エデルソンがリシャルリソンの頭をバリカンで刈る!見事な"大五郎カット"に変貌

2021.05.12 20:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンのブラジル代表FWリシャルリソンが大きな変貌を遂げた。ブラジル『UOL』が伝えている。

10日に24歳の誕生日を迎えたリシャルリソンは、記念に断髪式を敢行。マンチェスター・シティに所属する同胞のGKエデルソンがバリカンを手にブラジル人ストライカーの髪を刈った。

エデルソンは器用に前髪だけを残す奇抜な髪型にデザイン。元ブラジル代表FWのロナウド氏が2002年の日韓・ワールドカップ(W杯)で見せた“大五郎カット”を彷彿とさせた。

しかし、リシャルリソンの別のインスタグラムの投稿をみると、残した前髪部分も剃った状態でバースデーケーキを渡されている写真もあり、どうやらピッチで“大五郎カット”を見ることは叶わないようだ

なお、2人は23日に行われるプレミアリーグ最終節で相まみえる。



1 2
関連ニュース
thumb

案の定…ベニテス、エバトニアンから歓迎されず スタジアム前に「Benitez not welcome」のバナー

エバートンの監督就任が噂されているラファエル・ベニテス氏だが、やはりファンからは歓迎されていないようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 先日、カルロ・アンチェロッティ監督のレアル・マドリー移籍が電撃的に決まり、後任探しに奔放するエバートン。これまでに、今季限りでウォルバーハンプトンを退団したヌーノ・エスピリト・サント氏や、ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督などが後任に挙がっていたが、現状で最も有力なのがベニテス氏と言われている。 今年1月に大連一方の監督を辞して以降、フリーの状態が続くスペイン人指揮官は、エバートンにとっても楽な交渉となるが、ただ問題はそのキャリア。ベニテス氏と言えばやはりリバプールのイメージが強く、2005年にはチャンピオンズリーグ優勝に導いたレジェンド的存在だ。 そして、そのリバプールと同じマージーサイドに本拠地を置くエバートンは最大の宿敵として古くからのライバル関係にある。そのため、熱心なエバートンファンはベニテス就任に真っ向から反対しているようで、グディソン・パークのゲートに「Benitez not welcome」と書いた旗を掲げたり、より攻撃的な文言で嫌悪感を強調したりするバナーも見られたという。 なお、『デイリー・メール』によると、オーナーであるファルハド・モシリ氏が過去2週間に3度の会談の場を持ったと報じており、反対の意見もありながらも交渉を進めている模様だ。 2021.06.18 17:58 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートン新指揮官、ベニテス最有力か…就任間近の見方

来季の指揮官不在に陥るエバートンだが、ラファエル・ベニテス氏(61)を招へいするようだ。 エバートンは2019年12月からカルロ・アンチェロッティ体制を発足。コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスら多数の実力者も引き入れ、チーム強化を進めたが、先日にアンチェロッティ監督のレアル・マドリー指揮官復帰が電撃的に決まり、エバートンは急きょ新たな監督探しを強いられている。 そんなエバートンは今季限りでウォルバーハンプトンを退団したヌーノ・エスピリト・サント氏や、ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が後任に挙がったが、イギリス『BBC』によれば、ここにきて元リバプール指揮官のベニテス氏が最有力候補に。すでに3度もの交渉を済ませているという。 また、イギリス『スカイ・スポーツ』もエバートン上層部とベニテス氏が前向きに話し合い、アンチェロッティ氏の退任で空位の監督ポストに就きそうだと主張している。 ベニテス氏はレアル・マドリーBで監督としてのキャリアをスタートさせ、バレンシアやリバプール、インテル、チェルシー、ナポリ、レアル・マドリーなどを率いた後、2019年7月から中国を新たな活躍先に。今年1月に辞任すると、そこからフリーの状態が続いている。 2021.06.17 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

エバートン残留を予想するハメス「カルロが僕を連れて行くとは思わない」

エバートンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、来季もクラブに残ると予想している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 昨夏にレアル・マドリーから完全移籍でエバートンに加入したハメス。かつてマドリーやバイエルンで師弟関係にあったカルロ・アンチェロッティ監督に誘われる形での移籍となった中、初挑戦のプレミアリーグで23試合に出場し6ゴール5アシストと、序盤戦の好調を支える原動力となった。 ところが今月、その恩師がマドリーに復帰。ジネディーヌ・ジダン監督が退任したことを受けて、かつてチャンピオンズリーグ制覇に導いた名将を呼び戻したのだ。 ハメスにとっては突如突き放された思いだろうが、ここまでコロンビア代表MFに関するマドリー復帰の噂はない。同選手自身も「アンチェロッティが僕を連れて行くとは思わない」と、インスタグラムのライブチャットでエバートン残留を予想した。 「(マドリーに戻るか)わからない。そうはならないと思う。エバートンにもう1年残ったとしても、それでハッピーだよ」 「アンチェロッティが僕を連れて行くことはないだろう。レアル・マドリーでの僕のサイクルは終わった。あのクラブに行くことはないだろうけど、僕もまだまだ若いんだ」 2021.06.14 14:52 Mon
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティに去られたエバートン、後任としてリヨン退任の指揮官に関心?

エバートンが前リヨンの指揮官であるルディ・ガルシア氏(57)の招へいに関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 エバートンは2019年12月からカルロ・アンチェロッティ監督(62)が指揮をとっていたが、ジネディーヌ・ジダン監督(48)が今シーズン限りで去ることになったレアル・マドリーが、後任として同監督にオファーを提出。イタリア人指揮官がこれを受け入れ1日に退任したことで、エバートンは突如として指揮官の地位が空白になっている。 エバートンは後任候補として、まずは今季限りでウォルバーハンプトンを退任したヌーノ・エスピリト・サント監督(47)に接触。しかし、金銭面やコーチングスタッフとの契約面が原因で合意には至らなかったようだ。 その他の候補として、リバプールでの指揮経験を持つラファエル・ベニテス氏(61)や、かつてマンチェスター・シティ、ウェストハムを率いた経験を持つベティスのマヌエル・ペジェグリーニ監督(67)、リールのクリストフ・ガルティエ監督(54)、ブライトンのグレアム・ポッター監督(46)、ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督(47)の名前が挙がっている。 こうした状況のなか、フランス『レキップ』によると今季限りでリヨンを退団したガルシア氏も、エバートンの候補リストの1人に名を連ねているようだ。 ガルシア氏はこれまでリール、ローマ、マルセイユ、リヨンなどの指揮官を歴任。リールではクラブに1955年ぶりのタイトルをもたらすなど手腕を発揮したほか、リヨンでは2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でマンチェスター・シティを破り、ベスト4進出を成し遂げた。 エバートンとガルシア氏の交渉はまだ初期の段階と報じられており、指揮官就任に向け、今後の進展が注目されている。 2021.06.11 17:43 Fri
twitterfacebook
thumb

モイーズがウェストハムと新たに3年契約へ! 古巣エバートンの引き抜き噂も

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督(58)が契約更新に至ったようだ。 2019年12月から再びウェストハムを率い始め、チームをプレミアリーグ残留に導いたモイーズ監督。そうして迎えた今季は上位をかき乱す存在となり、最終的にトップ4の座こそ逃したが、19勝8分け11敗の6位でフィニッシュした。 クラブ史上最多の65ポイントを積み上げ、来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権をもたらしたモイーズ監督だが、2度目のウェストハム指揮が決定した際に締結した1年半契約は今季が最終年。今夏の動向に注目が集まっている状況だった。 古巣エバートンが電撃退任したカルロ・アンチェロッティ氏の後任として関心を示すともいわれるスコットランド人指揮官だが、イギリス『デイリー・メール』によると、ウェストハムとの新契約に合意。新たな契約期間は3年になる模様だ。 なお、モイーズ監督の下でアシスタントコーチを務めるスチュアート・ピアース氏は先日、『talkSPORT』で指揮官が契約延長で合意に達したことを示唆。「信頼して『次のレベルに行こう』と言うなら、その信頼を示さねば」と話していた。 2021.06.11 10:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly