「次節もマルと共に」川崎F戦でOGの丸山祐市にクラブがツイート、名古屋サポーターも反応「最高のキャプテン」

2021.05.05 10:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
【SNS】クラブが粋な計らいを見せる





1 2
関連ニュース
thumb

雷雨で再試合となった一戦、名古屋が中谷進之介のアクロバットゴールで岡山を下す《天皇杯》

2日、第101回天皇杯3回戦の名古屋グランパスvsファジアーノ岡山が名古屋市港サッカー場で行われ、1-0で名古屋が勝利。4回戦に駒を進めた。 同カードは7月14日に名古屋市港サッカー場で開催。試合は0-0のまま前半が終了。すると激しい雷雨に見舞われ、試合が1時間以上にわたって中断されていた。 試合再開が待たれていたものの、激しい雷雨が収まらないことから中止の判断となっていた。 日本サッカー協会(JFA)と愛知県サッカー協会が協議した結果、前半キックオフからの再試合が決定。メンバーも新たに行われた。 試合は33分、名古屋が左CKを獲得すると、ショートコーナーからゴール前へクロス。これに対し後方から飛び込んだDF中谷進之介がダイレクトで合わせて名古屋が先制。ゴール脇でひっそりとゆりかごダンスを行った。 名古屋はこの中谷の1点を守り切り、1-0で勝利。ラウンド16へと駒を進めた。 なお、ラウンド16はヴィッセル神戸との対戦がすでに決定。8月18日(水)に豊田スタジアムで行われる。 名古屋グランパス 1-0 ファジアーノ岡山 【名古屋】 中谷進之介(33分) 2021.08.02 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

名古屋MF米本拓司に第一子誕生「4匹の猫たちと楽しい日々を」

名古屋グランパスは30日、MF米本拓司に第一子が誕生したことを発表した。 クラブの発表によると、米本の第一子は女の子とのこと。28日に誕生し、母子ともに健康であることを報告している。 米本は、クラブを通じてコメントをしている。 「このたび、第一子が誕生しましたので、ご報告させていただきます。まずはコロナ禍において、お産に携わっていただいた病院関係者の皆さまに感謝します。そして、無事に産んでくれた妻、元気に産まれてくれた娘にも感謝します。我が家の猫たちも暖かく迎えてくれると思います」 「妻と娘、4匹の猫たちと楽しい日々を過ごせるよう父親としても頑張ります。そして、サッカー選手としてもう一花咲かせられるように努力します!」 米本は今季ここまで公式戦26試合に出場。8月2日には天皇杯第3回戦再試合のファジアーノ岡山、8月9日には明治安田生命J1リーグ第23節の横浜FC戦が控えており、第一子に捧げる今季初ゴールが期待される。 2021.07.30 13:55 Fri
twitterfacebook
thumb

雷雨で中止となった天皇杯の名古屋vs岡山、8月2日に全てリセットして前半キックオフから再試合

日本サッカー協会(JFA)は26日、雷雨により中止となった第101回天皇杯3回戦の名古屋グランパスvsファジアーノ岡山について再試合とすることを発表した。 同カードは14日に名古屋市港サッカー場で開催。前半終了時点で激しい雷雨に見舞われ、試合が1時間以上にわたって中断されていた。 その後、激しい雷雨が収まらないことから中止の判断となっていた。 JFAと愛知県サッカー協会が協議した結果、同試合に関してはスタートからの再試合になることが決定した。 理由としては、前半を終えて0-0のスコア、さらに両チームともに警告、退場がなく、どちらにもアドバンテージが存在していないことが挙げられる。 また、選手のコンディションや新型コロナウイルス感染や濃厚接触者特定、Jリーグの第2登録ウインドーが影響することから、メンバーもリセットし、試合開始からのやり直しになることとなった。 なお、試合は8月2日(月)の18時から、名古屋市港サッカー場で行われる。 ちなみに、チケットは半券があれば観戦が可能。さらに一部チケットを販売する他、再試合を観戦できない方は払い戻しもある。 2021.07.26 16:22 Mon
twitterfacebook
thumb

「私が新たなストライカーです」名古屋がユーロ出場のポーランド代表FWヤクブ・シュヴィルツォクを完全移籍で獲得

名古屋グランパスは20日、ポーランドのピアスト・グリヴィツェのポーランド代表FWヤクブ・シュヴィルツォク(28)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「40」となる。 なお、入国日は調整中。また、入国後は所定の待機措置を経てチームへ合流予定となる。 シュヴィルツォクは、クラブを通じてコメントしている。 「グランパスファミリーの皆さん、はじめまして。私が新たなストライカーです。グランパスのようなビッグクラブでプレーができて幸せです」 「グランパスファミリーの皆さんと一緒に試合で勝ち続けたいと思います。スタジアムでお会いしましょう!クバ#40」 シュヴィルツォクは、ポーランドのポロニア・ビトムでプロキャリアをスタート。ドイツのカイザースラウテルンへ2012年1月に完全移籍すると、2012年7月にピアスト・グリヴィツェへレンタル移籍。その後はポーランドに戻り、ザヴィシャ・ブィドゴシュチュやグルニク・ウェンチナ、GKSティヒ、ザグウェンビェ・ルビンなどでプレー。2018年1月にブルガリアのルドゴレツへと完全移籍した。 2020年8月にピアスト・グリヴィツェへとレンタル移籍すると、2021年7月にピアスト・グリヴィツェへと完全移籍。そのまま名古屋へと移籍することとなった。 エクストラクラサ(ポーランド1部)では、90試合に出場し42ゴール9アシストを記録。ヨーロッパリーグでも11試合出場し1ゴール1アシストを記録していた。まだ、ブンデスリーガでも6試合プレーしている。 U-20、U-21と世代別のポーランド代表を経験すると、2017年11月にポーランド代表デビュー。2018年のロシア・ワールドカップにはメンバーに選ばれず、その後はしばらく代表に招集されていなかったが、今夏のユーロ2020に出場。グループステージ第3節のスウェーデン代表戦に途中出場していた。 2021.07.20 19:40 Tue
twitterfacebook
thumb

名古屋に痛手…FW山﨑凌吾が左足首じん帯断裂で戦線離脱

名古屋グランパスは18日、FW山﨑凌吾の負傷を発表した。 伝えられるところによると、山﨑は17日に行われた明治安田生命J1リーグ第20節のサガン鳥栖戦で負傷。 その後のMRI検査、XP検査を行った結果、Ⅲ度の左足関節捻挫(前距腓・踵腓靭帯の断裂)と診断され、全治は現時点で未定とのことだ。 山﨑は2020年に湘南ベルマーレから名古屋に完全移籍で加入。2020シーズンはJ1で26試合に出場し1ゴールにとどまったが、今季はここまで公式戦27試合に出場。J1で3得点、AFCチャンピオンズリーグでは4得点を記録していた。 2021.07.19 06:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly