5勝1分けの川崎F・鬼木達監督が4月の月間優秀監督賞を受賞、通算3度目

2021.05.07 18:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグは7日、4月度における月間優秀監督賞の受賞者を発表した。

明治安田生命J1リーグクラブからは川崎フロンターレの鬼木達監督。川崎Fは4月の6試合を5勝1分けと圧倒的な強さを見せて首位をキープし続けていた。

通算3度目の受賞となった鬼木監督は、喜びのコメントを残している。
「このたびは、明治安田生命J1リーグ4月の月間優秀監督賞に選んでいただきありがとうございます。今シーズンもスタートから選手、スタッフ、クラブ、サポーターが一丸となって同じ目標に向かって戦い続けてくれています。その結果が現在の順位に結びついていると感じています」

「コロナ禍の中、まだまだ大変な時期は続きますが、全ての皆さんに感謝しつつ、これからもフロンターレらしいサッカーで、Jリーグと共に成長して行けるように努力していきたいと思います。宜しくお願い致します」

なお、Jリーグ選考委員会による総評は以下の通り。

原博実委員
「全チームに激しくマークされながら5勝1分。選手のローテーション、交代、競争意識、全ての歯車が上手く回っている。鬼木監督の手腕は高く評価されるべき。川崎Fを止めるのはどのチームか」

北條聡委員
「連戦にも負けず、敵の対策にも負けず、無敗街道まっしぐら。チームの士気を保つ人心掌握と隙のない用兵術は見事。そのうえ、名古屋との首位決戦で圧勝。文句なしのマネジメント」

寺嶋朋也委員
「連覇を狙うチームに緩む気配はまったくなし。見事なマネジメント」

また、J2リーグからは4月の5試合を5連勝した京都サンガF.C.の曺貴裁監督が受賞。曺監督は初受賞となった喜びをコメントしている。

「チームの成績を評価していただいたこと、4月のJ2リーグ月間優秀監督賞に選出いただいたこと、大変光栄に思います。この受賞は、一緒に戦ってきたスタッフと選手の頑張りでいただいた賞だと思っています。そしてフロントスタッフやファン・サポーター、スポンサーの皆さまと一心となり、戦い抜いた結果です。今後も皆さんを楽しませられるようなサッカーを見せられるように戦い続けますので、引き続き、京都サンガF.C.の応援をよろしくお願いします」

また、J3からは2試合で2連勝をおさめたいわてグルージャ盛岡の秋田豊監督が受賞。初受賞の秋田監督は喜びのコメントを残している。

「4月の明治安田生命J3リーグ月間優秀監督賞に選出され、大変光栄に思っております。今回このような賞をいただけたのも、選手たちが勝者のメンタリティを試合で発揮してくれていることや、試合会場で直接のご声援をくださるファン・サポーターの皆さん、DAZNやテレビ中継を観て応援してくださる全ての皆さんのおかげだと感じています」

「今年は特に、東日本大震災から10年という節目を迎え、岩手県民の皆さんに元気と興奮を与えられるような試合ができるよう、チーム一岩となって闘ってまいります」


関連ニュース
thumb

今季最後の月間MVPは川崎FのFWマルシーニョ、J2は横浜FCで得点王のFW小川航基が受賞

Jリーグは6日、10月・11月度の明治安田生命JリーグKONAMI月間MVPを発表した。 5日にJ1は全日程が終了。J2もすでにレギュラーシーズンは終了しており、J1参入プレーオフも決定戦を残すのみとなっている。 J1は川崎フロンターレのFWマルシーニョ、J2は横浜FCのFW小川航基が受賞した。マルシーニョは初受賞。小川は3回目となる。 マルシーニョは5試合に出場し、3ゴール3アシスト。最終節まで優勝争いを演じたチームを牽引するパフォーマンスを見せた。 Jリーグ選考委員会は「10・11月は5試合で3ゴール3アシストの大活躍。スピードあふれる左サイドの突破からの得点とチャンスメイクでチームの優勝争いに大きく貢献した」(窪田慎二委員)、「常に仕掛けることで相手の脅威となっている」(宮本恒靖委員)、「3ゴール3アシストでチームの勝利に大きく貢献した。左サイドからのドリブル突破は相手に脅威を与えた」(柱谷幸一委員)、「裏を取るスピードと圧巻の突破力で川崎Fの攻撃にアクセントを付ける。右からのクロスを受けてゴール&アシストも」(寺嶋朋也委員)と評価している。 小川は4試合に出場し5ゴールを記録。チームの1年でのJ1昇格に貢献。自身も26得点でJ2得点王に輝いていた。 Jリーグ選考委員会は、「10月の全4試合にフル出場し5得点の活躍。J1昇格にも大きく貢献した。今シーズンは年間26得点で、J2リーグ得点王にふさわしい得点能力を10月も発揮した」(窪田慎二委員)、「シーズンを通してゴールし続け得点王に輝く安定感は抜群」(宮本恒靖委員)、「月間4試合出場で5ゴールは最多得点。どんな形からでもゴールが決められる得点能力が素晴らしい」(柱谷幸一委員)、「いかにもJ2得点王にふさわしい4戦5発のゴールラッシュ。守備者との駆け引きを制し、やすやすとライン裏へ抜け出す動きは手練れのそれ。的を外さぬシュート技術も際立った」(北條聡委員)と評価した。 2022.11.06 21:20 Sun
twitterfacebook
thumb

9月の月間MVPに横浜FMの岩田智輝が選出!「妻にもこの賞を贈りたいです!」

Jリーグは11日、9月度の月間MVPを発表した。 J1からは横浜F・マリノスの岩田智輝が選出。選考委員会は9月の全5試合にフル出場した同選手について「ポリバレントな能力を発揮し、攻守にわたり数多くの場面でボールに絡んだ。守備のプレーは別格」などの評価が下されている。 最多パス数341本を記録した岩田は、スプリント数や空中線勝利数、ボール回収率など、その他のスタッツでも軒並みトップクラスの数字を誇り、北條聡委員は「まるで空母のようだった」と絶賛している。 岩田はクラブ公式サイトで今回の選出について喜びを語っている。 「とても名誉なことですし、嬉しく思います。しかし、チームのみんながあってこその今回の受賞だと思いますし、チームを代表して自分が受賞したというだけなので、本当にチームメイト、スタッフに感謝しています」 「そして、自分がMVPをもらえたということは支えてくれている妻もMVPだと思うので、そんな彼女にもMVPを贈りたいです!!」 また、J1の月間優秀監督にはケヴィン・マスカット監督が選ばれており、3勝2分け無敗の横浜FMからW選出となった。同監督はJリーグ公式サイトを通じて感謝の言葉を述べている。 「この度、月間優秀監督賞に選んでいただきありがとうございます。3度目の受賞となりますが、献身的な選手たちやスタッフの支えがなければ受賞することはできなかったでしょう。彼らの献身性と努力に感謝します」 なお、J2とJ3の月間MVPは、それぞれツエーゲン金沢の松本大弥と藤枝MYFCの内山圭が、月間優秀監督にはロアッソ熊本の大木武監督と藤枝MYFCの須藤大輔監督が選ばれている。 2022.10.11 16:50 Tue
twitterfacebook
thumb

川崎Fの家長昭博が今季月間MVP初受賞! 2G3Aの活躍でチームを全勝に導く

Jリーグは13日、8月度の月間MVPを発表した。 J1からは川崎フロンターレの家長昭博が受賞。8月は4試合で2ゴール3アシストの活躍を披露し、チームも4戦全勝で首位の横浜FMに肉薄する成績を収めた。 今月の活躍には審査委員も舌を巻いており、北條聡委員は「ボールを持てば無双状態」と高く評価。家長は今季初受賞、通算では2度目の受賞となる。 「この度は明治安田生命J1リーグ8月度KONAMI月間MVPに選出頂きありがとうございます。喜びと同時に、共に戦ってくれた全ての方に感謝しておりま」 「この賞をこれからも受賞できるように、自分自身が少しでも成長できるように日々努力していきたいと思います」 「残りのシーズンもJリーグ、川崎フロンターレの応援を宜しくお願いします」 なお、J2からはチームの5連勝に貢献し、2アシストも記録したファジアーノ岡山のヨルディ・バイスが選出。J3は3ゴールで攻撃を牽引したいわきFCの有田稜が選ばれた。両選手とも初受賞となる。 2022.09.13 17:05 Tue
twitterfacebook
thumb

広島のスキッベ監督が2度目の月間最優秀監督に! 8月はリーグ戦全勝

Jリーグは13日、8月度の月間最優秀監督賞を発表した。 J1はサンフレッチェ広島のミヒャエル・スキッベ監督が受賞。8月はリーグ戦4試合で全勝。鹿島や柏、C大阪との上位戦でことごとく白星を重ねた。また、ルヴァンカップも含めると公式戦6連勝。まさに大躍進の1カ月だった。 「4月度に続き、明治安田生命J1リーグ8月度月間優秀監督賞に選出いただき、大変嬉しく思っています。この素晴らしい賞をいただけたのは決して私一人の力ではなく、チーム全員の成果です。サンフレッチェ広島が魅力的で良いサッカーをしていることが日本中に認められた証だと思っています」 「シーズンは残り少なくなってきましたが、今後も現状よりさらに上を目指し、チーム一つになって戦っていきたいと思います」 なお、スキッベ監督は4月度以来2度目の受賞となった。 J2はリーグ戦5試合で4勝を挙げたファジアーノ岡山の木山隆之監督が通算2度目となる今季2度目の受賞。J3ではいわきFCの村主博正監督が初受賞を果たした。 2022.09.13 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

7月の月間優秀監督賞に横浜FMのケヴィン・マスカット監督! 今季2度目の栄冠

Jリーグは16日、7月度の月間優秀監督賞を発表した。 J1リーグからは横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督で、7月は5試合を3勝2分けの無敗。順位も首位を維持して、この8月に入っている。 今年5月に続く受賞となる49歳のオーストラリア人指揮官はJリーグ公式サイトで喜びを語った。 「まず、本受賞についてJリーグに感謝申し上げます。そして、我々のサッカーを表現するためにハードワークしている選手とスタッフにも感謝します。最後に、どんな時も変わらずサポートしてくれているマリノスファミリー全員にこの賞を捧げたいです。共に戦い続けましょう」 また、J2リーグではロアッソ熊本の大木武監督で、J3リーグからは藤枝MYFCの須藤大輔監督が選出。それぞれ受賞に際してコメントしている。 ◆大木武監督 「このたびは、2022明治安田生命J2リーグ7月の月間優秀監督賞に選んでいただき、ありがとうございます。この賞は、選手・スタッフをはじめ、クラブを支えてくださるパートナー企業の皆様、いつも応援してくださるサポーターの皆様、クラブに関わる全ての皆様がいただいた賞であり、心より感謝いたします。リーグも終盤戦となりますが、チーム一丸となり、皆様にまた見たいと思っていただけるようなプレーで、目標を達成できるよう頑張ります」 ◆須藤大輔監督 「この度の受賞に関しまして、藤枝MYFCのクラブとしてのフィロソフィーをクラブに関わる全ての人と共有し、共に歩むことができたことが良い結果に繋がり、この素晴らしい賞を受賞する運びとなったこと、支えてくださった方々に感謝申し上げます。今後も超攻撃的なエンターテイメントサッカーを表現し、観ている方に勇気や感動、そして心を震わせる至福の時間を提供できるよう日々精進して参りたいと思います。サッカーの力で多くの方を幸せにできますように」 2022.08.16 18:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly