シティが2季ぶり7度目のプレミア制覇! CL初制覇でシーズントレブルへ

2021.05.12 05:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティが11日に2020-21シーズンのプレミアリーグ王者に輝いた。

今月1日に行われた第34節クリスタル・パレス戦の勝利で優勝に王手をかけていたシティだったが、8日の第35節チェルシー戦では1-2の逆転負けを喫して、ホームでの自力優勝のチャンスを逃した。

それでも、11日に行われた第36節で2位のマンチェスター・ユナイテッドがレスター・シティに1-2で敗れたことで、残り3試合での勝ち点差が10ポイントとなったことで、2シーズンぶり通算7度目の優勝が決定した。

2年ぶりの覇権奪還に向けて昨夏の移籍市場では目玉補強となったDFルベン・ジアス、DFナタン・アケ、FWフェラン・トーレスら3人の新戦力を迎え入れた中、シーズン序盤戦は第2節でレスター(2-5)、第9節でトッテナム(0-2)に完敗するなど難しい戦いが続いた。

それでも、ルベン・ジアス、DFジョン・ストーンズのセンターバックコンビを中心とした堅守、“カンセロ・ロール”という造語も生まれたDFジョアン・カンセロの台頭など守備から立て直しを図ったチームは、第10節のバーンリー戦から第27節でマンチェスター・ユナイテッドに敗れるまで、15連勝を含む19戦無敗と圧倒的な強さをみせ、一気に首位に浮上。

後半戦ではゴールスコアラーとして覚醒したMFイルカイ・ギュンドアン、FWリヤド・マフレズ、MFフィル・フォーデンのレフティーコンビの爆発によって何処からでも点を奪えるコンプリートチームに変貌を遂げた。

第35節終了時点では25勝5敗5分けの勝ち点80、総得点72、総失点26という数字はいずれもリーグベストと、優勝に相応しい文句なしの戦いぶりだった。

なお、今シーズンはすでにEFLカップを優勝しており、このプレミアリーグ優勝で今季2冠を達成。さらに、29日に控えるチェルシーとのチャンピオンズリーグ(CL)を初制覇した場合、トロフィーの種類は異なるものの2シーズンぶりのトレブル達成となる。

関連ニュース
thumb

ビッグクラブとの3連戦控えるシティ、グアルディオラ監督はEFLカップでの若手起用明言 「他に選択肢がない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、EFLカップ(カラバオ・カップ)での若手起用を明言した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 シティはプレミアリーグ王者として迎えた今シーズン、開幕戦でトッテナムに敗れ黒星スタートとなると、18日に行われた第5節のサウサンプトン戦でも最後までゴールを記録することはできずゴールレスドローに終わるなど、今一つ波に乗り切れていない。加えて、チームは現在、DFジョン・ストーンズやDFアイメリク・ラポルテ、MFロドリら多くの負傷者を抱えている。 首位グループから離されないためにもここからの挽回が必要となるが、ここから25日にプレミアリーグ第6節でチェルシーと対戦した3日後、チャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマン(PSG)と激突。さらに中4日を経て10月3日に行われるプレミアリーグ第7節では、アンフィールドでリバプールと対戦する非常に厳しい日程となっている。 こうした状況を受け、グアルディオラ監督は21日に予定されているEFLカップ3回戦のウィコム戦では若手選手を起用するとコメント。チームに複数の負傷者が出ていることに触れつつ、アカデミーから新たな戦力が台頭することへの期待を語った。 「私には他に選択肢がない。我々は(EFLカップで)数人の若い選手をプレーさせるだろう」 「ジョン、アイメリク、オレクス(オレクサンドル・ジンチェンコ)、ロドリが負傷しており、(イルカイ・)ギュンドアンもそのリストに加わったと思う」 「EFLカップはアカデミーの選手にとって、良い機会になるはずだ」 また、グアルディオラ監督は負傷者のほか、数人の選手をEFLカップでは休養させることも明言。週末のチェルシー戦に備えたいと語っている。 「私は25日に行われるスタンフォード・ブリッジへの遠征を視野に入れている。何人かの選手はこれから始まる連戦に備えて休むかもしれないね」 「ルベン(・ディアス)とジョアン(・カンセロ)はここまですべての時間プレーしている。だから、おそらくウィコム戦には出場させないだろう」 2021.09.20 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

フォーデン、ゴールレスでも前向き 「ポジティブなものを得ることができた」

マンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデンがポジティブな要素を得られたと語った。クラブ公式サイトが伝えている。 18日に行われたプレミアリーグ第5節でサウサンプトンと対戦したシティ。チャンスこそ作りながら、相手GKアレックス・マッカーシーの前に仕留められずの展開が続き、ゴールレスドローに終わった。 フォーデンは負傷離脱からの復帰戦となった15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第1節のRBライプツィヒ戦に続いて、このサウサンプトン戦にも途中出場。救世主とはならなかったが、後半アディショナルタイムに惜しい場面を演出するなど、精力的な働きが光った。 チームとしては3連勝が止まり、残る今節の結果次第で上位勢から遅れを取る結果に終わったが、フォーデンは試合後、前向きなコメントをした。 「最後にゴールを決めて勝ったと思ったんだけど、VARで(ノーゴールと)判定されてしまったんだ。今日はサウサンプトンに苦しめられたよ。この結果を受け止めて、次の試合に向けて前進するだけだ」 「プレミアリーグの試合はどれもフィジカルを押し出したものになるけど、この試合からポジティブなものを得ることができた。僕らは最後まで諦めずにすべてを出し切ったんだ」 「このメンタリティを次の試合でも維持する必要がある」 2021.09.19 17:10 Sun
twitterfacebook
thumb

セインツ戦ゴールレスのシティ、ペップ「センターフォワードがいなかったからではない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督はビルドアップでの問題を指摘した。クラブ公式サイトが伝えている。 18日に行われたプレミアリーグ第5節でサウサンプトンと対戦したシティ。チャンスを生かせない戦況が続くなか、後半アディショナルタイムにネットを揺らしたが、これもビデオアシスタントレフェリー(VAR)の結果、ゴールが認められず、0-0に終わった。 これで3連勝が止まり、FWラヒーム・スターリング、FWガブリエル・ジェズス、FWジャック・グリーリッシュの3トップも振るわなかったグアルディオラ監督だが、試合後にその原因として後ろから前線にうまくボールを入れられなかったことを挙げた。 「今日、勝つことができなかったのはセンターフォワードがいなかったからではない。勝てなかったのはビルドアップ、クリエイト、前線に選手に良いボールを配球するというプロセスがうまくいかなかったからだ」 「良い状態であれば、走ることができ、より良いポジションをとることができる。枠内シュートは1本だけだったが、6ヤードのボックス(ゴールエリア)内では4、5回ほどブロックされる場面もあり、そこそこ良い位置にいたとは思う」 「勝てなかった理由はそれではないが、4バックと(MF)フェルナンジーニョのところでプロセスを行わなかったからだ。他の選手にボールを運ばなくてはならない5人が今日は良くなかった」 続けて、スペイン人指揮官はサウサンプトンの守備を称賛。相手のハードなディフェンスによってゲームプランが崩れたことを認めた。 「ゴールを決める方法はたくさんある。後ろに引いてカウンターを狙うこともできるし、ダイレクトに攻めることもできる」 「我々のプロセスはGKがセンターバックにパスを出し、そのセンターバックがサイドバックに繋ぐ。そして、サイドバックが守備的MFにパスを出し、攻撃的MFがウイングにパスを出すというものだ」 「その過程で旅をしたり、飛行機に乗ったり、一緒に生活していくんだ。これが我々のやり方だよ。今回のプロセスは我々が最初から望んでいたものではなかった。相手が良かったから難しかった。彼らはよく守っていた」 「時には困難なこともあるし、それは相手も関わってくる。それを忘れてはいけない。トレーニングの時間がもっと必要なときもある。今日はそんな感じだ。各ハーフの最初の15分は苦労したが、最後の30分は良くなっていた」 2021.09.19 14:50 Sun
twitterfacebook
thumb

善戦セインツにホームで大苦戦のシティ、枠内シュート1本でゴールレスドロー…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第5節、マンチェスター・シティvsサウサンプトンが18日にエティハド・スタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。 シティは前節、レスター・シティとの強豪対決を1-0で制してリーグ3連勝を達成。さらに、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではRBライプツィヒとの打ち合いを6-3で制し、目下公式戦4連勝中だ。 ここまで3分け1敗と開幕未勝利が続くサウサンプトンをホームで迎え撃った一戦では、ライプツィヒ戦から先発5人を変更。ジンチェンコとロドリ、デ・ブライネ、マフレズ、フェラン・トーレスに替えてウォーカー、フェルナンジーニョ、ギュンドアン、スターリング、ガブリエウ・ジェズスが起用された。 戦前の予想とは異なり、立ち上がりからアウェイのセインツがボールの主導権を握って押し込む入りとなる。決定機には至らないものの、序盤からシティのプレスをいなしながら再三ボックス付近まで運んでいく。15分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのウォード=プラウズが右足インスウィングで入れたボールがそのままファーポストに向かうが、これはGKエデルソンの好守に阻まれる。 予想外に押し込まれる入りとなったものの、20分を過ぎた辺りから攻守両面で相手の戦い方にアジャスト。相手のプレスをいなしながらギュンドアンの2列目からの飛び出し、左サイドで個の優位性をもたらすグリーリッシュを起点に再三の惜しい場面を作り出す。だが、最後のクロスの質やシュート精度を欠く。 前半半ばから終盤にかけてはボールを握るシティとカウンターで応戦するセインツという、当初の想定通りの形で一進一退の攻防が続く。だが、両チームともに最後の局面で高い集中力を発揮する相手の守備を上回ることができず、前半の枠内シュートは前半終了間際にエルユヌシが放った力のないシュート1本のみとなった。 後半もセインツの攻勢に晒されるシティはカウンターからアダムスに決定機を許すなど、難しい入りに。63分には自陣でのボールロストからアダム・アームストロングにボックス内に抜け出されると、DFウォーカーがボックス内で交錯。このファウルに対して主審はPKを与えると共にレッドカードを掲示した。しかし、オンフィールドのレビューの結果、判定がノーファウルに覆り事なきを得た。 流れを変えたいグアルディオラ監督は65分を過ぎてフェルナンジーニョ、ジェズス、ベルナルド・シウバを下げてデ・ブライネ、マフレズ、フォーデンと3人の技巧派レフティを続けてピッチへ送り込む。 この交代をキッカケにより相手陣内の深い位置でのプレーが増え始め、前がかった相手に対して、前半はあまりなかったカウンターを繰り出す場面も出てくる。だが、連戦の疲れか、スターリングが最後の局面でタッチミスや判断ミスを犯すなど、集中したセインツの守備を前に決定機はおろか、枠内シュートさえも放つことができない。 試合終了間際の90分には左CKの流れからデ・ブライネのピンポイントクロスに反応したフォーデンがボックス左でダイビングヘッド。この試合、チーム初の枠内シュートはGKの好守に阻まれるが、こぼれ球をスターリングが押し込む。 これが試合終了間際の劇的決勝点になるかに思われたが、VARのレビューの結果、スターリングのオフサイドを取られてゴールは認められず。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、圧倒的な強さを誇るエティハドで2017年3月のストーク戦以来の枠内シュート1本に終わったシティは、連勝が「3」でストップした。 2021.09.19 01:29 Sun
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ、難敵セインツを警戒「我々を最も苦しめたチーム」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、サウサンプトン戦に向けて警戒を強めている。クラブ公式サイトがコメントを伝えた。 シティは18日、プレミアリーグ第5節でサウサンプトンと対戦する。開幕節でトッテナムに敗れて以降、ここまで公式戦4連勝を挙げているシティ。15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループAの第1節では、RBライプツィヒを相手に6-3と爆発的な攻撃力を見せつけており、勢いをそのままにホームで更なる勝ち星を狙う。 グアルディオラ監督は試合を前に、昨季の同カードを引き合いにしセインツへの警戒を強調。ラルフ・ハーゼンヒュットル監督の手腕を称賛している。 「彼らはホームのマンチェスター・ユナイテッド戦では本当によく戦っていたし、勝利に値するものだった」 「昨シーズン、最もタフな試合のひとつがサウサンプトン戦だった。ホームで5-2と勝利したが、最初の30分の間は、昨シーズンにおいて我々を最も苦しめたチームだった」 「私はラルフを知っている。ライプツィヒ戦と似たような試合になるだろう。彼らは素早い動きでトランジションを行い、チームのために自分たちが何をすべきかを知っている」 「我々がCLでプレーし、一方で相手が一週間という長い準備期間を過ごす場合、試合はとても厳しいものになる。だからこそ、選手やサポーターなど、みんなの力が必要だ」 2021.09.18 17:59 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly