ユベントスとの大一番を前に、過去の誤審悔やむミランOB「あの瞬間に未来は変わった」

2021.05.07 13:53 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてミランでプレーした経歴を持つ元イタリア代表MFアントニオ・ノチェリーノ氏が、古巣が暗黒期に突入するきっかけとなった試合について語っている。『フットボール・イタリア』が伝えた。

今季は開幕15試合無敗を達成し、一時は10シーズンぶりのスクデット獲得も期待されたミラン。しかし年明けから徐々に失速すると、リーグ戦34試合を消化した時点で4位まで下降している。現在は2013-14以来のチャンピオンズリーグ(CL)出場を目指しており、9日には勝ち点で並ぶ3位ユベントスとの大一番が控えている。

この決戦を前に、『The Italian Football Podcast』の中でノチェリーノ氏は2012年2月25日に行われた両クラブによる試合を回顧。当時スクデット争いを繰り広げていた両者の対戦は、決勝弾となるはずだったミランのMFスレイ・ムンタリのゴールが誤審で取り消され、ドローで終了。そのシーズンに優勝を飾ったユベントスが、黄金時代をスタートさせた。

一方で、ミランはそのシーズン終了後にFWズラタン・イブラヒモビッチとDFチアゴ・シウバの移籍が起こり、一気に暗黒期に突入している。ノチェリーノ氏は、あの誤審がなければミランの未来はより明るかっただろうと悔やんだ。

「あの瞬間、ミランの未来が変わったと思う。ゴールが認められていれば、ミランはスクデットを獲得していたはずだ。そしてその後にズラタンやチアゴら大物選手が去ることもなかっただろう。クラブはその後も勝利するため、より資金を投資していたと思う。つまり、この幻のゴールがミランの歴史を変えたんだ」

「ミランはこの1年間、走って、走って、走りまくった。そして今、選手たちはガソリンを使い果たし、タンクの蓄えを使い果たしてしまっている。私は彼らがシーズンの終わりまで、何とか走り続けてくれることを願っているよ。CL出場は素晴らしいシーズンを送ってきた彼らにとって非常に重要だ」

また、ノチェリーノ氏は週末の大一番で勝った方が、来シーズンCLに出場するだろうとコメント。逆に敗れれば、CL出場の望みがなくなるはずだと語った。

「ユベントスは9連覇後に過渡期を迎えた。若手は数年後に素晴らしい選手となっているかもしれないが、今の彼らには経験がない。ユベントスとミランがどちらもCLに出場するのは難しいだろう。ナポリとアタランタの両チームは、より状態が良いからね」

「ユベントスとミランの試合はCLのプレーオフのようなものだ。この試合に勝った方が、CL出場権を得ると言ってもいい。もちろん、ラツィオも除外すべきではないけどね」

関連ニュース
thumb

マルセイユがミランFWラファエウ・レオンに関心か

マルセイユが、ミランのU-21ポルトガル代表FWラファエウ・レオン(22)のローン移籍を検討しているようだ。『フットボール・イタリア』がポルトガルメディアの情報をもとに伝えている。 2019年夏に2950万ユーロ(約40億円)の移籍金と、将来的な売却額の20%分与を条件にリールからミランへ加入したラファエウ・レオン。今シーズンは公式戦40試合に出場し、7得点6アシストを記録。セリエA第13節のサッスオーロ戦ではキックオフ後6秒でネットを揺らし、イタリア最速を樹立していた。また、年代別の代表としても、先日のU-21欧州選手権2021で準優勝に輝いている。 移籍市場に精通するペドロ・アルメイダ氏によると、マルセイユのパブロ・ロンゴリア会長がレオンに熱視線を送っているとのことで、近くマルセイユにローンでの獲得を要求すると伝えられている。 『フットボール・イタリア』は、レオンは上述の成績を残しながらもパフォーマンスが安定していないと主張しており、「ローン移籍は自信と得点力を再発見するのに役立つかもしれない」として、移籍の可能性があることを示唆している。 2021.06.11 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン若手MFブレシャニーニがセリエBのモンツァへレンタル移籍!

ミランは10日、イタリア人MFマルコ・ブレシャニーニ(21)がセリエBのモンツァに7月1日から1年間のレンタルで移籍することを発表した。 ミランの下部組織では主将も務めていたブレシャニーニはセントラルMFを本職とするレフティー。188cmと大柄でセンターバックもこなせるブレシャニーニは、2019-20シーズンの最終節カリアリ戦でトップチームデビュー。 今シーズンは、セリエBのヴィルトゥス・エンテッラへ武者修行に出るとリーグ戦29試合で2ゴール2アシストをマーク。しかし、チームは最下位でシーズンを終え、セリエC降格が決まった。 なお、 移籍先のモンツァはミランの元会長であるシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が会長を務めており、元イタリア代表FWマリオ・バロテッリや元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテングなどミランに縁のある選手が在籍している。 2021.06.11 07:15 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー、トモリをミランへ売却へ 移籍金は38億円か

チェルシーのイングランド代表DFフィカヨ・トモリ(23)のミランへの完全移籍が迫っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 チェルシーの下部組織出身のトモリは、ブライトンやハル・シティ、ダービー・カウンティへのローン移籍を経て2019-20シーズンにトップチームに定着。たが、その後半戦から出番を失うと、今季もフランク・ランパード前監督の下では構想外に。冬の移籍市場でミランへ移籍していた。 レンタルで加入したミランでは、すぐにDFアレッシオ・ロマニョーリからポジションを奪い、DFシモン・ケアーとのセンターバックコンビを形成。セリエAで17試合、ヨーロッパカップでも加入からラウンド16までの全4試合にフル出場するなど、半年で多大な貢献を果たした。 その活躍から、シーズン途中から買い取りの噂が流れはじめ、現在に至るまでミランとチェルシー間の交渉が続いている模様。そして、ロマーノ氏が掴んだ情報によると、推定2850万ユーロ(約38億円)の移籍金で決着が近づいているとのこと。 ミランはまた、チェルシーのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーの獲得についても交渉中。本来は今夏に契約満了を迎えるため、フリーでの獲得を見込んでいたが、先日に契約を1年延長したことで雲行きが怪しくなっている。それでも、ミラン側に350万ユーロ(約4億6000万円)程の移籍金を支払う準備があるようだ。 2021.06.10 13:32 Thu
twitterfacebook
thumb

ブラヒム・ディアスの再レンタルを望むミラン、買取オプションも考慮か

ミランがレアル・マドリーのスペイン人MFブラヒム・ディアス(21)の再レンタルかつ買い取りオプションを付随することを望んでいるようだ。イタリア『MilanNews』が報じている。 昨季、1年間のレンタルでミランに加入したブラヒム・ディアスは、セリエAで27試合に出場し4ゴール4アシストを記録。とりわけシーズン終盤は印象的な活躍を見せ、ミランの2位フィニッシュ及びチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献する働きを見せた。 そのブラヒム・ディアスに関して2025年まで契約を結ぶレアル・マドリーは、ミランへの買い取りオプション付きレンタルに関して前向きな姿勢を見せているとのことだ。 2021.06.09 01:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ドンナルンマ、PSG入りか…年俸16億円の5年契約でパリ行き迫る

イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(22)は新たなキャリアをパリで始めそうだ。 ドンナルンマは2015年10月に16歳の若さでミランのトップチームでデビューを果たして以降、公式戦250試合以上の出場数を誇り、絶対的守護神の座を欲しいままにするが、今季が契約最終年。長らく延長交渉も取り沙汰されたが、テクニカルディレクター(TD)を務めるパオロ・マルディーニ氏が先日、退団見通しを明らかにした。 ユベントスやバルセロナの関心が噂されるイタリア代表守護神だが、どうやらパリ・サンジェルマン(PSG)が争奪戦を制する様相だ。イタリア『スカイ』によると、PSGは年俸1200万ユーロ(約15億9000万円)とボーナスが付随した5年契約のオファーで交渉の最終段階に入っており、獲得に迫っているようだ。 PSGは今年4月にコスタリカ代表GKケイロル・ナバスとの契約を延長したが、ナセル・アル・ケライフィ会長が現在、そして未来のベストGKと目される選手を獲得できるチャンスを逃したくないという思いから、スポーツディレクター(SD)を務めるレオナルド氏以上の熱量で獲得の動きをプッシュした模様だ。 バルセロナが入札額を引き上げない限り、PSG入りとなりそうなドンナルンマは現在、ユーロ2020に臨むイタリア代表に帯同中だが、交渉がまとまれば、代表施設か、フィレンツェでメディカルチェックを受ける見通し。このまま総額6000万ユーロ(約79億9000万円)の大型契約でPSG入りとなるのか。注目だ。 2021.06.08 16:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly