オランダで復調のゲッツェ、バイエルン時代に恩師クロップから打診あったと告白 「プロジェクトを紹介してくれた」

2021.05.04 16:16 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
PSVに所属する元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが過去にリバプールのユルゲン・クロップ監督から誘いがあったことを明かした。

2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)における活躍によって一躍ヒーローとなったゲッツェは昨夏、長年在籍したドルトムントを契約満了により退団し、昨年10月にフリーでPSVへと加入。初の海外挑戦となったものの、ここまで公式戦24試合に出場して6ゴール6アシストをマークするなど、かつての輝きを取り戻しつつある印象だ。

そんなゲッツェはドイツ『11Freunde』のインタビューを受けると、バイエルンに所属していた2016年のエピソードを回想。出場機会に恵まれない時期にドルトムント時代の恩師であるクロップ監督から獲得の打診を受けていたことを明かした。

「イングランドに行ったことがあったね。ユルゲンが僕に新しいプロジェクトを紹介してくれたんだ。彼は世界最高の監督の一人だ。仕事ぶり、姿勢、そして成功がそれを物語っているよ」

また、結局ドルトムントへと復帰したことについては「リバプールはその年、リーグで8位だった。当時の状況ではドルトムントがチャンピオンズリーグ(CL)を制覇する確率の方が僕にはずっと高く見えたんだ」とコメント。CLでの活躍を望んでいたための決断だったようだ。

関連ニュース
thumb

ドルトムント、サンチョの後釜にマレンをリストアップか?

ドルトムントがPSVに所属するオランダ代表FWドニエル・マレン(22)の獲得に関心を示しているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 ドルトムントでは、主力を務めるイングランド代表FWジェイドン・サンチョ(21)の去就が不透明となっており、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が盛んに取り沙汰されている。 そのため、サンチョの流出に備えて後釜のリストアップに動いている。そういった中、『ビルト』は有力な候補の一人としてマレンの名前を挙げている。 アヤックスのアカデミーで育ったマレンは、アーセナルのユースチームを経て2017年に母国のPSVに完全移籍。179cmと上背はないものの爆発的なスピードとドリブルテクニックに加え、ストライカー特有のポジショニングセンス、シュートテクニックも併せ持つ万能型FWは、これまで左ウイングを主戦場としていたが、昨シーズンからセンターフォワードに本格コンバート。ヒザの手術を行い、シーズン後半戦を棒に振った中、公式戦25試合17ゴール9アシストの数字を残した。 また、今シーズンはロジャー・シュミット監督の下、[4-2-2-2]の布陣の2トップの一角を務め、エールディビジ32試合で19ゴール8アシストの数字を残している。 なお、PSV側は移籍金を3000万ユーロ(約40億円)に設定している模様。また、ドルトムントとマレンの最終的な交渉は現在行われているユーロ2020終了後に行われるとのことだ。 2021.06.15 07:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ビーレフェルトが堂安律の退団を正式発表! 財政事情で買取OP行使ならず…

アルミニア・ビーレフェルトは9日、クラブ公式『インスタグラム』で日本代表MF堂安律(22)の退団を発表した。 オランダの強豪PSVで出番に恵まれず、昨夏に買い取りオプション付きの1年レンタルで、今季からブンデスリーガに昇格したビーレフェルトに活躍の場を移した堂安。初挑戦のドイツでリーグ戦全試合出場を達成するなど、公式戦35試合で5得点3アシストの活躍を披露した。 チームの1部残留にも大きく寄与した東京オリンピック世代のレフティーだが、買い取りオプションの行使額はビーレフェルトにとって高額な500万ユーロ(約6億6000万円)。来季も戦力としてとどめたい意向だが、その資金を用意できず、完全移籍での買い取りを泣く泣く見送ることになった。 現時点では2024年まで契約を残すPSV復帰が既定路線となっているが、堂安自身は先日のドイツ『シュポルト1』のインタビューでブンデスリーガ残留を希望する発言をしており、ドイツ国内でのステップアップを期待したいところだ。 2021.06.09 22:38 Wed
twitterfacebook
thumb

PSV、今季マインツの主力DFムウェネがフリー加入

PSVは1日、マインツからオーストリア人DFフィリップ・ムウェネ(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 母国のオーストリア・ウィーンの下部組織出身のムウェネは、シュツットガルト、カイザースラウテルンを経て、2018年にマインツへ完全移籍で加入。 在籍3年間では度重なる負傷に悩まされた中、左右のサイドバックとサイドハーフを主戦場にここまで公式戦31試合に出場。今シーズンは左ウイングバックでリーグ戦20試合に出場し、1ゴール2アシストの数字を残していた。 慣れ親しんだドイツを離れ、オランダ屈指の名門での新たなチャレンジを選択した27歳は、「PSVはトロフィーを獲得したいと考えているビッグクラブであり、タイトルレースで最後まで戦うことができる。そして、それこそ僕が求めていた新たな挑戦なんだ」と、意気込みを語っている。 2021.06.02 23:26 Wed
twitterfacebook
thumb

PSV、トゥベンテのオランダ代表GKドロメルを完全移籍で獲得

PSVは16日、トゥベンテのオランダ代表GKヨエル・ドロメル(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までとなっている。 ドロメルはトゥベンテの下部組織出身で2015年9月にトップチームデビュー。2017-18シーズンの半ばから正GKに昇格し、トゥベンテではこれまで公式戦131試合に出場。今季ここまでエールディビジ全29試合に出場している。その活躍を受け、昨年11月にはオランダ代表に初めて招集されていた。 PSVでは現在、ライプツィヒから2022年6月までのレンタルで加入しているスイス代表GKイボン・ムボゴが正GKを務めており、ドロメルはムボゴとのポジション争いに挑むことになる。 2021.04.16 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

堂安律、来季の主戦場もブンデスか…PSVから“完全”退団の見通し

アルミニア・ビーレフェルトの日本代表MF堂安律(22)は来季もブンデスリーガが主戦場になるかもしれない。 タレント揃いのPSVで定位置を掴めず、昨夏にブンデスリーガ昇格組のビーレフェルトに活躍の場を求めた堂安。ここまでリーグ全28試合で起用され、4得点3アシストと主力選手として活躍を続けている。 先日に3月のブンデスリーガ「ルーキー・オブ・ザ・マンス」に輝き、チーム内での地位をより確固たるものにする堂安だが、ビーレフェルトとは1年間のレンタル契約。現状、PSV帰還も選択肢としてあるが、来季の去就は不透明だ。 しかし、来季もブンデスリーガで引き続きプレーする可能性が高いようだ。オランダ『ED.nl』によると、ドイツ他クラブからの関心があるなかで、すでにいくつかの問い合わせも受けており、今夏のPSV“完全”退団が規定路線だという。 現所属先のビーレフェルトも500万ユーロ(約6億5000万円)強の買い取りオプションを有しており、今季終了後に行使の意思があるというが、現在は残留争いの真っ只中。降格した場合、財政的にも買い取りに動けるか微妙のようだ。 なお、PSVとの契約は2024年まで。獲得時に移籍金750万ユーロ(現レートで約9億7000万円)を投じたPSVだが、残り契約年数を鑑みて不利益にならず、売却に至る可能性があるとのことだ。 2021.04.16 17:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly