CL権争いのラツィオ、ミリンコビッチ=サビッチが鼻骨骨折…手術は無事成功

2021.05.10 19:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチが鼻骨を骨折して、手術を受けた。

佳境に入るセリエAでチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを演じるラツィオ。8日に行われた第35節でフィオレンティーナのホームに乗り込み、3連勝を目指したが、0-2の敗戦を喫した。

この試合にフル出場したミリンコビッチ=サビッチだが、前半終了間際に相手ゴール前でクロスに頭で合わせようとジャンプした際に自身の鼻をチリ代表MFエリック・プルガルの頭に強打した。

その後、ハーフタイムに止血して後半から再びピッチに立ち、最後までプレーしたミリンコビッチ=サビッチだが、鼻骨を骨折。ラツィオは9日、選手が手術を受け、無事に成功したと報告した。

ミリンコビッチ=サビッチはビッグクラブからの関心も取り沙汰される大型の中盤。今季はここまで公式戦40試合の出場で8得点11アシストをマークしている。

なお、現在のラツィオは1試合未消化分を残して20勝4分け10敗でCL出場圏内の4位ナポリと6ポイント差の6位に位置。残り4試合でパルマ、ローマ、トリノ、サッスオーロと対戦する。

関連ニュース
thumb

インテル、ハキミ後釜は新監督の古巣から?

インテルが、ラツィオのイタリア人MFマヌエル・ラッツァーリ(27)に関心を示しているようだ。イタリア『Il Messaggero』が伝えている。 新型コロナウィルス蔓延の影響で緊縮財政を強いられているインテル。今夏に8000万ユーロ(約104億円)の収益が必須とされる中、移籍市場での動きにも制限がかかることから上層部との補強方針に齟齬が生じたアントニオ・コンテは、11年ぶりのスクテッドに導いたにもかかわらず、シーズン終了直後にクラブを退団している。 また、主力選手の売却による収益も見込んでおり、現状で移籍間近とされているのがDFアクラフ・ハキミだ。今季のコンテ政権で右サイドの主軸として活躍したモロッコ代表DFには、チェルシーとパリ・サンジェルマンが興味を持っており、一説ではチェルシーが6000万ユーロ(約80億円)とDFマルコス・アロンソの譲渡という条件のオファーを提示したとも言われている。 いずれにせよ、ハキミの退団は既定路線となっていることから、その後釜が注目されているが、伝えられるところによると、新監督の意向によりラッツァーリがリストに挙がっているようだ。 コンテ前監督の後任に据えられたのはシモーネ・インザーギ監督。今季まで4シーズン率いたラツィオでは安定してセリエA上位に名を連ね、13シーズンぶりの出場となった今季のチャンピオンズリーグではベスト16進出を果たした。 そのS・インザーギ監督が信頼を置いていたのがラッツァーリだった。スピード、アジリティ、運動量を武器に右ウイングバックで絶対的な地位を築き、加入から2シーズンで公式戦79試合出場3ゴール10アシストを記録した。 そのラッツァーリ獲得には2500万ユーロ(約32億7000万円)が必要とされているが、ハキミを上記の金額で売却することができれば問題にはならないだろう。 ただ、今のところラツィオ側に放出の意思がないことも事実。去就は新たに就任するマウリツィオ・サッリ監督次第にもなるだろうが、果たして。 2021.06.19 14:26 Sat
twitterfacebook
thumb

ラツィオがサッリ氏の新指揮官就任を発表! インテル行きのS・インザーギ後任に

ラツィオは9日、マウリツィオ・サッリ氏(62)の新指揮官招へいを発表した。なお、契約期間は2023年6月30日までの2年となる見込みだ。 今シーズンのセリエAを6位で終えたラツィオは、5月27日にシモーネ・インザーギ監督の電撃退任を発表。そのインザーギ監督は、アントニオ・コンテ監督の後任としてインテルの新監督に就任していた。 インザーギ監督の後任に関してはクラブOBで現ポルト指揮官セルジオ・コンセイソン氏らの名前も挙がっていたが、最終的にはイタリア屈指の戦術家が任命された。 元銀行マンとしても知られるサッリ氏は、イタリア国内の下部リーグで指揮。転機が訪れたのは2012年に監督に就任したエンポリ。チームの改革を行うと、2013-14シーズンはセリエAに昇格。翌年はチームをセリエAに残留させていた。 すると2015-16シーズンにナポリの監督に就任。ナポリでも結果を残すと、2018年7月にチェルシーへ引き抜かれ3年契約を締結。就任1年目はプレミアリーグ3位、さらにヨーロッパリーグで優勝を果たすも、不協和音が目立ち1年で解任。それでも2019年6月にはユベントスと3年契約を結ぶと、就任1年目にセリエAを優勝。しかし、チャンピオンズリーグではラウンド16で敗れたため、翌日に即解任の憂き目に遭っていた。 その後フリーだったサッリ氏だが、再び現場へ復帰。ラツィオで指揮を執ることとなった。 なお、ラツィオはサッリ氏の到着を匂わせて発表。サッリ氏の代名詞でもあるタバコ、ジャージ、そして銀行の画像で示していた。 <span class="paragraph-title">【SNS】ラツィオはサッリ氏の監督就任を“におわせ”投稿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://t.co/XrJzCfa0SF">pic.twitter.com/XrJzCfa0SF</a></p>&mdash; S.S.Lazio (@OfficialSSLazio) <a href="https://twitter.com/OfficialSSLazio/status/1402579399325650944?ref_src=twsrc%5Etfw">June 9, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.10 00:40 Thu
twitterfacebook
thumb

サッリ招へい間近のラツィオ、教え子のチェルシーMF獲得に関心か

ラツィオがチェルシーのイングランド代表MFルベン・ロフタス=チーク(25)の獲得に興味を持っているようだ。 ラツィオは2016年4月から指揮を執ったシモーネ・インザーギ監督が今シーズン限りで退任。後任の正式発表こそまだされていないが、複数メディアによれば、かつてナポリやチェルシー、ユベントスなどの指揮官を務めたマウリツィオ・サッリ氏の就任が確実視されている。 イタリア『スカイ』によると、ラツィオはそのサッリ氏のリクエストとして、ロフタス=チークの獲得に動く可能性があるという。ロフタス=チークはチェルシーでサッリ氏の指導を受けた2018-19シーズンに公式戦40試合出場で10ゴール5アシストを記録して、これが現在に至るまでのキャリアハイの成績となっている。 今シーズンのロフタス=チークはフルアムにレンタル移籍して、公式戦33試合出場で1ゴールをマーク。チェルシーがシーズン途中にフランク・ランパード監督からトーマス・トゥヘル監督に代わったこともあり、ロフタス=チークの去就は不透明となっている。仮に構想外となるようであれば、レンタルでの獲得を望むラツィオ行きの噂も加速していくはずだ。 2021.06.08 12:14 Tue
twitterfacebook
thumb

S・インザーギ退任のラツィオ、サッリ招へいに向けて交渉中

ラツィオが指揮官のマウリツィオ・サッリ氏招へいに向けて動いているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 27日に、シモーネ・インザーギ監督の電撃退任が発表されたラツィオ。おそらくは財政難の影響でアントニオ・コンテ監督と契約を解消したインテルに引き抜かれるものとみられており、契約延長が間近と報じられていたS・インザーギ監督の“心変わり”には、クラウディオ・ロティート会長も怒りをあらわにしていた。 そして、そんな急転直下の退任劇から早くも明らかになったのが、サッリ氏招へいの動きだ。これまで国内で数々のスモールクラブを指揮してきた62歳のイタリア人指揮官は、近年ではナポリやチェルシー、ユベントスといったビッグクラブを率いて一定の結果を残してきた。 2019年夏に就任したユベントスではセリエA9連覇に導いたものの、本命のチャンピオンズリーグで16強止まりとなったことから、1シーズンで解任となった。 以降フリーの状態が続くサッリ氏に、この度ラツィオが接触。代理人であるファリ・ラマダニ氏と28日に会談の場を持ったと報じられており、今後更なる交渉が進められていく模様だ。 なお、ラツィオは他にも、スペツィアのヴィンチェンツォ・イタリアーノ監督もリストアップしていると言われているが、こちらにはヴェローナやサッスオーロからの関心も伝えられている。 2021.05.29 20:56 Sat
twitterfacebook
thumb

ラツィオへの感謝を語るS・インザーギ「ビアンコチェレスティは永遠に私の魂の一部だ」

ラツィオの退任が決まったシモーネ・インザーギ監督がファンに対する声明を発表した。イタリア『ANSA』が伝えている。 S・インザーギ監督は現役時代もプレーしたラツィオを2016年4月から指揮。好不調の波が激しいチームを掌握すると、2018-19シーズンにコッパ・イタリア優勝を達成して、2019-20シーズンにはセリエAでトップ4に割って入り、クラブに13年ぶりとなるチャンピオンズリーグ(CL)出場権をもたらした。 今シーズンはCLこそグループステージ突破を果たしたが、リーグ戦では過密日程の影響もあり苦戦し、6位でシーズンを終えている。それでも首脳陣からの評価は依然として高く、現地メディアからは年棒220万ユーロ(約2億9000万円)の3年契約が間近と報じられていた。 しかし、26日にインテルがアントニオ・コンテ監督の退任を発表。後任としてS・インザーギ監督にオファーを出したことで、状況は一変した。S・インザーギは予定されていたラツィオとの契約の場には現れず、27日に同クラブからの退任が発表されている。 ラツィオはこうした振る舞いに不満を抱いており、退任発表の際にはS・インザーギ監督の名前を出さず、以下のような声明を発表している。 「我々は監督として、それ以前に長年に渡ってラツィオファミリーとビアンコチェレスティ(ラツィオの愛称)の多くの成功に自分の名を残してきた選手の心変わりを尊重する」 これに対してS・インザーギ監督は『ANSA』にて自身の声明を発表。クラブ関係者やファンへの感謝を述べ、これからもラツィオは大事な場所だと強調した。 「6月30日をもって、私のラツィオでの素晴らしい冒険が終わることを、強い感情をもって伝えたい。選手として監督として、この素晴らしい22年間を共に過ごしたクラブ、会長、選手、ファンの皆に感謝している」 「我々は共に戦い、共に勝利してきた。このユニフォームの色は常に私の心の中にあり、ビアンコチェレスティは永遠に私の魂の一部だ」 2021.05.28 12:07 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly