ファン・ペルシが来季から古巣フェイエの正規スタッフに昇格! U-16チームの指導も兼任

2021.05.05 00:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシ氏(37)が、古巣フェイエノールトのトップチームのスタッフに昇格することになった。同氏が4日、自身の公式SNSで明かしている。

ファン・ペルシは、ユース時代にフェイエノールトに加入。2001年7月にトップチームへ昇格すると、MF小野伸二らとともに2001-02シーズンのUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)で優勝を経験した。

2004年にアーセナルへステップアップするとエースとして活躍。2012年にマンチェスター・ユナイテッドへと完全移籍し、ゴールを量産。その後フェネルバフチェを経て、2018年1月にフェイエノールトへ帰還し、2019年5月に現役を引退していた。

その後、今シーズンから非正規のスタッフとしてクラブ全体のストライカー指導を行ってきた。そして、その手腕を評価される形で2021-22シーズンからは正式にトップチームのスタッフとして契約することに。また、トップチームと並行してU-16チームの指導を行うことも併せて伝えている。

ファン・ペルシは、愛するフェイエノールトとの3度目の契約に際して感謝の言葉を伝えている。

「フェイエノールトと契約したことを発表できることを嬉しく思う」

「 U-16のユースコーチとして、また2021-22シーズンに向けてはトップチームのスタッフとして、私のキャリアの中で3度目の契約となった。この機会にとても興奮しており、私の人生の新しい章を始めるのが待ち遠しいよ」

「フェイエノールトと、SEG_Footballのエージェントと友人たちに心から感謝している」

関連ニュース
thumb

チェルシー、アーセナル熱視線のオルクン・コクジュに関心か

チェルシーが、フェイエノールトのトルコ代表MFオルクン・コクジュ(20)に関心を持っているようだ。トルコ人ジャーナリストのヤジズ・サボンジュール氏が伝えている。 オランダ生まれのコクジュはフローニンヘンやフェイエノールトの下部組織で育ち、2018年9月のカップ戦でプロデビュー。広い視野や高いキック精度、創造性を備えながら、走力も併せ持つボックス・トゥ・ボックスの選手で、“ニュー・エジル”と言われる逸材には、長らくアーセナルからの関心が伝えられている。 今季はケガやコロナウイルス感染の影響で出場機会は限られていたが、エールディビジでは22試合に出場し3ゴール3アシストを記録。トルコ人の親を持つことから昨年9月にはトルコ代表デビューを果たし、ユーロ2020に向けたメンバーにも名を連ねている。 イギリス『デイリー・メール』によると、他にもミランやローマ、リヨンの補強リストにも挙がっている模様。そんな中、センターラインの補強が見込まれているチェルシーは、ディディエ・ドログバ氏を通じて、コクジュの家族に接触を図ったと見られている。 フェイエノールトとは2025年夏まで契約を残すコクジュだが、以前に「クラブが移籍金を得ることができて、快く送り出してくれるなら、移籍を検討するよ」と今夏の移籍を除外しない考えを明らかにしていた。 2021.06.11 15:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼがオランダ人DFファン・ベークを狙う?

ウディネーゼが、フェイエノールトのオランダ人DFスベン・ファン・ベーク(26)の獲得を目指すようだ。 ファン・ベークは、今シーズンはフェイエノールトからヴィレムⅡへとレンタル移籍。エールディビジで11試合に出場していた。 シーズン終了後にはフェイエノールトへ戻ることになるが、そのフェイエノールトとの契約は今シーズン終了で満了を迎える。 オランダ『Voetbal International』によると、ウディネーゼが関心を示しているとのこと。実解すれば、初の海外挑戦となる。 ファン・ベークはフェイエノールトの下部組織育ちで、2013年7月にファーストチームへ所属。今年2月からレンタル移籍でヴィレムⅡに加入していた。 世代別のオランダ代表を経験しており、センターバックを主戦場に右サイドバックでもプレーが可能だ。 しかし、過去にはつま先のケガや足首のケガがあり、長い間プレーできなかったこともあった。 今シーズンのウディネーゼはセリエAで中位に終わっており、守備の立て直しに狙うとされている。 2021.05.06 22:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ベッカムオーナーのインテル・マイアミ、フェイエGKマルスマンを獲得

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミは12日、フェイエノールトからオランダ人GKニック・マルスマン(30)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 マルスマンは今シーズン限りとなっているフェイエノールトとの契約終了後、MLSクラブと2023年までの1年半契約にサインする。 トゥヴェンテでプロキャリアをスタートしたマルスマンは、ユトレヒトを経て2019年にフェイエノールトに加入。ここまでエールディビジ通算130試合以上に出場し、今シーズンも正GKユスティン・バイロウの長期離脱を受けて公式戦25試合に出場するなど正GKとして活躍している。 デイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミでは、今シーズン限りでWBAとの契約が終了する元イングランド代表DFキーラン・ギブス(31)をすでに確保している。 2021.04.14 00:46 Wed
twitterfacebook
thumb

速すぎて目が追いつかない!プロの高速鳥かごに海外メディアが注目「真ん中になったら最悪」

やはりトップレベルのプロ選手は、トレーニングからひと味違うようだ。 25日、SNS専門メディア『433』は、オランダの名門フェイエノールトのトレーニング映像を公開。その動画が反響を呼んでいる。 動画では、フェイエノールトのファーストチームの選手たちがダイレクトパスでのロンド(鳥かご)をしている様子がとらえられているが、特筆すべきは、そのスピードだ。 10人程度の選手で約5mの円を作り、その中でロンドが行われているが、2人の“鬼”役の選手から近距離でプレスを受けながらも、次々とダイレクトパスを通していく様子は圧巻だ。そのあまりの速さに撮影しているカメラマンも追いつけず、何度か画角からボールが消えてしまっている。 『433』が共有した動画には「真ん中になったら最悪だ」「クレイジーになってしまう」など、ユーザーから声が挙がっている。 オランダの選手は伝統的に足元の技術に優れていると言われているが、普段のトレーニングからもそれが見て取れる映像になっている。 <span class="paragraph-title">◆目まぐるしく飛び交うダイレクトパス!</span><span data-other-div="movie"></span><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Imagine being in the middle <a href="https://twitter.com/Feyenoord?ref_src=twsrc%5Etfw">@Feyenoord</a> <a href="https://t.co/6LRiImbDjH">pic.twitter.com/6LRiImbDjH</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1374745463308566532?ref_src=twsrc%5Etfw">March 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.03.25 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

フェイエノールト、リーベル・プレートからベテランFWプラットをレンタルで獲得!

フェイエノールトは1日、リーベル・プレートから元アルゼンチン代表FWルーカス・プラット(32)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は今シーズン終了までで、背番号は24を着用する。 ボカ・ジュニアーズのユース出身であるプラットは187cmの大型ストライカー。ボカ・ジュニアーズでは主力になりきれず、アルゼンチンの各クラブへのレンタル移籍を経て2011年夏に欧州初挑戦となるジェノアへ移籍。 しかし、欧州でも結果を残せず、その後は母国のベレス・サルスフィエルドやブラジルのアトレチコ・ミネイロ、サンパウロでプレー。2018年1月に加入したリーベル・プレートでは、在籍3年間で公式戦105試合に出場し22ゴール17アシストを記録していた。 現在フェイエノールトは、14試合を終えたエールディビジで、首位のアヤックスを5ポイント差で追う3位に付けている。 2021.01.02 02:25 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly