プレミア残留を決めたバーンリー、ダイク監督「最もチャレンジングだった」

2021.05.11 11:16 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バーンリーのショーン・ダイク監督が、プレミアリーグ残留を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。

バーンリーは10日、プレミアリーグ第35節でフルアムと対戦。勝ち点差「9」で残留を争う相手との一戦となったが、35分にアシュリー・ウェストウッドがカウンターから先制点を記録。さらに44分にはクリス・ウッドが追加点を奪い、0-2で勝利を収めた。

この結果、フルアムとの残留争い直接対決を制し、バーンリーの残留が決定。ダイク監督は苦しいシーズンだったとし、この成果は良いものだったと語った。

「私はここで監督としてのチャレンジをしてきたが、今年はおそらく個人的に最もチャレンジングだったと言えるだろう」

「1年ではなく6年のように感じた。実際、これは私のマネジメントにおける最大の成果だと思う」

「今シーズンは、ピッチの外で多くのことをマネジメントすることになった始めてのシーズンであり、これはより大きな挑戦だった。ピッチ上ではケガ人が多いものの、選手たちは汗をかく努力を怠らないので、ハッキリしていた」

「最近は反省している。我々は7試合で2ポイントしか取れず、プレミアリーグはそこからが長かった。だからこそ、選手たちが自分たちの可能性を最大限に引き出そうとする努力と、勝ち点を獲得しようとする意志にとても満足している」

「私がこのグループを信じる気持ちに揺らぎはない。当時も今も変わらないので、自分の視点では満足しているが、シーズンを通して多くの努力をして来た。みんなのことを本当に嬉しく思っている」

関連ニュース
thumb

試合後にベンツで飲酒運転のプレミア戦士が逮捕!試合には86分から途中出場

バーンリーのイングランド人FWアシュリー・バーンズが飲酒運転で逮捕された。イギリス『サン』が伝えている。 『サン』によると、バーンズは10日に行われたプレミアリーグ第35節、アウェイのフルアム戦後、4時間にわたって飲酒。その後、自宅近くで愛車のメルセデス・ベンツVクラスを運転していたところを警察に呼び止められると、呼気検査でアルコールが確認され、逮捕された。 なお、フルアム戦でバーンズは試合終盤の86分から出場。チームは降格圏に沈んでいた相手に0-2で勝利し、1部残留を確定させていた。 バーンズはすでに保釈金を支払い釈放されており、6月14日に裁判所に出廷する予定だ。 この件を受け、バーンリーの広報は次のコメントを発表している。 「バーンリーFCは、すべての選手とスタッフが最高水準の責任ある行動をすることを期待しています」 「したがって、法的手続きに従いながら、クラブはこの問題に最大限に取り組みます」 「選手は内部の懲戒手続きの対象となります」 <span class="paragraph-title">【写真】バーンズが飲酒運転した「メルセデス・ベンツ・Vクラス」(画像左)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">EXCLUSIVE: Guess which one&#39;s Ashley Barnes&#39;s car. Clue: it&#39;s not the Mercedes <a href="http://t.co/GyD3fubKLu">http://t.co/GyD3fubKLu</a> <a href="http://t.co/boyH5x5tD3">pic.twitter.com/boyH5x5tD3</a></p>&mdash; The Sun Football (@TheSunFootball) <a href="https://twitter.com/TheSunFootball/status/573066607527919616?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2015</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.21 21:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「予想していなかった」逆転でのトップ4フィニッシュが見えたリバプール、クロップ監督も歓喜「これ以上嬉しいことはない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、バーンリー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは19日、プレミアリーグ第37節でバーンリーと対戦。逆転でトップ4フィニッシュに向けて勝利が必要な状況で臨んだ。 試合は43分にロベルト・フィルミノが先制ゴールを奪うと、52分にはナサニエル・フィリップスが追加点。88分にはアレックス・オックスレイド=チェンバレンもゴールを奪い、0-3で勝利。この結果、レスター・シティを抜いて4位に浮上することに成功した。 クロップ監督は、一時は不可能と思われていたトップ4フィニッシュの可能性を残したことについてコメント。最終節への意気込みを語った。 「正直に言って、これ以上嬉しいことはない。こうなることは予想していなかった。これが当たり前のことだと思っているわけではない。今シーズンは我々にとって信じられないほどタフなシーズンだ」 「2月14日のバレンタインデーが、我々がトップ4に入ったのが最後だった。それ以降、多くの試合に勝てなかったからだ。でもここ8試合、10試合、正確に試合数はわからないが我々は軌道に乗っている。日曜日に勝てば、おそらくCLの出場権を得られるだろう」 「あと一歩のところまで来たことはとても素晴らしいが、まだ終わったわけではない。準決勝に勝てば、決勝に進むことができる。我々はそこにいるわけで、そのために全力を尽くす」 2月には4連敗、3月も頭の2試合で連敗を喫し、一気に転落したリバプール。しかし、そこからは9試合で7勝2分けと復調していた。 その理由についてもクロップ監督はふれ、とにかく目の前の試合を戦い続けていくことが重要だとした。 「常に前進し、信じ続け、改善し続けることだ。2つの試合を1つにまとめ、あれこれ考えるのではなく、次の試合に集中し、その次のことは考えないようにした」 「これらのことは大したことではなく、ただただ続けることが大切で、我々はそれを実践した。今の選手たちにとってはとても厳しい状況だが、そのような状況でも運が必要なのは明らかだ。今夜は十分であり、日曜日も十分良くなる必要がある」 <span class="paragraph-title">【動画】リバプールがトップ4フィニッシュに近づく勝利! バーンリー戦ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1rga3g4r2kyyh1uz94f77smxx1" async></script> 2021.05.20 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

フィルミノ先制弾にフィリップスがPL初弾! バーンリーに快勝のリバプールが4位浮上で最終節へ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第37節、バーンリーvsリバプールが19日にターフ・ムーアで行われ、アウェイのリバプールが0-3で勝利した。 前節、格下WBAに大苦戦を強いられるも、後半ラストプレーで守護神アリソンが決めた劇的過ぎるゴールによって2-1の逆転勝利を飾った5位のリバプール(勝ち点63)。また、前日に行われた上位対決の結果、今節勝利できれば、4位に転落したレスター・シティ(勝ち点66)を得失点差で上回れることに。 来季チャンピオンズリーグ(CL)出場に向けて勝ち点3必須の16位バーンリー(勝ち点39)とのアウェイゲームでは、カーティス・ジョーンズに代えてワイナルドゥムを起用した以外、同じメンバーを採用した。 開始直後に背後へ抜け出したサラーにいきなり決定機が訪れるなど、敵地で良い入りを見せたかに思われたリバプール。しかし、時間の経過と共に最前線のウッドを起点にロングボールでハイラインの背後を突くホームチームの攻撃に押し返される。8分にはボックス右でウッドの落としに反応したロートンに豪快に右足を振られるが、ここはDFのブロックで事なきを得る。 相手ホームサポーターの存在もあってリズムを掴み切れないリバプールだが、それでも要所で個の力を見せて決定機まで持ち込む。16分、ボックス右でマネの意表を突くヒールパスに反応したフィルミノがシュートに持ち込むが、これは相手DFの寄せもあって枠に飛ばせない。 以降も一進一退の攻防が続く中、リバプールは30分付近にボックス右でサラーのショートスルーパスに反応したチアゴ、ロバートソンのフィードに抜け出したサラーに絶好の先制機が訪れるが、シュートを枠に飛ばせない。逆に、38分にはバーンリーの見事な連携からマクニールに枠の左隅を捉えたミドルシュートを許すが、ここはGKアリソンのビッグセーブで凌いだ。 その後、0-0での折り返しが濃厚と思われた前半終了間際により勝ち点3が必要なアウェイチームがスコアを動かした。43分、左サイドでマネのスルーパスに反応したロバートソンがボックス左からマイナスに折り返すと、後方からのスプリントでボックス中央に飛び出してきたフィルミノが右足のダイレクトシュートをゴールネットに突き刺した。 フィルミノのゴールによって1点リードで試合を折り返したリバプールは、後半も高さと強さを見せるウッドに手を焼き守勢の入りを強いられる。 しかし、このピンチを冷静に凌ぐと、待望の追加点が生まれる。52分、左CKの二次攻撃からボックス左のライン際で仕掛けたマネが絶妙な折り返しを入れると、これを中央で待ち構えていたフィリップスが強いヘディングシュートをゴール右隅に突き刺して嬉しい、プレミアリーグ初ゴールとした。 この2点目で余裕の試合運びが可能となったリバプールだったが、有観客でのホーム最終戦ということもあり、士気が落ちないホームチームの攻勢に晒される。再三のロングボールとクロスに晒されてセットプレーを与える中、69分にはベン・ミーに枠を捉えた決定的なヘディングシュートを打たれるが、ここはDFフィリップスの見事なゴールカバーで凌いだ。 その後、殊勲のフィルミノに代えてオックスレイド=チェンバレン、ワイナルドゥムに代えてミルナーと試合を締めにかかるアウェイチームは、88分に再びセットプレーの二次攻撃からボックス左でロバートソンのパスを受けたオックスレイド=チェンバレンが細かいフェイントからニア下を射抜く見事な左足のシュートを突き刺し、勝利を決定づける3点目とした。 そして、このままバーンリーの反撃をクリーンシートで凌ぎ切ったリバプールがリーグ4連勝を飾り、ホームで行われるクリスタル・パレスとの最終節を前に4位に浮上した。 2021.05.20 06:16 Thu
twitterfacebook
thumb

残留争い直接対決でバーンリーに敗れたフルアムが1年で2部降格…プレミア降格3チームが確定《プレミアリーグ》

10日、プレミアリーグ第35節のフルアムvsバーンリーが行われ、0-2でバーンリーが勝利した。この結果、フルアムのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格が決定した。 降格圏の18位に位置する勝ち点27のフルアムと、1つ上の17位に位置する勝ち点36のバーンリーの一戦。残留を争う力クラブの直接対決となったが、フルアムは勝利を逃すと残留が限りなく難しい状況での一戦となった。 勝利が必要なフルアムは積極的な入りを見せるが、なかなか攻撃が完結せず。すると35分に、バーンリーに一瞬の隙を突かれる。ボビー・デコルドバ=リードがドリブルを仕掛けるも敵陣でカット。ここから前線へロングフィードが送られると、マチェイ・ヴィドラが受ける。 ヴィドラはボックス内左で深さを取りマイナスのクロス。これはGKアルフォンス・アレオラが触るも、最後は後方から走り込んだアシュリー・ウェストウッドが押し込み、バーンリーが先制する。 先制を許してしまったフルアムは、残留に向けて手痛い状況となると、44分にも失点。GKからのビルドアップに失敗すると、パスを繋がれ、最後はボックス手前からクリス・ウッドに豪快に決められてしまい、0-2となる。 前半で2失点を喫してしまったフルアム。後半はより攻勢を強めると70分に決定機。ボックス内左からのアデモラ・ルックマンからのグラウンダーのクロスを、ボックス手前でアンドレ=フランク・ザンボ・アンギサが右足一閃。しかし、これはクロスバーに嫌われてしまう。 その後も攻め立てるフルアムだったが、結局最後までゴールを奪えずにタイムアップ。0-2で敗れ、1年でのチャンピオンシップ降格が決定してしまった。 なお、これにより2020-21シーズンの2部降格3チームは残り3節を残して確定。フルアム、WBA、シェフィールド・ユナイテッドの3チームが降格し、リーズ・ユナイテッド以外の2チームは昇格1年での降格となってしまった。 2021.05.11 09:31 Tue
twitterfacebook
thumb

アントニオの2ゴールで逆転勝利のウェストハムが3試合ぶりの勝利で5位浮上!《プレミアリーグ》

ウェストハムは3日、プレミアリーグ第34節でバーンリーと対戦し、2-1で勝利した。 2連敗中の6位ウェストハム(勝ち点55)が、前節4試合ぶりの白星を挙げた16位バーンリーのホームに乗り込んだ一戦。 クラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得へ負けられないウェストハムだが、17分にボックス右から仕掛けたウッドをスーチェクが倒してしまいPKを献上。このPKをウッドにゴール左隅に決められた。 先制を許したウェストハムはすぐに反撃。すると21分、右サイド深くでパスを受けたリンガードのバックパスをコウファルがダイレクトクロス。これをゴール左に手前に走りこんだアントニオがヘディングで流し込んだ。 同点弾で勢いづくウェストハムは、29分にもボックス左横でパスを受けたベンラーマがゴールへ向かうクロスを入れると、ゴール前に抜け出したアントニオがワンタッチで流し込み、逆転に成功した。 立て続けにゴールを挙げたウェストハムは、34分にピンチ。ロートンのロングフィードでボックス右から侵入したヴィドラにゴールを脅かされたが、ループシュートはゴール前でドーソンがクリアした。 1点のリードで後半を迎えたウェストハムは、64分にもピンチ。バイタルエリア手前でボールを受けたマクニールがゴール前にロングパスを供給すると、ディオプのクリアボールをボックス中央右のブラウンヒルがボレーシュート。さらにGKファビアンスキが弾いたボールをジェイ・ロドリゲスが詰めたが、これはウェストハムDFが体を投げ出したブロックで防いだ。 その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した状態が続いたが、ウェストハムは試合終盤にチャンスを迎える。90分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けるとドリブルで持ち上がったフォルナルスのスルーパスでボックス右から侵入したリンガードがシュートを放ったが、これは相手GKに当たり、ゴール右に外れた。 結局、試合はそのまま2-1でタイムアップ。3試合ぶりの白星で連敗をストップしたウェストハムが、トッテナムをかわし5位に浮上している。 2021.05.04 06:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly