再び叩き込み、今治が勝利を決定づけた。 有間のスーパーな2発もあり、3失点の完敗を喫した岐阜はこれで2連勝が止まり、3試合ぶりの黒星。首位撃破の今治は4試合ぶりの白星を掴み、今後の戦いに弾みをつけている。 岐阜を1ポイント差で追う2位カターレ富山は9位AC長野パルセイロとアウェイで対戦。首位返り咲きを狙ったが、20分にボックス右で三田が相手DFに倒されると、こぼれ球を素早く拾った上米良が右足シュートを切り込み、長野が先手を奪う。 その長野は勢いづくと、30分にバイタルエリア左からのクロスにボックス右の森川が頭で合わせ、追加点。さらに、52分に敵陣左サイドで獲得したFKのチャンスからボックス中央の広瀬がダイビングヘッドを決め、富山を突き放してみせる。 攻撃の手を緩めない長野は右CKのチャンスを獲得した後半アディショナルタイム1分にも相手GKのファンブルを分厚い攻めに繋げ、ボックス中央の藤山が左足シュートでネットを揺らして、トドメの4点目を奪い切った。 先の天皇杯2回戦で川崎フロンターレ相手にPK戦まで持ち込む熱戦を演じた長野は前節を8得点快勝で飾った勢いそのままに上位の富山も下して、今季初のホーム戦勝利&連勝。完敗の富山は第3節以来の黒星を喫して、今季2敗目となっている。 ◆第12節 ▽6/20 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">Y.S.C.C.横浜 4</span>-3 藤枝MYFC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">AC長野パルセイロ 4</span>-0 カターレ富山 テゲバジャーロ宮崎 2-2 カマタマーレ讃岐 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC今治 3</span>-0 FC岐阜 ロアッソ熊本 1-1 ガイナーレ鳥取 ▽6/19 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">いわてグルージャ盛岡 3</span>-2 アスルクラロ沼津 鹿児島ユナイテッドFC 0-0 ヴァンラーレ八戸 2021.06.20 22:21 Sun
twitterfacebook
thumb

合計5得点の乱打戦を制した岩手、暫定3位浮上!【明治安田J3第12節】

19日、明治安田生命J3リーグ第12節の2試合が各地で行われた 6位の岩手(勝ち点18)は11位の沼津(勝ち点10)をホームに迎え撃った。まずは9分、中村の振り向きざまのボレーシュートで幸先よく先制。 だが、ここから沼津が立て続けに2得点を決めて逆転する。20分にスルーパスに抜け出した渡邊が倒れながらゴール左に流し込むと、その2分後には右サイドからのクロスを高橋がヘディングで合わせる。 対する岩手は、31分にロングボールを前線に送ると、そのこぼれ球を拾って最後はブレンネルが右足一閃。GK野村が届かないゴール右端に強烈なシュートを沈めた。 その後は67分に岩手の中村がFKでクロスバーを直撃するシュートを放つなど、チャンスを作るもスコアは変動することなく、試合は終盤に。このまま終わるかに思われた90分、左サイドからクロスをフリーで受けたブレンネルが冷静にトラップしてゴール左にシュートを決めて土壇場で勝ち越し。 シーソーゲームを制した岩手が暫定3位に浮上した。 その他、白波スタジアムで行われた鹿児島vs八戸は、鹿児島の攻勢実らず0-0のゴールレスドローに終わっている。 ◆第12節 ▽6/19 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">いわてグルージャ盛岡 3</span>-2 アスルクラロ沼津 鹿児島ユナイテッドFC 0-0 ヴァンラーレ八戸 ▽6/20 Y.S.C.C.横浜 vs 藤枝MYFC AC長野パルセイロ vs カターレ富山 テゲバジャーロ宮崎 vs カマタマーレ讃岐 FC今治 vs FC岐阜 ロアッソ熊本 vs ガイナーレ鳥取 2021.06.19 21:58 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly