「次節もマルと共に」川崎F戦でOGの丸山祐市にクラブがツイート、名古屋サポーターも反応「最高のキャプテン」

2021.05.05 10:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
名古屋グランパスの1つのツイートがファン・サポーターの間で話題になっている。

名古屋は4日、明治安田生命J1リーグ第12節で川崎フロンターレと対戦。首位攻防戦が連続で行われるという異例の日程となってしまった中、ホームで0-4と大敗を喫していた名古屋は、優勝の可能性を残すためにも必勝で臨んだ。

アウェイゲームに臨んだ名古屋だったが、この試合でもジェジエウ、山根視来とゴールを奪われ2点のビハインドに。さらに後半には思いもよらぬシーンが待っていた。

59分、最終ラインでボールを持ったキャプテンの丸山祐市が川崎Fのプレスを回避しようとバックパス。GKランゲラックが待っていると思われたが、いつものポジションを取っていなかったこともありパスがゴール方向へ。ランゲラックが必死に戻るも、ボールはラインを超え、まさかのオウンゴールで川崎Fに3点目を与えてしまった。

その後、名古屋は稲垣祥とマテウスのゴールで1点差に詰め寄るも、そのまま3-2で敗戦。オウンゴールが決勝点になってしまうという悲劇が起きていた。

その名古屋は試合後に丸山の写真をツイート。「次節もマルと共に」と綴り、ここまで14試合に全て出場しチームを支え続けた丸山を支えるメッセージを送った。

すると、この対応にファン・サポーターが反応。名古屋の対応を称賛する声が集まり、丸山と共に戦っていくというコメントに加え、ここまでフル出場を続けている丸山をねぎらう声も集まった。

「少し頑張りすぎちゃった感があるよね。やはり、少し疲れが見える。次は休ませてあげたい」

「このタイミングで、このtweetできるクラブが好きだ」

「気にするな。最高のキャプテン」

「苦しい時期に丸さんが来てくれたときから、ずっとついていくと決めてるんよ!!!!!」

「こんな事で負けるようなキャプテンじゃないし今までだって逆境を支えてくれたんだから、これからも応援します」

「キャプテンだってたまには休んでもええんやで」

「監督不在の中、マルちゃんはかなりの重責を担っていると思われます。スタッフのみなさんもマルちゃんのフォローをお願いしますね!」

「応援する気持ちに、寸分の変わりもありません」

川崎Fに連敗を喫した名古屋は8日には難敵であるセレッソ大阪と対戦。ホームでしっかりと勝利できるか、期待が寄せられている。



1 2
関連ニュース
thumb

絶好調シュヴィルツォクが公式戦3連発も、10人のFC東京に名古屋勝ち切れず【明治安田J1第32節】

22日、明治安田生命J1リーグ第32節のFC東京vs名古屋グランパスが味の素スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わっている。 FC東京は直近となる第29節の横浜FC戦に4-0で快勝。長友の復帰戦となった試合で白星を挙げた。ここからは浦和レッズ、川崎フロンターレ、鹿島アントラーズといった上位陣との試合が続くだけに、まず最初の1試合で勝利を奪って勢いをつけたい。 一方の名古屋は、第29節で2位の横浜F・マリノスに2-1で勝利。これで公式戦5連勝となり、3位に浮上した。今節も持ち前の堅守を活かした試合運びで6連勝を目指す。 試合は立ち上がりからFC東京が攻勢に出る。2列目の東、レアンドロ、アダイウトンが中央に集まって近い距離でパスを繋ぎつつ、守備では素早いトランジションで即時奪回に努めていく。相手がボールを保持する際は強度の高いハイプレスを実行し、ショートパスを繋ぐ余裕を与えない。 すると26分、そんなFC東京が先制する。相手の縦パスを自陣で青木がインターセプトして東がボールを受けると、ライン間に立つアダイウトンへ繋ぐ。そして、アダイウトンが中央のレアンドロに預けた後にボックス前でもらい直して、ペナルティアークから左足を振り抜くと、GKランゲラックの手に弾かれながらも右ポストに当たってゴールネットを揺らした。 しかし、43分にアウェイチームが追いつく。敵陣左サイドから得たFKで、相馬が小さく横にずらしたボールをシュヴィルツォクがシュート。地を這うようなボールは壁に入ったアダイウトンの踵に当たってコースが変わり、GK波多野の逆方向に吸い込まれた。 1-1で迎えた後半戦。序盤は名古屋がボールを支配。前田に代わって入った柿谷が自由に動いてボールを引き出し、タッチライン際に張ったマテウスと長澤に配球しながら前進していく。 守備を強いられる時間が長くなったFC東京は67分、カウンターから決定機。自陣で三田がボールを奪って永井に預けると、そのまま永井を追い越してボックス中央に侵入。絶妙なスルーパスを受けてGKランゲラックとの1対1を迎えたが、惜しくも防がれてしまい勝ち越しとはならなかった。 その後は互角の戦いとなっていたが、FC東京は81分、アダイウトンが相手DFの顔面に肘打ちを入れて一発退場。1人少ない状態で残り10分を戦うことになった。 以降は数的優位となった名古屋が攻め続けたものの、GK波多野にビッグセーブを連発されてしまい、ゴールを決められず。1-1で試合終了となった。 FC東京 1-1 名古屋グランパス 【FC東京】 アダイウトン(前26) 【名古屋】 シュヴィルツォク(前43) 2021.09.22 21:08 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第32節:FC東京vs名古屋】上位4連戦スタートの東京、3位名古屋は堅守&シュヴィルツォクで3連勝へ

【明治安田生命J1リーグ第32節】 2021年9月22日(水) 19:00キックオフ FC東京(8位/45pt) vs 名古屋グランパス(3位/53pt) [味の素スタジアム] ◆上位4連戦の第一ラウンド【FC東京】 前節は横浜FCを相手に4-0と快勝。最下位を相手にしっかりと結果を残し、勝ち点3を積み上げた。 3位争いに加われるかどうかという瀬戸際にいるFC東京。前節から日本代表で活躍し、11年にわたってヨーロッパでプレーしてきた長友佑都が復活。合流から間もない中でもチームへ与える影響力の大きさを示した。 特に試合中の声や強度の部分はさすが日本代表として100試合以上出場しているだけのことはある。しっかりとプレーで示し、選手たちのメンタリティも鍛え上げることで、FC東京に足りなかったものを注入するはずだ。 長らく続いたアウェイ連戦からホーム4連戦となったが、ここからの4試合は重要な連戦となる。 今節は3位の名古屋、次節は3位の争い中の浦和レッズ、そして首位の川崎フロンターレとの“多摩川クラシコ”と続き、その後にも3位争い中の鹿島アントラーズと対戦する。川崎F戦以外はホームゲームであり、連勝すれば3位争いに割って入る可能性は高い。直接のライバルを倒して浮上できるか。真価が問われる連戦がスタートする。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:波多野豪 DF:小川諒也、森重真人、ジョアン・オマリ、長友佑都 MF:青木拓矢、安部柊斗 MF:東慶悟、レアンドロ、アダイウトン FW:ディエゴ・オリヴェイラ 監督:長谷川健太 ◆6戦無敗の勢い継続なるか【名古屋グランパス】 前節はホームに横浜F・マリノスを迎えた一戦。J1最多記録となる19試合目のクリーンシートこそ逃したが、2位の横浜FMを下し、貴重な勝ち点3を手にした。 3位に浮上したチームは継続して堅守を誇っているが、今最も相手に脅威を与えるのはその守備ではない。 前節ゴールを決め、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)から好調を維持するポーランド代表FWヤクブ・シュヴィルツォクが相手にとっては脅威となっている。 チームへのフィットが進む中、ユーロ2020にも出場するなど、現役のポーランド代表の実力を遺憾なく発揮。ゴールへ向かう姿勢、個の強さは頭一つ抜け出ている印象。堅守でもゴールが奪えなかった名古屋の救世主となっっている。 FC東京の守備陣はこのシュヴィルツォクをどう止めるか。攻撃面では堅守を破るというミッションがあるが、攻守にわたって難しいミッションを相手に与える名古屋は3位キープに向けて突き進む。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、キム・ミンテ、吉田豊 MF:稲垣祥、長澤和輝 FW:マテウス、前田直輝、森下龍矢 FW:シュヴィルツォク 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2021.09.22 15:40 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋MF児玉駿斗が相模原に育成型レンタル 「全力で挑戦」

SC相模原は20日、名古屋グランパスからMF児玉駿斗(22)の育成型期限付き移籍を発表した。加入期間は2022年1月31日まで。背番号「40」を着用する。 児玉は東海学園大学在学中にも特別指定選手として在籍した名古屋に今季入団。だが、ここまで出番がなかった。武者修行決定を受け、相模原を通じて意気込みを語っている。 「名古屋グランパスから育成型期限付き移籍で加入しました児玉駿斗です。SC相模原の勝利に貢献できるよう全力で頑張ります。ファン・サポーターの皆さまの前でプレーできることを楽しみにしています。応援よろしくお願いします!」 一方、名古屋を通じては「シーズン途中での移籍となりますが、グランパスでの経験を活かし、相模原で頑張ってきます! 皆さんに成長した姿をお見せできるよう全力で挑戦します」とコメントした。 2021.09.20 11:20 Mon
twitterfacebook
thumb

中谷とシュヴィルツォクのゴールを守り切った名古屋、横浜FMを撃破!【明治安田J1第29節】

明治安田生命J1リーグ第29節、名古屋グランパスvs横浜F・マリノスが18日に豊田スタジアムで行われ、2-1で名古屋が勝利を収めた。 名古屋は直近の5試合で喫した失点はたったの1点。今季のリーグ戦でここまで18度のクリーンシートを記録しており、1995年に横浜マリノスがマークした記録に並んでいる。連勝とともに、リーグ新記録達成なるか。 一方の横浜FMは、ここまで28試合を消化してリーグ最多の63得点を挙げている。首位の川崎フロンターレとの勝ち点差をこれ以上広げられないためにも、圧倒的な攻撃力を活かして、残り10試合で1つでも多くの勝利を挙げたいところ。 12分、いきなり名古屋が先制に成功する。右のCKからのこぼれ球を押し込んだキム・ミンテのシュートが左ポストに跳ね返り、最後は中谷が詰めてゴールネットを揺らした。 その10分後には横浜FMに決定機。左サイドに流れたマルコス・ジュニオールがゴール前にクロスを上げると、前田が左足で合わせる。しかし、GKランゲラックに左手でセーブされてしまい、同点には至らなかった。 圧倒的なボール保持率を見せる横浜FMは、その後も攻め続ける。35分にはエウベルがボックス右から正確なクロスを上げて、レオ・セアラがボックス中央でヘディング。しかし、これはGKランゲラックの正面に飛んでしまい、またしてもゴールネットを揺らせず。リードを許して試合を折り返した。 後半に入って1分も立たないうちに名古屋に追加点。相手DFのコントロールミスに前田が反応してボールに触ると、セカンドボールを拾ったシュヴィルツォクがボックス中央にドリブルで侵入。GK高丘をかわし、冷静にゴールへと流し込んだ。 その後は前半と同じような構図に。横浜FMが名古屋を敵陣に押し込み続け、ポジションチェンジを駆使しつつ相手ゴールに何度も迫っていった。 すると、72分に1点を返す。右からのCKを代わって入った杉本がニアサイドでヘディング。上手くマークを外してフリーとなり、GKランゲラックの届かないところにシュートを叩き込んだ。 自陣に押し込まれ続けた名古屋は、76分にマテウスに代えてDFの木本を投入。システムを[5-4-1]にして、残り時間は割り切って守りを固めるプランを選択した。 結局、その後も約20分間攻め続けられたが、何とか耐え凌ぎ、2-1で横浜FMを下した。 名古屋グランパス 2-1 横浜F・マリノス 【名古屋】 中谷進之介(前12) シュヴィルツォク(後1) 【横浜FM】 杉本健勇(後27) 2021.09.18 20:59 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:名古屋vs横浜FM】無失点記録かかる名古屋、抜群の攻撃力誇る横浜FMとのホコタテ対決

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2021年9月18日(土) 19:00キックオフ 名古屋グランパス(4位/50pt) vs 横浜F・マリノス(2位/65pt) [豊田スタジアム] ◆19戦無失点なるか? 新エースにも注目【名古屋グランパス】 前節はホームに徳島ヴォルティスを迎えて3-0と快勝。3位のサガン鳥栖に勝ち点で並んでいる状況だ。 その名古屋は14日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の大邱FC戦をホームで戦い、4-2で勝利。2度先行される苦しい展開となったが、そのチームを救ったのが新ストライカーだった。 今夏加入したシュヴィルツォクは現役ポーランド代表FW。ユーロ2020にも出場した選手だが、チームへのフィットを徐々に果たすと、大邱FC戦では圧巻のゴールショー。個人の力で3ゴールを奪いきりハットトリックを達成し、チームのベスト8進出に貢献した。 今季の名古屋にとってのボトルネックだったのは得点力。堅守を売りとしながらも、得点が奪えずに負けることも多く、全く改善が見られなかったが、シュヴィルツォクの加入で改善を見せている。 Jリーグでは5試合で1得点とまだまだ力を見せていないが、ここからの躍動に期待。また、守備陣はここまで18試合をクリーンシート。今節も無失点で終えれば、対戦相手の横浜FMが持つJ1記録を塗り替えるだけに、勢いそのままに達成したいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、キム・ミンテ、吉田豊 MF:稲垣祥、長澤和輝 FW:マテウス、前田直輝、森下龍矢 FW:シュヴィルツォク 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆首位を追いかけるためには負けられない【横浜F・マリノス】 8月最後の試合で無敗を止められた横浜FMだが、前節はアウェイでのサンフレッチェ広島戦で1-3と勝利を収め、連敗を避けた。 現在2位。見た目上は首位の川崎フロンターレと勝ち点差1だが、消化試合が違うため「4」と考えた方が良い。最終節での直接対決があるが、このままでは逆転は不可能。自力での優勝はない状況だ。 しかし、ここにきて川崎Fは2つのタイトルを続けて逃すことが確定。チームとして取りこぼしがないとは言えず、横浜FMは勝ち続けてチャンスをうかがいたいところだ。 苦手の鹿島戦では鳴りを潜めた攻撃陣だが、前節は3得点と問題はない。名古屋の強力なFWを守備陣が押さえる必要はあるが、攻撃力なら一枚も二枚も上手。チームとして名古屋を攻略し、上位対決をしっかりと制したい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、實藤友紀、ティーラトン MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:エウベル、レオ・セアラー、前田大然 監督:ケヴィン・マスカット 2021.09.18 16:25 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly