VARに振り回されたアーセナル、アルテタ監督は「彼らを信頼しなければ」

2021.04.19 10:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのミケル・アルテタ監督が、フルアム戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。アーセナルは18日、プレミアリーグ第32節でホームにフルアムを迎えての一戦。トップ5入りを目指すアーセナルと、残留を目指すフルアムのバトルとなった。

立ち上がりから主導権を握り攻勢に出るアーセナルと、ゴール前にバスを止めて守備を固めるフルアムの構図。アーセナルは序盤に攻め込んでいたタイミングで先制できないと徐々に攻撃が停滞していく。


前半はゴールレスで終えると、後半にフルアムが微妙な判定でPKを獲得。これをマジャが決めて先制。その後は、バスを2台に増やすフルアムの守備の前にアーセナルは攻めあぐねる。このままフルアムが貴重な勝ち点3を獲得するかと思われたが、アディショナルタイムにエディ・エンケティアがネットを揺らし、土壇場で追いつき、1-1の引き分けに終わった。

試合後、勝ち点1に終わったアルテタ監督は勝ち点3に値したとコメント。ゴールが認められなかったことを悔やんだ。

「アーセナルは間違いなく勝ち点3に値した。全ての意見を尊重しなければいけないが、私に意見を尋ねている、そして、私は我々が勝利に値すると言う」

「我々が作ったチャンスを振り返らなければならない。2つのゴールが認められなかった。そして、我々は1つのシュートでゴールを許した」

この試合では、40分にボックス内でボールをつなぎ、最後はダニ・セバージョスがヘディングでネットを揺らすも、VARが介入。パスを繋いでいる中でブカヨ・サカのつま先がわずかに出ていたことでオフサイドとなった。

さらに56分にフルアムがPKを獲得。マリオ・レミナガブリエウがルーズボールを奪いに行くと、レミナが倒れる。このシーンではガブリエウはチャレンジに行くのを途中でやめていたが、わずかにレミナに触れておりPKとなった。

最後の同点ゴールも、オフサイドポジションにいたロブ・ホールディングがプレーに関与しているかどうかでVARの細かいチェックが入ったが今度はゴールに。VARに左右されたアルテタ監督だが「我々は彼らを信頼しなければいけない。それが唯一できることだ」とし、信じるしかないと語った。

この引き分けで再びトップ5入りが難しい状況となったアーセナル。アルテタ監督は勝利が必要だったとし、残り試合全部に肩なけれ日開けないと語った。

「今日は勝利が必要だった。可能な限り最高のチャンスを得るために、全ての試合で勝利する必要がある。我々はそれが自分たちに依存していないことは理解しているが、数字的にはそれも可能だ」
関連ニュース
thumb

ウィリアンもアーセナル入りからわずか1年で退団か

アーセナルの元ブラジル代表MFウィリアン(32)にも今季限りで退団する見通しが浮上した。 チェルシーとの契約延長交渉が破談の末、昨夏にフリーとなり、同じくロンドンに拠点を置くアーセナル入りを決断したウィリアン。3年契約を結んでのアーセナル入りだが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、先日に今季終了後の退団意向をクラブに伝達したといわれる元ブラジル代表DFダビド・ルイスとともに、わずか1年で去る見通しだという。 ロマーノ氏は自身のツイッター(@FabrizioRomano)で「ウィリアンもD・ルイスと今夏にアーセナルから去る見込みだ。ヨーロッパのクラブやメジャーリーグサッカー(MLS)からの関心があり、インテル・マイアミは昨夏に彼を欲した。アーセナルも正式なオファーを待っている」と綴った。 なお、チェルシー時代の過去5年間を遡ると、そのうちの4シーズンで二桁得点をマークしたウィリアンだが、今季はここまで公式戦37試合に出場して1得点7アシスト。今季は9日に行われたプレミアリーグ第35節のWBA戦で直接FKから移籍後初ゴールを挙げるまで得点から遠ざかるなど、期待されたほどの活躍ができておらず、先発の座を譲る試合も少なくない。 2021.05.17 15:50 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル買収に動いてないと報じられたエク氏が反論、一方で買収を拒否されたと明かす

音楽ストリーミングサービス『Spotify』の共同創設者兼最高経営責任者(CEO)であるスウェーデン人のダニエル・エク氏が声明を発表した。 ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想に参加を表明したことで、サポーターから猛反発を受けたアーセナル。オーナーである、『クロエンケ・スポーツ&エンターテインメント(KSE)』のスタン・クロエンケ氏や息子のジョシュ・クロエンケ氏への不信感が高まっていた。 そんな中、エク氏は幼少期から自身がファンであるアーセナルの買収に手を挙げることに。現オーナーは元々支持率が高くなかったこともあり、歓迎する声が上がっていた。 さらに、ティエリ・アンリやデニス・ベルカンプ、パトリック・ヴィエラといった黄金期を支えたOBも賛同するなどし、エク氏の買収を支持する声があった中、買収のオファーを行なっていないと一部で報じられていた。 このような報道を受けたエク氏は、自身のツイッターを通じて声明を発表。虚偽報道だとしながらも、ジョシュ・クロエンケ氏から拒否されたと明かし、必要であればまた動くと意志を表明した。 「本日、私がアーセナルへの入札を行なっていないという不正確な報道がなされました」 「記事を訂正することが重要だと思います。今週、ジョシュ・クロエンケと彼らの銀行家に対し、ファンの所有権、取締役会の参加、サポーターのためのゴールデン・シェア(特別議決権)を含むオファーを出しています」 「彼らはお金は必要ないと答えました」 「私は彼らの決定を尊重しますが、その状況が変化した場合には、関心を持ち続け対応できるようにします」 <span class="paragraph-title">【SNS】買収の意思を明かすも拒否されたと報告</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Following reports today I want to correct the record with attached statement <a href="https://t.co/CzfF0Y76K4">pic.twitter.com/CzfF0Y76K4</a></p>&mdash; Daniel Ek (@eldsjal) <a href="https://twitter.com/eldsjal/status/1393644895357833217?ref_src=twsrc%5Etfw">May 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.16 17:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ダビド・ルイスが今季限りでアーセナル退団へ! 友好な話し合いの末、来季契約非更新の結論に…

元ブラジル代表DFダビド・ルイス(34)が今シーズン限りでアーセナルを退団することが確実となった。イギリス『スカイ・スポーツ』など複数メディアが報じている。 2019年夏にチェルシーから加入したダビド・ルイスは、加入1年目に公式戦43試合に出場し、主力としてFAカップ優勝に貢献。今シーズンも公式戦30試合に出場し、2ゴールを挙げる活躍を見せている。 細かい負傷や時折見せるイージーミスで批判を浴びた一方、経験の少ない最終ラインにおいては頼れる存在となっていたが、来シーズンに向けて大幅な刷新を目指すクラブは来シーズンの契約を更新しない意向を固めたという。 そして、14日に行われた話し合いの場では双方合意の下、友好な形で今シーズン限りでの退団という結論に至ったとのことだ。 なお、現時点で元ブラジル代表DFの去就は不明となっているが、以前から再三に渡って復帰の希望を口にしていた古巣ベンフィカが有力な新天地候補に挙がっている。 2021.05.15 05:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「アーセナルは僕のクラブだ」初ゴールから2戦連発のスミス・ロウがチェルシー戦の準備を明かす

プレミアリーグで2試合連続ゴールを記録したアーセナルのU-21イングランド代表MFエミール・スミス・ロウがチェルシー戦を振り返った。 アーセナルは12日、プレミアリーグ第36節でチェルシーと対戦。トップ4を目指すチェルシーとの“ビッグロンドン・ダービー”で相見えた。 チェルシー優勢かと戦前に予想された試合だったが、16分にアーセナルがミスを突く。最終ラインからのビルドアップを行ったチェルシーはジョルジーニョがバックパス。しかし、これは無人のゴールへ出され、そのままゴールになるかと思われたが、GKケパ・アリサバラガが決死の戻りでなんとか掻き出す。 しかし、これをピエール=エメリク・オーバメヤンが拾うと、最後はスミス・ロウが蹴り込み、アーセナルが先制。このゴールを守り切り、0-1でアーセナルが勝利を収めた。 前節のWBA戦でプレミアリーグ初ゴールを記録したスミス・ロウは、2戦連発となりチームを連勝に導く活躍。試合終了後、イギリス『スカイ・スポーツ』でチェルシー戦を振り返り、準備してきた事が上手くいったと語った。 「僕たちにとって重要な結果だった。深く攻め込まなければならなかったし、僕たちにとって本当に厳しいテストだった。シーズンにとって本当に重要だった」 「今週のトレーニングでは、プレス、ハイプレスに取り組んできたし、それは彼らにミスをさせるためにうまくできたと思う。オーバ(メヤン)が仕掛けてくれた」 また、これまでRBライプツィヒやハダースフィールドへとレンタル移籍を経験。それ以前には、身体の小ささを理由にチェルシーに入団を断られていた過去がある。 しかし、スミス・ロウは今はアーセナルに集中していると言及。パフォーマンスを評価した。 「それは過去のことだし、僕はアーセナルにフォーカスしている。アーセナルは僕のクラブだ」 「僕はとても疲れている。今日はチームがうまくプレーしたように感じる。うまくプレーした」 「僕たちのキャラクターを示せたし、僕たちが持っているハートを示している。僕たちは本当によく守った。厳しいシーズンを過ごしてきたけど、今日の僕たちは良いパフォーマンスだった」 2021.05.13 18:12 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルに敗戦のトゥヘル監督、WBA戦以来の黒星に「両方とも集中力を欠いた」ケパの先発起用にも言及

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、アーセナル戦の敗因は集中力の欠如にあったと振り返っている。イギリス『フットボール・ロンドン』が試合後のコメントを伝えた。 12日にプレミアリーグ第36節でアーセナルと対戦したチェルシー。立ち上がりから相手の激しいプレスに苦しめられ思うようにボールを前に運べない中、迎えた16分、MFジョルジーニョがプレスを嫌がって後ろに下げたところ、GKケパ・アリサバラガとの連携ミスであわやオウンゴールに。ここはなんとかケパが掻き出したものの、セカンドボールを拾われてMFエミール・スミス・ロウにゴールを決められてしまった。 その後は終始チェルシーが主導権を握ったが、ゴール前を堅く閉ざすアーセナルから点を奪うことができずホームで0-1で敗戦。03-04シーズン以来となるシーズンダブルを許すと共に、トゥヘル監督就任以降のリーグ戦では、WBA戦以来となる2敗目を喫することになった。 試合後の会見でもWBA戦に関する質問がなされた中で、2試合に共通して集中力の欠如を敗因に挙げたチェルシー指揮官。この3日後に控えるレスター・シティとのFAカップ決勝が頭をよぎっていたこと明かした。 「WBA戦では1-0でリードした後に10人になってしまった。それに加え、我々は代表明けで集中しきれていなかった。それがWBA戦だった。本当に異常な試合だったよ。すべてのスタッツや予想されるゴールでさえ、我々が勝っていたのだからね」 「これが完全にラッキーな勝利だったと言うのは簡単だ。誰もそれに反論できないだろう。アーセナルにとって当然の勝利ではなかった。だが、私はそれを100%言い訳にしたくない。なぜなら我々は皆、正しい集中力を欠いていたからだ。非常に珍しい試合だったよ」 「おそらく、今日は私の頭の中に土曜日の試合がちらついていたことがチームに何か影響を与えたのかもしれない。たとえそれが1%でも5%でも罰を受けることになるため、このようなアプローチはしてはいけない。トップ4を争うレースで甘い考えは許されない。受け入れがたいことだが、他に方法はない」 トゥヘル監督はまた、第32節のブライトン戦以来となったケパの先発起用に言及。今季のケパは新加入のGKエドゥアール・メンディに正GKの座を奪われ、主な出場機会はFAカップにとどまっている。 3日後の15日に決勝のレスター戦が控える中で、今回の先発は決勝のスタメン落ちを窺わせるものとなったが、ドイツ人指揮官は決勝戦でもケパを先発起用することを明言し、信頼を強調した。 「ノー、ノー。彼は決勝で先発するだろう。その前に1試合こなしておくのが良いと考えたのだ。我々は彼を信頼しており、その期待に応えてくれている。それが彼をラインナップに入れる理由だ」 「彼はそれに値する。とても密接に良いトレーニングをこなしているよ。彼にプレー時間を与え、2試合とも一緒に戦いたかった。今夜は彼にとってアンラッキーだったがね」 2021.05.13 14:19 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly