残留に向け勝ち点2を落としたフルアム、パーカー監督はVARの判定に不満「プレーしようとしなかったかどうかは関係ない」

2021.04.19 16:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フルアムのスコット・パーカー監督が、アーセナル戦について振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

チャンピオンシップ(イングランド2部)から昇格したフルアムは、今シーズンのここまで32試合を戦い、勝ち点「26」で降格圏に沈んでいる。

残留ラインを目指す上で勝利が必要な中、アーセナル戦では守備に重点を置いて戦うと、VARの助けもありゴールレスで後半に向かう。

するとPKを獲得して先制すると、そのまま終盤へ。最後はアーセナルに押し込まれることになると粘り続けるも、アディショナルタイム7分にエディ・エンケティアにゴールを許し、1-1の引き分けに終わった。

パーカー監督は試合後のインタビューで、アーセナルの同点ゴールについて言及。VARのチェックが入った中でゴールが認められる展開に。このシーンでは、DFロブ・ホールディングが完全にオフサイドポジションにいたが、プレーに関与されていないと認めれたが、そんなことはないと見解を語った。

「クレイグ(・ポーソン主審)は気付いていなかったと思う」

「ピッチ上の彼にとってはあっという間の出来事だった。ラインズマンがオフサイドポジションにいる選手がいると話したのは知っている」

「私が混乱しているのは、ホールディングが我々のGKから2ヤード、ゴールラインから3ヤード離れたところにおり、その位置関係が我々のGKに影響を与えているということだ」

「我々には、ボックス内をコントロールするという点では、最高のGKがいる。彼はホールディングがオフサイドポジションにいることに気がついていないので、それに反応しなければならなかった」

「今、何が言われるかを知っている。彼はボールにプレーしようとしなかっただろうと。彼がプレーしようとしなかったかどうかは関係ない。彼はゴールから2ヤード離れており、選手はミリ秒単位で反応する。それが私の焦点だ」

「多分ルールによって、出てくる声明によって、それは正しい決定だが、我々全員がサッカーに深く関わってきた。私は長い間サッカーをしてきた。だから、そうではないと思う」

これにより勝ち点1の積み上げに終わったフルアム。残留ラインのバーンリーは1試合消化が少ない中で勝ち点差「6」となっている状況だ。

残り5試合になった中で、残留争いに向けて非常に厳しい状況となっているが、残り試合に向かって準備を進めていくとした。

「チャンスはない。ただ、希望を失ったことは絶対にない。今日の違いは、私が納得できなかった最後のゴールだった。最後のキックだ」

「3ポイントを獲得できたとしたら、ストーリーは違っていた。このチームは、シーズンを通して、試合に勝つこと、ビッグクラブを相手に結果を出せることを示してきた」

「もちろん、信念はある。差は6ポイントだ。なぜ信念がないと言われるか。もちろん、我々は落胆しているし、私も落胆している。この2週間は、本当に辛かった」

「我々は明日の朝、目を覚まし、グローブを付け直し、もう一度戦い続け、勝ち点を稼ぎたいと思う」


関連ニュース
thumb

これはゲームではないのか!? キックオフからわずか6秒、英2部で生まれた電光石火のゴールが『FIFA』のようだと話題沸騰

プロのサッカーの試合で、ゲームの裏技のようなゴールが誕生した。 3日に行われたEFLチャンピオンシップ(イングランド2部)第21節、フルアムvsボーンマスの一戦は両チーム無得点で前半を終え、試合を折り返した。 後半はボーンマスボールでキックオフ。MFエミリアーノ・マルコンデスがセンタースポットからボールを下げると、ここから一度も相手に触れられることなくものの数秒でゴールを奪うことになる。 MFルイス・クックからリターンを受けたマルコンデスはワンタッチで軽く落とし、MFフィリップ・ビリングが前線へフィード。ボックス内へ走り込んだFWドミニク・ソランケがワントラップから右足でネットを揺らし、瞬く間に先制ゴールを挙げた。 電光石火の一撃には、まるでビデオゲーム『FIFA』シリーズで使われる裏技、“キックオフ・グリッチ”のようだという声が多数。仕様こそ若干異なるものの、ゲームよりもゲームらしい完璧なキックオフゴールとなった。 見事な一発でリードを奪ったボーンマスだったが、84分に失点を喫して惜しくもドロー。“フラッシュパス”からの一発を勝利に結びつけることはできなかったが、このようなゴールはなかなかお目にかかれないのではないだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】まるで『FIFA』、KOからわずか6秒の鮮やかなゴール(0:38~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ct8duIIq2ys";var video_start = 38;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.05 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプールでも活躍したオランダ代表FWが“自伝ヒップホップ”をリリース、ベニテス監督との関係も歌に乗せる

ガラタサライのオランダ代表FWライアン・バベルが自伝CDをリリースした。 サッカー選手として活躍する一方で、音楽にも興味を持っていたというバベル。ただ、サッカーに時間を取られることが多かったため、代わりに22歳の時にレーベルを立ち上げ、他のアーティスト作品に参加するなどしていた。 新型コロナウイルス(COVID-19)による最初のロックダウン中に持て余していたバベルは、この時に斬新な計画を思いついたという。ヒップホップで自身のライフストーリーを語るという方法を思いついたバベルは、音楽業界の仲間と連絡を取り合い、この度リリースにまで至った。 曲のタイトルは『Open Letter』。リリースに際し、バベルはイギリス『ガーディアン』に「真に成功したいのならば、普段は言いにくいことも共有すべきだって分かっていた」と語っている。 曲中ではリバプール時代のラファエル・ベニテス監督(現:エバートン監督)との関係性や、オランダ代表ルイス・ファン・ハール監督についてなども、メロディに乗せて赤裸々に歌っているとのことだ。 「けど、同時にそれをする心の準備もできていたね。関係者と執筆をしている間は刺激的だったよ。できた作品や(音楽で)こういう伝え方ができて、本当に誇りに思っている」 「曲中ではリバプールでのラファエル・ベニテスとの小さな関係について、後半ではオランダのジャーナリズムについても語っているよ」 「作り話を語るのは簡単だけど、面白いとは思わなかったし、やりたいとも思わなかった。僕の真実をできるだけありのまま共有したかったんだ」 ヒップホップという斬新な方法で自伝を作り上げたバベル。スポーツ選手にとって自身の考えを伝える新しい形となるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】バベルが作成した自伝ヒップホップのMV</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/GUTfJxlwwpg" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.12.01 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリが絶対的主力ザンボ・アンギサの買取を決断か

ナポリが、フルアムからレンタル中のカメルーン代表MFアンドレ=フランク・ザンボ・アンギサ(25)の完全移籍での獲得を決断したようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏が報じている。 ザンボ・アンギサは今夏の移籍市場最終日にフルアムから1年間のレンタルで加入。ここまでは公式戦17試合に出場するなど、中盤の絶対的な主力としてリーグ首位チームをけん引している。 フルアムは今回の移籍決定前に同選手との契約を2024年まで更新していたが、ナポリとの契約時には買い取りオプションが含まれていた。 スキラ氏が伝えるところによれば、完全移籍に必要な金額は不明も、ナポリはオプションの行使を決断し、ザンボ・アンギサとは2026年までの契約を結ぶ見込みだ。 2021.11.13 22:46 Sat
twitterfacebook
thumb

再生回数は556万回以上!スタンド観戦の脳性麻痺の少年と喜びを分かち合うフルアム選手「これがサッカーのすべて」

フルアムの選手たちがスタンドの子供と喜びを分かち合った。 フルアムは24日、オンラインでいじめを受けていたという脳性麻痺を患う13歳の少年、リス・ポーターくんを名誉選手として登録。クラブの公式サイトでもメンバーの一員として紹介した。 翌25日、チャンピオンシップ(イングランド2部)第9節でブリストル・シティと対戦したフルアム。50分にアレクサンダル・ミトロビッチが先制点を挙げると、選手は一目散にスタンドへ。観戦に訪れていたポーターくんの下へと駆け出した。 多くの選手がポーターくんを囲み、ゴールの喜びを分かち合う。ネースケンス・ケバノなどは柵を乗り越えてスタンドイン。ポーターくんと抱き合いながらこの瞬間を共にした。 このシーンが収められた動画には「賞賛されるべき」、「美しいシーン」、「これがサッカーのすべて」などのコメントが。動画は多くの人の注目を集め、再生回数は556万回以上にも上った。 クラブは試合後「フラムの誰もが完全にリスに触発された」として、次のような声明を発表している。 「逆境に直面したときの彼の態度と、他の人を助けるという彼のコミットメントの両方に、我々がどれほど感銘を受けたかを彼に示したかったのだ」 残念ながら試合は終盤に追い付かれて引き分けに終わってしまったが、ポーターくんをはじめ、この場に居合わせた人々にとっては忘れられない瞬間となったことだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】脳性麻痺の少年とゴールの喜びを分かち合うフルアムの選手たちが感動的</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A beautiful moment in the beautiful game…<a href="https://twitter.com/hashtag/COYW?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#COYW</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FFC</a> <a href="https://t.co/nCBY0qt2ci">pic.twitter.com/nCBY0qt2ci</a></p>&mdash; Mark Twomey (@markjtwomey) <a href="https://twitter.com/markjtwomey/status/1441783061180469249?ref_src=twsrc%5Etfw">September 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.27 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

フルアムがN・チャロバー獲得! かつて指導を受けた指揮官の下で再びプレー

チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するフルアムは8月31日、ワトフォードから元イングランド代表MFナサニエル・チャロバー(26)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなっており、移籍金は公開されていない。 N・チャロバーは弟のイングランド人DFトレヴォ・チャロバ―と同じくチェルシーのアカデミー出身。しかし、ファーストチームでの出場機会はなく、2012年夏に当時チャンピオンシップに所属していたワトフォードへレンタルで加入し、プロデビューを果たした。 その後はノッティンガム・フォレスト、ミドルズブラ、バーンリー、レディング、ナポリへのレンタル移籍を繰り返した後、2017年7月にプロデビューを飾ったワトフォードへ完全移籍を果たした。 ワトフォードでは公式戦127試合に出場し9ゴール3アシストを記録。主将としてプレーする試合もあったが、昨シーズン終盤は出場機会が減少していた。 再び西ロンドンに戻ってくることになったチャロバーは、移籍後のインタビューにおいてクラブのプロジェクトを称賛。ワトフォード時代に指導を受けた経験もあるマルコ・シウバ監督と共に、プレミアリーグ昇格を目指したいと語った。 「ここには素晴らしいプロジェクトがあり、それは僕を興奮させるものだった。ワトフォードでの1年目に監督と一緒に仕事をした経験があったが、彼からはいつも良い雰囲気を感じていたよ」 「このチームを見て、来年にはプレミアリーグに復帰できる可能性があると思ったんだ。そしてそれが、僕の目標でもある」 2021.09.01 11:22 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly