EL準決勝を控える中でヘタフェに勝利したビジャレアル、エメリ監督はリーグとの両立に「ELに頭が回らないのは辛い」

2021.05.03 10:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、ヘタフェ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。ビジャレアルは2日、ラ・リーガ第34節でヘタフェと対戦。なかなかゴールが動かない中、79分にジェレミ・ピノがゴールを奪い、1-0で勝利を収めた。

この結果、チームはレアル・ベティスを抜いて6位に浮上。来シーズンのヨーロッパリーグ出場権争いで1つ前に出た形となった。


エメリ監督は、残留を争っているヘタフェとの試合がとても難しかったとしながらも、計画通りしっかりと勝利できたことに満足感を示した。

「勝利は常に良い計画を作る。とても難しい試合だった。ヘタフェを抑える必要があったが、彼らはボールを持つとすぐに仕掛けてくる」

「我々は消耗戦でも主導権を握るようにしなければならなかった。試合中、その瞬間のマネジメントを考え、何度も変更した」

「今は、誰もが危機感を持っており、全てが難しい試合になる。目標の範囲内にいるし、それには満足している」

一方で、6日にはアーセナルとのヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグを控えている。ホームでの1stレグで先勝したものの、2-1とアウェイゴールを奪われており、2ndレグで敗退する可能性も十分に残っている状況だ。

そんな中でも準決勝に集中できず、来季のEL出場権が懸かっているリーグ戦をしっかり戦わなければいけないことを嘆いた。

「準決勝に進出しているのに、そっちに頭が回らないのは辛い。この試合では気持ちで勝負し、1分から90分まで努力を続けなければいけなかった」

「ヨーロッパに行くためには、リーグ戦を経由することが最も現実的であると考えなければならず、そこが主な目的だが、現時点で選手たちが準決勝を意識しているのは事実だ。だからこそ、今日の試合で勝てたことを良かったと思っている」

そのアーセナル戦に向けては、できるだけ良い状態で臨みたいとコメントしたエメリ監督。ただし結果よりも、そのプロセスを大事にしたいと持論を展開した。

「当たり前と考え、仕事を分散させ、出来るだけフレッシュな状態で試合に臨まなければならない。ヨーロッパリーグでやってきたように、180分間の試合だと思ってやらなければならない」

「チームは最終的な結果のためではなく、このプロセスを生きているんだという陶酔感を持ち、とても生き生きとしている。最終的な結果は、束の間のものでしかない」
関連ニュース
thumb

ビジャレアルの選手たちの歓喜爆発! クラブ史上初の決勝進出で偉業達成

クラブ史上初となるヨーロッパリーグ(EL)の決勝に進出したビジャレアルだが。偉業を成し遂げた選手たちの歓喜が爆発した。 ビジャレアルは6日、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグでアーセナルと対戦。アウェイでの2ndレグを1-2でリードして迎えたビジャレアルだが、試合はアーセナルの猛攻を受ける。 なんども決定機を作られるが、ポストに助けられるシーンも多く、得点を許さなかったビジャレアル。結局0-0のゴールレスドローに終わり、2戦合計1-2で勝利。クラブ史上初となるEL決勝に駒を進めた。 ウナイ・エメリ監督の古巣でもアーセナルに2ndレグは苦しめられながらも決勝進出を果たしたビジャレアル。選手たちはスタンドからピッチへ駆け下りると、ピッチ中央で喜びの舞を見せた。 さらに、ロッカールームではエメリ監督と選手たちが抱き合い喜びを噛み締めると、みんな揃って歓喜のダンス。チーム全員で記念写真を撮るなどし、偉業達成を喜んだ。 ビジャレアルはEL決勝でマンチェスター・ユナイテッドと対戦。チャンピオンズリーグ(CL)の決勝もマンチェスター・シティとチェルシーとなり、プレミアリーグ勢が占拠する中で一矢報いることができるかに注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】クラブ史上初の決勝進出にビジャレアル選手が歓喜爆発!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJYNzhSWDFqMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.05.07 21:40 Fri
twitterfacebook
thumb

悲願のEL決勝進出となったDFパウ・トーレスが歓喜「失望ではなく、感動の涙を流している」

ビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレスが、クラブ史上初となる欧州カップ戦決勝進出を喜んだ。『UEFA.com』が伝えた。 ビジャレアルは6日、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグでアーセナルと対戦。アウェイでの2ndレグを1-2でリードして迎えたビジャレアルだが、試合はアーセナルの猛攻を受ける。 なんども決定機を作られるが、ポストに助けられるシーンも多く、得点を許さなかったビジャレアル。結局0-0のゴールレスドローに終わり、2戦合計1-2で勝利。クラブ史上初となるEL決勝に駒を進めた。 下部組織時代からビジャレアルに所属するパウ・トレースは、悲願の決勝進出についてコメント。喜びをあらわにした。 「今夜は失望ではなく、感動の涙を流している。ビジャレアルは、決勝に到達するための準決勝で多くのチャンスを逃したけど、今、ついに僕たちはやり遂げた」 「これは感動的な瞬間だ。クラブ全体、ファン、会長、去年のチーム…僕たち全員が値する。今は楽しむ時間だけど、それは歴史的なチャンスでもある。決勝に向けてうまく準備することが重要だ」 「僕たちはここで苦しんだ。アーセナルにはチャンスがあった。僕たちはちょっとだけだった。でもこのチームのキャラクターが際立ったと感じている」 また、マンチェスター・ユナイテッドとの決勝についてもコメント。スペインを代表して戦うと意気込んだ。 「今回の相手は素晴らしいチームで、僕たちにとってとても難しい状況になることは間違いない。両方のヨーロッパの大会の決勝が全てイングランドのチームで行われることは望んでいなかったし、それはあり得ないことだ」 「ビジャレアルがスペインのサッカーを代表してUEFAの決勝に出場することは、素晴らしいことだ」 2021.05.07 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

EL決勝進出を逃したアーセナルGKレノ、1stレグを悔やむ「ビジャレアルでの前半だけが…」

アーセナルのドイツ代表GKベルント・レノが、ヨーロッパリーグ(EL)からの敗退を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルは6日、EL準決勝2ndレグでビジャレアルと対戦。アウェイでの1stレグで1-2と敗れていたアーセナルは、ホームで1-0で勝利すれば決勝へ進めるという状況だった。 そのアーセナルは序盤から攻め込むシーンが見られたものの、ビジャレアルの牙城を崩せず。後半にはエミール・スミス・ロウやピエール=エメリク・オーバメヤンがあわやゴールというシーンを作るが、ポストに嫌われゴールならず。最終的にネットを揺らせないまま試合は終了。2戦合計1-2で敗退となった。 守護神として2ndレグはクリーンシート達成に貢献したレノ。1stレグの前半を悔やむと共に、来シーズンに向けての意気込みを語った。 「大きな失望であり、決勝に行って、ヨーロッパリーグで優勝することは大きな目標だった。でも、それはもう不可能だ」 「僕たちはチャンスを掴めなかった。全体的に僕たちの方が良かったと思う。ビジャレアルでの前半だけが僕たちのレベルの合わないプレーをしてしまい、それが敗因となった。後半も今日も全力を尽くしたけど、十分ではなかった」 「準決勝では経験がとても重要で、今日はそれがよくわかった。でも、それは言い訳にはならない。僕たちに十分なチャンスがあった」 「僕たちみんなにとっても、ファンにとっても、とても辛いことだ。みんな悲しい。来シーズンは、今シーズンよりも良いシーズンにしたいと思う」 2021.05.07 10:05 Fri
twitterfacebook
thumb

クラブ史上初の決勝進出、ビジャレアル会長が歓喜「ついに資格を獲得した」

ビジャレアルのフェルナンド・ロイグ会長が、クラブ史上初となる欧州カップ戦決勝進出を喜んだ。『UEFA.com』が伝えた。 ビジャレアルは6日、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグでアーセナルと対戦。アウェイでの2ndレグを1-2でリードして迎えたビジャレアルだが、試合はアーセナルの猛攻を受ける。 なんども決定機を作られるが、ポストに助けられるシーンも多く、得点を許さなかったビジャレアル。結局0-0のゴールレスドローに終わり、2戦合計1-2で勝利。クラブ史上初となるEL決勝に駒を進めた。 試合後、ロイグ会長はクラブがヨーロッパの大会で決勝に進んだことを祝福。イングランドのクラブに支配されなかったことを喜んだ。 「最終的にヨーロッパの大会で決勝に出場できたことは重要だ。ついに資格を獲得した。今の所は、この成果を楽しみたい。次に、グダニスクでの決勝に向け、誇りをもって準備をする」 「これまで何度も挑戦してきた。準決勝での勝利は必須だった。スペインのチームが決勝に進んだことは素晴らしいことだ」 「我々はUEFAの決勝がどちらもイギリスのチームで争うということは避けたかった。そして、プレミアリーグの3チームとスペインのビジャレアルという小さなクラブになった」 「監督は我々がアーセナルに苦しむだろうと言っていたが、その通りになってしまった。彼らは威厳あるライバルだ。しかし、我々は決勝への出場権を得るだけでなく、優勝したいと思っていた」 「このことが会長である私にとって何を意味するのかだけを考えては欲しくない。これを達成することは多くの人々の働きがあってだ。たくさんの選手もだ」 「今、我々は再び2部から1部へと連れてきてくれた選手たちのことを考える。このクラブの会長であること、彼らをヨーロッパリーグ決勝に導いたことを誇りに思う」 2021.05.07 08:40 Fri
twitterfacebook
thumb

自身4度目のEL制覇へ、ビジャレアルを決勝に導いたエメリ監督「最高のパフォーマンスを見せたい」

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、クラブ史上初となる欧州カップ戦決勝進出を喜んだ。『UEFA.com』が伝えた。 ビジャレアルは6日、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグでアーセナルと対戦。アウェイでの2ndレグを1-2でリードして迎えたビジャレアルだが、試合はアーセナルの猛攻を受ける。 なんども決定機を作られるが、ポストに助けられるシーンも多く、得点を許さなかったビジャレアル。結局0-0のゴールレスドローに終わり、2戦合計1-2で勝利。クラブ史上初となるEL決勝に駒を進めた。 セビージャ時代に3度もELを制し、自身4度目の優勝を目指すエメリ監督。2018-19シーズンはアーセナルの監督として決勝に進んだが、チェルシーの前に敗戦。自身にとってもリベンジの決勝となる。 エメリ監督はアーセナル戦を振り返り、アーセナルが優っていたと認めながらも、しっかりと戦えたとコメント。決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦にも意気込みを語った。 「アーセナルは非常に優れたチームであったが、我々が今夜も1stレグと同様に上手くやったこと、そして勝ち抜けたことをとても誇りに思う」 「我々は非常に真剣な試合をした。選手たちは常に助け合っていた。我々は、今日はハードワークし、本当によく守ったと思う」 「時には試合をコントロールし、ポゼッションした。得点のチャンスはアーセナルにあったと思う」 「ユナイテッドとの試合は難しくなるだろう。でも、今日はこの瞬間を楽しむ」 「我々はそこでプレーするに値し、サポーターに最高のパフォーマンスを見せたいと思う」 2021.05.07 08:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly